ロンドンでカナダ人落語家、桂三輝さんの落語鑑賞♪

先日、落語を聴きに行ってきました。
もちろんロンドンで、です。

そして高座で座布団に座ったのは日本人ではありませんでした。
でも、落語なんです。笑

日本なのに日本じゃない、日本人じゃないのに日本人みたい、という不思議でおもしろい感覚だったので、お話ししてみますね。

e0114020_09260187.jpg

実は私、落語好きなのです。
東京の国立劇場の近くに勤めていた時には、毎月開かれる会に通っていたほどでした。
あの人情厚い、そしておもしろおかしい江戸時代の庶民の世界が大好きです。

今月、ウエストエンド(ロンドンの劇場街)デビューを果たしたのは、カナダ出身の桂三輝(サンシャイン)さん(彼のサイトはこちらをどうぞ)。
2008年に日本の桂文枝師匠に弟子入りして落語の修業をされ、今は日本内外で活躍されているそうです。

この日は日本人のお友達に誘ってもらって、日本人ではに人も含めての女子グループでわいわい賑やかに劇場に向かいました。

e0114020_09252287.jpg


この日の会場は地下鉄レスター・スクエア駅が最寄りで、チャイナタウンのすぐ横にあるLeicester Theatre(リンクはこちら)。
こんなところに劇場があるとは知りませんでした。

ワクワクしながら待っていると三輝さんがアコーディオンを持って登場。
『幸せなら手を叩こう』を日本語の「丁寧語」バージョンで歌いながら笑わせてくれました。

それから座布団に座り、ご自分の経歴を話してくれたり、古典ネタをやってくれたり(この日は『寿限無』や『まんじゅうこわい』のさわりでした)。

その合間に、日本語や日本文化の特徴を英語や西洋文化と比べながら、おもしろおかしく話してくれました。

例えば、日本語の敬語辞典に載っている言葉は、尊敬の度合いが下がってくるほど「ごめん、すまん」のように短くなってくる、中には「ありがとう」と同じ意味で「悪い」なんていうのもあるけれど、じゃあ、プレゼントをもらった時、友達から丁寧にそれを受け取って、「bad!」って言えばいいの? とか、

結婚式で花嫁のお父さんがよく言いそうな「ふつつかな娘ではございますが、これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」の「ご鞭撻」は鞭で打つことだから、直訳すると「私の娘を鞭で打ってください」と言っているのか?、とか

もちろんわざと間違えて解釈して笑わせてくれるのですが、日本のことをよく知っていないとこんな風にはできないと思うのです。
カナダから日本にやってきて、古い風習も残るであろう落語界での修業をしている間に、きっと日本人や日本文化や日本語をじっくり見つめていたのでしょう。

鋭い観察を上手に笑いに変えるセンスもさすがです。
興味を持ってサイトを見たところ、トロント大学や大阪芸術大学の大学院で舞台芸術を勉強されていて、劇作家や作曲家としての実績もあり、古典落語の英訳もされているとか(まさに適任!)。
すごい!
彼のおもしろさの背景に豊かな知識と実績があったんですね。

一緒に行った日本人でない友達にも大ウケでした。
通訳や翻訳の仲間なので、他の国の言葉や文化に特別興味がある人たちではあったかもしれないけれど。

さて、ではここでいよいよ桂三輝さんの動画をどうぞ。
字幕も付いているので、楽ちんですよ♪





どうでしたか? おもしろいでしょう?
ひとつ見たら次々に見始めてしまい、キリがなくなって困りました。笑

三輝さんがお話ししすると、英語でも日本語で話しているように見えて、違和感があまりないと思いませんか?
公演当日も、彼が英語で話しているのに、どことなく落語っぽく聞こえたのを思い出します。
自己紹介をしても「えー、わたくしはカナダで生まれまして」と言っているように聞こえたし、英語で落語をすると落語の世界がそっくりそのまま残って、ただ言葉だけが英語になっていたのです。
落語のお稽古がしみついているのでしょうか。
日々の積み重ねってすごいですね。

そして日本語や英語という言葉を超えたところに桂三輝という人の存在があるように感じました。
翻訳者として、私はとてもうらやましいなと思います。
もちろん翻訳者は原文を伝えることが仕事であって、自分を出すものではないので、三輝さんとまったく同じ状況ではありませんが、言葉を超えたところにある「内容」を原文から感じとって、それをもうひとつの言葉に移し変えるという意味で、似ているんじゃないかなと思えて。

三輝さんのロンドン公演は終わってしまいましたが、来月はニューヨーク公演のようです。
これからも彼の活躍に注目して、応援していきたいと思います!

e0114020_09261734.jpg

(この劇場、先週は日本のお笑いコンビ、サンドウィッチマンが一夜だけ登場したのです。
気づいた時にはもうチケット完売で行かれませんでしたが、結構お笑いに強い劇場のよう。
これから定期的にチェックしてみようと思います。
実はお笑い大好きなんです〜♪
ちなみにサンドウィッチマンのロンドン公演大成功のニュースはこちらからどうぞ


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/26131553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yukko at 2017-10-26 10:24 x
londonsmileさん、どうしましょう、ハマってしまいました笑笑
あまりにわかりやすくて面白くて、
それにEnglish とJapanese の両方を同時に聴いているようなふしな感覚になります。
少し前に、英語上達は興味ある動画を英語で視聴するのがよいと教えてもらい、
あ、これいいかも!って思ってます。
日本の落語はあまり聴いたことないですが、
お笑いは好きなので、毎日笑いながら、楽しんでいます。
いいものを紹介していただきありがとうございます。
Commented by londonsmile at 2017-10-26 18:36
*Yukkoさん*
わ、ハマりましたか!笑 楽しんでもらえてよかったです!

英語もシンプルでわかりやすいし、特にこの動画は字幕もついているので、何語で聞いているのかわからなくなっちゃいますよね。笑 おっしゃる通り、お笑いがお好きだったら、英語の勉強をするにはぴったりかも。勉強じゃなくてもつい見ちゃいますもんね!

楽しんでくださいね♪
by londonsmile | 2017-10-24 22:26 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile