サッカーがイングランドに帰ってくるよ、という歌がヒットチャートで第1位!

相変わらずワールドカップにわくイギリスです。
新聞やテレビで連日報道されていますが、今日はまた別の角度のお話を。

イングランドが28年ぶりにベスト4に進出するとともに、じわじわと人気が再燃しているものがあります。
それが、Three Lions (Football's Coming Home)という曲。

初めて聴く曲だと思ったら、1996年にサッカーのUEFA EURO 96がイングランドで開催された時に作られたのだそう。
あら、わたしはまだ日本にいました。

まずはどんな曲なのか、公式ビデオをご覧ください。





Three Lionsというのはイングランドのエンブレムにもなっている3頭のライオンのこと、つまりイングランドチームを指しています。
そしてFootball's Coming Homeはもちろん、サッカーが家に帰ってくる、という意味。
(イギリスではサッカーのことをsoccerではなくてfootbalといいます)

「サッカーが家に帰ってくる」とはどういう意味でしょう?

古来、ボールを蹴る遊びは世界各地にあったそうですが、それにルールを作ったのがイングランドだと言われています。
イギリス人の知り合いが「ロンドンのソーホースクエアでルールが話し合われたんだ!」と具体的なことを言っているのを以前に聞いたことがあるので、何か記録が残っているのかもしれません。

つまりイングランド人はイングランドがサッカーのふるさとだと思っているんです。
だから大きな大会でイングランドが優勝すれば、サッカー(のトロフィー)が発祥の地に戻ってくることになる、イコール家に帰ってくる、という意味のよう。

ご覧になった方はわかると思いますが、歌詞はほとんどがFootball is coming home, it's coming home(サッカーが帰ってくる、そうだ、帰ってくるんだ)。
メロディーも新p流で、一度聴いたら誰でも歌えそうですよね。

イングランドが28年ぶりにベスト4に進出した先週末以来、国内でダウンロードする人が急増し、なんと今、この曲はヒットチャートの1位になったそう!
テレビの番組でも音楽が使われたり、解説者の人たちも優勝トロフィーを指して「きっと家に帰りたがってるよね」とコメントしたり、もう「サッカーが帰ってくるよ♪」というお祝いムードにすっかり湧きかえっています。
(ちなみに、前回話した対戦相手のスウェーデンのお店に入り込んで大暴れした若者たちも、暴れながらこの曲を歌ってました。とほほ)

ここでイングランドが喜びに湧く様子をご覧ください。
ガーディアン紙のウェブ版の記事ですが、英語を読まない方でも最初のビデオにスウェーデンに勝った瞬間の大喜びや、あちこちで歌われているFootball's Coming Homeが紹介されています。
デビッド・ベッカムも「帰ってくるよ」と007ばりの渋さでキメていますよ。


さて応援歌はバッチリです。
次のイングランドの試合は水曜日の午後7時(日本時間の木曜日午前3時)の対クロアチア戦。
また街はガラガラになることでしょう。
わたしもやっぱり見ちゃいそうです!


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27384953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 長友恵子 at 2018-07-12 09:34 x
イングランド、クロアチアに負けてしまいましたね。う~~ん、残念です。
試合前のもりあがりはすごいですね。日本でも、そうでしたけれど、サッカーファンは世界中同じですね。
来年は日本でラグビーの世界選手権があります。こんな風にもりあがるのでしょうか。ボランティアに応募しています。かなりブラックな「労働条件」で、今になって迷いだしていますが……。

ところで、一時帰国される予定はありますか? その際は手〇さん達とご一緒させていただいて、おしゃべりできましたら、うれしいです。
Commented by londonsmile at 2018-07-13 06:00
*長友恵子さん*
負けちゃいましたねー。
日本も熱くなると思いますが、イングランドもすごかったですよ。
ラグビーの世界選手権でボランティアなんて楽しそう。そんなに労働条件が厳しいんですか! うまく行くといいですね。

次の一時帰国はまだ決まっていないんです。お会いできるといいですね!
by londonsmile | 2018-07-10 19:35 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile