クリスマスの味、ミンスパイ

街の写真が続いたので、今日は楽しいお菓子のお話を。

イギリスに来て初めて知ったお菓子のひとつがミンスパイでした。
クリスマスの時期に食べる焼き菓子なんです。

e0114020_18420204.jpg

大きなものを切り分けるのではなくて、必ずひとつずつになっています。

パイといっても生地はサクサクではなくて、ビスケットのようなしっかり厚いものが多いかな。
その周りにキラキラしたお砂糖がまぶしてあって、さらに甘みがアップしているものも多し。笑

この写真のようにタルト状に焼いて上に星が飾ってあるものもよく見ますし、上下を完全に挟み込んで焼いてあるものも多いのです。
e0114020_04141945.jpg

これは先日、チェルシーのPartridgesのカフェで食べたもの。
こちらは上下しっかり挟むバージョンですね。
お砂糖がたっぷりかかっているのが見えますか?

パイの中身はドライフルーツをスパイスと一緒に甘く煮た「あん」のようなもの。
このパンチの効いたスパイスが決め手で、この香り高いミンスパイを食べるとクリスマスだなあと実感します。
スパイスはナツメグ、シナモン、グローブなどなどと言われていますが、すべてが混じり合って、なんとも言えない「クリスマスの香り」です。

この時期は、イギリスだけじゃなく、ヨーロッパ全体にこういうスパイスを使った食べ物は多いようです。
シュトレンにもちょっとそういう感じ、ありますよね。
e0114020_04143712.jpg

パイを割ってみたところ。
本当にあんこみたいに見えませんか?
あるいは月餅のあんのような。笑

英語ではひき肉のこともミンス(mince)というので、ミンスパイと聞くと、ひき肉の入った甘くないパイのように思う人も多いようです。
ちなみに、このミンスパイに入っている「あん」のことも、英語でmincemeat(ミンスミート、つまりまさに「ひき肉」)と言うので、ますますややこしい!

へそ曲がりなイギリス人らしい話だなと思っていたのですが、このブログを書こうと思ってあれこれググっていたら、なんと実は昔々の時代には実際にお肉も入っていたらしいとわかりました!
ベツレヘムでのキリストの誕生にちなんでいるらしいとか、十字軍が中東遠征から引き上げた時に持ち帰ったレシピらしいとか、調べているといろいろな話が広がってきます。
こんなに小さなミンスパイにも歴史があったのね、と思うと、なんだか愛しくなります。

小さな、と言っても、一人で食べることを思うと、実はミンスパイは小さくはないのです。
上の写真からもおわかかりだと思いますが、このお店のものは直径6、7センチはあったかな。

そんなに大きくないじゃない、とお思いかもしれませんが、ミンスミートの部分がかなりしっかりと甘いし、ビスケットもバターたっぷりなので、6センチもあるものを食べたらお腹いっぱい、口の中は甘さでいっぱい。
紅茶をガブガブ飲みたくなります。
ま、それも楽しみではあるんですが、わたしとしては小さめな方が好き。
しっかり甘いおいしい羊羹を少し食べるみたいな感覚でしょうか。笑

クリスマスの時期、ミンスパイはお互いに振る舞いあうもののようで、この時期の持ち寄り飲み会にはつきものですし、お店で買い物をしていると、店先にミンスパイやスパークリングワイン、紅茶なんかが並んでいて、ご自由にどうぞ、なんていうこともよくあるんですよ。
クリスマスケーキやクリスマスプディングはさすがに当日食べるものですが、クリスマスめがけて楽しむお菓子という意味ではドイツのシュトレンやイタリアのパネトーネに似ているんだと思います。

たくさんは食べられないものの、クリスマスの時期になるとどうしても少しは食べたくなる味。
スパイスの味に、どこか温かみを感じるのかもしれません。
ミンスパイの歴史を少し知った今となっては、ますます愛着がわいてきます。

今年はまだ2つしか食べていませんが、クリスマスまであと3日、あとひとつぐらい食べる機会があるかな。

*わが家の工事、ペンキ塗りもようやく完了しました!
あとは片付けなんですが、えーと、そっちの方が大変かも。汗
とりあえず部屋中のホコリを取り払ったところで、あとは日曜日にくる夫の家族が使う場所を整えることに専念します。
ご心配くださった方々、ありがとうございました!


