カテゴリ:イギリスの味( 49 )

夏の風物詩、ピムス♪

すっかり初夏という雰囲気のロンドン。
毎日のように気持ちよく晴れて気温も上がっています。
e0114020_16260464.jpg

日が出ると一気に気温が上がるので、ここぞとばかりにシャツを脱ぎ捨てて上半身ハダカやタンクトップ姿で日光浴を始めるイギリス人、本当に多いのです。
そして夕方にはすっかりピンク色になっている人をよく見かけます。痛そう!笑

家で仕事する人が多いからか、仕事がフレックスなのか、平日の昼間から野原で日光浴している人が多いのもこの国の不思議なところ。笑
晴れた日には仕事を休む人の確率が高いそうで、「晴れたから仕事休んで日光浴しよっ!」を実行する人は本当にいるようです。

そんな風に気分もウキウキな初夏の今週、夏の風物詩、ピムスを今年初めて飲みました。
e0114020_16181313.jpg

ピムスというリキュールにレモネード(日本で言うサイダーやスプライトに近い)を混ぜ、キュウリ、オレンジ、ミント、イチゴなんかを加えて楽しむ夏の飲み物です。
フルーツも入って甘いように思えますが、意外にそうでもなくて、飲み味すっきり。

この季節になると夏を先取りするようにピムスを楽しむ人が増える気がします。
来月始まるウィンブルドンのテニスの時にもよく飲まれるんですよ。
私も大好きでよく飲んでいるうち、甘いような苦いような独特の香りに鼻をくすぐられると、夏の気配を感じるようになりました。

梅雨のないイギリスでは夏の訪れが感覚的に日本より早く、夏至を迎える6月にはもうすっかり夏です。
ということは本当に夏はすぐそこ!
楽しみだな〜♪

ピムスについて詳しく知りたい方、美味しそうな画像を見たい方は、ピムスのサイトをどうぞ♪→こちら


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
(試しに貼ってみたバナー、横の方に移動しました。この方がすっきり見えるでしょ?)

応援、どうもありがとうございます♪



by londonsmile | 2015-05-18 00:43 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
以前にティールームのことを書いた時、私が食べたのは「どんな味のクッキーですか?」といコメントをいただきました。
何味だっけ?と写真を見てみたら、それは「クランペット」というものでした。
表面がぶつぶつしていて、確かに大きなクッキーにも見えるんです。

日本ではあまり馴染みがない食べ物じゃないかと思うので、今日はそれをご紹介しますね。

e0114020_17384907.jpg

これがクランペット。
パンの一種ですが、味や食感は、パンとパンケーキの中間、という感じ。
見た目はイングリッシュマフィンに少し似ているものの、こちらはほんのりした甘みがあるんです。

ウィキペディアでちゃちゃっと見てみたら、「塩味の、または甘い軽食パン」と書かれていました。
アングロサクソンが発明した食べ物のようですね!
例の特徴的なプツプツした穴はベーキングパウダーの効果のようです。

見た目も同じような感じで袋に入って売っているのですが、売られているのは半生の状態なので、トーストしてから食べましょう♪
インディーによれば、パンをトーストする時よりもすこし長めに、オーブングリルを使うなら、プツプツ穴の開いている方を2分、裏返して2分、そしてまた表にして1分ぐらい、と、彼にしては慎重なアドバイスをくれました。
クランペット愛を感じます(笑)。

古い時代の映画を見ていると、暖炉のそばに座ったお父さんと子供が、長い鉄の串やフォークなどにクランペットを刺して、直火であぶって食べているシーンが出てきます(なぜかたいていお父さんなのです。お母さんは他の家事で忙しいのかもしれません)。
子供が沈んでいると、お父さんは「ほら、クランペット食べなよ」とか言って子供を慰め、あるいは1日の終わりに親子でしみじみと話をしながら2人でクランペットを食べる。
たいていはほのぼのしたシーンなんです。

古い時代だけでなく、インディーが子供の頃も、お昼にごちそうを食べた日曜日などは、晩ご飯はクランペットで軽く済ませるということもあったようです。
クランペットはトーストよりもお腹にずっしりくるので、無理矢理あてはめると、おにぎりを食べたような感じになるのでしょうか?笑

クランペットにはなんとなく懐かしい香りがする気がして、味もさることながら、その家庭的な温かさに魅かれるのかもしれません。

そして、時間をかけて焼き上げてみると、外はカリカリ、中はもっちりという幸せな食感になるんですよ♪

e0114020_16292993.jpg

クランペットの断面図。
プチプチの穴は下まで通っていて、ここにバターがたっぷり浸みわたるので、さらに美味しい♪
これくらいじゃバターが足りない!とイギリス人からはツッコミが入りそうですが、私の胃袋は日本人なので、このくらいで十分(笑)。

ちなみにクランペットを出しているお店は少なくて、たいていはイギリス風のティールーム。
朝ご飯に食べる人は少なそうなのでホテルの朝ご飯のビュッフェにも出て来ないし、アフタヌーンティーのメニューに入れるとお腹がいっぱいになっちゃいそうだし、やはり家庭的なお茶や軽食に向いているようです。

ちなみにクランペットの裏側はぺったんこ。
これがまたカリカリの食感を引き立ててくれるんです。

e0114020_16594266.jpg

私はバターだけを付けて、ほんのり甘いクランペットそのものの味を味わうのが好きですが、ママレードやジャムを付けるのも美味しい♪

暖かくなってきたとはいえ時々肌寒い今頃の季節、アツアツのクランペットで心も体もあたたまってみるのもいいですね。うふふ。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
クランペットって初めて聞いたよ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-17 17:01 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
火曜日はパンケーキ・デーでした。
復活祭までの46日間は、四旬節(lent)といって粗食をしていたことから、四旬節に入る前の日の告解の火曜日(Shrove Tuesday)に食料庫にあるものを使い切る理由で卵、牛乳、バターを使うパンケーキを食べる習慣が始まったと言われています。

イギリスのパンケーキは、日本やアメリカのふわふわのものと違ってぺったんこ。
パンケーキというよりクレープに近いかも。
もうちょっと厚いものも見るので、特にインディーが作るものがそうなのかもしれません。

これにレモンを絞ってお砂糖をふるというのがイギリス流基本の食べ方。
とてもシンプルですが、これが以外とバカにできない美味しさです。

e0114020_17391890.jpg
(えっと、はじっこがうまくひっくり返せなかったので、写真はごまかして撮りました!)

こんな薄いパンケーキなので、作り始めればすぐに焼けてしまいます。
大人2人のわが家では、最初に作ったパンケーキを熱いうちに1人が食べる間に、もう1枚を焼き、それが焼き上がる頃には薄いパンケーキは食べ終わっているので、2枚目を焼いた方がそれを食べている間に、もう1人がまた3枚目を焼き、という慌ただしいことになります。
黙々と焼いては食べ、焼いては食べ、というのは、まるで焼き肉状態、あるいは天ぷら状態、あるいはわんこそば状態!

イギリス人は全般に温かい食べ物は温かいうちに食べるということに強いこだわりがあり、インディーさんも、もう1枚のパンケーキが焼けるまでの間、食べるのを待っているのがおイヤのようです。
なにせ、お料理することよりも、お料理を盛るお皿を予め温めることに力を注ぐこともある人達ですからね。笑

ちなみに、温かい料理は温かいうちに食べたいので、食べ終わるのも全般に早いです。
しかもその間もよくしゃべるので、食事中のイギリス人の口は本当に忙しく働いていると思われます。

さてパンケーキ・デーといえば、お楽しみはパンケーキ・レース。
その名のとおり、フライパンの上のパンケーキをくるくるとひっくり返しながら走るレースです。

e0114020_18294875.jpg
(写真はバッキンガムシャーのオルニーという町のパンケーキレースのサイトからお借りしました)

みんな楽しそうですよね〜!

最近ではチャリティー目的の資金集めとしても行われているようで、国会議員さんだってこのとおり。
e0114020_18331219.jpg
(こちらの写真はTimeout誌のサイトからお借りしました)

楽しいこと好きなイギリス人らしい行事だなと思うので、ぜひ一度私もこの目で見学してみたいと思っています。

最後は昨日のあったかい太陽に誘われて満開になったクロッカスの花。
かわゆい〜♡
e0114020_18434231.jpg

*******************************************
ブログランキングに参加しています。
イギリスのパンケーキって薄いんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
順位が上がっていくと、たくさんの方が読んでくれたことがわかって、とても嬉しいです。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


by londonsmile | 2015-02-19 18:45 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
クリスマスにはターキー(七面鳥)をオーブンで焼くのですが、一度の食事で食べきれることはほとんどなく、少し残るもの。
わが家は今年は2人だけだったので、大量に残りました!

なので、よくある残ったターキーの食べ方をフル回転。
翌日は、残ったポテトや野菜を全部いっしょくたに混ぜたバブル&スクイークを冷たいターキーと一緒に。
(バブル&スクイークについては前に書いたので、こちらをご覧ください→イギリス版残り物チャーハン!?バブル&スクイーク
一晩経って落ち着いたターキーが美味しく感じられて、インディーとしては、これが一番美味しかったそうです。

その次の日のお昼はターキーでサンドイッチ。
オーブンで焼いたお肉は、ハムのような、焼豚のような感じなので、サンドイッチもかなりいけます♪

そしてその夜はこれまた定番のターキーカレー♪
e0114020_22411865.jpg
インドと関わりが深かったイギリスではインド風のカレーが大人気。
クリスマスの後のターキーをカレーにするのが定番化しているほど、生活に浸透しています。

お肉はもう焼けているので、ターキーカレーといっても、カレーを普通に作って最後にターキーを足すだけ。
今回は冷蔵庫に半端に残っていた海老を入れて、ココナツクリームの代わりに生クリームを使ってみました。
(作ったのはもちろんインディーです。カレーは彼の担当ですからね!)

そして最後にもう少し残った分はサラダに乗せましたが、私はちょっと柚子胡椒を試してみました。
e0114020_22410628.jpg
さっぱりしたターキーに柚子胡椒、なかなか合う♪
私が柚子胡椒を好きなだけかな(笑)。

そんなわけで、今年のターキーは無事に全部消化しました。
これでやっと気持ちを100%お正月に向けることができそうです。


****************
ブログランキングに参加しています。
ターキーもいろんな食べ方するんだね♪と思ってださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-12-30 22:53 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
七面鳥というと、アメリカの感謝祭のイメージが強いですが、イギリスではクリスマスはターキー(七面鳥)を食べるんです。

お昼にローストした七面鳥を食べて、午後3時からクリスマス恒例の女王のスピーチをテレビで観るというのが、とっても一般的なクリスマス。
女王のスピーチはだいたいその年を振り返る内容なので、それぞれがその歳を振り返るんだと思います。
なんとなく大晦日に年越し蕎麦を食べて、紅白歌合戦を観るのに似ているなーと思ったりして。
あるいはお正月におせち料理を食べて、皇居に一般参賀に行くようなもの?笑

今年のスピーチで女王は、ちょうど100年前の第一次世界大戦中のクリスマスの日に、敵同士のイギリス軍とドイツ軍が自主的に休戦してプレゼントを交換し、サッカーの試合をした話をされていました。
国同士には問題があっても、個人には関係ないというメッセージのような気がして、感動。

わが家は今年は家でインディーと2人だけのクリスマスだったので、簡単にローストを。
e0114020_03220974.jpg
ベーコンを巻いたソーセージや、ローストポテトやいろいろな野菜を添えた家庭的なクリスマス料理。
今年は骨を取り除いたクラウンと呼ばれる七面鳥を買ったので、調理時間も短く、しっとり仕上がりました♪

女王のスピーチの後は、実家に帰るはずだったのに体調が悪くて見合わせたというフラットのご近所さんたちが小さな子を連れてお茶に来てくれて、楽しくおしゃべり。
せっせとお菓子を焼いたインディーはみんなに喜んでもらえて嬉しそうだったし、かわいい男の子のおかげでアットホームな良いクリスマスになりました。

みなさんはクリスマスに何を召し上がりましたか?


****************
ブログランキングに参加しています。
それぞれの土地でイベントごとに食べるものがあるのっておもしろいよね♪と思ってくださったら、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2014-12-26 04:06 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)

カレーの出前、大好き♪

このところ用事が立て込んでアップアップしてオリマス。
というわけで、週末なのに出前に頼りました。

e0114020_19293751.jpg
インディーも私も大好きなカレー♪
右上から時計回りに、ご飯、カリフラワーのカレー、ポテトと何か(汗)のカレー、グリーンピースとパニアチーズのカレー、チキンティカマサラカレー、そしてチキンティカ(チキンのグリル焼き)。
写真に撮りそびれましたが、この他にナンより薄くて小さい「ロティ」というパンがありました。

日本だとカレーの出前ってあまり聞きませんが、インドとの関係が深いイギリスではインド・パキスタン系の人やカレーのお店が多く、出前もしてくれます。
中には出前専門のお店もあるくらいで、ピザと同じくらい人気の出前です。

日本語でもイマドキは出前と言わず、「デリバリー」というのかな。
英語ではデリバリー(delivery)ですよね。

たいてい保温の箱に入れて持って来てくれるので、家に着いた時にもアツアツ。
お店によっては、前菜代わりのポポダム(軽く揚げたスナック)もサービスで付いてきます。

お近くに知っているカレーのお店がなくても大丈夫。
今の時代、本当に便利になったもので、自分の住んでいる地域と希望のお料理の系統(カレー、ピザ、中華などなど)を入力すると、近くで出前してくれるところを紹介してくれます。
そのサイトはこちら→Just Eat

カレーの命はスパイスで、お店の料理人さんがどういうスパイスを使うかで味が全然違ってくるので、あちこち試して、好みの味を見つけるのも楽しいですよね。

以前住んでいた東ロンドンにはインド・パキスタン系のお店が多かったので、カレーを食べるのも、出前してもらうのも全然困らなかったのですが、西ロンドンに移ってからは、ここだ!というお店にまだ巡り会えていなくて、わが家でも試行錯誤中。
この日はかなりいい感じのお店だったので、また近いうちに試してみるつもり。

こうして出前でラクさせてもらっちゃってます。
でもインディーも私もカレー大好きだから、ま、いっか!


****************
ブログランキングに参加しています。
おっ、カレー、いいねぇ!と思ってくださったら、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2014-11-17 20:18 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
前回書いた日曜ランチ、楽しく美味しかったのですが、こういう会をするとどうしても残り物が出ますよね。
特にインディーさんは何でも多めに作るタイプなので、わが家の残り物はかなり多い(笑)。

というわけで、翌日のランチに同じものを温めましたが、マッシュポテトと野菜は「バブル&スクイーク(bubble and squeak)」というものにしてみました。

バブル&スクイークって、イギリス人のご家族がいない方はあまり聞かないかもしれません。
イギリス料理お店のメニューにはない、イギリスの超家庭料理。
私のイメージでは、イギリス版残り物チャーハンです!

e0114020_19353721.jpg

ご飯として食べるパイは、ケーキのように中まで固まっているわけではないので、切り分けるとこんな風に中身が飛び出てきます(笑)。

それはさておき、右側にあるのが問題のバブル&スクイーク。
このゴチャゴチャはなんだ!?と思いました(笑)?

簡単に言うと、残ったポテト(マッシュでもローストでも可)と茹で野菜を、タマネギやキャベツと一緒にバターで炒めたもの。
この日はキャベツは使いませんでしたが、中途半端な量のベーコンやハムなんかがあれば入れたりして、その時にあるもので適当に調整します。
ね?なんだか中途半端にご飯が余った時に適当に作るチャーハンっぽいでしょ?

イギリスではパンも食べますが、メインのご飯の付け合わせとしては圧倒的にポテト。
だから残ったポテトを野菜と一緒にバターで炒めるのって、冷やご飯を炒めるチャーハンに似ている気がするんです。
ここまで書いて気づきましたが、電子レンジやご飯の冷凍が当たり前になっている今の時代、冷やご飯でチャーハン作ったりしないのかな。
おばあちゃん子なので、感覚が古いかもしれません!
バブル&スクイークを作ると、私はいつも祖母が作ってくれた残り物チャーハンを思い出すんです。

日曜日のお昼に大きな肉の塊をオーブンで焼いて、ローストポテトかマッシュポテト、それに茹で野菜を添えた「ロースト」をする習慣のあるイギリス。
このバブル&スクイークは、ローストの残り物を食べる知恵としてできた料理だそうで、インディーが子供の頃は日曜の夜といえばこれだったんですって(笑)。
ブラウンソース(日本のソースに似てる感じ)やケチャップをかけて食べるのも人気みたいですよ。

ちなみに名前の「バブル」と「スクイーク」は、どちらも炒めている時の音から来ているそうです。
バブルはブクブク、スクイークはキーキー、ギシギシという感じかな。
でも、お料理中にブクブク、キーキーという音がするって、ちょっとイメージ沸きにくいですよね!笑
グツグツだと煮込んでいる感じになっちゃうしなー。
こちらの人は音の感覚が違うのかもしれません。

でもよーく想像してみましょう。
ポテトが温まってくるにつれて熱が食べ物に伝わって、野菜から水分が出て、ブクブク、キーキーと音がするように聞こえる・・・のかも???笑
でもブクブクと音を立てているお料理って、熱々で美味しそうですよね。
ちなみに、フライパンでポテトに熱を通すには少し時間がかかるので、火にかけてから少し放っておいたりするのですが、そうすると混ぜ返した時に写真にも写ったおこげができてたりして、これまた美味しいんですよ♪

この写真でも十分ゴチャゴチャして見えますが(笑)、インディーさんによれば、ゴチャゴチャこそがバブル&スクイークの醍醐味だそう。ホンマかいな!
見た目がこんなだし、残り物料理なので、レストランのメニューに登場する機会は少ないですが(パブで1、2度見たことがあります!)、熱々のバブル&スクイークは家庭の味。
心もお腹もなんだかほっこりします。

マッシュポテトが余ることがあったら是非試してみてくださいね!


****************
ブログランキングに参加しています。
ほんとだ、ポテトで作ったチャーハンみたいだね!と思ってくださった方(ねー、そう思うでしょ?笑)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2014-11-06 02:24 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
秋にしては不思議なほど暖かく感じた土曜日。
今年は比較的暖かくて、秋晴れも多い気持ちのよい秋です。

軽いランチにインディーがリクエストしたのはベーコン・バティー(bacon buttie)。
イギリス人が大好きな食べ物です。
e0114020_04365865.jpg

この通り、焼いたベーコンをパンにはさむだけ(笑)!
もちろんパンにはバターをたっぷりと。

こんなにシンプルな食べ物ですが、イギリスでは本当に人気。
これを食べている人は、とても満足そうな顔をしていることが多いのです。

結婚してすぐの頃、ベーコン・サンドイッチが食べたいと言うので、BLT(ベーコン、レタス、トマト)のサンドイッチを作ろうとしたら、
「違う、違う!ベーコンのサンドイッチだよ!ベーコンだけだよ!」
と、わが家のイギリス人は軽くパニックを起こしていました(笑)。
ヘルシーでおしゃれなBLTより、シンプルなベーコン・バティー。
質実剛健なイギリスらしい食べ物かもしれません(笑)。

もちろんイギリスでもBLTサンドイッチはありますが、断然ベーコン・バティーが人気。
主に朝ご飯用で、家で食べたり、カフェで注文したりするみたいです。
スターバックスのメニューにもあった気がします。

イギリスのベーコンは種類が豊富ですが、全体に日本のものに比べて肉厚。
私としては、ベーコンのサンドイッチには少し野菜が入った方が好みなんです。
でもたまにベーコン・バティーを食べると、そのシンプルさがたまらなく美味しく感じられます。
ポイントはベーコンの焼き具合かも。
私は注意散漫で、ベーコンをオーブンの中で焦がしたりするので、わが家ではイギリス人のインディーさんにお任せしております(笑)。

シンプルなベーコン・バティー、良かったら今度、試してみてくださいね♪


****************
ブログランキングに参加しています。
ベーコンだけを挟むんだ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2014-10-19 08:12 | イギリスの味 | Trackback | Comments(4)
夏のように暑くなるかと思えば、雨が降って急に寒くなったりする今日この頃のロンドン。
今週は午後3時頃にものすごい豪雨と雷の夕立があって、西ヨーロッパで一番高いシャードという建物に雷が落ちた瞬間の写真が撮られたりして話題になっていました。
(雷が落ちても建物が必ず燃えるわけじゃないんですね!この建物も何事もなかったようです)
お天気は不安定でも、朝晩はどんどん明るくなってきていて、夏が確実に近づいていることを感じます。

そんな今週、手作り名人のお友達に、エルダーフラワーのコーディアルをいただきました♪
e0114020_634767.jpg
日本にいた頃は、エルダーフラワーもコーディアルも知りませんでした。
あまり馴染みがないですよね。
コーディアルはシロップのようなもので、水で薄めて飲む飲み物です。
写真はすでに薄めた状態のもので、原液(?)はもう少し濃い色、たとえるなら透き通っている方でなくて、濁った方のりんごジュースのような色でした。

そしてエルダーフラワー自体は、こんなお花。
e0114020_18291568.jpg
小花がアジサイのように固まって咲く可憐なお花で、ほんのり甘い香りがします。
意外と大きくなる木なんですよ。

ずっと木の名前が「エルダーフラワー」なんだと思っていましたが、つい最近、木自体はエルダーということ知りました。
日本ではニワトコと言うそう。
そのお花がエルダーフラワー、お花に実がなるとエルダーベリーと呼ばれて、エルダーベリーからはワインやジャム(主に他のフルーツと組み合わせるらしい)を作るそうです。

インディーは十代の頃にエルダーベリーのワインを作ったことがあるそうで、家でも簡単にできると自信たっぷりに言っていました。
えー、それなら今年、作ってもらおうかなあ。
お花が終わって実がなったら、また写真を載せますね!

エルダーフラワーからは他にシャンペン(正確にはスパークリングワインですね・笑)も作るそうですし、ドライにしたお花をお茶として飲んでも、爽やかな緑とほのかな甘い香りが美味しいんですよ。

このエルダーの木、特に林に行かなくても、その辺にわりとよくあります。
エルダーフラワーがたくさんある所を通ると、ほんのかすかにですが、甘い香りがするような気がして嬉しくなってしまいます。
それともそんな気がするのは、私がエルダーフラワーの飲み物を思い出すからかなあ。
e0114020_1830899.jpg

そして肝心のコーディアルですが、これ自体はお店にも売っているとてもポピュラーなものです。
冷やしたお水、特に炭酸水で割って飲んでみると、甘い香りで体が満たされるようで、お花のそばにいる時と同じようにこの季節を感じます。

手作りも盛んで、家で作ったという話をわりと良く聞きます。
私は自分で作ったことはないのですが、大雑把に言うと、沸騰したお湯にエルダーフラワーを枝ごと入れて煮立たせ、お砂糖とレモン汁を加えてさらに煮立てて濾すということのよう。
シンプルさがまた素朴でいいですね。

コーディアルとシロップの違いは何かと思っていたのですが、シロップの方が少し濃くてねっとりしているという程度で、はっきりした違いはあまりないみたい。
コーディアルはジュースのような完全な液体ですが、これをシロップと呼ぶ人もいますしね。
シロップはこれをもっと煮詰めるのかなーと想像しているのですが、もしはっきりした違いをご存じの方、ぜひ教えてくださいませ♪

お友達はわが家に来る前の日に作ってくれて、炭酸水も一緒に持ってきてくれたので、その場に集まったお友達にすぐに出すことができて、みんなで初夏の気分を味わえました。
季節を感じるって嬉しいですよね。

美味しいコーディアルと優しい気持ちをありがとう♪
e0114020_18304525.jpg



*****************
ブログランキングに参加しています。
コーディアルって初めて聞いたかも!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-05-25 01:37 | イギリスの味 | Trackback | Comments(0)
前回書いたセビリアオレンジのマーマレード。
私がブログに書いたのを見て何やら思い立ったらしく、週末にはグレープフルーツとクランベリーのマーマレードを作るインディーさんの姿が(笑)。
e0114020_185703.jpg
できた!
グレープフルーツはピンクじゃなくて普通の色だったのに、クランベリーのおかげで、きれいな赤になりました。

瓶を真空にする方法も知っているらしいインディーさん、ジャムやチャツネを作るために、普段から要らない瓶を人からもらって集めています。
結婚する前は、こんな人だと知らなかったので、彼が当たり前のようにオーブンに瓶を並べて消毒しているのを見た時には、キツネにつままれたような気持ちになったものでした。

お味はというと、グレープフルーツの爽やかさとほどよい苦み、クランベリーのほんのりした甘さが一緒になって、とてもおいしい♪
これも確かに「朝の味」です。

今回は、製糖する時に出る副産物のモラーセス(molasses。日本語では「廃糖蜜」というそう。お米でいう糠みたいなもの?笑)を入れたそうで、味にコクが出て、今のところ今年のマーマレードよりもいい感じです、個人的には!
e0114020_1850964.jpg

私のブログを見てくれたお友達がマーマレードやチャツネを作ることにしたそうです。嬉しい♪
手作りはその人の個性が出ておもしろいですよね。
お料理上手な友人達がどんな風に作るのか、話を聞くのが今から楽しみです。
このインターネット時代に、家で作ったジャムやマーマレードの話を友達とするなんて、なんだか愉快じゃありませんか!

わが家では、作っているのは私じゃないんですけどね(笑)。


******************
ブログランキングに参加しています。
グレープフルーツとクランベリーっていう組み合わせもあるんだね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-01-21 19:17 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile