朝日や植物に癒される日々

ロンドンでまたがんばるぞー、と言ったのが神様に聞こえたのか、なんだか予定が詰まってきています。

特に仕事で忙しいのはありがたいことなのですが、つい気持ちが慌ただしくなってしまうのが、我ながら器の小ささよ。
日本から持ち帰った本も、スーツケースから出してダンボール箱に入れたまま整理もできず。

そんな中、ほんのちょっとしたことに癒されながら毎日を過ごしています。

最近のいちばんのお気に入りは朝日に輝くマロニエの葉。

e0114020_17281880.jpg

前にも書いたように、朝晩ずいぶん暗くなってきてはいるのですが、太陽が上ってくるくらいの時間に朝のコーヒーを飲むのが最近の日課になっています。
窓の外には、わたしの友だちといってもいいくらい親しんでいるマロニエの木があって、その紅葉した葉にあたる朝日が本当に美しいのです。

朝は空の青さも独特で、澄んだ空の青と黄金色に輝く葉っぱのコントラストがたまりません♪
こんな景色を眺めながら朝のコーヒーを飲むと、いい1日になるような気がするでしょう?笑

少し時間がさかのぼって、太陽がちゃんと出る少し前は、去っていく夜とやってくる朝の入り混じる時間。

e0114020_17372576.jpg

月もまだ残っているぼんやりした空も美しいものです。
じーっと眺めていると、少しずつ明るくなっていくのも楽しい。

それから植物。
日本から戻ったら、窓際に置いていたランがたくさん花をつけていたんです。

e0114020_19154808.jpg

重みで、すっかり首を垂れているほど。
もしもし、重そうですが、大丈夫ですか? と思わず話しかけちゃいました。

このお花、2年くらい前にいただいたときには、環境が合わなかったのか、すぐにお花がぜんぶ散ってしまったんです。
その後、1年以上枯れた状態で、もうダメかと思ったのですが、その後は驚くほどどんどん花をつけています。
命ってすごいですね。
つぼみもまだまだたくさんあるので、楽しみです。

e0114020_07240504.jpg


お花といえば今は切り花もあるのです。
家に帰ったときに夫が買ってきてくれた百合の花が次々に咲いて、むせるような甘い香りが部屋中に広がっています。
鉢植えのように育っていく楽しみはないものの、自分が思った形に並べることができる切り花も捨てがたいですね。

こんな風に、朝から太陽の光に輝く葉っぱや愛らしい花を見て、「今日もがんばるぞー!」と気持ちを盛り上げている毎日です。
優雅なのは朝だけで、この後はガガガーっと慌ただしいことになるのですが。

週末もあまり落ち着かないことになりそうですが、せめて朝ぐらい美しいものを見て、心を和ませたいと思います。
みなさま、どうぞよい週末を♪


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27628453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニャン公 at 2018-11-05 01:08 x
お花のプレゼント、いやはや、うらやましい限りです。ロンスマさんがいらっしゃらなかったのが、寂しかったんですね。

私は結婚してから一度も(いえ、結婚前でも)、うちのオットットからお花をもらったことがありません。おばあさんになってからでもいいので、お花をもらってにっこりしてみたいで~す。
Commented by londonsmile at 2018-11-05 21:24
*ニャン公さん*
ありがとうございます。あはは、こちらの男性はお花をプレゼントするのは当たり前、と思ってそうですが、日本の男性は持って歩くのも恥ずかしいみたいですよね。
酸いも甘いも嚙み分けたお歳になった頃、旦那さまからきれいなお花、プレゼントされますように♪
by londonsmile | 2018-11-03 07:35 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile