ユーロヴィジョン2018の優勝者は意外な国!

ヨーロッパ版紅白歌合戦ことユーロビジョンが週末にありました。
(ちょっと時間が経ってしまった! ゴメンナサイ!)

今年の優勝、なんとイスラエルでした!
そうなんです、ヨーロッパのコンテストなのに、なぜかイスラエルが参加してるのです。
そして遠く離れたオーストラリアもね。笑

今年のテーマはAll Aboardと、多様性を受け入れることを謳っていたので、見た目も歌もユニークなイスラエル代表の優勝は今年らしかったのかもしれません。
ユニークなこの歌とダンスを披露してくれたイスラエルのネッタ・バラジライさん、日本のアニメの影響をずいぶん受けているんですって。

(今回リンクを貼っているのは、すべてユーロヴィジョンの公式サイトが投稿しているYoutubeの動画です)





今年、わたしが予選が見た限りでは、わたしのイチオシはこのモルドバ代表でした。






ユーロヴィジョンでは好まれる独特の感じというのがあって、いい曲だから、とか、今の時代に合っている、というだけでは優勝しないのです。
その独特な感じというのはうまく説明できないのですが、どことなく昭和の香りがするようなものが好まれる印象。笑
このモルドバは、ポップな曲や演出がユーロヴィジョンらしいと思ったのですが、残念ながら10位でした。

毎年、前の年の優勝者を出した国で開かれることになるので、今年の開催はポルトガル。
曲の合間にポルトガルの紹介で、きれいな海やまぶしい太陽やかわいい建物が映るのも嬉しかったです。

去年、甘く切ない歌声で酔わせてくれたサルヴァドール・ソブラルくんもゲスト出演して歌ってくれました。
この1年の間に心臓の移植もして元気になったとこのことで、本当によかった。
去年の優勝曲は2曲めです。





優勝した曲は、今年はブラジルのベテラン歌手、カエタノ・ヴェローゾさんとの共演。
歌を作ったお姉さんとの昨年のデュエットもとてもよかったですが、今年のパフォーマンスもしびれました!
やっぱりこの歌、大好き。
ピアノを弾いているジュリオ・レゼンデさんは来日公演をしたこともあるそうですよ。

今年はイギリス代表が歌っている最中に侵入者にマイクを奪われるアクシデントがあったり、毎年イギリスと最下位争いをする勢いのドイツが4位と大健闘したり、なかなか波乱に満ちた展開でした。

歌が下手だとか、衣装が奇抜すぎとか、見ると文句ばっかり言うくせに、ついつい見ちゃうのがユーロヴィジョン。
今年も本当に楽しかったです。
イスラエルで開かれる来年も、今からやっぱり楽しみ。

最後に当時の番組全体の動画をご紹介しますね。
あなたはどの国の代表がお好きですか?




******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27280322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2018-05-17 22:03 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile