マロニエの新芽でホームシックに

春になると、毎年ちょっとしたホームシックになります。

もちろん桜の花を見るときがそのひとつ。
イギリスで桜を見てもそうだし、SNSで友達がアップしているお花見の写真を見てもそう。
写真は見られても、そのワクワクを実施に感じたり、人と話したりできないことで、自分は日本にいないのだな、と実感するのです。

そしてもうひとつ、大きなホームシックの理由はマロニエの新芽。
日本ではマロニエというのがいちばんピンと来ると思いますが、英語ではchesnuts、クリの木と呼ばれています。
ただし、甘栗ではなくて、食べられない栗がなるのですが。

他の木の新芽はかわいくて、緑が鮮やかで、春がきたなと嬉しくなるだけなのですが、マロニエに限っては別のことを思い出してしまう。
それは、あるものに似ているからなのです。

e0114020_18263067.jpg


これがマロニエの新芽です。
若い葉っぱに思わず触れてみると、はかないほど柔らかくて、嬉しいような、守ってあげたいような、なんとも切ない気持ちになる。

でも、それ以上に思うことが「たらの芽食べたい!」なのです!

だってほら、たらの芽に似ていると思いませんか?

e0114020_18282572.jpg


これが葉っぱが出始めたところ。
この青い感じがまさに「木の芽」と言う感じ!

e0114020_18252900.jpg


だんだん葉っぱが伸びてきて、この柔らかそうな葉っぱがたまらん!
このあたりが「たらの芽」度のピークでしょうか。
青っぽいホロ苦い味を思い出して、しばしぼーっとしてしまいます。
イギリスにも季節の食べ物はありますが、日本ほど繊細ではないし、種類も少ないので、こういうものに気持ちも舌も飢えているのかもしれません。

e0114020_18083425.jpg


ここまで行くと、もう「たらの芽」状態は脱しているので、気持ちもちょっと落ち着きます。笑
葉っぱはこのまま成長して、羽を広げるように開いていきます。

e0114020_19213832.jpg


これは今朝の感じ。
もうずいぶん葉が茂ったでしょう?
芽が出始めてからこの状態になるまで、たった1週間ほど。
今年は暖かくなるのが遅かったから、少し気温が上がったのを機に一気に芽が吹き始めた気がします。
この間、毎日ぐんぐんぐんぐん怖いほど芽が伸びるので、自然の力に励まされる時期でもあるんですよ。

家からバス停に行くまでの道に、このマロニエの木がたくさんあって、この季節はこの道を歩くたびについ立ち止まって見とれたり、写真を撮ったりしてしまいます。
単なる葉っぱを撮っているので、他の通行人の人が不思議そうにちらちらと見ているのはわかっているけれど、やめられない!
e0114020_18291597.jpg



あ、もう写真はいいですね。笑
いっぱい撮っちゃったので、つい載せたくなってしまった!

毎年、そんな風に切ない気持ちで過ごしていたのですが、実は今年はちょっとした解決策を見つけました!
たらの芽の代わりになる食べ物に遭遇したのです。
次回はそれをご紹介しますね♪
e0114020_18072105.jpg


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/27202155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2018-04-16 19:27 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile