国民投票、嵐の前の嵐!?

日本ではもう日付が変わっていますが、6月23日はイギリスでEUを離脱すべきかどうかの国民投票が行われました。
日本でもずいぶんニュースになっているようなので、ご存じの方も多いと思います。

EUに残るか残らないかはもちろん大きな問題なので、この数ヶ月、特にこの数週間は、国をあげてこの問題が議論されていて、ガイコクジンながら私もこの国の行方を思って少しは学んでみたつもり。
でも国民自身が直接投票するので直前に急に結果が変わる可能性も高く、とにかく「フタを開けてみないとわからない」と最後まで言われていました。

そんな中いよいよ迎えた投票日の今日、ロンドンの交通機関は乱れに乱れてしまいました。
投票という嵐が来る前に、なんだか本物の嵐が来てしまったんです。

e0114020_07202446.jpg

おノンキなこの写真は、もちろん国民投票とはまったく関係ありません。
選挙速報のテレビを見ていて、目に入ったわが家の一員、ミスターメンの中のMr Tickleです。

ちょっと話が逸れますが、今リンクするのにウィキペディアを見たら、ミスターメンって日本のテレビでも放映されていたんですね!
ちなみにMr Tickleの日本名はコチョコチョくんだそう。
イタズラ好きで、すぐに人をくすぐろうとするけれど、根は善良という憎めないキャラクター。
ちなみにコチョコチョくんが手に持っているのは、イスラエルで買ってきたユダヤ教のキッパ(男性用の帽子)です。

さて話を戻して、投票日の前に嵐がきたお話。
ロンドンでは昨夜降り始めた雨がだんだんひどくなって、夜の間も雷とともに豪雨が降りました。
激しい雨は朝になっても続き、この1日で1ヶ月分の降雨量になったんだとか!
今日も1日、降ったり止んだりしていましたが、時々バケツをひっくり返したような雨になって、窓に当たる雨音だけで驚いたほどでした。

古い道路を使っているところも多く、全体に水はけの悪いロンドン。
この大雨であちこち洪水になってしまい、鉄道、地下鉄、バスにひどい遅れや運休が相次いだそうです。
走っている電車やバスも徐行したり、行き先が急に変わったりで街中が大混乱だったと聞きました。

夕方に会ったご近所さんは、職場に行くのに乗るバスの行き先が何度も変わって何度も途中で下されてしまったので、仕事から帰ってくるだけで3時間近くかかったそうだし、わが家のインディーさんもいつもより30分以上遅く帰ってきました。

こんな時、家で仕事していて外に出なくて済む私は本当に恵まれているなあと思います。
辛抱強く静かに待っていた人が多かったそうですが、それにしても動くはずの交通機関が動かないというのは愉快なことではありませんよね。
しかも雨が降っていることだし。

しかも国民投票の当日にこんなことになって本当に大変。
投票率に影響が出ていないといいなと思いましたが、幸い投票率は予想より高めだったとか。

午後10時に投票も締め切られ、今夜は日本と同じように複数のテレビ局で開票速報の番組をやっています。
イギリス時間の夜11時半現在、英領ジブラルタルで最初の結果が出て、ここでは圧倒的に残留(なんと96% )でした。
でもここは英領とはいえ、スペイン内にあるので、残留を希望するのは当然といえば当然。
他でも残留がやや有利なようですが、午前12時半から1時まではまだわからないそう。

結果が大いに気になるところですが、残念ながら私のお目目はもう重〜くなっているので、そろそろ寝ます。
朝起きたら結果が出ているかな。
ドキドキの夜になりそうです。

まだ嵐の予報が続いていますが、洪水もこれ以上ひどくなりませんように!


*****************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/24480061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2016-06-24 07:52 | 楽しいイギリス観察 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile