ニューズウィーク日本版 World Voiceのブログを更新しています。
今回は、ロンドンでペルシャ音楽を聴きに行った夜のお話です。



「ペルシャ音楽でロンドンからイランを想う」ニューズウィーク日本版 World Voice更新しました_e0114020_21084146.jpeg


わたしも含めてロンドンには本当に外国人が多いので、イギリス以外の文化に触れる機会も多く、その度に驚いたり頷いたりするのがわたしは好きです。
この夜はイランの友人とペルシャ音楽を楽しんだのですが、のんきなわたしもさすがに感じるところがありました。
日本を離れて不便を感じことはわたしもありますが、不便どころじゃない人たちもいるんですよね。
大統領でも革命家でも政治家でさえなくても、数奇な運命に見舞われることがあるんですねぇ、21世紀になっても。

世界中の市井の人の穏やかな暮らしと幸せを祈っています。


**************************************
今日もお読みいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気ブログランキング

# by londonsmile | 2024-04-16 21:17 | ニューズウィーク/World Voice | Trackback | Comments(0)
先週のことになりますが、暖かかった土曜のランチタイムに、日本の辻井伸行さんのピアノのリサイタルに行ってきました。

辻井伸行さんのリサイタル2024_e0114020_19303453.jpeg
会場のウィグモアホールは、小さいながら有名なコンサートホールです。
繁華街にも近い便利なロケーションにありながら、自然光が入ることもあってか、どこか温かみが感じられます。

日曜の朝には短いモーニング・コンサートがあって、演奏後にはロビーでコーヒーやシェリーが出されるんですよ。
朝からゆったり音楽の話をするなんて、優雅でゆとりがあるように思えて大好きなホールです。

この日はやはり日本の方が多くて、一緒に行った日本からの留学生の方は「こんなにたくさんの日本人、久しぶりに見た!」と驚いていたほどです。
が、もちろん、日本の方だけではなくて、きちきちの満席。
静かな期待が高まりました。

辻井伸行さんのリサイタル2024_e0114020_19300721.jpeg

演奏はいつもながらすばらしかったです。
穏やかそうに見える辻井さんからほとばしる情熱と若さに大感激。
アンコールのラ・カンパネラの演奏がめちゃくちゃ速くて圧倒されました。
一緒に行った別の友人は、「指が何本あるのかしら!」とため息をついていたほど。

彼女は特別にクラシック音楽が好きというわけではないのに辻井さんの大ファンで、辻井さんの演奏を聴くたびに、「家に連れて帰りたい!」と興奮しています。
音楽は国境を越えますね。

突然暖かくなったこの日は帰り道も心が軽く、春を感じながら少し散歩をして帰りました。

辻井伸行さんのリサイタル2024_e0114020_19303499.jpeg

帰りのバスから見えた夕方の風景。
パブではたくさんの人たちが外のテーブルでくつろいでいました。

ウィグモア・ホールでは写真も撮ったので、次回にご紹介しますね。


**************************************
今日もお読みいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気ブログランキング

# by londonsmile | 2024-04-13 19:56 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

春に励まされた日曜散歩

あっという間に3月も終わりですね。
暖冬だった今年、春もそのまま暖かいかと思いきや、やっぱり寒の戻りもあったりして、軽く風邪をひいておりました。

でも日曜はぱっと晴れて、午後には空気も温まってきたので、少しだけ散歩に出てみることにしました。
週末すっかり寝込んでしまったから、さすがに少し体を動かさないと。

そうしたら、思いのほか気持ちがよくて、予定の何倍も歩いてしまいました。
と言っても、最初は5分ぐらいのつもりで出たので大して長くはありませんでしたが、あちこちに春を感じたひとときでした。

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01420166.jpeg

この木の芽はセイヨウトチノキ(マロニエ)の木です。
幹からにょっきり生えてた新芽、かわいいですね。
ちょうど葉が出てくるところはタラの芽みたいで、毎年「おいしそう」と思って見ています。

実際に食べたことはないけれど、タラの芽のように苦味があるんじゃないかなあと妄想。
ふと思いついてタラの芽を調べてみたら、芽が出るタラノキの実はセイヨウトチノキの花に似ていました。
セイヨウトチノキとタラの芽、そう遠い関係ではないのかもしれませんね。
(実と花が似ているって変なんですが、話が長くなってしまうので、気になる方はググって写真をご覧になってくださいね)

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01443450.jpeg


木の芽をいっぱいにつけた大きな木。
見上げると青空に映えて、嬉しさもますますふくらみます。


春に励まされた日曜散歩_e0114020_01431233.jpeg

こちらは花スグリ。
草花らしい瑞々しさが可憐で、大好きな花です。

英語ではflowering current(あるいはRibas)といって、実のつかないスグリですよ、という意味。
こういう言い方、おもしろいなと思います。
花スグリにも実らしいものはつくのですが、人間が食べるスグリとはまた違うのです。

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01451915.jpeg

これはボケ!
木瓜と書くような日本っぽい名前なのでヨーロッパにあるとは思わず、初めて見つけた時は嬉しい発見に小躍りしそうになりました。
丸みのあるチャーミングなボケの小花が昔から大好きだったので。

ちなみにボケの英語名もflowering quice。
実がならないquiceですよ、という意味ですね。

quiceはマルメロという実。
日本ではあまり馴染みがありませんが、カリンのようなリンゴのような梨のような実です。
とてもよい香りがするのにゴツゴツしていて固く、生では食べられなくて、煮てジャムにしてチーズに合わせて食べたりします。
調べてみるとquiceはバラ科のようなので、バラの実(ローズヒップ)のようなものなのかもしれませんね。


春に励まされた日曜散歩_e0114020_01454736.jpeg

なんて考えながら歩いていると、今度はボタンが咲いていました。
気候が違うので花の咲く時期は日本とまったく同じではないけれど、それにしても今年は花が咲くのが早いと思います。
暖冬だったからかな。


春に励まされた日曜散歩_e0114020_01450932.jpeg


新しい芽が出る様子はいつ見ても嬉しいものですね。
上に上に向かってまっすぐ伸びようとする若芽の勢いに励まされました。

そしてちょっと上を向くと、あれあれ、なんだか見覚えのあるものが。

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01432582.jpeg

葉が落ちた後のこの木は、なんだかチアリーダーみたいだなあと思って眺めているのですが、木の芽どきはまさにあれですよ、あれ!


春に励まされた日曜散歩_e0114020_01441714.jpeg

シザーハンズ!
この日はちょうど新芽が太陽に照らされて、シザーハンズの爪のようでした。

しかし、シザーハンズもさらに近づくとかわいらしいのです。

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01440194.jpeg

必死に伸びようとする若芽のひさむきさに心打たれます。

風邪で少し弱ったわたしの体も、春の花や木の芽を目にして少し元気になった気がしました。
春よ、ありがとう。

春に励まされた日曜散歩_e0114020_01453294.jpeg
(場所によってはラッパ水仙もまだ咲いてますよー)



**************************************
今日もお読みいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気ブログランキング

# by londonsmile | 2024-03-29 01:34 | Trackback | Comments(0)
ニューズウィーク日本版 World Voiceのブログを更新しています。
今回は、パブで「ラウンド」を経験したお話です。


「パブで上手に『ラウンド』したい」ニューズウィーク日本版 World Voice更新しました_e0114020_02044218.jpeg


「ラウンド」とは、パブで仲間が順番にお勘定を払う習慣のことです。
これまでちゃんと経験したことがなかったのですが、最近加わったグループで遭遇して、なんとか仲間に加われたかな、というお話。
今日でちょうど都英丸18年になりましたが、イギリスにはまだまだ未知の習慣があるようです。

歌のレッスンについては、そのうちに改めてお話しますね。
あちらの記事にも書いたように、イギリス人の多い珍しい集まりなので、彼らを観察するのがおもしろくて。
仕事を引退するような世代の方々ということもあって、新入りのわたしをめちゃくちゃ若いと思っているのか、親切にしてくれるので、わたしも甘えていろいろ教えてもらっています。

外国人が多いロンドンに住んでいることもあって、本当に親しいイギリスの友人は今のところいないのです。
時間はかかるとは思うけれど、習いごとを通じて気の合う友だちが見つかるといいなあと淡い期待を抱きつつ、今週もパブで飲んで、じゃなくて、レッスンで歌ってきました。
(パブでのおしゃべりも大事なんですよ!)


**************************************
今日もお読みいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気ブログランキング

# by londonsmile | 2024-03-21 02:21 | ニューズウィーク/World Voice | Trackback | Comments(0)
3月3日は桃の節句でしたね。
大人だけのわが家では小さなお雛さまを飾っただけでしたが、日本の方のSNSできれいなお雛さまや美味しそうなごちそうと見て癒されていました。

ロンドンではお節句の日曜はよいお天気になったので、郊外よりの町に買い物がてらの散歩に出てみました。
そうしたら、桃の節句なのに、もう咲いていましたよ、桜が!

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23171814.jpeg

イギリスにも桜の木はあるのです。
桜並木ぐらいはあっても、たいていはいろいろな種類が少しずつ植わっているので、咲く時期も場所や種類によってまちまち。
日本のお花見のように一気に花が咲いてお祭り気分になることはあまりありません。

それでも、桜を見つけると嬉しくなってしまいます。
花が桜に似ているアーモンドやサンザシも多くて、近づいてみると、あ、違った、ということもよくあるのですが。

でもこれは間違いなく桜の一種でした。
木の幹が桜でしたから!
青空に映えてきれいだったなあ。

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23173931.jpeg

さてわたしたちが出かけた町は、リッチモンドパークに近い住宅地。
何があるというわけではないのですが、強いて言えば人の生活がある町で、なんだか落ち着くんです。

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_19325457.jpeg

このハイストリート(商店街のようなものかな)を中心に、家がずらりと並んでいます。
東ロンドンに住んでいた頃、車でこの道を通って友人の家に行くことが何度かあって、その度に、なんだかあったかくていいなあと思っていました。
暮らしのぬくもりがあるからかな。

家族経営や独立系の店が多いのも嬉しいのです。
モダンな感じのカフェから長く続いていそうな金物屋さんまで、それぞれのカラーを感じられて楽しくて。

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23175479.jpeg

この日は一度行ってみたかった独立系のおしゃれカフェに入ってみました。
イタリア製と思われる黄色いかっこいいエスプレッソマシンが置いてあって、市内だったら若者でいっぱいになりそうな店。
でも住宅地ではわれわれ世代のお客さんも多かったので、安心して入れました。
ははは、中高年だっておしゃれカフェに入ってみたいのよ。

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23181083.jpeg


その後はハイストリート沿いにお店を冷やかしながら散歩。


桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23184773.jpeg

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23191283.jpeg

お、こういう建物は珍しい。
並んでいる10軒ぐらい、ドアとよろい戸がすべて違う色で塗られていました。
イギリスの建物にはよろい戸はあまりないので、南欧風♪ と勝手に妄想して楽しみました。

さらに近くのパブでお昼を食べて、スーパーで食材の買い出しをしてこの日の散歩は終わり。
春を感じた、のどかな日曜でした。

桃の節句のご近所散歩、もうすぐ春ですね_e0114020_23192817.jpeg
(たぶんヒヤシンスかクロッカスの鉢植え。
球根から出た葉のなんと伸びやかなこと!)


**************************************
今日もお読みいただいてありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援ありがとうございます。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気ブログランキング
# by londonsmile | 2024-03-05 19:47 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので17年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼や写真掲載のご連絡は非公開コメントでお願いします。無断掲載はご遠慮ください。


by londonsmile