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27753346
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン公 at 2018-12-22 21:41 x
ミンスパイって、ひき肉のはいった、肉まんみたいなパイのことかと思ってました~。ああ、赤面。お勉強させていただきました。ありがとうございます。
イギリスのお菓子って、本場物が食べてみたいなって思っていたら、ひょんなことからイギリス人女性が麻布にお店を開いているのを発見。お菓子教室もしているのです。行ってみたいなあ。
Commented by irino at 2018-12-23 01:10 x
今頃は、お客様の準備でてんてこ舞いかもしれませんね。
チョコレートブラウニーも作られたのかな?

引き続きのクリスマスデコレーション、品があっていい雰囲気! そもそもロンドンの街って、新旧の建物が入り混じって、ドラマチック。クリスマス時期はさらに魔法がかかる感じですね。すてきな写真にときめきました。

ところで、数回前の柊とロビン柄のティータオル、Thornback & Peelのだったんですね!
秋に行った西オーストラリアのお店のショーウィンドウに素敵な缶が飾ってあって、欲しい!と思ったけれど、3個セット。スーツケースに入らない、と諦めたのでした。あとで調べたらThornback & Peelの缶でした。
特に、うさぎとキャベツ柄、かわいすぎる! 去年のイギリス旅の時に知っていれば〜と悔しい思いをしていますが、ロンドンに実店舗があるのでしょうか? どこかデパートとかで扱っているのかな? ロンスマさんは、どちらで手にいれられたのでしょう? 
おさしつかえなければ、おひまになったら教えてください。
きれいになったお家で、楽しいクリスマスを!
Commented by londonsmile at 2018-12-24 09:02
*ニャン公さん*
ミンスパイはあま〜いパイなんです。最初は、(甘いし、スパイスにクセはあるし)うわー!と思う人が多いかもしれませんが、これがなかなかいいんです。イギリス人の方のお店が東京にあるんですねー。機会があったらぜひ! ミンスパイも召し上がってみてください。
Commented by londonsmile at 2018-12-24 09:12
*irinoさん*
お気遣いありがとうございます。家族は楽しく過ごしたあと、帰って行きました。わたしはお料理はノータッチだったのでその点では楽チンでした!
Thornback & Peel、よくご存じですね。これは確かお友達にいただいたんだと思います。わたし自身はお店を見たことはありません。売っているのを見るのはキッチン用品屋さんとか、雑貨屋さんとかが多いかな。あとフォートナム&メイソンでも売っていた気がします。お店でかわいいものを眺められたら最高ですが、どうしてもということならインターネット販売で海外発送してくれるかもしれないので、ウェブサイトをご覧になってみてください。
うさぎとキャベツの柄、わたしも大好きです! お手元で楽しめる機会が早くやってきますように!
Commented by irino at 2018-12-24 11:01 x
情報、ありがとうございます!
お店に立って、すべてThornback & Peelの製品に取り囲まれるというのを夢見ていたのですが、実店舗はないのかもしれませんね。
次回ロンドン町歩きの楽しみの一つにとっておきます!
今年も色々なイギリスのお話、写真、楽しませていただきました。ありがとうございました。・・・まだクリスマスの続きも期待していますが(^^)
また来年もよろしくお願いいたします。
どうぞ、よいお年をお迎えください!
Commented by londonsmile at 2018-12-25 02:09
*irinoさん*
お店を見つけたらここでお知らせしますね。わたしもあんなかわいいものに囲まれてみたいです。笑
クリスマスマーケットの写真をアップしたので、よかったらご覧くださいね。
どうぞよいクリスマスを。そしてよいお年をお迎えください。
by londonsmile | 2018-12-22 19:17 | イギリスの味 | Trackback | Comments(6)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile