今週、前から気になったいたニュー・コベント・ガーデン・マーケットに行く機会がありました。
お花屋さんにお花を卸す市場です。

e0114020_18275879.jpg


続きはこちら(read more)
# by londonsmile | 2008-05-16 23:53 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(10)
最終回の今日は、トレッキングや旅行のちょっとしたお話を。

e0114020_22421635.jpg


続きはこちらをどうぞ
# by londonsmile | 2008-05-14 00:22 | ネパール2008 | Trackback | Comments(8)
ネパール旅行記、まだ続いています。
今日はおみやげのお話を。

e0114020_0384158.jpg

     (ポカラのおみやげ屋さん)

続きはこちらです
# by londonsmile | 2008-05-10 01:38 | ネパール2008 | Trackback
今日はお楽しみ、ネパールでの食事のお話です。

トレッキングをしていると食べることが断然、楽しみになります!
歩いていると実際にすごくお腹も空くし、他に刺激があまりないからかな。

e0114020_18504317.jpg
     (ある日、ランチができあがるのを待つ私たち)

食べ物に関しては、私、ネパールで暮らせるかも、と思いました♪
# by londonsmile | 2008-05-08 18:49 | ネパール2008 | Trackback | Comments(6)
ネパールでのトレッキング、そんなわけで毎日地道に登ったり下ったりして、アンナプルナ・ベースキャンプの一歩手前にやってきました。

この山小屋で一晩過ごした後、早朝にキャンプに向けて出発するはずが、朝起きてみると・・・

e0114020_2322561.jpg


雪が降っていました!!
# by londonsmile | 2008-05-06 01:29 | ネパール2008 | Trackback | Comments(6)
今回のネパールでの一番の目的はトレッキング、いわゆる山登りでした。

山国のネパールには、あちこちにトレッキング名所があるのですが、今回の目的地はカトマンズから西に向かったアンナプルナ・ベース・キャンプ。

日本では「アンナプルナ」ってあまり知られていないようですが、有名なようです。
何も知らなかった私には猫に小判みたいで、もったいないような気もします(笑)。

e0114020_1740132.jpg


そして
# by londonsmile | 2008-05-02 18:34 | ネパール2008 | Trackback | Comments(6)
カトマンズに到着した翌日、ツアーの一環で、これからトレッキングを一緒にする人達と一緒に、市内見学に連れて行ってもらいました。
今回初めて知ったのですが、カトマンズ盆地一帯は、世界遺産にも登録されているんですね!

ネパールはお釈迦様の生まれた国でもあるので、なんとなく仏教国のような印象だったのですが、実はヒンズー教と仏教がかなり混じっていました。
お寺も神社も同じように扱っている日本と同じような感覚なのかな。
山の方に行くと、やはりお隣りのチベットの影響か、仏教色が濃くなるようですが、一般には仏教徒とヒンズー教徒の見分けは地元の人にもつきにくいということでした。

というわけで、カトマンズの見どころのひとつ、ネパール最古の仏教寺院スワヤンブナートも、仏教のお寺だけれど、敷地内にヒンズー教のお寺もある、というものでした。

e0114020_339412.jpg


この写真は
# by londonsmile | 2008-04-29 08:53 | ネパール2008 | Trackback | Comments(8)
こんにちは。前回から少し間が開いてしまいました。
その間、いろいろな用事を片付けたり、旅行中の洗濯物と格闘したりしていました。

トレッキングというとスマートな感じがしますが、私たちが子供の頃にいわゆる「山登り」と言っていたのと同じもの。
1日中歩き回って、山小屋のような所に宿泊して、眠るのは寝袋の中という生活なので、洗濯物もかなり多かったのでした。

さて、そんなトレッキングに行く前に、まずはネパールの首都、カトマンズの観光をしたので、まずはそのお話を。

ネパールで一番の都会なのに、標高がすでに1,400メートルあるカトマンズは、観光の中心として活気にあふれた街です。
e0114020_0371147.jpg

リゾートホテルからバックパッカーの宿まで、さまざまなレベルのホテルがたくさんあって、主にタメルという地区に集中しています。

私たちもこの地区に滞在したのですが、ここがまた、ものすごく活気にあふれているんです!

両脇にお土産屋さんやホテルがずらりと立ち並んでいて、同じような道がくねくねと続くので、まるで迷路のよう。
ぼんやりしていると、迷っちゃいます。

しかも道幅は狭いのに、車とバイクと人力車(ただし自転車の)と人でごった返しているので、お店を見ながらぼんやり歩いていると、ビビビビーッ!とものすごい勢いでクラクションを鳴らさて、心臓が止まりそうになります!

山に行くと、みんな穏やかな人たちなのですが、やはり都会はあわただしいものなのかな。

e0114020_23523444.jpg

道端に急にお地蔵さんのような感じにヒンズー教の神様がまつってあったり、どこからともなく甘いお香の香りが漂ってきたり、神秘的な雰囲気もあります。

スピリチュアル・スポットとしても有名らしく、70年代のヒッピー風ないでたちの人(男性は髪が長くてクシャクシャだったり、ヒゲぼうぼうだったり、女性は三つ編みをしてたり、長くてたっぷりしたスカートをはいていたり・・・)も歩いていたりして、なにやらアヤシ気な感じがするのも、魅力の一部です(笑)。

お土産屋さんに混じって、トレッキング用品のお店も多いのも、これまたカトマンズらしいところ。
トレッキングが目的でネパールを訪れる人は、やはり多いんですね。

いろいろなお店がある中、あちこちの山に行く途中でカトマンズに
6、7回は来ているというインディーのオススメのお店は、Pilgrim's Book House

店内には所狭しと本が並んでいて、美しい写真集も充実しています。
かなり高級で高価なものもアリ。
e0114020_04934.jpg
絵葉書、文房具、お土産もいろいろあって、店員さんもしつこくついてこないので(笑)、ゆっくり見られます。
ネパールのお店では、値切る交渉をするのが当たり前ですが、ここは定価でお買い物。
道端のお店での交渉に疲れた時には、ちょっとほっとできるお店です(笑)。

お店の裏には付属のベジタリアン・レストランがあるのですが、雰囲気も良くて、その上おいしい!
ベジタリアンでない人も、十分楽しめます。

ちょうど私たちが行った時には、町全体が停電(カトマンズではよくあることです!)になっていたので、キャンドルの灯りで食事をしました。
雰囲気があって楽しかったけれど、写真は暗すぎて、うまく写りませんでした。残念!

こちらはレストランの入り口付近。
e0114020_0114213.jpg
もうひとつカトマンズでおもしろいのは、Tシャツに好みの刺繍をしてもらえるお店の多いこと!
あちこちにたくさんあるのですが、インディー御用達のお店は、このご兄弟のお店です。

e0114020_014156.jpg何度か通っているらしいインディーのことを覚えているのか、いないのか、いずれにしても、すごく愛想の良いお2人。

後ろにあるのは、作品集(?)。
子供たちに人気の高いスポンジボブなんかもありました。

急いでいると、1時間ぐらいでオリジナルのミシン刺繍をしてくれます。
自分でも柄をデザインできるし、「山を適当にみつくろって(?)」なんていう注文もできます。

トレッキングから戻ってきてから、「ありがとう、インディー!」と私たち3人の名前を入れたTシャツをサプライズでプレゼントしたのですが、そのサプライズの相談にも、大喜びでのってくれました!



e0114020_0414075.jpgそれから、インディー、娘ちゃん、妹ちゃん、私の4人組で、それぞれ名前を入れて、お揃いのTシャツもオーダー。
これで1人約500円弱!


また会えるといいなぁ。




次回は、カトマンズのみどころ観光地のお話を。


# by londonsmile | 2008-04-24 00:47 | ネパール2008 | Trackback | Comments(10)

ただいま~♪

一昨日の深夜、ネパール旅行から戻りました。

e0114020_1854443.jpg

久しぶりに戻ったロンドンは、あちこちで新緑が見られる春らしい季節になっていました。
夏時間にもなったので、夕方7時過ぎても明るいし、
今のところお天気もなかなか良いので、とても快適です。

今回は猫たちもすぐに許してくれて、帰ってきてから24時間体制で甘えてくるので、
夜もゆっくり眠れません(笑)。
でも、旅行中猫たちのことがずっと気になっていたし、
許してくれないよりマシか、と思い、眠い目をこすりながら猫を撫でています。

旅行ではカトマンズやポカラなどの観光地もゆっくり見学できて、とても興味深かったです。

メインのトレッキングは、1日に山を2つ越えたり、石段を1日中ひたすら上ったり下ったり、
雪にあったり、と、想像以上にハードだったのですが、
一緒になったツアーのメンバーがみんな明るく愉快な人たちということもあって、
みんなで励ましあったり、からかいあったり、笑いの絶えない楽しい旅行になりました。

2年前にネパールでトレッキングした時には、毎日ぐったり疲れてしまったこともあって、
あまりツアーの人たちと交流できなかったのですが、
今回はなんとか一人前に仲間に入れて嬉しかったなぁ。

そして山ではちょうどネパールの国花でもあるシャクナゲが満開!
山いっぱいに広がる見事なお花を心行くまで楽しみました。

早速みなさんにご報告したいのですが、実は帰国早々予定が立て込んでしまい、
旅行記のアップは来週からになってしまいます。
またおつきあいくださいね♪

今日は写真を少しだけ。
では、みなさま、また来週♪

e0114020_1847317.jpge0114020_18472590.jpg








e0114020_1848968.jpge0114020_18482628.jpg








e0114020_18484923.jpge0114020_1849680.jpg








e0114020_1995340.jpge0114020_1910862.jpg








e0114020_19104628.jpge0114020_191151.jpg








e0114020_1911409.jpge0114020_19115870.jpg








e0114020_19122292.jpge0114020_19123631.jpg
# by londonsmile | 2008-04-16 19:14 | ネパール2008 | Trackback | Comments(6)
突然ですが、これ、なんだかおわかりですか?
e0114020_21223444.jpg


私が知らなかっただけで、ほんとはよく知られているものなのかな。
答えはチーズをスライスする道具(?)です。

真ん中の穴のところにチーズをあてて、すいっと引くと、ほら、このようにスライスされます。
e0114020_21225223.jpg
今のところ、チーズスライサーと呼んでいるのですが、正式名称をご存知の方、ぜひ教えてください!
先日、オランダのお友達にいただいて以来、すっかりハマっております(笑)。

このお友達、前に行っていたBritish Language and Cultureというコースで知り合った人で、オランダに帰った時のお土産としていただいたんです。

実はこのコースの終わりの方で、「イギリスが取り入れるべきじゃないかと思うあなたの国の良いところ・ものは?」という話になって、このオランダ人のクラスメートはすかさず、
「チーズスライサー!」と答えたんです。

彼女いわく、
オランダではどこでも手に入るのに、ロンドンでは見かけない!
チーズはナイフで切るより、こうしてスライスした方が絶対おいしい!

話を聞いた時は、そんなもの?と思ったけれど、試してみると、確かに薄いスライスはちょっとふわっとして、おいしく感じます♪
スライスするのもなんとなく楽しくて、ついついたくさんスライスしては口に運び・・・。
あれ?今年の目標の一つは、乳製品を減らす、だったのに・・・(笑)。

でも、そんなささやかなことで喜べる自分が嬉しいのでした。

そしてお知らせです
# by londonsmile | 2008-03-28 21:36 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(6)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile