2019年 01月 04日 ( 1 )

元日は、珍しくロンドン市内に出かけてみました。

1月1日に市内に出るのは、この13年のうちで初めてのこと。
子どもの頃から元日は家にいるもので、初詣にもいかないという家で育ったので、なんとなくそれを通していたのです。
(ちなみに初詣は1月中ならセーフ、という実家独自のルールがありました)

元日も意外とお店が開いているという情報を得たので、今年はなんとなく気分を変えて外に出てみることにしました。

e0114020_23395486.jpg

クリスマスには、お店がほとんど閉じるほか、交通機関の運行もかなり減るのですが、噂どおり、元日はかなりのお店が開いていました。
交通機関も日曜日のスケジュールで動いている感じ。

家の近くのハイストリート(商店街)もかなり開いていました。
営業していなかったのは銀行、郵便局、美容院、ネイルサロン、あと個人商店がちらほら、ぐらいです。

クリスマスの翌日のボクシング・デー(Boxing Day)から大きなセールが始まるので、その影響もあるのかな。
といっても、年々セールの開始は前倒しになっていて、最近はクリスマス前から始まるのですが。

そして、ロンドン市内、特に観光客が集まるような目抜き通りはほぼ完全にオープン。
ものすごい人混みでした。
e0114020_23413611.jpg

バスの2階から撮った写真。
あまりの混雑で、道を歩く勇気がありませんでした。

国内外からの観光客だけでなく、ロンドナー風な人もかなり見かけました(単なるわたしの印象です)。
バスカー(大道芸人)の人たちも出て、まさに日曜日のような混雑でした。
e0114020_23372227.jpg

夜になってもこのとおり。

日本も昔に比べると、ずいぶん元日から開いているお店が多いですよね。
とにかく元日は家で、という決まりごとを離れてみたことで、元日に外に出てもいいんだな、そして外に出ると違うものが目に入るんだな、ということがわかって、新年らしい新鮮な気持ちになれた1日でした。

帰りに、晩ごはんを軽く食べて行こうということになったのですが、わたしが食べたかったのは、「英国料理でも和食でもないもの」でした。
クリスマスもお正月も大好きですが、日英カップルのわが家では2つのイベントが続いていて、伝統的なローストした七面鳥や、手に入るもので作ったなんちゃっておせち料理が続いていたので、なにか違う味を口に入れたかったのです。
クリスマスに残った七面鳥はその後数日、形を変えて食べ続けますし、おせちももちろん1日では食べきれませんよね。
(しかもわたしはおせちの味見もたっぷりしていたのです・笑)

そこで市内から住宅地に入る中間ぐらいのエリアにある中東料理のお店に入ったら、なんとほぼ満席の大賑わい。
お客さんは、近所に住んでいる雰囲気の家族や若者のグループ、観光客風など、いろいろでした。

周りのお店も観察してみたところ、全体的に洋風なレストランより、中華やカレーや中東系といったエスニックなお店の方が人気が高くて、大賑わいだったようです。

やっぱりわたしと同じで、クリスマスの伝統的な食事が続いた後には、ちょっと違うものが食べたくなるのかな。
昔、「おせちもいいけど、カレーもね♪」というコマーシャルのフレーズがありましたが、まさにそれ!笑

イギリスも田舎の方は食べ物にも保守的だと聞きますが、ロンドンは外国人も多いし、いろいろな味に慣れているんでしょうね。
食べることに興味を持つ人が増えてきている風潮も関係しているかもしれません。

やっぱりいつもと違う行動をしてみると、いつもと違うものが目に入りますね。
今年は大好きな家にばかりいないで、もうちょっと外に出てみようと思います!

e0114020_23365714.jpg

(この天使は、ピカデリーからリージェントストリートにかけてのイルミネーション。
以前は毎年スポンサーごとにデザインが変わっていたのですが、ここ数年はこれに落ち着いています。
ただ光っているだけでなくて、キラキラと光が変わって、とても華やかなんですよ)


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

by londonsmile | 2019-01-04 01:49 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile