クリスマスのデコレーションの写真が意外に好評だったので、今日もあちこちの写真をご紹介しましょう。
ロンドン市内のオサレな場所を中心に!

e0114020_02020809.jpg


こちらはチーズが充実していて、主にフランス系の食料品がいろいろ揃うLa Fromagerie
店内もおしゃれですが、クリスマスのディスプレイもシックですてきですね。

ちなみにわが家の工事はまだ続いています。
ただ、音の出ないペンキ塗りになったので、ほっと一息。
本当にあと一歩ですが、金曜日まではかかると昨日聞いて軽くがっかりなのでした。

というのも、その翌日の土曜日に片付けをしたら、日曜には夫の家族が大勢やってくるのです。
ちなみに工事のために本棚2つ半分から本を移動しているので、居間は足の踏み場のない状態。
プラス、これから渡す、あるいはすでにいただいたクリスマスプレゼントの山の重なって、もう何がなんだかわからない状態です。

日曜日にはお料理も出す予定なので前日から仕込みに入る上、わたしは終わらせるべき仕事も残っている。
間に合うのか、わたし!

という綱渡り状態ではありますが、少なくとも2週間に1回ぐらいは意識して街に出るようにしています。
そうじゃないと本当に息が詰まってしまうので。笑

この日はマリルボーンハイストリート界隈に出かけたのでした。
街なかにある高級住宅地で芸能人の住人も多く、ハイストリート(いわゆる町の商店街)はビレッジの雰囲気を醸し出しつつも、やはりおしゃれな場所です。
あんまりいい天気ではなかったのですが、きれいなものをたくさん見て、よい気分転換になりました。
クリスマスの飾りって、やっぱり気分が盛り上がりますね。
e0114020_02443143.jpg

これはハイストリートから少し入った道にあるChiletern Firehouse
消防署を改装して作った超人気のレストラン/ホテル/クラブです。

わたしはお茶しかしたことがないのですが、広い空間を上手に使って、上質なものの良さがありながら気取らない雰囲気も残す居心地のいいカフェでした。
今度は大人気の夜にご飯を食べに行ってみたいなあ。

e0114020_02022854.jpg

建物とクリスマスツリーのバランスが絶妙。
すごいデザインだなあと思いました。
そしてクリスマスツリーを一度にたくさん見ると、なんだか豊かな気分になることもわかりました。笑

さてハイストリートに入ってみると。
e0114020_02102135.jpg

英国のカントリー生活をモチーフにした陶器が大人気のEmma Bridgewaterのディスプレイ。
テーブルまわりの飾り付けって、家族が食卓にいる様子を想像させるせいか、とてもクリスマスらしい気がします。
e0114020_02093916.jpg
今では市内に何軒かありますが、ここが第1号店です。
木のパネルが貼られた店内の美しさが有名ですが、旅関連の書籍が充実していることでも名高い本屋さんなんですよ。
本はとても人気のクリスマス・プレゼントなので、店内は大盛況でした。

日も暮れて、ハイストリートの飾り付けも点灯されました。
e0114020_02424963.jpg
e0114020_02104305.jpg


シンプルだけどかわいらしいディスプレイ。
お店を確かめなかったのですが、たしかお洋服屋さんだったと思います。

さて、ハイストリートを抜けて、オックスフォードストリート方面に向かいましょう。

e0114020_02073208.jpg

こちらはオックスフォードストリートに抜ける秘密の小径のようなSt Christpher's Place
車の入れない細い道ながら、レストランが立ち並ぶおしゃれな通りで、イルミネーションも凝っています。

e0114020_02183688.jpg

わー、車まるごとにラッピング。
車のショールームにありました。
こんなプレゼント、もらってみたい!笑

ロンドンの目抜き通りのひとつ、オックスフォードストリートに出てきました。
e0114020_02012564.jpg

最近はこまごました飾りはやめて、シンプルになったのかな。
もしかしたらオックスフォードサーカス付近だと、もっとキラキラしているのかもしれません。

キラキラといえば、ハイドパークも今、キラキラの真っ最中!

e0114020_02415284.jpg

バスから見えただけですが、ハイドパークではこの時期恒例のウィンター・ワンダーランドを開催中。
本場ドイツ風のクリスマスマーケットをはじめ、ほんの2、3ヶ月だけのものとは信じられないほど大きくて凝っている乗り物や、クリスマス時期ならではの食べ物の屋台など、朝から夜遅くまで大混雑で、年々人気が高まっているイベントです。

とハイドパークをじっと見つめていたら、こんなものを発見。
e0114020_02434671.jpg


なんとエリザベス女王!
これはなんと言うのかな、ホノグラムのような不思議なもので、裏側も同じようにキラキラ輝いていました。
ハイドパークコーナーあたりに最近お目見えしたオブジェです。
e0114020_02071332.jpg

バスの2階から見たお店のおもしろディスプレイ。
なんと言ってもサンタさんは世界共通のヒーローですね。

ちょっと移動して、今度はサウス・ケンジントンにやってきました。
サウス・ケンジントンの冬といえば、やっぱりこれでしょう。
e0114020_02024436.jpg

自然史博物館前のアイススケート♪
写真だと暗くて見えにくいのですが、キラキラのイルミネーションの向こうに自然史博物館の古い重厚な建物を見上げるこのスケート場では、タイムスリップした気分になれます。
数日後、昼間に通ったら、プロみたいな人がデモンストレーションもしていて、すごい人だかりでした。

e0114020_02112995.jpg

こちらは大好きなカード屋さん、Medici Galleryのディスプレイ。
11月頃から店内はクリスマスカードやグッズでいっぱいになり、眺めるだけでも幸せな気分になれます。

やること山盛りのこの時期ですが、こうして街に出るときれいなものを見ると、やっぱり心踊るものですね。
やるべきことは集中してやって、楽しむ時間も大切に、という言葉を、改めて心に誓ったのでした。
(もう何百回目の誓いになるのかわからないけれど、とりあえず努力します!笑)

おまけの写真:
e0114020_02121590.jpg

(リージェント・ストリートの老舗香水店、Penhaligon'sの前におもちゃの兵隊さんが立っていました。
写真撮ってもいい? と聞くと、敬礼までしてくれるサービスぶり。
ふだんはあまりノリのいい方じゃないわたしですが、やっぱりこういうのは単純に嬉しくなってしまったのでした。)


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-20 19:45 | ロンドンにお出かけ | Trackback | Comments(4)
日曜日は、まだ決めかねているクリスマスプレゼントをなんとかしなければ、と、夫と街に出かけてきました。
ついいつも同じようなところに行ってしまうので、違った場所に行くと何か見つかるかも、と、キングスロードへ。
高級住宅街チェルシーの中心を走っている通りです。
おしゃれな街で、クリスマスらしいデコレーションやお店のディスプレイをいろいろ見たので、ご紹介しますね。
e0114020_04121043.jpg

クリスマスのデコレーションだけど、なんとも奥ゆかしいオレンジ色とクリスマスローズ。
赤や緑やサンタやツリーじゃないという大人の雰囲気に目が釘付けになりました。

とはいえ、やっぱりクリスマスには明るい色がそれらしい♪
e0114020_04145193.jpg

これの手前には、おいしそうなケーキのディスプレイ、と思いきや…
e0114020_04150991.jpg

よくみるとキャンドルでした。
遊び心があっていいですね。

この日はキングスロードの西から東に向かって歩きました。
西の突き当たりになるスローンスクエアに向かって、どんどんお店が増えていく感じです。
e0114020_04113665.jpg

こちらはペットショップのディスプレイながら、なかなか渋い。
このフェルトでできたお人形は、ペットのおもちゃでしょうか。
e0114020_04124882.jpg

クリスマスのテーブルセッティングに、こんなモダンな雰囲気も新鮮でいいなあと思いました。
松のように見える枝は、本当に松なのか、もみの木なのか。
華やかな雰囲気で、このままお正月にも使えそうですね。笑

e0114020_04174640.jpg

こんなに窓ガラスが曇るなんて、パン屋さんの中は、かなりあったかいのでしょうか。
おいしそうなパンがますますおいしそうに見えました。

e0114020_04193382.jpg


そしてケーキ屋さん。
やっぱりリースはクリスマスらしいですね。

さらに歩いていくと、飾り付けの凝ったレストランが。
e0114020_04181233.jpg

最近人気のThe Ivy Cafeでした。
The Ivyという老舗レストランのカジュアル版で、ここ2、3年の間にロンドンに一気に何軒かオープンしています。

e0114020_04132094.jpg

お店の外側にぎっしりデコレーションがしてあって、まるでお菓子の家みたい。
もちろん写真を撮っている人も多いので、他の人が入らないようにするのが至難の技でした。

e0114020_04183680.jpg

入り口のあたりは特に大人気だったのですが、お姉さんがちょっと後ろを向いてくれた隙にパチリ。
本当に目を引くデコレーションでした。

e0114020_04135046.jpg

こちらは打って変わって、東洋風の竹林を背景にしたシンプルなディスプレイ。
こちらの人は、東洋=シンプルという印象が強いようです。

e0114020_04191171.jpg

お店全体にかわいらしいデコレーションですね。
古い優雅な建物の雰囲気とマッチして、なんだか昔のクリスマスを見ている気分になりました。
上の方にpost office(郵便局)と書いてありますが、今は普通のお店でした。

e0114020_04195803.jpg

お花屋さんもクリスマス一色。
もみの木の枝の切り落としで作ったリースやミニツリーがあったのですが、このミニツリーというのは初めて見ました。
これ、いいかも!
何度か言っているように、今年は家の工事がまだ終わっていないので、クリスマスツリーはまだ飾れないわが家。
工事が終わるのがどうやらクリスマス直前になりそうなので、こんなミニツリーをささやかに飾るのもいいかもしれません。
お値段は全然ささやかじゃなかったんだけど!

e0114020_04213943.jpg

スローンスクエアに近づくと、建物自体も飾られていました。

e0114020_04224903.jpg

だんだん暗くなってきちゃいました。
寒くなってきたので、この先にあるパートリッジズという食料品屋さんに行ってみましょう。

日本でもお正月用の食べ物がいろいろあるように、クリスマスにもこの時期ならではの食べ物がたくさんあります。
ということは、食料品屋さんはとてもクリスマスらしくなっているはず!
e0114020_04202597.jpg

ほら、やっぱり!笑
お店に入るとすぐにお菓子の山でした。

e0114020_04205396.jpg

店内もクリスマスのデコレーションや食べ物ででいっぱい。
お菓子のほかにも、ワイン、チーズ、ハムなどなど。
カラフルなパッケージの食べ物を見ながらクリスマスの音楽を聴いていると、単純だけど、やっぱりワクワクしちゃいました。
こういう楽しい気分になれる時間も大事ですよね。
e0114020_04241244.jpg

広場にはシャネルの5番の大きなオブジェがありました。
さすがおしゃれな街。

ところで、さっきから木の中にきれいな灯りが見えていますよね。
e0114020_04275435.jpg

これはヤドリギをイメージしているのかなあと思うのですが、暗くなってくると、とてもきれいなんです。
ヤドリギは聖なる木とされているそうで、クリスマスの飾りにもよく使われています。

e0114020_04255289.jpg


暗く黒く映る木とのコントラストがいいですね。
街全体が明るくなるのもいい感じ。

ずっとロンドンのクリスマスのデコレーションをお見せしたいと思っていたので、やっと少しご紹介できてホッとしています。
仕事も工事も少しだけ余裕ができたので、続けて写真をアップできますように!
e0114020_04252693.jpg


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-17 07:26 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)
相変わらずのんびりペースのわが家のクリスマスの準備。
2日に分けて、やっと郵送する分のクリスマスプレゼントを全部送り終わりました。

e0114020_05510547.jpg

今ではギフト用のラッピングをしてくれるお店はずいぶん増えたものの、この国では基本はラッピングは自分でするもの。
そしてわたしはラッピングが意外に好きで、パーパーやリボンを選ぶのも大好きなので、自分でやりたいのです。
こんなことにこだわっているから、支度が遅くなるんだと自分でもわかっているんですが、やめられない!

e0114020_05492733.jpg


郵送する時、外箱や封筒にはガムテープを使いますが、せっかくなので楽しくロンドン柄。
茶封筒に茶色いガムテープだと、味気ないですもんね。

e0114020_05505217.jpg

工事のお兄さんが帰ってから郵便局に向かうと、もう日もとっぷり暮れています。
これで3時半ぐらいかな。
e0114020_06321877.jpg

昨日はこんなに遅くなっちゃいました。
これで4時半ぐらい。
e0114020_06332708.jpg

「ミスマープルの小径」と勝手に名付けた郵便局への道を通ろうとすると、もう真っ暗でした。
写真は、実際より空が明るく撮れているので、そこそこ明るいように見えますが、下の方は真っ暗でしょ。

あんまり暗いので、目が慣れるまでは、おばけ屋敷に入ったみたいにそろりそろりと歩かなければなりませんでした。
そんなところ、暗くなってから女性が一人で通っちゃいかんなとあとで思いましたが、この時は前が見えないことの方が切実で。笑

20世紀前半に書かれたアガサ・クリスティーの推理小説に出てきそうな素朴な雰囲気なのでミスマープルの小径と呼んでいたのですが、なぜそんなに素朴だと思ったのか、初めてわかりました。
電灯がまったくないんです!
だから昔の時代にように見えたんですね。そして、だから日が暮れると真っ暗。

この道を通らないでいかれる郵便局も別の方向にあるのですが、わたしがいつも行く郵便局はいかにもローカルな感じの小さい郵便局で、お気に入りなんです。
このクリスマスの時期、他の郵便局はめちゃくちゃ混んでいるのに、ここは混んでも2、3人待ちと言うゆるさなので、とてもありがたい。

それに、実はこの時期じゃなくてもわたしはこの郵便局が好きなのでした。
インド人(パキスタンかな)の(ご夫婦かもしれない)2人がいつも迎えてくれて、「ああ、久しぶり。また日本に送るの?」とか、「こうした方がもっとお得だよ」なんて親切に話しかけてくれるので、ここに住んでいるんだなあと実感させてくれるから。
大きなところでは、なかなかそうはいきません。

とにかく、郵送分だけでも終わってホッとしています。
あとは会って手渡す分のプレゼントとカードをなんとかしなければ。

クリスマスまであと10日、がんばれ、わたし!
e0114020_05493923.jpg

(こんな木のシルエット、夕日がさらに映えていいですねぇ。
って、こんな写真を撮ったりしてるから、どんどん遅れるんだな、いかん、いかん)


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-16 08:13 | Trackback | Comments(4)
今日も今日とて、家は工事中。
電動ノコギリの音が響き渡っております。

仕事は終わりに近づいてほっとしていますが、なんと言っても部屋がものすごいことになっているので、落ち着かない。笑

そんな時はやっぱり身近にクリスマスを盛り上げようと、また小さな努力をしてみました。

e0114020_21103521.jpg

ずっと前にイタリアで買ったサンタのキーホルダー。
いつもクリスマスが終わった頃に思い出して、全然使えないままだったのですが、今年は工事のためにモノを動かした時に目に入ったので、つけてみました。
工事のおかげでサンタさんに会えたのね。笑

工事もそろそろ終わりつつあるようで、そちらもほっとしています。
ただ、モノを動かしたついでに断捨離をしようと思っているので、それはちょっと気が重いのだけど。

工事に来てくれているお兄さんたちはブルガリア人。
おしゃべり好きないい人たちで、陽気に笑いあっているので、こちらまで和みます。

今日は1人しか来ていないのですが、今日のお兄さんがいちばん話しやすくて好き。笑
寝室の本を移動させながら、さっき富士山の写真見たけど、と、日本のことをいろいろ聞いてくれたり、ブルガリアのことを話してくれたり。
忍者もののアニメや映画を見て育ったそうで、日本のちゃんとした刀をいつか手に入れたいそうです。

そしてブルガリアではやっぱりお料理にもヨーグルトをたっぷり使うそう。
「シチューみたいなものにかけると、山に積もる雪みたいできれいなんだー」と嬉しそうに話すお兄さん。
なかなかの詩人ではないの!

あんまり話しやすいので、家のことで気になっていたことをいろいろ聞いて教えてもらっちゃいました。
なにせ1930年代の建物なので、新築をよしとする日本から来たわたしにはわからないことだらけ。
でもわたしはちょっと心配しすぎだったことが判明。
意外と「それは紙ヤスリかければ大丈夫」という簡単な解決法が多くて、目からウロコでした。

お兄さんにも今日か明日で会えなくなると思うと、ちょっと寂しいな。
工事が終わるのはとても楽しみなんだけど!


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-13 21:27 | Trackback | Comments(0)
今年は工事が終わらないとクリスマスの飾り付けができないわが家。
クリスマスツリーなんて夢のまた夢です。笑

しかも今年はわたしの仕事も、ついでにアルバイト先まで慌ただしく、その上に家にお客さんが来たり、日本からお友達が来たり、そんな中でクリスマスカードを書いたり、プレゼントを包んだり、夫の誕生日があったり、工事のお兄さんにお茶をいれたり。

でも、そうしてただ慌ただしくしているだけでは、気持ちがすさんでしまうと思い直し、できるところからクリスマスを取り入れ始めてみました。

まずはいちばん身近なキッチンから。
e0114020_07585205.jpg

ティータオル(tea towel)と呼ばれるこの布は、お皿をふくもの。
わたしはティータオルが大好きで、旅行先でその土地のものを買ったり、好きな柄のものを買ったりしています。
毎日使うものだから実用的だし、好きなものを毎日見られるのは嬉しい♪

このロビン(robin。日本だとヨーロッパコマドリというようです)という鳥は、1年中いる鳥ですが、胸のところが鮮やかなオレンジ色で、イギリスではクリスマスを象徴する動物のひとつです。
小さな体はふっくらしていてかわいらしく、とてもきれいな声で鳴くので大好きな鳥。
この絵のロビンちゃんはつぶらな瞳もかわいらしいでしょ。

e0114020_07593079.jpg

それからクリスマスの雑誌。
スーパーで見かけてついふらふら買ってしまった。笑

表紙がアドベントカレンダー(12月1日からクリスマスまで、1日ずつ小窓を開けていくカレンダー)になっているんです。
e0114020_07581395.jpg

イギリスの田舎風な写真も満載で、癒されます。
今年はほぼこの写真で満足することになるのかも。

e0114020_17070199.jpg

それからお皿もクリスマス模様のものを出してみました。

数年前にチャリティーショップでお買い得価格で手に入れた6枚セット。
今年のお気に入りは、この柄です。

e0114020_17062698.jpg

童心にかえって、なんだかワクワクしませんか?

クリスマスよりもお正月を大きな行事として育った日本人のわたしは、イギリスに引っ越してきてからクリスマスの認識を新たにしています。
お正月は、当日と当日に向けての準備、あるいはその後数日間の年のあらたまった雰囲気がいいのですが、イギリスのクリスマスは、12月に入ったらもう即お楽しみモード。
子どもたちは先ほど言ったアドベントカレンダーを開けて楽しむし(子ども向けのものは小窓にチョコレートが1粒ずつ入っていたりします)、大人も「クリスマスプレゼントを渡す」と称して人に会う機会が増えます。
この感じ、日本の忘年会に近いと思うのです。
考えてみると、クリスマスプレゼントだって、お歳暮に近い。笑
クリスマスという機会に、今年も一緒にいて楽しかったね、と贈り物をする感じが似ていると思うんです。
なにかあげることは決まってるんだけど、なににしよう、という感じもあるし、でもせっかくなら喜んでもらえるものがいいしと悩むのも似てませんか?
実はわたしは日本でお歳暮をいうものを自分で贈ったことがないので、そのあたりは曖昧なのですが。

ちょっとこじつけかもしれないけれど、こうしてみると、人の気持ちはやっぱり基本は似ているんだろうなと感じずには入られません。

クリスマスの準備は早めにする方が絶対に楽しい!
でもお正月の準備をする気分がなかなか抜けないわたしは、どうしても準備を始めるのが遅くなります。
もう13年もやっているのになー。
実はまだクリスマスプレゼントだって全部揃っていないのです、家族の分さえ!
明日の仕事の締め切りが終わったら、慌てて街に転がり出ていくつもり。

早めに始まるといえば、クリスマスカードが到着するのも早いのです。
e0114020_07583636.jpg

日本だと年賀状が元旦に着くのが風物詩ですよね。
こちらのクリスマスカードは12月に入るとぱらぱらと届き始めて、クリスマスのデコレーションを片付けるまで、部屋に飾って楽しみます。

e0114020_07574820.jpg


カードを飾っているだけで部屋がにぎやかになっていくので、もうこれはクリスマスのデコレーションの一部と言えそうです。
カードをしまってしまうと、とたんに部屋が寂しく思えてしまうし。

夫の年配の親戚からはほぼもう全員から到着してしまったので、わたしも慌てて昨夜、夜なべして書きました。
が、友だちの分はまだまだ手が回らず。
海外の友だちもいるのになあ。

と書いていたら、工事のお兄さんがラジオを聴き始めました。
これが見事にクリスマスソングのオンパレード。
この時期になると街で必ず耳にするような曲ばかりです。

本当ならわたしは、仕事中はなんの音もない方が好きなのです。
でもなんだか今日は、ちょっと外に出られた気分になれて、世の中に触れた気になれて嬉しい(ずっと家にこもってます・笑)。
クリスマスを感じられて嬉しい。
そんな自分が、ちょっと余裕があるように思えて嬉しい!笑

というわけで、もう少しだけブログは留守がちになりますが、写真だけの短いものでもアップできたらいいなと思っています。

みなさんはどんなふうにクリスマス気分を楽しんでいますか?


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-11 18:01 | Trackback | Comments(2)
街はすっかりクリスマス一色。
日本もきっと同じでしょうね。

わが家はなんとまだ工事が残っているので、クリスマスの飾りを始められないでいます。
飾っても、あちこち移動しなくちゃならないだろうし、第一ホコリだらけになっちゃいそうだし。

まあ、こんなことはしょっちゅうあるわけではないので(そう願う!)、クリスマスの飾りができないくらい、我慢しましょう。
ただ、クリスマスで盛り上がる世の中とわが家との温度差を感じてしまって、ちょっと寂しいような気もします。

と思っていたら、昨日、もしかしてクリスマスの予感? と思うできごとがあったんです、工事中のわが家にも。
それは、これ!

e0114020_08210793.jpg

じゃーん!
料理用チョコレートが大量に届いたのでした。

これは夫が通信販売で買ったもの。
配達のお兄さんから受け取った時、道理で箱が妙に重買ったわけです。

どうしてこれがクリスマスの予感かというと、たぶん夫はクリスマスに向けてチョコレートブラウニーを大量に作るためにこのチョコレートを買ったと思われるからです。
今年はクリスマスプレゼントのアイディアに詰まって辛いから、得意のブラウニーを焼いてプレゼント代わりにしようかな、と少し前に話していたのでした。

それにしても、どれだけ作るつもりだ、ブラウニー。
そして、わたしの分はあるのかな。

いろいろ気になるチョコレートの到着でした。
みなさんの周りにもクリスマスの予感、ありますか?


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-12-05 08:37 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

お天気もやっぱり嬉しい

昨日は久しぶりに朝から晴れて、気持ちのいい1日でした。

e0114020_05445549.jpg

私の友だち(笑)のマロニエちゃんも、朝から太陽をたっぷり浴びて気持ちが良さそう。
そうそう、マロニエちゃんの葉っぱはもう全部散ってしまいました。

つい先日、どんよりした11月の天気も、それはそれで愛しい、というようなことを書いたのですが、やっぱり晴れると本当に気持ちがいい!
これはもう、どうしようもない本音です。

いえ、本能かもしれませんね。
植物のように光合成こそしないけれど、日光から摂る栄養素もあるようだし、体が本能的に喜ぶんじゃないかと思うのです。

残念ながら昨日は1日中、家で仕事だったので外には出ませんでしたが、時々窓の外に目をやっては、晴れ渡った青空を眺めて嬉しい気持ちに浸りました。
なんだか仕事もはかどった気さえします。
e0114020_05452369.jpg

ほんのりピンクの夕焼け空。
空に色があるのはやっぱり明るい気持ちになりますね。
グレーの空も本当に嫌いではないけど、ずっと続くと、こういう明るい空は嬉しいもの。

この日がんばったおかげで、大きな山を超えられました。
いよいよ12月に入って、クリスマスや新年の準備も始まりますね。

今年中に終わらせておきたいことをリストに書き出して、師走も元気に駆け抜けたいと思います!

e0114020_05451069.jpg


夕暮れ時の空をバックにしたマロニエちゃん。
もうすぐ暮れる、という時間のはかない空の色も美しくて大好きです。


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
# by londonsmile | 2018-12-02 05:57 | Trackback | Comments(2)
週末も相変わらず、厚い灰色の雲に覆われたロンドンでした。

なぜか、いつの間にか、わが家では日曜日は夫がお料理をすると決まっていていたようです。笑
今週も夫が当たり前のように前日から仕込みに余念がありませんでした。
お料理が好きな人だし、わたしもまったく異存がないので、そのままお願いして、わたしはあれこれ違うことをして声がかかるのを待つだけ。
ありがたいことです。

そして出てきたのが、こちら。

e0114020_05050988.jpg


って、見た目だけではなんだかわかりにくいですよね。
このブログでも何度か紹介しているイギリス料理のコテージパイです。

ビーフのひき肉と野菜を煮込んだものに、マッシュポテトを乗せてオーブンで焼いたもの。
熱々なので、曇ってどんよりした寒い日にはぴったり。
体を芯から温めてくれます。

特に日曜はお昼にたっぷり食べることが多いので、昼間から体があったまっていい感じ。

e0114020_05052619.jpg

お皿によそうと、さらになんだかわからなくなりますね。笑

こういうとき、イギリス料理は家庭で作るのがいちばんだな、と実感します。
見た目はそんなにすばらしくはないけれど、おいしくて、あったかい家庭の味なんです。
だからレストランでは受けないのかもしれません。
あと、レストランでは、オーブン料理を一人分ずつ出すのが大変なのかなあ。

グレーな11月の日曜日を一気にすてきにしてくれたご飯でした。

日本の家族と話したら、日本もだんだん寒くなってきているようですね。
温かくして、忙しい師走を乗り切りましょう♪


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-11-26 01:11 | 家ごはん | Trackback | Comments(2)
今年の秋はお天気のよい日が続いて、気温もあまり下がらなかったのですが、11月ももう半ばを過ぎた今週になって、ロンドンは一気に冷え込んできました。
2度なんていう日もあって、本当に体がちぢこまる感じ。
しかもほぼ同時に太陽も隠れ始めて、いわゆる典型的な11月、というお天気です。

e0114020_22075856.jpg


街の写真だとわかりにくいのですが、空には厚くて暗い雲、雨が降っていなくても空気に水分が多いからか、遠くは霧がかかったように霞んで、全体にぼんやり、どんより。

テムズ川を渡ってみると、こんな感じです。

e0114020_22064459.jpg


どよーん。笑

毎年この時期にはこういうお天気が多いのですが、12月になればクリスマスという楽しみがやってくるので、まだ気持ちが明るく保てる。
でも11月はどうも中途半端で、単なるどんよりした月、という印象が強いよう。
しかも日照時間が日に日に短くなって朝晩どんどん暗くなるし、冷えてもくるので、ついつい気持ちがブルー、いやグレーに。

e0114020_22065783.jpg

少しだけ残っている紅葉も、太陽のない日には冴えない色に見えちゃいますね。
色が暗いので、ますます気持ちが暗く……。

ただ、今年はこのどんよりした時期がやってくるのが遅かったこともあるからなのか、なんだか今年は懐かしい友に会ったような愉快な気持ちになっています。
おおー、そうそう、こんなどんよりした感じだったよね、久しぶりっ! ってなもので。

空気にたっぷり含まれた冷たい湿気も、そのにおいも、なんだか懐かしい。

この時期にしかないお天気を観察する余裕ができたんだとしたら、嬉しいなあ。
お天気がよくないことの多い国でお天気に左右されていては自分が苦しいし。

と思っていた今週、金曜日は満月でしたが、わたしの住んでいる地域では曇っていて月が見えませんでした。
でも、その2日前の月がきれいだったんですよ。
e0114020_22072092.jpg


わたしのスマホ、月との相性があんまりよくないようで、ピカーっと光る線がよく入っちゃうのですが、これはまずまずうまくいった方。
雲がまったくない空にくっきり浮かぶ月も清々しくてきれいですが、この日は雲に映った光がまた美しくて。

昼間はどんより曇っていたのに、夜にこんなにきれいな月が見られるなんて、ギャップが大きい分、喜びもひとしおでしたs。笑
11月も捨てたもんじゃありません。

今年の秋は、また一歩ロンドナーに近づけた気がしています。

e0114020_22090366.jpg

*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-11-24 23:27 | Trackback | Comments(4)
先週末は2日ともよいお天気でした。
土曜はふたりとも仕事だったので、日曜日は朝から出かけようと話していたのですが……あまり行く先が思い浮かばない。笑

わたしは家で仕事をしているので、出かける機会があまりなく、週末には街に行ってウィンドーショッピングでもしたいのですが、仕事の合間の待ち時間によく街で時間をつぶしている夫は、街に行きたくない。
でも寒くなってきたので、わたしは元気な時じゃないと自然の中に行きたくはない。
映画の好みもわりと違うので、映画館もダメ。
どうすればいいのー? という会話を毎週のようにしています。笑

この日は結局、家からそう遠くない公園に散歩に行くことにしました。
テムズ川南岸にあるバタシーパークなんですが、これが、とってもよかったので、ご紹介しますね。

e0114020_06284180.jpg


えっと、葉っぱの話はもうしませんと宣言しましたが、この季節、どうしても葉っぱの写真は外せません。笑
マニアックに話さないようにするので、ちょっとだけお付き合いくださいマセ。

このバタシー・パーク、前に何度か行ったことはあったのですが、その時に歩いたのはほんの一部だったことが今回判明。
思っていたよりずっと大きな公園でした。

まずは公園らしい風景。

e0114020_07082289.jpg

そしてこの公園には、イギリスではちょっと珍しいイチョウの木がずいぶんありました。

e0114020_06275984.jpg

特にこの木は大木でした!
こちらでは、たまにイチョウがあっても、子どもみたいな小さな木も多いので、この黄金色の葉がしげる見事なイチョウの大木はとってもとっても懐かしかったです。

改めて紅葉したイチョウを見ていると、秋には同じように黄金色に変わるするこちらの木に比べると、葉の色にぬくもりがある気がしました。
あと、たぶん、葉っぱに厚みが少しあると思うんです。
だからなのか、裏から太陽が照ってぷわーっと輝く他の黄葉に比べて、イチョウは葉の表側から日が当たる方がお似合い。
堂々と正面から朝の光をいっぱいに浴びた見事な黄色い葉は、わたしの目にも心にもしみてきて、ちょっとホームシックになったのはナイショです。

e0114020_06281706.jpg

池に映っても美しい。
青空もとてもきれいでした。
e0114020_06313208.jpg

わー、これこれ!
イチョウのじゅうたんなんて、本当に久しぶり!

しかも道端ではなくて公園の中ので、人が歩いた跡がついてないのがまたすごい。

e0114020_21382761.jpg

おー、ギンナンも発見。
道理でなんとなく懐かしいにおいがすると思いました。
そうか、イギリスでもギンナンはできるんだなー。
このギンナンはもう時間が経ってしまっていてダメみたいでしたが、来年は早めに目をつけておいたら、ギンナンが食べられるだろうか。

と、自分の中のイチョウ愛をたっぷり堪能できて大満足でした。

もちろん、公園にはイチョウの他にもいろいろや植物や施設がありましたよ。

e0114020_06440588.jpg

これはローンボウル(ズ)というゲームのグランド。
目標とするボールに手持ちのボールをどれだけ近づけられるかをきそうスポーツだそうで、よく郊外や地方でお年寄りがやっているイメージです。
わたしの中ではなんとなく、スティックを使わないゲートボールとか、土の上でプレイするカーリング、という感じ。

ちなみにこの白いものは植木鉢で、ゲームとは関係ありません。
夏のスポーツなので、この日は誰もグランドにいませんでした。

向こう側に見えているのは、今ものすごい勢いで再開発が進んでいるバタシー発電所。
机をひっくり返したような、4本足がにょきっと突き出た形がユーモラスで、これが目に入ると、なんとなく嬉しくなるのです。
古い発電所なので、もうずっと前から機能はしておらず、もうすぐ高級アパートやすてきなショッピング街になるそうです。

e0114020_06431733.jpg

初めて歩いた部分にあった水辺。
どことなく60年代を思わせる形じゃありません?

こっちのベンチはもっとそう。
e0114020_06432712.jpg

なんだかフランス映画にでも出てきそうなおしゃれな雰囲気です。
わたしは『ぼくの伯父さん』を思い出しました。

公園を歩いていると、秋を感じる中に、可憐なお花も咲いていたりして本当に楽しい散歩でした。

e0114020_06301179.jpg
e0114020_06315287.jpg
e0114020_06291500.jpg
e0114020_06303343.jpg


このお花、なんとなく妖精の雰囲気じゃありませんか?
初めて見たのですが、色といい形といい、本当にかわいらしかったです。



e0114020_06433702.jpg

こちらはバンドスタンド。
娯楽の少なかった昔は、日曜日にここでブラスバンドが演奏するのが人々の楽しみだったそうです。
これはかなりあちこちの公園にありますよ。

e0114020_06434993.jpg

これはビクトリア時代に作られたのかな。
アイアンワークはとても美しいですね。

e0114020_06324318.jpg
e0114020_06345472.jpg
e0114020_06310264.jpg


ついつい葉っぱにみとれて歩いていると、おおっ、こんな人を発見!

e0114020_06342409.jpg

お兄さんがかついでいるのはクリスマスツリーです。
持ち運びやすいように、こういうネットに入れてくれるのです。

もう飾るのねー。早いなあ。
でも考えてみたらもう来週は12月です。ひえー!

e0114020_06455832.jpg

と思ったら、少し離れたところでツリーを売っていました。
ヒマそうかと思いきや、他にもお客さんが。
そうかー、みんな早くから飾るのね。
でもそんなに早く飾ったら、クリスマスまでに葉っぱが落ちちゃわないのかなあ。

e0114020_07300757.jpg
e0114020_06322324.jpg
e0114020_07074608.jpg
e0114020_07431414.jpg

少し風が冷たかったのですが、日曜とあって、人がたくさん歩いていました。
家族で、友だちと、デートで、一人で。
それぞれに楽しそうで、わたしものんびりしたよい日曜の気分を味わえました。

よく歩いたので、ちょっと休憩。
e0114020_06461522.jpg


いつの間にか体が冷えていたようで、熱いミルクティーのおいしかったこと!
テーブルにはらりと葉っぱが落ちてきて、なんだか感激でした。

e0114020_06591233.jpg

関係ないけど、屋台に貼ってあったステッカーがかわいかった♪

帰りはテムズ川沿いの道を通ってみることにしました。

e0114020_07105893.jpg

バタシーパークは本当に川辺にあるのです。
川岸にあって有名なのが、この祈りの塔。
e0114020_07092059.jpg

核廃絶と世界平和を祈って日本の方が建立したそうです。
川の向こう側はチェルシーの高級住宅街。
e0114020_07093510.jpg

手前に見えるボート、手作り感が半端じゃなかったので、もしかしたら人が住んでいるかもしれませんね。
川に浮かぶボートに住んでいる人、意外に多いんですよ。

考えてみると、バタシーパークは街の気分も味わえるし、自然もたっぷり楽しめるお得な公園かもしれません。

のんびりした日曜の朝を満喫できた穏やかな時間でした。

e0114020_06333278.jpg


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

# by londonsmile | 2018-11-22 22:30 | ロンドンにお出かけ | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile