日曜日には、サンデーローストといって、お肉をローストしたものを食べるのがイギリス流。

お肉は何でもよくて、ビーフならローストビーフ、ラムならローストラム、チキンならローストチキン、になります。
イギリスと言えばローストビーフが一般に有名ですが、ロースト自体はどの肉でもいいのです。

わが家ではあまりやっていなかったのですが、最近インディーさんがちょっと凝っているようで、今週末もローストポークを作ってくれました。

e0114020_17550923.jpg

久しぶりのポーク、美味しかった♪
お肉屋さんで買ったお肉だと、やっぱり違うなあ。

ちなみにポーク料理にはアップルソースがつきもの。
少しお砂糖を加えてリンゴを煮ただけのソースです。

お肉とフルーツを一緒にするお料理ってヨーロッパ全体にわりとよくあるのですが、私は最初あまり好きでなかったのです。
でも何度も食べているうちに、ポークにはアップルソースがないと物足りないと感じるくらいになりました。
少しこってりしたポークに爽やかなリンゴ、今では大好きな組み合わせです。

そしてローストポークといえば、もう一つ、オマケの楽しみなのがクラックリング(crackling)。
お肉の脂の部分が、オーブンで焼くことでカリッとなって、おもしろい食感を作ってくれるんです。
クラックリングというのはパチパチ音がするという意味で、その名の通り、焼いている時に脂が燃えてパチパチ音がするようです。
e0114020_17552927.jpg

この右下のこんがりいい色に焼けているのがクラックリング。
お肉の外側に脂が来るように糸で縛って焼くのです。

クラックリングだけにしてみると、こんな感じ。
e0114020_05232120.jpg

カリッとした食感が伝わるかな。
この日のクラックリングは、カリッというより、「ガリッ」と「サクッ」の両方だったのです。
最初に噛むとかなり硬くて、いちばん外側は歯が折れそうなほど!笑
その「ガリッ」を超えると、「サクッ」という軽さに変わるのが楽しいのです。
お味の方も、オーブンでじっくり焼いて油が抜けているので、思っているよりずっと軽くて美味しいのです。

クラックリングは、きちんとした食べ物というより、オマケに近い感覚のようです。
パブやレストランでポークを注文すると、「クラックリングあるけど、つけますか?」なんて聞かれるので、こちらの人にも好き嫌いがある様子。

そして、こんなにクラックリングについて熱く語っている私ですが、実はこれまでクラックリングの美味しさをあまりわからなかったのです。
普段はポークの脂身は取って食べるくらいだし。笑

でも今回ふと試しに食べてみて、クラックリングの美味しさに目覚めました!
それほど美味しかったのです。
カリッ、サクッとした食感と、しつこすぎない脂の濃い味のバランスが絶妙で♪

でも、一度この美味しさを味わってしまうと、虜になる人が出るのもわかるわ〜。笑

と、大喜びでクラックリングもたっぷり食べていたら、あとでびっくりするくらいお腹がいっぱいになってしまいました。
脂だからお腹にたまるんです。汗
それでも、また食べたいなあと思わせてくれるクラックリング。
今度は自分でも作ってみたいです。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-04-04 06:22 | イギリスの味 | Trackback | Comments(0)
相変わらず、あまり家から出ない生活をしています。笑

でも、この北の街にも春が来て、今週はなんと20度を超える日もあったのです。
木の葉が育ち、お花も次々に咲くので、仕事をしながらも、どうしても目が外に向いてしまいます。

わが家の窓から見える木も着々と木の芽が育っていて、この季節、毎日それを見るのが本当に楽しみなので。
毎日、着実に葉が成長しているのがはっきりわかるからです。

今日はそんな私のささやかな楽しみをご紹介したいと思います。
e0114020_02481979.jpg

これは私が座っているところからよく見えるセイヨウトチノキ。
マロニエと言った方がピンとくる方も多いかもしれません。

この写真が約1週間前でした。
ほとんど裸ん坊で、先の方にほんのちょっとチラチラと小さな木の芽が見えている程度ですね。
e0114020_02483694.jpg

これがその2日後。
木の反対側の写真になってしまい、さらに夕方なので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが、葉っぱが少し増えてるでしょう?

e0114020_02484635.jpg

さらに2日後にはこんなことに。
一気に育って、もう緑の葉がよくわかりますね。

反対側はこんな感じです。

e0114020_02490598.jpg


これがさらに3日後の今日には、こんなことになっていました。

e0114020_02494224.jpg

おお、もうしっかり葉っぱになっています。
裸ん坊だった時がうそみたい。

こうして葉っぱが成長する様子を毎日間近で見ていると、本当に愛しくなってしまうのです。
自然のたくましさに感動し、私もこの自然の一部なんだなーとしみじみしてみたり。笑

とインディーに写真を見せて報告していたら、「もっと外に出かけた方がいいよ」と言われてしまいました。汗
はいはい、もう一区切りついたら、私も出かけます。

ちなみにこの窓からは柳が育っているのもよく見えるのです。

e0114020_02492865.jpg

こちらは記録の写真を撮っていなかったので、違いがお見せできませんが、柔らかくしなる枝に少しずつ緑色が加わっていくのを見るのは本当に嬉しくなる景色です。

この季節は窓からの景色が毎日楽しみでたまりません。
わが家は市内ど真ん中ではありませんが、それでも少し離れただけで緑がこんなにも豊かに多いのはロンドンのよいところのひとつだなあと思うのでした。

今日のおまけ:
e0114020_02092266.jpg

この季節に咲き始める草花。
調べてみると、どうも赤スグリの一種のよう。
色も形も、その咲き姿も大好きなお花です。

咲き姿というのは私が勝手に今考えた言葉ですが、花が咲き始めると木全体が立体的にふっくら膨らんで見え、お花も浮き立って見えるようで、これがまた力強くて美しいのです。

春っていいですね♪


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-04-02 03:26 | お花のこと | Trackback | Comments(2)
ハロッズもすぐ近くのナイツブリッジ地区にあって、すぐ裏手にはハイド・パークの緑が広がるという絶好のロケーションで、赤レンガのビクトリア朝の建物も華やかなで美しい♪
セレブシェフのブルメンタールの英国料理レストラン、Dinner by Heston Blumenthalが入っていることでも知られています。

わが家から市内に行くバスはここのすぐ前を通るので、この美しいホテルにみとれるのが楽しみなのです。
でも少し前から気になっていたモノがありました。
それは、これなんです。
e0114020_03084392.jpg

派手!笑
とても人目を引きますよね。

今、このホテルは改装をしていて、建物に足場が組まれているのですが、その足場の外側からこれがババーンとかけられているのです。

写真だとわかりにくいのですが、これ、とっても大きいんですよ。
考えてみると、地上5階建て、いやもしかしたら6階建ての大きな建物の上の方に貼られているので、大きいはずですよね。
ホテルのサイトで調べてみたら、幅70.7メートル、高さ24.88メートル、そして重さは1055キロあるそうで、これを設置するのに10時間もかかったとか!
バスで通りかかって見上げると、距離が近すぎて全体が見えないくらい大きいのです。

サイトによると、これはピーター・ブレイクという英国のポップ・アーティストによるコラージュで、タイトルはOur Fans(コラージュ自体にも書いてありますね)。
ポール・マッカートニー、マギー・スミス、モーガン・フリーマン、ヘレン、ミラン、ウッディー・アレンなどなど、たくさんの有名人の写真がコラージュされていますが、これ、みんなこのホテルのお客さんなのだそうです。
だからタイトルがour fans、このホテルのファンの方々、という意味なんですね。
さすが五つ星ホテル、お客様もゴージャス。
そして、真ん中のセンスの形は、ファン(お客様)という意味のfanと、扇子という意味のfanもかけてあるのかしらん。

このコラージュについての詳細はこちらのページをどうぞ!(英語のみ)。

ホテルのサイトから拝借したコラージュの全体像がこちらです。
e0114020_04320145.jpg

このセレブたち、何人ご存じですか?
ちなみにインディーさんは、大好きな女優のルーシー・リューを見つけて大興奮。
私は、お茶目にピースしているリンゴ・スターがかわいいと思いました。笑

この写真でご覧になりにくかったら、こちらのページを見ると、(英語ですが)もう少し見やすい写真とセレブ全員の名前が掲載されています。
それから、このコラージュが建物にかかっている様子も、もっとわかりやすい写真が載っていますよ。

このゴージャスなお客様たちをさりげなく宣伝しつつ(笑)、改装中も華やかに楽しませてくれるというのは粋ですね。
さすが五つ星ホテル。
せっかくすてきなホテルに行ったのに、無粋な足場がかかっていたら、ちょっと興ざめしちゃうかもしれないですもんね。

ホテルの改装は来春までかかるそうで、しばらくはこのセレブたちを見上げて楽しむことができそうです。
ナイツブリッジを通りかかったら、ぜひ建物の上の方を見上げてみてくださいね。

ちなみに改装中もホテルは通常どおり営業しているそうです。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪



人気ブログランキング
# by londonsmile | 2017-03-31 02:10 | ロンドンでお出かけ | Trackback | Comments(0)
週末にご近所さんが手作りパンをおすそ分けしてくれました。
トーストして食べてね、と言って渡してくれた包みを開けると、あら、かわいいパンが♪

e0114020_06535622.jpg

この三つ編み状のかわいらしいパンは、ユダヤ人の人たちが安息日や祝日に食べるハッラーというもの。
以前もユダヤ人のお友達からもいただいたことがありました。

でもこのスイス人のこのご近所さん、ユダヤ人ではないと思うのです。
ユダヤ人の方って見た目だけではわからない人も多いので、もしかしたらそうなのかもしれないけれど、たぶん、違うのです。
というのも、彼女のお嬢ちゃんがユダヤ系の学校に通いだした時に、知らないことがいろいろあって驚くわー、と話していたから。

彼女のお子さんは少し前にそれまで通っていた私立の小学校をやめることになり、家の近くに公立学校を探していました。
やがて彼女から、新しくて設備のいい学校が近くに見つかった、と聞いたのですが、その学校がユダヤ系ということでした。

え? 公立なのにユダヤ系の学校?
公立の学校なのに宗教色を出していいんだ!
と、かなり驚いた私。
私立ならともかく、日本ではないことですよね。

しかも、ユダヤ人でない人も学校に入れるというのが面白いですよね。
公立校だから宗教で人を選んではいけないのかもしれませんが、でもその学校自体に宗教色があるというのが複雑で、ますます面白い!

話を聞いてみると、イングランドとウェールズでは学校あるいは校長先生の方針で、学校の特色を決めていいようなのです。
だから公立でもキリスト教系もユダヤ系もあるし、もしかしたらどこかにはイスラム系とか、ヒンズー系とか、仏教系もあるのかもしれません。

とにかく彼女の7歳のお嬢ちゃんはその学校に元気に通っていて、とても楽しそう。
最近急に大人っぽくなって、健やかに成長している姿がまぶしいくらいです。

ママとしては、普通のお休みの他に、ユダヤの祝日も学校がお休みになるのがちょっとだけ面倒なのだそうです(お仕事しているので、お休みを取るのが大変なよう)。笑
公立学校が、国教でもない宗教的な日をお休みにするっていうのも、これまた驚きますが!

パパはオーストラリア人で、ママはスイス人、そして通っている学校ではユダヤ教の体験をする。
違う文化を取り入れながら育つ彼女は、きっと視野が広がるんだろうな。
どんな風に成長していくのか、これからが楽しみです。

パンのハッラーも、彼女が学校で知り合ったユダヤのママさんに作り方を習ったのかもしれません。
全体に軽くてほんのり甘くて、外側が少し硬めなのでトーストするとちょうどよい感じ。
おいしかったです♪

実は私、ユダヤ人の人って全体に好きなのです。
インディーの仕事を通じてユダヤ人の方々と親しくさせてもらっているのですが、家族愛が強くて、あったかい人が多いんです。
映画でよく見るように、おばちゃんたちは食べ物を本当に山のように食べさせてくれて、私が食べている間、残さないようにじっと見張っている人もいます。笑
こういう時は、お腹がいっぱいでも残せない辛さも感じつつ、まるで自分が映画の中に入り込んだような気分になれて、不思議に楽しい気持ちになります。

日本に住んでいたら出会う機会はあまりなかった人たちだと思うので、私が出会ったすてきなユダヤ人の方たちのお話もまた改めてしますね。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-28 17:00 | ロンドンで知った外国のこと | Trackback | Comments(2)
ネットを見ていて、耳より情報を発見!

来週、3月30日から4月2日まで、リバティーのサンプルセールがあるそうです!

e0114020_22142619.jpg

会場は、今熱いと言われている東ロンドンのハックニー。

ハックニーって行きにくいというイメージがあったのですが、ビクトリアラインのHighbury & Islington駅からオーバーグラウンドで8分なのだそう(サイトをじっくり読み込んじゃいました。笑)。
Hackney Centralの駅からもかなり近そうです。

会場に入るのに1ポンド必要ですが、これはサンプルセールにはよくあること。

会場の近くには、バーバーリー、プリングル、アニヤハイドマーチなどのアウトレットショップも数々あって、ついでにあれこれ見るのも楽しそうですね。
私も行ってみようと思っています。

ロンドンでお時間のある方、よかったらぜひ!


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-26 22:24 | ご挨拶・お知らせ | Trackback | Comments(2)
昨日、ロンドンの国会議事堂近くで襲撃テロ事件がありました。
亡くなった方やおけがをされた方、ご家族の方々に心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

e0114020_09113547.jpg

悲しいことがあった日、ロンドンは朝の大雨がうそのように晴れて、きれいな夕焼けでした。

いつもは家にいることが多い私ですが、この日は歯科技工師の友人の家で、歯の治療の相談に乗ってもらっていました。
友人夫妻とお昼を食べて、そろそろ帰ろうとした時に友人がネットでニュースを見つけ、3人でしばらくテレビを見ていました。

こういう時、一人だったら心細かったと思うので、友人と一緒にいられて、本当によかったと思います。
テレビを見いるうちに、東日本大震災の時のことまで思い出しちゃって、ドキドキしてきました。
これは天災ではないけれど、テレビにかじりついて情報を得ようという気持ちが似ていました。

友人はお嬢ちゃんが一人で学校から電車に乗って帰ってくるところだったので、とても心配そうでした。
直接の被害だけでなく、まったく罪のない多くの人たちが受けた心理的な影響もあわせて考えると、テロは本当に卑劣で悪質な行為です。

2005年にあったロンドンの大きなテロでは、地下鉄の駅やバスの中が狙われたので、交通機関がストップして歩くしかなかったと聞いていました。
友人の家は地下鉄を使っても1時間はかかる場所にあったので、帰り道、ちょっとドキドキしましたが、今回は不幸中の幸いで、現場近くの一部を除いて交通機関は平常通り動いていてホッとしました。
電車を乗り換えた時、プラットフォームにおまわりさんが立っていて、それはちょっと怖かったですが!

昨夜からメイ首相やロンドン市長のカーン氏などたくさんの人が声明を出していますが、ほとんどの人に共通しているのは、私たちは屈しない、という精神。
私たちの生活を脅かすことがテロ行為の目的なのだから、いつもどおりの生活をして対抗しようというものです。

最初に聞いた時には、そうは言っても怖いよねぇ、と思ったけれど、テロを怖がっていたら、本当にどこにも行かれないし、何もできないと気づいてからは、私もこれに賛成です。
ロンドンに限らず、どこにいる時にも何が起こるかわからないし、怖がり出したら本当にキリがない!

という訳で、私もいつもどおり暮らしていくつもりです。
もちろん、わざわざ危険に近づくようなことはしませんよ。

ブログも普通どおりに続けます。
どうぞおつきあいくださいね。
e0114020_09114869.jpg

ちなみに友人の家でテレビをじっくり見てしまったので、家に戻るのが予定より大幅に遅れました。笑

最初の写真のあと、家のすぐ近くできれいな夕焼けに迎えられて、ロンドンがやっぱり好きだなあと思いました。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-23 16:52 | Trackback | Comments(8)
先週は珍しく、久しぶりに外でのお仕事がありました。

日本から調査にいらした方と市内の福祉機関に同行し、お話を聞くお手伝いをしたのです。

調査にいらした方は大学の先生で、なんとこのブログをみてくださってご連絡くださったのでした。
だから打ち合わせの段階から「あ、それ、ブログで読みました!」と言ってくださったりして話も盛り上がり(笑)、女性だったこともあって、お仕事の当日もまるでお友達と話しているような感覚になったほど。
不思議な感覚、そしてとてもありがたいことでした。

せっかくなので、ご一緒している時間は楽しくロンドンの見どころなどをお話ししながら歩いたのですが、ある訪問先の最寄り駅に着いた時には、私の目はこの古い設備に釘付け!

e0114020_04005643.jpg

地下鉄の駅の切符売り場なのです。
モダンな建築にはない優雅な美しさについ見とれ、仕事中なのに自分が写真を撮りたかったので(笑)先生にも、「こういう切符売り場がきれいに残っているところって珍しいかもしれませんよ♪」とお伝えして、自分もパチリ。
先生も喜んでくださいました(と思います!)。

この駅では今では切符は自動販売になっているので、この切符売り場は使われていませんが、最初に駅を設計した人などの説明が丁寧に書かれていました。

とてもきれいに保存されていたので、気になって家に帰ってから調べてみると、1906年に開業したこのHolloway Road駅は、今では保存建築物(Grade II)の対象になっているそう。
2007年から2008年にかけて大規模な修理をしたそうなので、この切符売り場の周りもその時にきれいに整えられたのかもしれません。

凝った装飾のタイル、優雅でいいですよね。
こんな風に立体的なタイルは最近のものでは私は見たことがないのですが、今もあるのかしらん。
ピカピカに光っているのが、また華やかな印象です。
コートを着て帽子をかぶった紳士や、ドレスを着て羽根飾りのついた帽子をかぶった女性たちが、ここで切符を買うところが目に浮かぶような美しさでした。

いかん、いかん、仕事中でした。
妄想は後でゆっくりするとして。笑

Holloway Road駅の周りはほとんど住宅地ですが、実はここはサッカーのプレミアリーグ、アースナルのホームグラウンドであるエミュレーツ・スタジアムの最寄り駅でもあるのす。
だから観光でいらっしゃる方にも利用する機会がある駅かもしれません。
もしいらしたら、ホームに行く前に、ぜひ切符売り場をのぞいてみてくださいね。

ところで当日の調査の方は、通訳自体は上手く口がまわってくれなくて焦ったものの、訪問先でとても感じの良い方にお会いして、普段の自分の生活では知りえないような貴重なお話をうかがうことができました。
こんな機会に恵まれて、とてもありがたいなあとしみじみ思った帰り道でした。

思えば、この駅の美しい切符売り場も、このお仕事をお受けしなければ見られなかったかもしれないのです。
ブログを通じてお声をかけてくださった先生には大感謝。

ちなみに今回は聡明でかわいらしい医大生のお嬢さんも調査に同行されていたのですが、このお二人、最初にお会いした時、姉妹かと思っちゃったのです、真面目な話!
お二人とも小柄で細くてかわいい! お母さま、お若い! 
それとも日本ではこれが標準なのかしらん。

「日本人は細くて若く見えていいわね〜」などとこちらの友人にお世辞を言ってもらって、いい気になっている場合ではありませんでした。
あくまでもこちらの人たちとの比較ですもんね。
次に日本に行くまでには、もっと痩せて、カワイクならないと。汗汗

先生、お嬢さん、貴重なお時間におつきあいいただいて、どうもありがとうございました。
お二人がロンドンを好きになってくださって本当に本当に嬉しいです♪


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-22 17:58 | ロンドンでお出かけ | Trackback | Comments(0)
今週、仕事から帰ってきたインディーさんが嬉しそうに「これ、あげる!」と何かを私の手のひらに入れてくれました。

な、なんだ、虫かな!?
彼は道端で小学生のようにへんなものを拾ってくるので、虫ということもあり得るのです。
これまでに、落ちていた指輪とか、小さいおもちゃなんかを拾ってきて、自慢げに渡してくれました。笑

この日も「ひえー、なんだろう」と思いながら手の中を見てみると、これだったのです。

e0114020_18400586.jpg

2ポンド硬貨!
それも、なんとシェークスピアをモチーフにした柄です。

調べてみると、これは昨年シェークスピア没後400年を記念して作られた記念硬貨の一つで、他にシェークスピア柄は2種類あるとのこと。

こんな記念硬貨が普通に出回っているんですね。
記念切手を使うようなものなのかな。笑
実は私、メールがこんなに一般的になる前は、記念切手を貼って手紙やハガキを書くのが大好きだったので、これを思いついて、なんか急にコインに親近感が湧きました。笑

たまたま少し前に、ピーターラビット柄の50ペンス硬貨があると聞いていたので、それも見てみたいと思っていたところに、突然登場したシェークスピアの記念硬貨。
なんだか縁起がいいなー。笑

今月末からは新しい1ポンド硬貨も発行されるそうだし、これを機会に、コインにももっと目を向けて、ひとつひとつ見てみようと思いました。

また変わったコインが手に入ったら、アップしますね。

e0114020_18403147.jpg
(イギリスの硬貨は、どれも片側はエリザベス女王になっています。
このコインは去年できたばかりですが、女王さまはのお顔は少し前のもののような。笑
でもやっぱり美しい♪)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-19 16:20 | イギリスの人・暮らし | Trackback | Comments(0)
ここ数日、また一気に春めいて、ぽかぽかと気持ちのよいロンドン。
久しぶりに外でのお仕事で出かけたら、モクレンがずいぶん咲いているのに出会いました。
e0114020_20041987.jpg

わー、春だなあ。
このピンクが青空に映えて嬉しい。

気温が上がったといっても、せいぜい15度ぐらいですが、気の早い人は半袖のTシャツで歩いていました。
ヨーロッパの人はアジア人に比べて体温が少し高いというけれど、やっぱりまだ早いんじゃないのー? とコートを着ている私には思える。笑

太陽がまぶしいくらいにお天気がいいと、外に出てひなたぼっこする人が多いのです。
そして着ているものを潔く脱いで、上半身を見せてくれる若い男性も続出。笑
みんな、暗い冬が終わって嬉しいのかもしれません。

ふと見ると、モクレンのつぼみのそばにこんなものが。

e0114020_20045800.jpg

これ、日本のものだと思いません?
日本のお土産にもらったお菓子か何かについていたヒモか何かかしら。

紅白でおめでたいし、こんな風に木にかけてあると、まるで木に結ばれたおみくじみたい!
と思ったら、ロンドンで「おみくじ」を想像した自分の日本人らしさにおかしくなってしまいました。

あったかいと、ちょっとしたことでも幸せに感じるのかもしれません。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-16 20:19 | お花のこと | Trackback | Comments(0)
オランダに行った友達からお土産にチーズをいただきました。

オランダに行ったと聞いていたので、袋の重みから、もしや? とは思ったのですが、やはり。笑
でも袋から開けてみて、なんだか大笑いしちゃったのです。

だるま落としにしか見えない!
e0114020_20043086.jpg

この形、この配色、私にはだるま落としにしか見えないのです。
そうするとだるまさんのユーモラスな顔が浮かんできて、ニヤニヤ。
横から木づちで叩かれてゴロゴロ転がるチーズを想像して、ニヤニヤ。

だるま落としを知らないインディーさんがすごく不思議そうに私を見ています。
いいんだもん、私はこれで楽しいんですから。笑

ちなみにフレーバーは上からプレーン、クミン風味、ハーブとガーリック風味。
目で楽しませてもらった後は、舌でも楽しませてもらいます♪
クミン好きの私は、真ん中の黄色が特に楽しみです。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




# by londonsmile | 2017-03-13 01:16 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile