文房具屋さんに突然現れた優雅でゴツいもの!

たまに立ち寄るコベントガーデン駅近くの文房具屋さん。
いつも何気なく出入りしていたのですが、なぜかこの日初めて目に飛び込んできたものがありました。
それは、これ。
e0114020_06550190.jpg

来年のカレンダーの横にどどーんと鎮座しているこの金属製のゴツいもの。
おそらく暖房関連の古い器具だと思うのです。
このハンドルでスイッチを入れたり、温度を調節したりして。
今はたぶんもう使われていないと思うのですが、きれいに磨かれていたので、建物の歴史を示すために残して飾っているようです。

この辺りは昔から栄えていた地域なので、この文房具屋さんの建物自体もかなり古いんでしょうね。
内装はすっかり現代風なのですが、ここだけ一気に時間が19世紀ぐらいに戻った感じでした。
(この器具だけでは時代を特定するのが難しい・・・!)

こういうのが古い街の面白いところのひとつだと思います。
日常生活の途中でふとタイムスリップ気分になれるのです。
時間と手間をかけて丁寧に作られたものを目にしたりそれに触れたりすると、その時代の優雅な感覚が私にも伝わって、心が豊かになれる気がするのが嬉しくて、大好きなんです。

これを感じるのは日本でも同じで、古い道具が置いてある土間の店先なんかに私は目が釘付けになってしまいます。
ただ、木造の建物が多い日本に比べてイギリスでは古い建物が残っている確率が高いので、こういう場面に出会う機会が多いのでしょう。
あ、あと古いものをとても大切にするという傾向はヨーロッパの方が強いようなので、わざと残しておくということも多いのです。

ああ、思いがけずよいものを見せてもらって嬉しくなりました。
せっかくなのでこの豊かな気分で週末を過ごしたいと思います。
みなさまも良い週末を♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ
トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/23803952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-10-24 18:26 | 楽しいイギリス観察 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile