今年初めてのびわ

友だちの家で夕ご飯をごちそうになることになったので、映画館から友だちの家まで歩いていたら、わー、見つけましたよ、今年初めてのあのすてきな果物!

e0114020_06062469.jpg

愛するびわ♪

アラブ系のお店に多いのですが、わたしが見たのもアラブ系のなんでも屋さんでした。
入り口に野菜や果物が並べられていて、奥にはお肉や乾物、ちょっとした日用品を売っているというのがロンドンで見るアラブ系のお店。
びわは量り売りになっていました。

運ばれる途中でわりと手荒に扱われているのか、きれいな状態で売られる日本のものに比べると表面にちょっと傷がありますが、そんなの全然気になりません、びわちゃんにお目にかかれれば♪

遊びに行く友だち夫妻は奥さんがシリアの出身なので、もしやびわを知っているかもなと思い、少し多めに買っておみやげにしてみました。
彼女に渡すと、「えー、これ、知ってるのー? 日本でも食べるのー? へー、アラブだけだと思ってた〜!」と喜んでくれました。

早速洗ってくれたので、その場でもパクリ。
前菜の一部だと思えばいいかな。笑

彼女は「え? 皮むくんだ! わたしはむかないなあ」と言うので、ははあ、あれだな、と思いました。
日本では皮をむくことが多い果物、りんごや桃やすもものような果物は、こちらでは皮をむかないことの方が多いのです。
イギリス人だけでなく、他の国の人も全体にそういう傾向があるので、この国では果物の皮をむかないというよりは、日本人はよく皮をむくということなんじゃないかと思っています。

ちなみに彼女、しばらくして、「いや、これはやっぱりロンスマが正しいね、むいた方がおいしいな」と言ってましたが!笑
子どもの時に食べたびわより皮がかたかったのかな。

もともとは夫の友だちだった彼女ですが、もうもう本当にいい人で、今ではたまに夫抜きで会ってガールズトークする仲。
びわのおかげでお互いの新しい面を見せ合うことになり、さらに距離が縮まった気がして嬉しかった夜でした。

この後のディナーも、超カジュアルながら本当に気の置けないリラックスした時間だったんですが、今日は夜遅くなっちゃったので、ディナーの話はまた明日♪


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-04-14 07:54 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)

好奇心は若さの秘訣♪

先日、日本のおみやげを持って、フラットの隣に住んでいるドイツ人のおばあさんのお家にいってきました。

とはいえ、おばあさんは、おみやげいただいても私はどこにも旅行に行かないし、と言って、あまりおみやげを受け取るのが好きではないのです。
だから普段はあまりおみやげは買わず、買っても負担にならないような紅葉の立体的なカードとか、手のひらに収まるようなちっちゃなフクロウ(おばあさんはフクロウグッズを集めてるのです)とか、本当にちょっとしたものにしています。

そして今回は、ちょっと奮発して(笑)小さな匂い袋でした。
というのも、わたしが日本にいる間に、彼女はイギリスに移住して80周年を迎えたからです。
以前から彼女は「ある意味、誕生日のようなものだわ」と感慨深げに話していたので、今回はちょっとした贈り物をしたかったのです。
おばあさんはユダヤ人で、12歳の時にナチスドイツから逃げてきて、イギリスに迎えられた難民だったのでした。

e0114020_03471162.jpg

と言っても、今日はユダヤ難民の話ではないのです。
もちろん、子どもの頃からの彼女の恐怖や苦労は、わたしには計り知れないものがあるでしょうし、そんな中で学校に行ってドイツ語の先生になって、結婚してお子さんを育てた彼女を心から尊敬しているし、イギリスに住む外国人として見習いたい部分がたくさんあります。

でも今日は、そのおばあさんが匂い袋の何に興味を持ったかというお話。
80周年のお祝いの言葉を伝えて、おみやげを渡した次におしゃべりに寄った日のことです。

わたしが部屋に入るなり、おばあさんは、そうそう、あなたが来たら聞こうと思っていたことがあるのよ、と言って、嬉しそうに匂い袋を奥の部屋から持ってきました。

この箱の中に説明みたいな紙が入っていてね、とおばあさんが話し出したとき、わたしは、そうか、何が書いてあるのか知りたいんだなと思って、ちょっとドキドキ。
書いてあることがその場で訳せるかどうか、不安だったのです。
白檀って英語で何て言うんだっけ? と、もう頭の中がぐるぐるしちゃって。

でも、それはまったくの早合点だったのでした。
おばあさんは続けて、これね、どうやって読むのか、ちょっと読んでみてちょうだい、いいの、意味には興味はないの、右から左に読むの? それとも上から下? と、彼女の関心は日本語そのものにあったのでした。

わたしは子どもの頃に少し習ったヘブライ語の文字とアルファベットしかわからないんだけど、中国語で見るような文字(漢字のことね♪)と全然見たこともない文字(ひらがなのこと)が混じっているみたいだから、どこがどうつながっているのかなーと思ったのよ、いえいえ、さすがに今から日本語を勉強しようとは思わないけど、ただ知りたかったの。

さすが語学の先生! 匂い袋の説明を見て、言葉そのものに興味がわくとは!

もうすぐ93歳になる彼女は、残念ながらお体の方は少しずつ弱ってきているものの、頭の中は冴えまくっていて、フラットの行事とか手続きなんかもよく覚えていて、よくわたしに教えてくれるのです。
新聞を欠かさず読んで、ラジオもよく聞いているので、話題も豊富だし。
きっともともと記憶力も頭もいい方なんだと思いますが、93歳にしてこの冴え方は本当にお見事。

そして、匂い袋の説明の紙に何が書いてあるかじゃなくて、言葉そのものに興味を持ったという衰えない好奇心には、もう本当に驚いてしまって、ますます彼女のことが大好きになりました。
かっこいいー!

そんな彼女を慕って、今でも彼女のところにはほぼ毎日ひっきりなしに誰かが訪ねてくるのです。
ドイツ語を今でも家で教えているのでそのクラスの人たち、「時事問題研究クラブ」の人たち、またある人は昔話をしに、ある人は相談をしに、ある人はわたしのようにただおしゃベりをしに。

彼女とはもとの能力も魅力も違うとは思うけれど、こんなおばあさんになれたらいいなあと思えるお手本がすぐ近くにいてくれて、本当にありがたいなあと思ったお茶の時間でした。


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-04-11 01:45 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)
少しご無沙汰しちゃいました!

今回の一時帰国は途中で滞在を延ばしたこともあって、帰ったら思いのほかいろいろなことがバタバタになってしまい、少し体調まで崩してしまってしょんぼりしていました。
今は元気になったので、どうぞご心配なく!

というわけで、今日は少し近況のお話など。

e0114020_18171771.jpg

(大好きなヴィクトリア&アルバート博物館。
なんと仕事で行く機会があり、大興奮でした。
少し早かったけれど、建物の前の八重桜と一緒に写真も撮れました)


日本に行くと、あれもこれもと「やらねばならないこと」「やりたいこと」が山のようにあって、毎回、全力投球になります。(それでもやりたいことすべては叶わないんですけどね。笑)
特に今回は歯医者さんに通いつつ、初めて日本に来た若者の案内をした上、滞在が延びたので、1ヶ月間、毎日200%フル回転の状態。
そりゃあ疲れますよね。年齢も考えないと! 反省、反省。

一時帰国するといつも、家族や夫に「早く寝なさい」と言われ続けるのですが、はいはいと生返事をして、日本にいる時間を200%活かしたかったわたし。
今回は信頼しているお友だちにもやんわり注意され(というか心配してもらい)、なんとおみくじにも「体をいたわるとき」と書かれていたので反省はしていたのでした。
そうしたら、なんと帰りの飛行機の中で最後のひと押しが!

e0114020_18312477.jpg

飛行機でもらった懐かしの小枝チョコのパックに書かれた占いにも、リラックスせよと。笑
小さい頃からわたしを見てきてくれた小枝の言うことは正しいに違いない! 帰ったらゆっくりするよーと思っていたのですが、滞在延期の関係でなかなかそうも行かなくなってしまったのでした。

でも今はおかげさまでずいぶん元気になりました。
お天気のよいうららかな日が続いて、春の花があちこちで咲いていたこともずいぶん心の支えでした。

e0114020_18034649.jpg

こちらの春はラッパ水仙が咲いたと思ったら、レンギョウも桜も木蓮も八重桜も山吹も一気にわーっと咲くので圧巻です。
そしてその盛りが終わる頃には、八重桜がかわいらしいピンクの花を咲かせてくれます。
今週末あたりは満開かもしれません。

こうして花をじっくり眺めて気持ちのいい生活が送るためにも、まずは健康第一だなと改めて実感した1週間でした。
そして気の持ちようも大切ですね。
焦らず、くさらず、へこまず。
自分のペースでいられるように環境を整えて、来週からはもっと頻繁にブログもアップしていこうと思います。

春の花はいろいろ咲いているとはいえ、ロンドンは少し風がつめたい日が続いています。
在英の方、どうぞお体に気をつけてくださいね。
そして日本は桜が満開という知らせをあちこちで聞いています。
日本にいらっしゃる方、わたしの分も桜をたっぷり楽しんでくださいませ。
その他の地域にいらっしゃる方も、それぞれの春をお楽しみください。

みなさま、どうぞよい週末を♪
e0114020_18024447.jpg
(今年の春先は日本にいたので、あまり楽しめなかったラッパ水仙。
もう水仙はほぼ終わりですが、最後に大輪の子たちに楽しませてもらっています。
八重っていうのかなあ。すごくゴージャス。
何気なく写った鉢植えのピンクのランちゃんも元気です)


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-04-06 18:46 | ご挨拶・お知らせ | Trackback | Comments(2)
ロンドンに戻ってきました。

戻ったロンドンはびっくりするほど春爛漫!

e0114020_18021936.jpg


東京を出たのは、朝ドラ『まんぷく』で言うと、まんぷくヌードルのパッケージデザインができたあたり、
桜で言うと、やっと東京にも公式に開花宣言が出て、そろそろ人がお花見に出かけ始めるかな、というあたり。
戻ってきたロンドンでは、EU離脱をめぐる国民投票をもう一度求める大規模なデモが繰り広げられた週末でした。

e0114020_17564264.jpg

戻ってきた日からずっとお天気もよくて、本当に春らしい毎日。
こんなにきれいなところに住んでいるんだなー、と感激しちゃうくらいでした。
大げさなんだけど、1ヶ月ぶりだと、新鮮で嬉しいものですね。

e0114020_18052195.jpg

家の窓から見えるわたしの友だち、マロニエの木も、出かける時には裸ん坊でしたら、ほら、こんなに新芽が吹いていました。
写真を撮ったのは昨日なのですが、これを書いている今、さらに目が大きくなって、葉っぱらしきものまで見えています。
自然の成長って励まされますね。

e0114020_18011098.jpg

戻ってきた日に、少しだけお散歩。
本当に気持ちがいいお天気でした。
e0114020_18043425.jpg
e0114020_17572118.jpg

あれ?桜?
ソメイヨシノはほとんどありませんが、イギリスにもかなり桜はあるのです。
そして、全体的に日本より咲く時期が早い印象。
空港から帰る道すがら、満開の桜をあちこちで見かけました。
日本の桜は咲き始めの少ししか見られなかったので、あとはイギリスで続きを楽しむことにします。

e0114020_18005252.jpg

ネコヤナギもかわいいでしょう?
こんな風に自然に木になっているのは、イギリスに来てから初めて見ました。

e0114020_18050467.jpg

ラッパスイセンにはもう間に合わないかと思ったけれど、まだ少し残っていました。
これから咲き始めるブルーベルと1対1でおしゃべりしてるところでした。

せっかくなので、日本で見た桜も少しだけ。
結婚式をした神社にお札をおさめに行った時に、早咲きの桜を見ることができました。
e0114020_17525134.jpg


なんか、日本昔話みたいじゃないですか?笑
桜があるだけで、こんなにわくわくしちゃうなんて、やっぱり桜は日本人にとって特別な存在なのかなと思ってしまいます。
お花そのものの美しさよりも、桜が咲いている、それを今見ている、という状態が嬉しい気がするんです。
e0114020_17551828.jpg


ソメイヨシノとは違う美しさの桜。
きれいな姿を見せてくれたありがとう。

さて、1ヶ月の日本滞在も終わったところで、これからまたロンドンで楽しく暮らしていきます。
もう少し頻繁にアップできると思うので、どうぞまたおつきあいくださいね♪
日本のみなさんは、どうぞお花見楽しんでくださいマセ!
e0114020_18013026.jpg

(イギリスの桜も、なかなか捨てたものじゃないでしょう?)


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-03-27 23:43 | Trackback | Comments(2)
すっかりご無沙汰してしまってごめんなさい!

イギリスの家族に日本を紹介するロンスマツアーは終わり、マゴくんも夫もイギリスに帰りました。
が、なんとわたしはひとりで滞在延期中。
歯医者さんでの治療が終わらなかったのです。
在英13年にして初めて、ロンドン行きの飛行機の変更をしました。

e0114020_11524497.jpg

今日は近況報告をしつつ、写真はロンスマツアーで行った奈良の様子をご紹介します。
こちらはもちろん、東大寺の大仏さま。
何度見ても感激するなあ。

歯医者さんでの治療が予想外に時間がかかることになり、急きょ滞在を延ばしましたが、治療は無事にほぼ終わり、週末の帰国に向けて、やっとひと息ついているところです。

今回の滞在でいちばん通ったのは間違いなく歯医者さんでした。
歯医者さんの洗面所で何度歯を磨き、お手洗いをお借りしたことか!笑

もともと20年来のお付き合いの歯医者さんですが、時間の限られた中での治療というチャレンジを先生はある意味楽しんでくださったようで、ありがたかったです。
おかげで先生や衛生士さんもすっかり親しくなって詳しく質問できたし、受付にいらっしゃる奥さまとも世間話にふける仲になりました。

ある日には、院内に入るといつもよりずっと多くの人が待っていました。
何かと思えば、歯の痛みでフランス人の方が飛び込んできたのだそう。
かなりややこしい症状だったようで、いつになく手こずる先生。
しかも患者さんはフランス語訛りの英語しか話しません。

奥の診察室から「ハウロング、ステイ?(どのくらい滞在の予定ですか?)」とか、「アーン」(口を大きく開けて、の意味らしい・笑)とかいう先生のいつにない大きな声が聞こえるたびに、待合室にもどことなく緊張が走りました。

その後出てきた患者さんは穏やかそうな男性でした。

受付で薬を飲み方を伝えたり、次の予約をとったりする英語を少しだけお手伝いして、なんとなく、この歯医者さんの身内気分。笑

患者さんが帰ったあとも、しばらくみんなで「なんで雑居ビルの3階にあるここにいきなり飛び込んできたんだろうか」「日本語読めるのかな」「フランスもイギリスのように歯の治療費が高いのかな。それで、つい我慢しちゃって、旅先で我慢できないほど痛くなっちゃったのかな」と井戸端会議。

結果的にわたしの診察は45分も遅れてしまい、次の予定に駆け足で向かうことになりましたが、それでもなんだかほのぼのした気分になったのでした。
外国人が珍しくないロンドンでは、外国人ひとりでここまで盛り上がらないだろうなあと思いつつ。

e0114020_11505131.jpg


大仏さまに比べるとどうしても地味になりますが、やはり大好きな春日大社。
奈良には京都から日帰りで行ったのですが、この日はお天気もよく、ぶらぶら歩きも楽しかったー。

e0114020_11510336.jpg


奈良の鹿の話をしたら、興味津々だったマゴくん。
何度も鹿せんべいを買っては鹿と遊んでいたので、なんだか急にかわいらしく感じてしまいました。
もうかなり大きいのですが、まるで小さな子どもみたいに見えたので。
自分の子どもがいないわたしには、こういう気持ちを味あわせてくれる夫のマゴたちはとてもありがたい存在なんです。

e0114020_11530051.jpg

京都もいいけど、奈良もかなりいい。
マゴくんが興味を持ってくれたおかげで、思いがけなく2年経たないうちにまた行くことができて、本当に嬉しかったです。
次はいつ行けるかな。

e0114020_11531102.jpg


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-03-20 23:46 | Trackback | Comments(0)

京都に来ました

ロンスマ家の家族ツアー、京都にやってきました。

e0114020_00480747.jpg

最近、家族や友達を連れてきたり、夫が来たがったりで、ほぼ毎年のように京都に来ています。
日本にいた時よりずっと来てるじゃん!笑

少しずつ見覚えのある街並みができたり、土地勘がついてきたりして、嬉しくてたまりません。
中学校の修学旅行で訪ねて以来、京都は大好きなのです。

今回連れてきたのは若者2人は、たとえば急にお洋服屋さんに入りたいと言ったり、京都にナイキってある? と聞いてきたり、すき焼きを食べたすぐ後にケーキを食べたりするので、毎日驚きの連続です。笑
若いっていいなあ、とはよく言いますが、本当にそれを毎日肌で感じさせてもらってます。
おかげで気分がちょっと若返ったかも。えへへへ。


*****************************************

今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
# by londonsmile | 2019-03-12 00:40 | Trackback | Comments(0)

東京マラソンに遭遇

今年、ひな祭りの日は、東京マラソンの日でもありました。

残念ながら冷たい雨が降りっぱなしの1日で、ランナーの方にはちょっとお気の毒、と思ったら、暑いよりはいいのだそう。
でもなんとなくうっとうしいですよね。
それなのにみんな、カッパのようなものを着て、元気に走り抜けていったので、真剣に感激しました。

e0114020_22125051.jpg

街なかにもマラソンののぼりがありました。
そんなに大掛かりなイベントだとは認識していなかったので、ちょっとびっくり。

土曜日に夫と夫のマゴとその友だちがイギリスから東京に着いたばかりだったので、日曜日はゆっくり起きたのです。
遅めの朝ごはんを食べにホテルから大通りに出てみると、偶然にもマラソンが通る道になっていて、しかもちょうどランナーが通り始めるところでした。

e0114020_22124077.jpg

最初は車椅子のランナー、それからエリートのランナー(わたしが全速力で走るより2倍は速そう!)、その後には一般のランナーの方々が元気に走って行きました。
沿道には応援の人たちも大勢かけつけていて本当にほほえましく、なんとなくあたたかい気持ちになりました。

e0114020_22122975.jpg


カフェに座ってからも、なんとなくマラソンの気配が感じられて、なんとなく嬉しい朝ごはんになりました。

その後、地下鉄の駅員さんたちがマラソンのロゴが入った法被を着ているのを見かけたり、電車の中からまた走っているところが少し見えたり、同じ電車に乗っていた人たちが「少しでも見られてよかったね」なんて話しているのが聞こえたりして、自分がお祭りに参加できた気分になりました。
わーい、東京の一部になれた♪

というわけで、家族を連れての日本滞在、がんばっています!
男の子3人と一緒にいるのは意外なことの連続で楽しいのですが(夫も子どもとほぼ同じレベル・笑)、わたし自身はもう日本に住んでいないので、電車の乗り換えのカンは鈍っているし、新しい建物はわからないし、かといってスマホで調べるのはお年頃でやってきた老眼の目がショボショボで画面が見づらいし、と、まるで外国人と同じ。笑
なかなかよい修行になっています。


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-03-05 00:10 | Trackback | Comments(0)

うれしいひな祭り

今日はひな祭りでしたね。

妹とわたしが子どもの時から飾っていた雛人形は、妹が今でも毎年ちゃんと飾ってくれています。
今年はちょうど見られて嬉しかったので、ご紹介しちゃいますね。

e0114020_18375615.jpg

お天気のよい夕方に、気持ちよさそうにしていた雛人形たち。
わたしの初節句に買ってもらったものなので、かなりの年代物。

大好きだったので、ロンドンに持って行きたかったくらいですが、あまりにアンティークものなので、ガラスのケースが危なっかしく、とても運べないだろうということになって、あきらめました。

e0114020_18380701.jpg


子どもの頃は、立派な段飾りや大人っぽい顔のお雛さまに憧れていましたが、今になってみると、この平べったい顔が愛しくてたまりません。
よくケースから取り出しては歩かせてみたりして遊んでいたなあ。
それでもいつもニコニコしてくれています。

お内裏さまとお雛さまもかわいいのですが、わたしが特に好きなのは三人官女。
e0114020_18382445.jpg

シンプルな感じが好き。
特に真ん中のちょっと小さい子が好きです。
今考えると、ちびまる子ちゃんのような髪型ですね。

と、今日はなんでもないメモ的な日記でした。
東京の街で雛人形をいろいろ見ていて、ふと思い出し、ひな祭りの日に日本にいることもあまりないなあと思って書いてみました♪


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2019-03-03 18:57 | Trackback | Comments(0)

あけぼのの羽田空港

少しご無沙汰しちゃいました。

日本に来ています!

e0114020_19234989.jpg

いろいろあって、あわやキャンセルかと思われた里帰りも、めでたく決行。
しかも後半は初めてイギリスからやってくる家族も一緒です。

今回は早朝6時半に到着する飛行機だったので、羽田空港できれいな朝日に迎えてもらいました。

e0114020_19225873.jpg

ぼんやりとした空がとてもきれい。
と、思っているうちに、みるみると日が昇って来たのです。

e0114020_19231024.jpg

わー、いいことありそう♪

一人でいる時間(=自由時間)がかなり少ないので、到着後すぐに歯医者さんに向かい、その後は美容院へ。笑
のんきなクセに何をそんなに生き急ぐ? と自分で自分に突っ込みつつ、欲張った日本の生活を200%満喫しています。

でも妹やお友達に「少しは休め〜」と言われて、ちょっと反省しているところ。
ちゃんと維持できるペースで進めていこうと思います。


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
# by londonsmile | 2019-03-02 00:12 | ご挨拶・お知らせ | Trackback | Comments(0)

先週から、ご近所さんの猫のところに通っています。

この前、一緒にV&Aに行ったご近所のクリスが、カナダに里帰りしているのです。


いつもはフラットの管理人さんに猫の世話をお願いしているそうですが、直前に管理人さんが入院してしまったので、わたしに白羽の矢が立ったのでした。


でも、お世話をする猫ちゃんは、人間の年でいうとわたしよりずっと年上の気難しいマダム。

クリスのところにご飯を食べに行くたびに、わたしはつれなくされていたのです。

大丈夫かな。


ここは長期戦で仲良くなろうと決めて、大役を引き受けたのでした。

猫マダムがわたしに慣れてくれることを祈りつつ。


e0114020_07404482.jpg



最初のうちは、こんなツチノコみたいな写真しか撮らせてもらえませんでした。笑


クリスのフラットは、留守中も弱めの暖房が入っていて、しかも静かなクラシック音楽が流れていました。

これで猫マダムも寂しくないのね。


あ、そうなんです。

猫をわが家に預かるのではなくて、クリスの部屋に猫に会いに行くんです。

犬だったら家に預かるのでしょうが、猫は自分の家を離れたくない子が多いので、人が世話しにやってくるというパターンが多いようです。


わたしが行くのは夕方だけ。

朝はクリスの下の階のおじいさんが行ってくれいます。


クリスのだんなさんがきれいに並べてくれたキャットフードを手前からひとつずつ開けてお皿に入れ、念のためにおいてあるドライフードを足して、お水とトイレを取り替えて、任務は終了。


今どきの猫のトイレってすごいんですね。

特別な砂を敷いた箱の中で用を足すと、液体が瞬時に固まるので、その塊を取り出すだけでいいんです。

大きい方も同じように砂に包まれるので、扱いが簡単。

技術の進歩に感激です。


ひと通りの任務が終わっても、彼女と仲良くなりたいわたしは、せっかくなので、しばらく床に座って猫マダムに話しかけています。


クリスが置いていってくれた大好物の「おやつ」をあげて好かれようとしてみたり、リボンを揺らして気を引いてみたりするのですが、なかなかその気になってくれない彼女(おやつだけはしっかり食べています)。

でも平気だもん。わたしは長期戦の構えがあるんだから。


あんまりずっと話しかけているのも疎ましく思われそうなので、ソファーに座って、持って行った本を読んでみたりもしています。

留守中の人のお家でなんたる大胆な行為! と、自分でも思いはしますが、鍵も預かって信用してくれているんだもの。

猫マダムと仲良くなるためなら、少しぐらい大目に見てくれるでしょう。


e0114020_07411166.jpg


逃げられた!笑

写真が嫌いな猫は多いと思いますが、猫マダムもそのようです。

あるいはまだわたしに慣れていないからかな。

それでも、わたしの持ち物のバッグに近寄り始めたのは、なかなかよい兆候。


3日目ぐらいには、わたしの膝に乗りたそうにして、ソファーの端に手をかけてきました。

やった♪


でも、まだ乗らないのです。

これが猫らしいところ。

焦らして、焦らして、わたしたちをトリコにするのです。笑


e0114020_07363019.jpg



見よ、このユウワクするようなしっぽの動き!

まるでこちらに話しかけているようではないですか。

もうわたしはすっかり猫マダムのトリコです。


そして今日はなかなかのドラマがありました。

まず、わたしが部屋に到着するなり、あちらからすごく近くにやってきてきてくれたので、何度か体をなでることができました♪

やったー!


と思ったのもつかの間、ご飯も終わってソファーに座ると、遊んでと言わんばかりにわたしの目の前でしっぽを揺らしてくるので、ちょっと触ってみたら、ものすごく怒られて、ひっかかれました。

えー、そんなーと思って、しばらく本を読んでいると、今度はまたあちらから体をすり寄せてきて、ミャアと甘えるように鳴くのです。

うわーん、ツンデレか!笑


しばらくして少し離れたところでミャアとわたしを呼んでいるので、行ってみると、こんなことになっていました。


e0114020_07364818.jpg


わたしが着てきたコートの上に座ってる!

ということは、わたしの匂いに慣れてきたのね。


ふっふっふと気を良くしていると、だんだん身を低めて、やがてコートの上にすっぽりと座り込みました。


e0114020_07371240.jpg


顔の表情からは「なんだか毎日話しかけてくるから、しょうがない、ちょっと座ってやったわ」というようなメッセージが伝わってくるのですが、実はこの時、猫マダムはごろごろと気持ちよさそうに喉を鳴らしていたのです。

あらん、わたし、好かれてるのね♪

もうデレデレです。笑


もともとわたしは超のつく犬派だったのですが、結婚と同時に住み始めた夫の家に猫が2匹いて、新参者のわたしを「認めて」くれてから、猫も大好きになりました。

そういえばこのブログのタイトルも、もともとは「ロンドン 2人と2匹暮らし」だったんですよ。

2匹が天に召されたので、今ではなんてことないこのタイトルになりましたが。


あ、いかん、話がそれました。


クリスの家で猫マダムと一緒に座っていると、時間を忘れてしまいます。

座っている間に本を進めようと思うのに、気がつくと、彼女がどこにいるのか、目で探してしまう。

そしてなんだかんだと話しかけてしまうのです。

そんなことしたら面倒がられそうなのに。

ああ、わたしは愚かな猫好きです。

でも、ただただ猫と一緒に座っている時間が楽しくて、嬉しくて。

なにもかも忘れられるのがまたいいんでしょうね。


今日もあんまり調子に乗って写真を撮っていたら、こんな顔をされてしまいました。


e0114020_07400025.jpg



「なにしてんのよ、いい加減にしてちょうだい」


ご、ごめんなさい。

もう撮りません!


猫マダムと一緒にいると、以前に一緒に暮らした兄妹の2匹の猫のことを思い出します。


やわらかそうな体としなやかな動き。

両方の前足を前でぴったりくっつけて座る姿。

耳から少しだけ出ているほわほわした白い毛。

鼻先のビロードのような美しい毛並み。

じっと見ていると吸い込まれそうでちょっと怖くなる大きな目。

わたしには頑なに背を向けているのに、耳をこっちに向けて、しっかりわたしを意識している様子。

はと胸で何かをじっと見ているかと思うと、猫背になっておばあさんのように眠たげに目をつぶる仕草。

まるで別の生き物のように自由自在にくねくねと動きまわるしっぽ。


見た目はこの猫マダムと全然違うのに、ひとつひとつの体の特徴や仕草や動きは、やっぱりかなり似ているんです。

ああ、あの子たちに会いたいなあ。

猫マダムと一緒に居られるのも幸せですが、こうして愛しい猫たちのことを思い出せるのも思いがけない喜びでした。


猫マダムと一緒にいるのが楽しくて、気がつくとクリスの部屋で1時間ぐらい、本も読まず、ただ彼女と一緒に座っていたりします。

なんてゼイタクな時間の過ごし方なんでしょうね。

今はやることが山積みで、本当はそんなことをしている場合じゃないのですが、ここで過ごす1時間は本当によい気分転換になるので、家に戻ると新鮮な気持ちで仕事や家事に戻れます。


クリスが帰ってくるまで、あと2日。

明日は猫マダムに怒られずに、彼女の体をなでることができるかしら。


たとえそうならなくてもいいんです。

一緒にいることさえできれば、わたしは片思いでも。


e0114020_07412837.jpg



同じフラットでも、クリスの部屋とわが家は家の向きが違うので、夕焼けがとてもきれいに見えることがわかりました。

人の家に勝手に出入りするっていうのも、なんだかとても不思議で貴重な経験です。



*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
# by londonsmile | 2019-02-18 08:45 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile