街のクリスマスのデコレーションいろいろ2018

クリスマスのデコレーションの写真が意外に好評だったので、今日もあちこちの写真をご紹介しましょう。
ロンドン市内のオサレな場所を中心に!

e0114020_02020809.jpg


こちらはチーズが充実していて、主にフランス系の食料品がいろいろ揃うLa Fromagerie
店内もおしゃれですが、クリスマスのディスプレイもシックですてきですね。

ちなみにわが家の工事はまだ続いています。
ただ、音の出ないペンキ塗りになったので、ほっと一息。
本当にあと一歩ですが、金曜日まではかかると昨日聞いて軽くがっかりなのでした。

というのも、その翌日の土曜日に片付けをしたら、日曜には夫の家族が大勢やってくるのです。
ちなみに工事のために本棚2つ半分から本を移動しているので、居間は足の踏み場のない状態。
プラス、これから渡す、あるいはすでにいただいたクリスマスプレゼントの山の重なって、もう何がなんだかわからない状態です。

日曜日にはお料理も出す予定なので前日から仕込みに入る上、わたしは終わらせるべき仕事も残っている。
間に合うのか、わたし!

という綱渡り状態ではありますが、少なくとも2週間に1回ぐらいは意識して街に出るようにしています。
そうじゃないと本当に息が詰まってしまうので。笑

この日はマリルボーンハイストリート界隈に出かけたのでした。
街なかにある高級住宅地で芸能人の住人も多く、ハイストリート(いわゆる町の商店街)はビレッジの雰囲気を醸し出しつつも、やはりおしゃれな場所です。
あんまりいい天気ではなかったのですが、きれいなものをたくさん見て、よい気分転換になりました。
クリスマスの飾りって、やっぱり気分が盛り上がりますね。
e0114020_02443143.jpg

これはハイストリートから少し入った道にあるChiletern Firehouse
消防署を改装して作った超人気のレストラン/ホテル/クラブです。

わたしはお茶しかしたことがないのですが、広い空間を上手に使って、上質なものの良さがありながら気取らない雰囲気も残す居心地のいいカフェでした。
今度は大人気の夜にご飯を食べに行ってみたいなあ。

e0114020_02022854.jpg

建物とクリスマスツリーのバランスが絶妙。
すごいデザインだなあと思いました。
そしてクリスマスツリーを一度にたくさん見ると、なんだか豊かな気分になることもわかりました。笑

さてハイストリートに入ってみると。
e0114020_02102135.jpg

英国のカントリー生活をモチーフにした陶器が大人気のEmma Bridgewaterのディスプレイ。
テーブルまわりの飾り付けって、家族が食卓にいる様子を想像させるせいか、とてもクリスマスらしい気がします。
e0114020_02093916.jpg
今では市内に何軒かありますが、ここが第1号店です。
木のパネルが貼られた店内の美しさが有名ですが、旅関連の書籍が充実していることでも名高い本屋さんなんですよ。
本はとても人気のクリスマス・プレゼントなので、店内は大盛況でした。

日も暮れて、ハイストリートの飾り付けも点灯されました。
e0114020_02424963.jpg
e0114020_02104305.jpg


シンプルだけどかわいらしいディスプレイ。
お店を確かめなかったのですが、たしかお洋服屋さんだったと思います。

さて、ハイストリートを抜けて、オックスフォードストリート方面に向かいましょう。

e0114020_02073208.jpg

こちらはオックスフォードストリートに抜ける秘密の小径のようなSt Christpher's Place
車の入れない細い道ながら、レストランが立ち並ぶおしゃれな通りで、イルミネーションも凝っています。

e0114020_02183688.jpg

わー、車まるごとにラッピング。
車のショールームにありました。
こんなプレゼント、もらってみたい!笑

ロンドンの目抜き通りのひとつ、オックスフォードストリートに出てきました。
e0114020_02012564.jpg

最近はこまごました飾りはやめて、シンプルになったのかな。
もしかしたらオックスフォードサーカス付近だと、もっとキラキラしているのかもしれません。

キラキラといえば、ハイドパークも今、キラキラの真っ最中!

e0114020_02415284.jpg

バスから見えただけですが、ハイドパークではこの時期恒例のウィンター・ワンダーランドを開催中。
本場ドイツ風のクリスマスマーケットをはじめ、ほんの2、3ヶ月だけのものとは信じられないほど大きくて凝っている乗り物や、クリスマス時期ならではの食べ物の屋台など、朝から夜遅くまで大混雑で、年々人気が高まっているイベントです。

とハイドパークをじっと見つめていたら、こんなものを発見。
e0114020_02434671.jpg


なんとエリザベス女王!
これはなんと言うのかな、ホノグラムのような不思議なもので、裏側も同じようにキラキラ輝いていました。
ハイドパークコーナーあたりに最近お目見えしたオブジェです。
e0114020_02071332.jpg

バスの2階から見たお店のおもしろディスプレイ。
なんと言ってもサンタさんは世界共通のヒーローですね。

ちょっと移動して、今度はサウス・ケンジントンにやってきました。
サウス・ケンジントンの冬といえば、やっぱりこれでしょう。
e0114020_02024436.jpg

自然史博物館前のアイススケート♪
写真だと暗くて見えにくいのですが、キラキラのイルミネーションの向こうに自然史博物館の古い重厚な建物を見上げるこのスケート場では、タイムスリップした気分になれます。
数日後、昼間に通ったら、プロみたいな人がデモンストレーションもしていて、すごい人だかりでした。

e0114020_02112995.jpg

こちらは大好きなカード屋さん、Medici Galleryのディスプレイ。
11月頃から店内はクリスマスカードやグッズでいっぱいになり、眺めるだけでも幸せな気分になれます。

やること山盛りのこの時期ですが、こうして街に出るときれいなものを見ると、やっぱり心踊るものですね。
やるべきことは集中してやって、楽しむ時間も大切に、という言葉を、改めて心に誓ったのでした。
(もう何百回目の誓いになるのかわからないけれど、とりあえず努力します!笑)

おまけの写真:
e0114020_02121590.jpg

(リージェント・ストリートの老舗香水店、Penhaligon'sの前におもちゃの兵隊さんが立っていました。
写真撮ってもいい? と聞くと、敬礼までしてくれるサービスぶり。
ふだんはあまりノリのいい方じゃないわたしですが、やっぱりこういうのは単純に嬉しくなってしまったのでした。)


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27719522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mariemarie at 2018-12-21 05:58 x
ロンドンの街もクリスマスデコレーションでとっても素敵ですね〜。
車のラッピングがなんとも素敵でお洒落。敬礼しながらポーズをとってくれるガードマンさんも可愛い〜。
あ〜またロンドンに行きたい病が出てきてしまう。どうしましょう。
私の住んでいるパリの街もクリスマスのライトアップでとっても綺麗です。
どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。
mariemarie

Commented by londonsmile at 2018-12-21 17:37
*mariemarieさん*
ロンドンの街、きれいですよー。車ごとのプレゼントとか敬礼してくれるお兄さんとか、遊び心もたっぷりで、楽しませてくれます。よかったら来年はこの時期にぜひ。
パリもクリスマスの時期はきれいだと聞いています。シャンゼリゼ通りのイルミネーション、シンプルだけどいいですよね。一度自分の目で見てみたい!
mariemarieさんもどうぞ楽しいクリスマスを!
Commented by ニャン公 at 2018-12-22 21:38 x
うっとりします。きっとロンドンは寒いでしょうが、外を歩いてみたくなりますね。
うちの近所(横浜の田舎)では、しょぼいイルミネーションを(それでもがんばって)近所の小さな商店街がつけてくれていますが、う~~ん、比べてしまいます。
Commented by londonsmile at 2018-12-24 09:00
*ニャン公さん*
この写真は街の中心部なのでキラキラですが、最寄りの商店街はかなり庶民的な感じですよ。笑
街には街の良さがあるし、住宅街の素朴な感じにも味があるんじゃないかなあと思ったりします。
あと、イギリスの人たちってクリスマスにかなり力を入れますからね。その辺りの意気込みは違うかもしれません!
by londonsmile | 2018-12-20 19:45 | ロンドンにお出かけ | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile