カテゴリ:ロンドン南西部、ご近所探訪( 41 )

食べ物ネタが続きますが、今日は少し前に行ったご近所のレストランのお話。
イタリアンはあまり好きそうじゃなかったインディーが珍しくサルディニア料理のお店に行ってみようと言うので、イタリアン好きな私は大喜びで出かけました♪
お店の名前はIsola Del Sole
太陽の島、という意味かな。
e0114020_17534442.jpg
これだけ見ると、餃子?と思いそうですが(笑)、これは最初に出て来たパンでした。
サルディニアのワインというのを初めて飲みましたが、よく冷えていて飲みやすい危険なお味(笑)。

お店の雰囲気はモダンでカジュアルながら、サルディニアの民族調を少しだけ取り入れて、ちょっとこだわった感じが見え隠れするニクい演出でした。
e0114020_175473.jpg
土曜日の夜だったので、あっという間にいっぱいになりました。
とても小さいお店なのに、みなさんよく知っているんですねぇ!
お店の人もとてもフレンドリーで、イタリア語の訛りがかわゆいお姉さんたちでした。
でもメニューをよくわかっていて、相談に乗ってくれましたよ。

そしてご飯は、本当においしかったです!!
e0114020_17544696.jpg
店内が暗かったので、写真にするとイマイチに見えちゃいますが、一番上のちょっとお好み焼きみたい(笑)に見えているのが、私がオーダーした前菜のシーフードサラダ。
サラダと言いながら、野菜はほとんどない豪華版でした。
これがもう絶品で、タコやムール貝なんかが、なんとも言えない柔らかい食感。
火の通し方が絶妙で、生かな?と思うほどプリプリ♪
こんな食感のシーフード、イギリスでは初めて食べました!
同じ食材でも、作り方でこんなに変わるんだなーと改めて感動。
それとも食材もサルディニアから輸入しているのかしら。

左下のメインのお魚とシーフード盛り合わせもおいしかった〜♪
やはり火を通し過ぎていないので柔らかく、またまたプリプリのムール貝付き。
オーダーした時に、「よかったらサーモンと卵も付けられますけど、いかが?」と聞かれ、もしや?と思ってお願いしてみると、やっぱりイクラでした!
写真右側に見える巻いたサーモンの上に乗っています。
久しぶりのイクラ♪
ちょっとご飯が欲しくなりました(笑)。

やっぱりサルディニアは島だから、魚介類の食べ方をよく知っているのねー、さすが♪と大感動した日本人の私でした。

でもね、このお店はシーフードだけじゃなくて、他のお料理もおいしかったんです!
インディーの前菜のお肉系のパイのようなもの(詳しくは忘れちゃった・笑・右上です)も味がしみていておいしかったし、ローストチキンが、もうびっくりするほどおいしかったんです♪

イギリス風のローストチキンとはなにか少し違うのですが、チキンの旨味がよく出ているというのか、食べる度に「うーん♪」とうなっちゃうお味。
私がイギリスで食べたチキンの中では、2本の指に入ると思います。
(もう一つはこれまた近所のガストロパブなんですが、これはまた改めて♪)
うーん、大満足♪

もうお腹いっぱいでしたが、やっぱりここまで来ると、デザートも試してみたくなります。
e0114020_17553018.jpg
私はティラミス大好きで、イタリアンでは90%の確率でオーダーしているんですが、ここのはわりとさっぱりしていて私の好みにぴったり♪
チョコレートケーキもほろっとした食感と甘過ぎないお味でおいしかったです。

久しぶりに本当においしいお店を見つけて、大興奮した私達。
帰り際、インディーはわざわざ厨房のところまで行って「すんごくおいしかったです。絶対また来るよ!」と声をかけていました。

小さいお店で、週末の夜はとても混むので、予約をオススメ!
これを書いていたら、私もまた行きたくなりました。
次はパスタも試してみたいなあ♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
サルディニア料理、食べてみたい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-06-18 17:55 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)
テムズ川沿いのお散歩、前回はパブについたところで終わっていました。
今日はここからバーンズブリッジで電車に乗るまで歩きます。
きれいな豪邸があったり、おもしろいボートに乗った人を見たり、楽しいお散歩でした。
e0114020_2591020.jpg


朝ご飯を食べる人で賑わっていたパブでお茶を飲んだところで、お散歩を再開しました。
この辺りは大きなお家が多かったです。
しかもテムズ川を見晴らすロケーションにあるんですよ♪
e0114020_258768.jpg
3階建ては当たり前!
こういう古い大きなお家って今では小さく区切ってフラットに改装されていることが多いのに、この辺は一軒家のままという家が多かったです。
眺めの良い豪邸、どんな人が住んでいるんだろうと、また妄想タイム(笑)。

建物に藤をつたわせている家が多く、ちょうどお花が見頃だったので、お家自体が華やいで見えました。
e0114020_35375.jpg
藤の花って改めて見ると、本当にキレイ。
近くに行ってみると、ほんのり甘い、でも爽やかな香りがして、ずっとそこにいたい気分になります。

この豪邸街、道路をはさんで川に面した場所には、それぞれのお家に属すると思われるお庭がありました。
お天気のいい日はお家から出て来て、ここで川を見ながらおしゃべりしたり、バーベキューしたりするんでしょうね。
プライベートビーチならぬプライベートリバーサイド(笑)!
e0114020_321081.jpg
ちょっと見づらいですが、このお庭の向こうは川になっています。
みなさん、思い思いにお庭をきれいに飾っていました。

そんな優雅な豪邸街ですが、道路には何気なく「洪水注意」の標識もありました。
住民の方はよくわかっていると思いますが、道路に車を停める人に向けて、車が水に浸かってしまう可能性もあるので注意しましょう、との内容。
この時はとっても引き潮だったので想像がつきませんでしたが、やっぱり川沿いには川沿いの事情があるんですね。
e0114020_382833.jpg
お庭のきれいなお花も、意外と危険にさらされているのね(汗)。
被害がありませんように♪

お天気の良かったこの日、お散歩も快調に進みます。
まっすぐ進むと新しい家が立っているエリアに出てきました。
e0114020_39750.jpg
この辺は古い豪邸街とは趣が変わってモダンな雰囲気ですが、ロケーションからしてもお家は良いお値段に違いない!
住宅と一緒に小さなお店もあったりして、ちょっとしたコミュニティーができあがっています。
e0114020_3143962.jpg
ライフセービングの事務所のようなところもあり、この日はライフセーバーと思われる人達がボートの上でミーティングしていました。
お家にいながらホリデー気分ですね♪

あれ?向こうからボートに乗った人が来るんだけど、変な感じ!と思ったら、なんとボートの上で立って漕いでいました!
e0114020_3115639.jpg
こういうものなのよね?初めてみました!
サーフィンのような、ボートのような、なんて言うんでしょう!?おもしろいな。

ここでまた緑の中に入りました。
川岸は柳の木の陰に見え隠れして、陸側にはピクニックできるような公園が。
気持ちいいなあ。
e0114020_172415100.jpg
また午前中だったのに、すでにピクニックやバーベキューしている家族もいました。
素早い行動♪

さらに進むとまた川のすぐそばに出ました。
e0114020_3383537.jpg
向こう岸はバーンズの町です。
ロンドン最後のビレッジと言われているかわいらしいエリアなのですが、なかなか全体をゆっくり歩く機会がないままになっているんです。
この後行ってみようかしら。

向こうに見えてきたのはバーンズブリッジ。
e0114020_1753954.jpg
初めて渡る橋です。

着いてみるとびっくり!
電車と歩行者だけの橋なんですが、線路のすぐ横を歩くんです。
e0114020_1764911.jpg
日本の踏切では電車や線路のすぐ横を通ることになりますが、踏切とは形も違うし、なんだか不思議!おもしろ〜い♪

さらにびっくりなことに、橋を渡っていると、そのまま駅のホームに着くんです!
e0114020_3385856.jpg
手前はまだ橋の上。
そこから階段を下って上ると、もうそこはプラットホーム。
おもしろいなあ。

これからバーンズの町に行ってみようと思っていましたが、不意打ちで現れた駅のホームに呼ばれてしまい、この日のお散歩はここでおしまい!
電車に乗って家に帰りました。

川だけでなくて、興味深いものがたくさん見られたこの日のお散歩。
また行ってみたい場所も見つけたし、わが家では再訪確実です♪

楽しかったのでつい長くなりましたが、おつきあいくださってありがとうございました。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
川や橋が意外と身近にあるんだな〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-06-03 18:08 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(6)
先週末の三連休はお天気が良く、近所を散歩したお話をしましたが、最後の日もお天気が良かったので、テムズ川沿いをお散歩しようということになりました。
以前にテムズ川沿いのフットパスと歩いてとても楽しかったのですが、せっかくなので今回は川の反対側を歩いてみることに。
前回は緑深いフットパスでしたが、今回は「改めてまた来よう!」と思う文化的な場所も多くて、また違う楽しみがありました。
一緒に行ってみましょう♪
e0114020_6223624.jpg
この日の午前中は引き潮だったようで、水がすごく少なかったのです。
いつも見ているテムズ川と感じが違って不思議に見えました。

まずは家からバスに乗ってハマースミス付近まで移動。
e0114020_7364989.jpg
ハマースミスの駅周辺は車も多くてざわざわしている感じなのに、テムズ川寄りに歩いてくると古い家もちょこちょこあって、こじんまりしていて良い感じでした♪

川の方に向かって歩いて行くと、急に目の前の視界が開けました。川だ〜!
e0114020_16584431.jpg
前回は、写真に写っている向こう岸を歩いたことになります。
川に出たあたりは、ちょうどハロッズの家具用の元倉庫がある場所でした。
e0114020_1722216.jpg
倉庫とは思えない優雅な建物ですよね。
今は中を改装して、アパートになっているそう。
広い空間を生かして、すてきなお家になっているんだろうなあ。

ふと川のこちら側を見ると、川のすぐ側を下を向いて歩いている人たちがいました。
e0114020_741191.jpg
よく見ると、金属探知機で何かを探しているんです。映画みたい(笑)!
そして何か見つけて2人で話し合った結果、結局拾ったものを呆れたように放り投げるという本当に映画のようなシーンも見られました。
あはは。何がお目当てだったんだろう?
釣りをしている人に話しかけるみたいに「なにか見つかりますか?」と聞いてみればよかったかしら。

川を左手に見ながら進んで行くと、すぐにハマースミスブリッジがありました。
e0114020_6263181.jpg
古い優雅な美しい橋です。
調べてみたら1827年に作られたんだそう。
インディーが「せっかくきれいな橋なんだから、もっと目立つ色にすればいいのに」と言ったのをきっかけに2人であれこれ話し合った結果、周りの環境に合わせてわざと緑色にしているのかもしれないから、やっぱり色はこれでいいという結論になりました。
誰にも意見なんて求められてないけどね(笑)!

e0114020_7484143.jpg
向こう岸を歩いた時もそうでしたが、本当に橋のすぐ横を通って、橋の下をくぐることになります。
ちゃんとしてるとは思うけど、古い橋だし、あまりに頭の上ギリギリだしで、真下を通るのはなんとなく怖い(笑)!
こんなに橋の近くを通ることって、あまりない気がしませんか?

この辺は川を眺めるテラスのある家が多く、ボートクラブもあったりして、ちょっとしたリゾート気分。
e0114020_8242042.jpg


ボートといえば、川に浮かんだボートを家にして暮らしている人もいるんです。
e0114020_828987.jpg
植木が飾られているこのハウスボートたち、引き潮のこの時はほとんど陸の上に乗っかっちゃってるぐらいの状態でした(笑)。
ちゃんと「陸」に家があって、道楽でボートを持っている人もいるようですが、本気でずっとこうして暮らす人もいるとか。
実はインディーさん、こういうボートに住んでみたいらしく、今の家に引っ越す前、冗談っぽく「このハウスボートがお買い得みたいなんだけど、どう?」と言っていました。何度も!
家がボートだと酔いそうな気がして、その度に私はお断りしましたとも!

橋から歩いて行くと、道沿いに入り込んだとても細い路地に、なにやら雰囲気のあるパブが姿を現しました。
e0114020_830176.jpg
あっ、これは有名なパブ、The Doveです。
ここだったんだ!
行ってみようと思いつつ、まだ行っていない場所。
お店の反対側は川に面していて、なんだか気持ちよさそうです。
ぜひ出直して来なくちゃ!

またまた歩いて行くと、藤がきれいに咲いている趣のある家がありました。
e0114020_1764030.jpg
建物に文字がいろいろ書いてあるなあ、と近寄って見てみると、ここはウィリアム・モリス・ソサエティーという場所でした!
e0114020_17104015.jpg
19世紀の詩人・デザイナーのウィリアム・モリスは日本でもとても人気がありますよね。私も大好き♪
ここは彼が実際に住んでいた家で、地下の部屋は一般に公開されているそう。
ここは知らなかったなあ!
でも公開は火曜と木曜の午後2時から5時までだけなんですって。
なにやらトクベツな感じがします♪改めて来なくちゃ!
今日は、また来ようと思う場所の多いお散歩です(笑)。

そのままどんどん川辺を歩いていると、パブが見えてきました。
e0114020_8324388.jpg
ちょっとここでお茶でも飲んで行くことにします。
休憩したら、また次回にお散歩の続きをしましょう♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
のんびり川辺のお散歩、気持ち良さそう♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-31 15:10 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)
三連休だったイギリス。
ラッキーなことに3日とも予報よりもお天気が良く、気温もそこそこ上がって、気持ちも軽い楽しい連休になりました。

わが家ではこの週末はのんびりすると決めていたので、お天気の良かった日曜日の朝に近くの村までお散歩に行ってきました。
雨が降った後の緑が、とってもきれいでしたよ♪
e0114020_259645.jpg

今の家は本当に周りが緑で、去年、街育ちの日本の両親が初めて来てくれた時に、「どんな所に住んでいるのかと心配になった」と言ったくらい(笑)。

だって玄関を出て2分で、ほら、この森!
e0114020_481668.jpg
なかなかのカントリーです(笑)。
でも慣れてくると、これが心地よくて、もうずっと住んでいるような気分。

そして少し歩くとこんなにぽかーんと広い場所に出ました。
e0114020_2592448.jpg
何もないから、どんなに広いか、ちょっとわかりにくいですが(笑)!

ところで最初の写真はオーク(oak)の木の葉っぱ。
ドングリがなる木というとわかりやすいでしょうか。
日本語を調べてみたら、ナラと樫の総称なんだそうで、落葉するものはナラ、常緑のものは樫なんだそう。初めて知った!

私の中では「ヨーロッパらしい葉っぱ」という印象(どんな葉っぱ?笑)で、大好きな形です。
日本には、あんまりこういうひらひらした形の葉っぱってないと思うのですが、私が知らないだけかしら?
子供の時に父にもらったヨーロッパみやげの木製の箱にこの葉っぱが描かれていたので、その印象が強いのかもしれません。
オークの木は木目が優しくて丈夫な木材としてもとても人気です。
そういえば日本でもナラの木の家具ってありますよね。

さて緑の中をどんどん歩いて行くと、池がありました。
e0114020_262759.jpg
光の反射が強くてうまく写真に撮れなかったのですが、浅いところには小さなオタマジャクシも発見。
春は確実に来ているなーと安心しました。

さらにこの日知ったことは、針葉樹やヒイラギも新芽が出ること。
街育ちの私、なんにも知らないようです(汗)。
e0114020_1191947.jpg
ツンツンとがった葉っぱも、やっぱり生きているんですねー。

両手を広げるように葉っぱを茂らせたシダが風に揺られている姿は、とても気持ち良さそう♪
e0114020_154010.jpg
清々しい気持ちになりました。

はっ、気がついたら、緑色の写真ばっかりになりました(笑)。
ここらでちょっとお花などを♪
e0114020_142122.jpg
草花って可憐で大好き。
強そうでいて、摘んだらすぐにしおれちゃう儚さも魅力です♪

ふと足元を見ると、ぬかるみの中に馬の足跡♪
e0114020_227207.jpg
近くに乗馬教室があって、よく馬に乗った人が歩いています。

またまた緑の写真になりますが、この日一番気になったのはこの葉っぱ!
e0114020_1544285.jpg
こんな形の葉っぱ、初めて見ました!
まるでお花みたいな形じゃありませんか?
かわいくて、なんだか一人でニヤニヤしちゃった(笑)。

そろそろビレッジが近づいてきましたよ。
e0114020_1471152.jpg
e0114020_282242.jpg
ここはビレッジといっても、昔ながらの村ではなくて、計画されたちょっとおしゃれな雰囲気のビレッジなんですが(笑)かわいいし、お肉屋さんや良い食材のお店があるので、たまに買い物に来ます。

ずっとお天気がぱっとしなかったので、たくさんの人が出て、外で太陽をいっぱい浴びていました。
この日はきれいな葉っぱをたくさん見て、かわいい葉っぱも発見して、緑に癒された楽しいお散歩でした。
実はこれを書いている火曜日のロンドンは雨。
良いお天気を思い出して、気分を密かに盛り上げてます♪

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
緑っていいなあ♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-29 02:45 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(8)
良く晴れた日曜日、バスに乗って、近くのパーソンズグリーン(Parson's Green)という地域に行ってきました。
Emma Bridgewaterのセールを最後に見るのが目的だったのですが、お目当てのものはなく、結局ぶらぶらとお散歩。
パーソンズ・グリーンの緑地を通った時にインディーが「あ、このパブ、聞いたことがある!」というので、早速入ってみることに。
e0114020_7194089.jpg


パブの名前はAragon House
そしてここは、中世イングランドの王様で、前回の記事でもたくさんの妻を持ったと話したヘンリー8世の、最初のお妃、キャサリン・オブ・アラゴンが体調を崩した時に住んだことがある場所なんだそうです。
e0114020_18354766.jpg
この地に住んだ、としか書いてないので、建物は建て替えられているんでしょうね。
王様の名前を覚えるのってややこしいのですが、ヘンリー8世は多くの結婚を初め、いろんなことをしているので、数多い王様の中でも有名な方。
町巡りでもよく登場するので、覚えておくと重宝です。

パブの中に入ってみると、今はやっぱりパブな造り(笑)。
e0114020_7191168.jpg

でもやっぱりインテリアがクラシックになっていて、中世にこだわってる感じが伝わってきます。
e0114020_721472.jpg
e0114020_7212622.jpg


なんとトイレの洗面台も中世風なミラーが!
e0114020_7215493.jpg

そして女性の入り口にはキャサリン、男性にはヘンリーというプレートが付いていました。
こだわってる(笑)!
e0114020_18351673.jpg
e0114020_18353085.jpg


見学ついでにお昼も食べちゃうことにしました。
サンデーローストは1時からということで、まだ少し早かったので、お肉気分のままステーキを。
e0114020_7234434.jpg
ガストロパブではないので、普通のパブ飯という感じ。
でも決して変な味というわけじゃなくて、おいしかったです♪

裏庭スペースもゆったり広くて、晴れていたこの日は、外でおしゃべりしている人もたくさんいました。(お天気が良すぎて、ばっちり逆光になってますが!汗)
e0114020_7245463.jpg

晴れているといっても、風はかなり冷たかったので、みんなコートを着ていて、帽子をかぶっている人も。
そこまでして太陽を浴びたいんですよねー(笑)。

隣りの部屋の大きなスクリーンではお兄ちゃんたちがサッカーやラグビーを観てたりして、とってもパブな雰囲気もあるので、最初から中世のお屋敷をイメージして行くと、ちょっとがっかりしちゃうかもしれません。
でも私たちが行った日曜日のお昼前後はまだ空いていてかなり静かだったので、天井が高いお部屋でゆっくりすることができました。

スペインの王室からお嫁に来て、自分の侍女と結婚するという夫に離婚されてしまったキャサリン・オブ・アラゴン。
パブのソファーに座って、中世風なインテリアを楽しみながら、たまには中世の王様やお姫様のことを妄想してみる、なんていうのも楽しいかもしれません。

e0114020_7231536.jpg

(すすけたようなガラス越しに写真を撮ってみて、ぼんやりした感じが中世風かも、と自己満足・笑)


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おお、ヘンリー8世、また登場!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-02-06 02:16 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(6)

帰って来たロンドンも雪

無事にロンドンに戻りました。

日曜日の帰り道は道路にほとんど雪がなく、行きは ノロノロ運転だった道もスイスイ走れて、お昼過ぎには家に着きました。

家の周りはこれまた雪。
しかも午後からさらに雪が降って来て、近くの緑地では雪遊びをしたり、お散歩したりする人たちで大にぎわいでした。

なので、ついまた興奮して写真を撮りに行ってみると、こんな景色が。
e0114020_17344269.jpg
ここ、家から歩いて2、3分のところです。
はて、私たちは雪景色を見にわざわざコッツウォルズまで行く必要があっただろうか(笑)?

ヨーロッパ全体で寒波が来ているようで、日本も雪が降りそう、と聞きました。
英国全体ではまだまだ混乱が続いているそうなので、みなさん、気をつけて、暖かくして過ごしましょう♪

チェルトナムの写真、ちょっと整理に時間がかかってます(汗)。
できるだけ早くアップしますね♪

*********************************************
今年からランキングに参加することにしました。
がんばれーと思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-01-21 17:14 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(4)
前回に続き、今日も日曜日のリッチモンドパーク散歩のお話です。
本当にこの日はお天気が良くて気持ちよく、まさにお散歩日和!
e0114020_7493681.jpg


この国ではお散歩している人が多いのは公園が多いからかな・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-11-23 08:02 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(4)
先週の日曜日、朝からお天気がとてもよかったので、リッチモンドパークにお散歩に行ってきました。
葉っぱが散る前の紅葉に囲まれて、本当に気持ちのいい朝でした。
e0114020_2074578.jpg


朝からお天気って気持ちがいい♪・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-11-21 19:55 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)
ぱっとしなかったロンドンのお天気、週末あたりから一気に夏になりました!
気温もぐいぐい上がって、30度に届く勢いです。

わーい、夏が来た!と、水着姿で繰り出す人もたくさん(おーい、みんな仕事はどうした?笑)。
数日後に開幕が迫ったオリンピックでも、お天気が続くと、選手もお客さんも楽でしょうね♪

水着を着るほどテンションは上がらないわが家ですが、日曜日は朝からお天気が良かったので、テムズ川沿いのフットパス(遊歩道)を歩いてみました。
お天気のいい日ばかりがすべてではないと思うけど、でもやっぱりお天気がいいって気持ちがいい♪
e0114020_2004063.jpg


今日はパットニー・ブリッジからバーンズブリッジの手前まで・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-07-24 20:15 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)

夏の夕べのお散歩

不思議なお天気の今年の夏ですが、ついつい出不精になって運動不足になりがち(汗)。
夕飯の後、あまり雨が降っていなかったので、ちょっと家の周りをインディーとお散歩してみました。
e0114020_18301412.jpg
(写真を撮るつもりはなかったので、携帯電話で撮った写真ばかりです。
ちゃんと見えてるといいのですが!)

最近は降ってさえいなければラッキー♪・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-07-18 20:37 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(10)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile