パリ・アルザス2015 リュクサンブール公園、パリ東駅、サンドニ門周辺のエスニックなエリア

体調不良で予定が大幅変更になった今年の夏休みの旅行ですが、パリとアルザスの旅行記を簡単にまとめておきたいと思います。
少しの間、おつきあくださいね!

まずパリですが、これまでにも何度か行っているので、今回初めて行った所と、みなさんのお役に立ちそうな情報を中心に。
今日は、今回初めて行った場所をご紹介しますね。

初めての場所、最初はリュクサンブール公園。
ずっと行ってみたいと思いながら、何十年目にして初めて行くことができました。
e0114020_01441952.jpg

勝手にこじんまりした公園を想像していたら、なんのなんの、大きくて立派な公園でした。
この日は土曜日だったこともあって、地元の人もたくさん繰り出して、思い思いにベンチに座ったり、ピクニックや写生をしたり、と楽しそうでしたよ。
e0114020_01443150.jpg
e0114020_23223263.jpg
マロニエの葉は、まだ8月だというのにそろそろ枯れて落ち始めているのでした。
もちろんまだ付いている葉もあるので不思議に思っていたら、これから大きくなる実に栄養を送るために、自然に葉っぱの一部が落ちるのだそう。
ロンドンにもマロニエはたくさんありますが、葉が落ち始めるのはもう少し遅いような。
とても近いロンドンとパリですが、やはり気候には違いがあるんですね。
e0114020_23222281.jpg

この水辺、きれいだったー!
ザ・ヨーロッパという感じですね。

観光客もたくさんいる中、普通におもちゃを売っている売店が出ているのがほほえましかったです。
しかも今どきにしてはレトロなおもちゃというのがますますいい♪
e0114020_23221276.jpg

売店の周りの葉は、やはり少し枯れ始めているマロニエです。
ね、一部色が変わって来てるでしょ。
e0114020_01462551.jpg

のんびりと歩いた公園、楽しかったです♪

そしてやはり今回初めてだったのがパリ東駅。
e0114020_00573069.jpg
ユーロスターが到着する北駅のすぐ近くにある駅で、アルザスなどへのTGVが出ています。
見た目は北駅より小さめですが、とてもきれいですよね。
e0114020_00582303.jpg

中に入ると、ますますきれい♪
北駅はユーロスターの利用客が混雑し過ぎるせいか、なんだかごちゃごちゃな印象なのですが、ここは床の部分も新しくて、ゴミも落ちてなくて(笑)、快適♪という印象でした。

せっかちな、いや、早め行動が得意なインディーと一緒だったので、TGVの出発時間よりかなり前に駅に着いた私たち。
駅の中をぐるぐる歩いてみました。
この日は日曜日で閉まっていましたが、お洋服やジュエリーのお店もいろいろあって、かなり便利そうでしたよ。

歩き回っているうちに発見したのが、こちら。
e0114020_00583297.jpg
鉄道から地下鉄への乗換口ですが、鉄製の手すりがきれいですね〜♪
この辺りもわりと新しく改装された雰囲気で、全体にとてもきれいでした。

移動がないと鉄道の駅にはなかなか行かないかもしれませんが、移動がある時には少し早めに行って、歩き回ってみるのもおもしろいかもしれません。

そして私たちの中では今回のパリでの大発見(笑)のひとつは、偶然見つけた面白いエリア。
パリでの最初の2泊は、アルザスへのTGVが発着する東駅の近くのホテルをインディーが適当に選び、たまたまこのエリアに行き当たりました。
e0114020_23280686.jpg
ここは東駅から南に向かう途中のRue du Faubourg Saint-Denisという通り。
写真に写っている美しい門を調べてみたら、パリで一番古いサンドニ門という名所でした。

このエリア、何がおもしろかったかというと、圧倒的に白人以外の人が多くて、アジア系やアフリカ系のレストランやお店がひしめきあっていたんです。
パリにそんなに詳しいわけではありませんが、こんなにエスニックなお店が集まっている場所は初めて見ました。
e0114020_23362784.jpg
落書きもちょっとハードよん。笑
でも危ないとか怪しい場所という感じはしなかったんですよ。
高級感も全くありませんでしたが!

パリの古い街角には建物の間によくパサージュという通り道がありますが、そのパサージュも、このエリアにかかるとこんな感じ。
e0114020_23281668.jpg

妙にさっぱりしてる!笑
せっかくなので中に入ってみましょう。
e0114020_23283328.jpg

わー!インド料理のお店がいっぱい並んでいました。
こんなにたくさんのカレーのお店が並んでいるのも、パリで初めて見ましたよ。
しかもセットで6ユーロ(約780円)とか、すごく安いの!
e0114020_23284359.jpg
周りにはインド系の食料品や衣料品を売るお店もありました。
こんな店先を見ていると、まるでインドにいるみたい。
イギリスには歴史上、インド系の移民が多いのですが、フランスにもこんなにインド系の人がいたんですね。

他にも中国系の食料品のお店なんかもずいぶんあって、午前中からカレーの匂いがしていて、パリとは思えない雰囲気でおもしろかったです。
レストランやカフェが多いので、夜になるとまた人が増えて、ちょっとした繁華街の雰囲気になり、ホテルの部屋にも遅くまで人の声が聞こえてきました。

そんなディープなエスニック・エリアですが、そうかと思うと、ちょっと小径を入ったところにはこんなお店も。
e0114020_23321139.jpg
以前は東京の表参道にもお店があったブラッスリーのFLO
本店を初めて見ましたが、この不思議な立地ながら、とても洗練された雰囲気ですてきでした。
ちなみにパリ東駅やストラスブールにも支店が出ていましたよ。

FLOの周りは本物のエスニックではなくて、エスニック風に洗練されたきれいなお店が数軒並んでいました。
そうしてみると、このエリアは少しワイルドな雰囲気が人気の繁華街なのかなとも思います。
東京でいう新宿とか、ロンドンでいうソーホーみたいな感じかな(規模はこちらの方がずっと小さいですが)。
高級なだけよりも、ちょっとあぶなっかしい感じがする方が飲み歩くには楽しかったりしますよね。
e0114020_23360968.jpg
通りの突きあたりのサンドニ門は17世紀にルイ14世の戦勝を祝って建てられたものだそう。
とても凝っていて美しかったです。

門を調べているうちに、「美しいので一度は見てみたい門ですが、この辺りはあまり治安が良くないので注意」という記載を発見。汗
確かにパリを初めて訪れる日本人女性が1人で行くにはちょっとハードルが高いかもしれませんが、そんなに危ない雰囲気だったかしらん。
私は日本を出てから10年近く経っているので、感覚がマヒしているのかもしれません。

でも、こういう記載もあるくらいなので、もしいらっしゃる方は念のため十分ご注意くださいね。
でも本当におもしろい地域でしたよ!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

トラックバックURL : https://smileinuk.exblog.jp/tb/23580767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2015-08-20 02:39 | ヨーロッパ小旅行 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile