<   2015年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

相変わらず気温の上がらない今年の夏のロンドン。
でもお天気は悪くなく、太陽が出ると少し暖かく感じられます。笑

そうすると出て来るのが、薄着の人々。
e0114020_03202495.jpg
お姉さんの露出度が高いでしょ!
ちなみに私はこの時、革ジャンを着ておりました。(そのくらいの気温なんですよ)

コチラの人は、太陽が出ると、ここぞとばかりに肌を見せて日焼けしたがります。
体温も日本人に比べて高いそうなので、そんなに寒くないんでしょうね。

そしてこの薄着のお姉さん、さらに気になるのはたくさん連れているワンちゃん。
よーく数えてみると7匹連れています。

たぶん、お姉さんは犬の散歩をするのがお仕事なんです。
自分の家のワンちゃんならリードなしで連れて歩くことが多いし、こんなにいろいろな犬種で7匹って、やっぱり多過ぎるもの。

このお散歩ビジネス、ロンドンではなかなか流行っているようです。
いろいろな事情があるのでしょうが、自分の家のワンちゃんのお散歩を人に頼むなんて、みんなが忙しい都会ならではのお仕事ですね。

大きな車でワンちゃんを連れてきて、公園や緑地でお散歩させて帰るのですが、これだけたくさんのワンちゃんを連れていると、やはり問題が起きることも多いよう。
いつも一緒にいるワンちゃん達ではないので、お互いにケンカしたり、急にどこかに走って行こうとしたり、じゃれるつもりで通行人の人に飛びかかったり。

7匹も連れていたら、そんなに細やかに面倒見られませんものね。
ましてこんなに華奢なお姉さんには難しそう。
もちろんお姉さんは犬が大好きで扱いも上手なんだろうけど、例えば、もしみんなが一斉に違う方向に歩き出したらどうなるんだろう?と、心配性の私はつい考えてしまいます。

トラブルを防ぐために「連れて歩く犬は4匹まで」という看板を出している公園もありますが、こういう人もやはりいるのです。

そして見る度に私は「カモとりごんべえさんみたいだ!」と思って、一人でニヤニヤしちゃいます。
たくさんのカモをいっぺんに捕まえようとしたごんべえさん、一斉に飛び立ったカモと一緒に空を飛ぶことに・・・というお話。
この華奢なお姉さんも、ワンちゃんに連れられて空へ?
それとも道の上をひきずられる?わー、痛そうだなあ。

と、どうでもいい妄想に浸った午後でした。
ワンちゃんは大好きなんだけどな〜♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-30 22:58 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)
前回V&A博物館アレキサンダー・マックイーン展に行ったお話をして、8月2日の最終日まで予約チケットは売り切れらしいと書きました。

でも開館と同時に並べば限定数の当日券が手に入るし、在英の方なら、1年間の会員になればその日から予約なしで無料で入れますよ、とも。

今日はその「1年間の会員」になる特典についてお話ししますね。
私は昨年のクリスマスプレゼントにこれをいただいてから、かなり活用してるんです♪

e0114020_00023811.jpg
(会員だけが入れるV&Aのティールームの2階部分から1階部分をのぞむ。
窓が大きくて気持ちのいい空間です)

会員の詳細は博物館のサイトのこちらのページにあるんですが、今日は会員の嬉しい特典をかいつまんでご紹介しますね。

*まず大きいのは、特別展に予約なしに無料で何回でも入場できるということ*
どんなに混んでいる展示でも、です。
これは本当に便利な制度で、実は私はアレキサンダー・マックイーン展には2回行っています。
もちろん予約なしに並ばずに!

*会員限定のイベント*
特別展を会員限定で先に公開してくれたり、トークが聞けたり、有料ですが館内でのパーティーっぽいものがあったり。
アレキサンダー・マックイーン展について言えば、週末の開館前に会員だけが入場できる時間帯を設けられているので、いつも大混雑の展示をじっくり見たい方には便利ですよね。

*「会員感謝祭」のようなもの*
年に一度(たぶん)、日頃のサポートに感謝ということで、1週間の期間内に館内で会員証を見せると会員限定グッズなどをプレゼントしてもらえるんです。
ちなみに今年のプレゼントはこれでした。
e0114020_17364275.jpg

V&A会員限定の布製エコバッグと、ビニール製定期入れ。
(ビニール製って変なの、と思うかもしれませんが、こちらでは定期入れとしてはわりと一般的なんです。笑)

その他に去年の特別展のポスターやポストカードなど、数点も付いていました。
このエコバッグのデザインは会員証と同じ柄で、V&Aの会員なんだなーと実感できます♪

*V&Aの雑誌の配布*
特別展の詳細や館内のお知らせ、アートの記事などが掲載されたV&Aの雑誌が家に送られてくるので、家にいながらにして、次は何を見ようかなーと考える楽しみができます。
この雑誌、ミュージアムショップでは売り物になっているので、その点でもちょっとお得ですね。笑

*会員限定のティールーム*
会員だけが入れるティールームというのがひっそりとあって、展示を見た後はそこでゆっくりお茶できます。
V&Aの一般客用のティールームはウィリアム・モリス風でとても美しく、私も大好きなんですが、なにしろいつもとても混んでいるので、静かにお茶したい時には会員のティールームはとても便利な場所。

せっかくなので、そのティールームをちょっとご紹介しますね。

まず場所が静かで良いんです。
V&Aはいつも観光客や見学の子供達で大人気ですが、大混雑している入り口付近を離れて、有名な展示を避ければ、実は意外とひっそりしているんですよ。
e0114020_00040455.jpg

例えばガラスの展示。
あまり知られていないせいか、いつもしーんとしています。
でも細かいガラス細工から大胆なカットのモダンなものまで、いろいろな作品が展示されていて、なかなか見応えがあります。

そのガラスの展示を歩いて行くと、鏡張りの壁が。
e0114020_00102921.jpg

(このお兄さん、どうしてもこの場から離れてくれなかったので、特別参加。笑)

近くに寄ると、鏡のドアが付いていて、会員用のティールームはこの鏡のドアの向こうにあるんです。
こんなセッティングもユーモアというか、ウィットがあっていいと思いませんか?

ドアを開けて入ると、天井が高くて窓も大きな広々とした空間に出ます。

e0114020_00035231.jpg
ティールームは中でメゾネット的に2階構造になっていて、この写真は上の階から下を見下ろしたところ。
平日も週末も比較的空いていて、特に平日は本当に静かなので、私は仕事の資料を読んだりするのにも使っています。
自然光がたっぷり入って気持ちがいいし、周りにいる会員の人達も年配の女性が多いせいか、なんだか上品でお行儀がよく、快適♪

ちなみにカフェの値段も少しだけ割引になるようです。
メニューはサンドイッチとケーキとお茶程度なので、しっかり食べたい方は他のカフェへどうぞ。
e0114020_22354927.jpg

(V&Aは中庭もいいですよね。
何度も言っていますが、ここに住みたい!笑)

先ほどもリンクした会員になるページに行くと、自分が会員になるだけでなく、プレゼントとして人に贈ることもできるようになっています。
お誕生日などのプレゼントとしてこれを選んでお金を払うと、数日後、お友達のところにV&Aから直接、会員パックが届くという仕組み。
ちょっとしたサプライズにもなりますよね。

会員になるには一人だと年間64ポンド(約12,000円)、誰か一人ゲストを連れて入れる会員だと年間84ポンド(約16,000円)と、決してとても安いわけではありません。
ただ、年に何度かある特別展を無料で見れば、金額的にはほぼ元がとれるんじゃないでしょうか。

それにイギリスの国立の博物館や美術館は基本的に無料で、最近では予算が危ないなんていう話もずいぶん聞こえて、寄付を呼びかける声が高まっています。
そんな中、会員になることで寄付をしていると思えば、V&Aをより身近に感じると思うんです。

私自身は今回はプレゼントでいただいたのですが、いろいろな特典を楽しんでいる今は、前よりV&Aに親しみを覚えて前より通っていますし、そうすることでV&Aがもっと好きになり、来年は自分で会員になろうと今から決めてます♪
こういう気持ちになれたことで、社会に参加しているような、ちょっと大人になったような、この街に所属しているような気分になれて、結局は自分のため、という気がするんです。あくまで私の場合ですが!

V&Aだけでなく、大英博物館ナショナルギャラリーなど無料で入れる博物館や美術館は、同じような会員制をとっています。
詳細は場所によって異なりますが、特別展に無料で入場できるというのはだいたいどこでも同じのよう。

よかったら、好きな博物館や美術館を選んでサポートしてみませんか?


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-28 04:30 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)
少し前のことですが、ビクトリア&アルバート博物館(Victoria & Albert Museum)で開かれているアレキサンダー・マックイーン展(Alexander MacQueen: Savage Beauty)に行ってきました。

大人気のこの展示もいよいよ8月2日までなので、終わっちゃう前にあわててアップ!

e0114020_22345626.jpg

(広告に使われている写真も衝撃的〜!)

私はモードのことは疎くて、アレキサンダー・マックイーンのことも、なんとなく名前を聞いたことがある程度でした。
でも大人気と聞いたし、この博物館の会員になって予約なしで気軽に入れるということもあり(この話、また後半でしますね!)、気軽な気持ちで行ってみました。

そうしたら、これがすごく良かったんです!

ご存じの方が多いと思いますが、アレキサンダー・マックイーンは、型にはまらない衝撃的なデザインで世界的に大活躍していたイギリスのファッション・デザイナー。
残念なことに2010年に亡くなってしまいましたが、今でも彼のブランドは大人気のようですね。
この特別展は、彼がデザインした洋服や装飾品など、アレキサンダー・マックイーンの世界を全体に紹介するものです。

副題のSavage Beautyは、荒々しい、粗野な、という意味のsavageと、正反対ともとれるbeautyという言葉が一緒になっていて、「激しい美しさ」とでも訳せばいいでしょうか。
古典的な美しさだけではない、彼が独自に創り上げた美の世界がよく表わされていると思います。

この特別展、まずは見せ方が上手でした。
ヨーロッパ風、スコットランドの柄も取り入れた英国風、アフリカ風、近未来風などなど、彼のデザインのテーマ別に部屋を準備し、照明、音楽などの見せ方を全く変えて、それぞれの特徴を活かした展示がされていました。

こんな発想、どこから出て来るの?という驚くようなデザインも多い中、たくさんの洋服や装飾品を一度に見てみると、洋服仕立ての基本デザインもあちこちに活かされていて、洋服への愛を感じてなんだか嬉しくなりました。
愛があることや愛がある人って大好き。

e0114020_22350621.jpg

(V&Aの入り口付近。
古いクラシックな内装にちょっとモダンな装飾、というのも新しいものを受け入れる姿勢を表しているようでいいですよね)

展示の真中あたりで登場する大きな部屋では、壁四面すべてでアレキサンダー・マックイーンの世界を表現。
床から高い天井のてっぺんまでびっしりと、彼のデザインした実際の服や装飾品、コレクションなどで実際に服を着ている写真や映像で埋め尽くされていました。
服を着たマネキンが回っていたり、映像があったりするので動きもあって、部屋の中のどこを見てもおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさ。
ひとつひとつを見ても楽しいし、全体の雰囲気も圧倒的で美しい。
ファッションに疎い私でも、中央にあるソファーに座っていつまででも眺めていられそうでした。

もうひとつ、大好きだったのが、暗い部屋の真中に置かれたホログラム映像です。
2006年秋冬シーズンに実際に使って話題になったものだそうで、映画『シンドラーのリスト』のテーマのドラマチックな音楽に合わせて、シフォンのような繊細な生地の白いドレスを身にまとったケイト・モスが、風と共にあらわれ、消え去って行く様子が本当に美しく描かれているもの。
これには衝撃も斬新さもなくて、ただただ儚くて美しいのです。
私はその場に留まって、4、5回見ちゃいました。
この映像だけでも見る絶対価値あり!笑

この展示で、洋服と一緒に装飾品や映像なども合わせて発表されている様子を初めて見て、もうこれは洋服のデザインのレベルではなくてアートなんだなあと思いました。
これまでは、パリコレで見る洋服なんて実際には着られないじゃん、意味ないじゃん、ぐらいに思っていましたが、洋服を中心としたアートとして貴重な価値があるということが初めてよくわかりました。
あー、美しいものが見られて幸せ。

e0114020_22344696.jpg
(V&Aは通常の展示もすてきなんです。
ちょっと混んでる特別展を見た後は、ゆっくり常展を見て歩くのもいいですね!)

この特別展のチケットは一人16ポンド(約3000円)で要予約ですが、8月2日の最終日までもう予約チケットは完売だそう。
当日券が限定数販売されているので、10時の開館と同時に並べば当日にチケットを購入することもできます。

とはいえ、この当日券目当てに並んでいる人もとても多く、あっという間に売り切れちゃうようです。
そこでイギリス在住の方にオススメしたいのが当日にV&Aの会員になること!

そう、会員になると、特別展は予約の必要もなく無料でさらっと入れるんです。
私が行った時も、昨年のクリスマスプレゼントにいただいた会員証を見せただけで、あっけないほど簡単に入場することができました。

会員の手続は入り口付近の専用窓口でその日のうちにできるので、行った当日に特別展に入場できます。
8月2日までの特別展を今からどうしても見たいという方は、ぜひ奥の手を使ってご覧くださいね。

ちなみに1年間の会員権は64ポンド(約12,000円)、誰でも一人一緒に入れるものだと84ポンド(約16,000円)です。
決して安くはありませんが、他にもいろいろな特典があるんですよ。

会員になるための詳細は、博物館のサイトのこちらのページにありますが、このブログでも次回は会員の嬉しい特典を取り上げてみますね。
よかったらご覧ください♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-27 18:09 | ロンドンでお出かけ | Trackback | Comments(2)

冷やし中華はじめました

今年のイギリスの夏はお天気はわりといいのですが、ちょっと涼しい・・・。
それでも少し前に暑い日が続いた時のこと。

今年初めての冷やし中華を食べました!

e0114020_17444984.jpg
はりきって写真を載せたわりには、ありあわせの材料なんですが!汗

というのも、韓国系のスーパーに買い出しに行った時、見るからに美味しそうな中華麺を見つけて大興奮し、すぐそのまま冷やし中華にしたんです。
買い出しではお米やみりんなど、アジア系のものばかり買っていたので、野菜がなんだかサラダみたい。
そして良く見ると麺は写真に写っていませんでしたね。汗

じゃーん、こちらが美味しそうな中華麺です。

e0114020_17475024.jpg
日本で見る中華麺に似てるでしょう?

これまでロンドンで買った中華麺は、柔らかくてコシがなかったり、すぐにぷつっと切れてしまったりで、頼りないものが多く、ラーメン用の乾麺(日本産)がかろうじてイケるかなあという感じでした。
が、これを見た瞬間、お友達と顔を見合わせて勇んですぐさまゲット。
日本で食べる生麺に近くて、大満足でした。

私はNew MaldenのKorea Foodsというスーパーで手に入れましたが、ロンドンにお住まいのみなさん、日系、アジア系のお店に行った時には、この麺、探してみてくださいね。
ちなみに英国産だったんですよ。頼もしい♪

冷やし中華も食べて、夏気分が盛り上がったある日のことでした。

今日はお天気がいいけれど、やっぱり長袖を着ています。笑
日本のみなさんに爽やかな風が届くよう、精一杯念じています♪
どうぞ良い週末を。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-25 17:56 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(6)
私には珍しくパーティーの話が続きます。笑
おめでたいことが多いのは嬉しいことですね。

先週、優美さんが新しく始められた優美さん手づくり&セレクトのテーブル周りのものの販売、「優美ロンドン」のオープニングパーティーに優美さんのご自宅に伺ってきました。

e0114020_18464523.jpg


先に言い訳しておくと(笑)ちょっと遅れて行って少し早めに失礼しちゃった上、久しぶりにお会いした友達とおしゃべりしたり、すてきな作品を拝見したりしていたので、慌ただしい写真しかないのです。
実際のすてきな様子は、優美さんの記事でたっぷりご覧くださいマセ。

この日は「キラキラピンク」がテーマだったそうで、華やかで大人かわいいテーブルでした。
優美さんはいつもクリエイティブで、アイディアいっぱい。

e0114020_04170211.jpg

パーティーでは、はまちゃんこと浜野利磯江シェフによる美しくおいしいフィンガーフードが揃いました。
お料理の詳しい写真は、写真教室でご一緒していた時に優等生だったはまちゃんのこちらの記事で美しいものをご覧ください。

優美さんとお仲間の手作りというオリジナルのテーブルランナー、テーブルクロス、コースターや、優美さんセレクトの花瓶、キャンドルホルダーなどなど、テーブル周りのすてきな品物が勢揃い。

e0114020_04204822.jpg

こちらも優美さんのこちらの記事で作品を広げた様子などをたっぷりご覧ください。
和風にもモダンにも洋風にも使えるすてきなものが多かったんですよ。

e0114020_19143688.jpg


私は柄にインパクトがあったこのコースターを分けていただきました。
リバーシブルだし、和風にも洋風にも使えそうでしょ。
楽しみです♪

さてお話もお買い物も盛り上がってきたところで、はまちゃんシェフ特製のケーキのご紹介。

e0114020_04162464.jpg

かわいいデコレーションも、はまちゃんシェフのお手製でした。
そしてシェフに付き添われて、優美さんがケーキをカット。

e0114020_04163920.jpg

これもたくさんの方々の後ろから撮ったので、顔が写っていない怪しい写真になっちゃいました。汗
優美さん、はまちゃん、ごめんなさい。

優美さんはこの優美ロンドンと同時に、来月からはまちゃんシェフとコラボでお料理とテーブルコーディネートのレッスンを始められます。
海外生活が長く、おもてなしに詳しい優美さんのセンスの良いコーディネートと、日本とイギリスで長くプロのシェフとして長く働いていらしたはまちゃんの美味しいお料理。
両方いっぺんに習える教室、詳しくは優美さんとはまちゃんのブログでチェックしてみてくださいね!

優美さん、はまちゃん、新しい挑戦の始まり、おめでとうございます。
応援しています!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-23 19:29 | フレンズ | Trackback | Comments(2)
もう先月のことですが、日本人のお友達のビッグバースデーのパーティーにインディーと2人で呼んでいただき、伺ってきました。
バースデーガールは日本と英国の両方でご活躍の栄養療法士キンロス一美さん
いつも好奇心旺盛で生き生きしてらっしゃるすてきなお姉さんです。

ビッグバースデーは節目の誕生日のことで、最初の18歳と21歳(伝統的には21歳だけのようです)の後は、キリの良い数字、30歳、40歳などなどの誕生日のこと。
普段は誕生日に特に何もしない人も、この時にはちょっとお祝いのイベントをすることが多いよう。
これをマネして私も今年は友達に集まってもらいましたっけ(楽しかったなあ)。

ご自宅のお庭で開かれたパーティーは、夏らしくて晴れやかな雰囲気いっぱいだったので、少しだけ様子をご紹介しますね。

e0114020_03150465.jpg

この日はお友達の優美さんがプロの技を活かして、お花をはじめ、テーブルコーディネートのお手伝いされたそう。
一美さんと優美さん二人のアイディアで、「かわいい大人」という一美さんらしいセッティングが整っていました。

e0114020_03154453.jpg
とっても夏らしいでしょう?
ガーデンパーティーができるような大きなお庭で羨ましい♪

この日は一美さんのお顔の広さで、近くはお隣りさんから(笑)遠くは日本からのお友達まで、50人ぐらいの方が集まっていました。
こんなに大人数なのに、一美さんはみんなの前で一人一人を紹介されて、心がこもっているなあと感激でした。
着物姿のすてきなレディーも登場して、盛り上がりましたよ。

e0114020_03153622.jpg

栄養療法士の一美さんなので、食べ物はグルテンフリーなどなど、こだわったものばかり。
それなのにこの美しさ!
ピンクと白のまあるいものは海苔巻きなんですよ♪
これらはオックスフォードから駆けつけたご友人によるものだそうです。
お料理の詳しいことは、一美さんのこちらの記事をご覧くださいね。

一美さんは、あれこれ指示などしながらも、リラックスしてみなさんとお話ししていて、その余裕にこれまた感激。
人に集まってもらうとなんだか興奮して舞い上がってしまう我を反省したのでした。ぜひ見習いたい!

数年ぶりにお会いした方、初めてお会いした方たちと、お話も盛り上がってきたところで、いよいよケーキの登場。

e0114020_03151784.jpg
スマホで撮ったので、カメラが夏の日射しに負けております(汗)。
シンプルながら美しく紅いケーキでした。
カットすると、中は市松模様になっていたんですよ!かわいい&凝ってる♪

非常に珍しいことに、ロンスマ家はこの日、夜も出かける約束があったので、後ろ髪引かれながら早めに失礼しました。
お天気も良く、一美さんをお祝いする気持ち、ひいては一美さんへの愛がお庭のあちこちに舞う幸せな夏の午後でした。

一美さん、この日はどうもありがとうございました。
改めて、ビッグバースデーおめでとうございます。
ますますのご活躍をお祈りしています♪

e0114020_03152698.jpg
すてきなガーデンパーティーだな〜と思われた方、よかったら一美さんの記事優美さんの記事もご覧ください♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-22 17:42 | フレンズ | Trackback | Comments(4)
日曜日の午後にはローストという料理を食べるのがイギリス式。
インディーが育った北イングランドでは、本当に毎週日曜日はローストを家族で食べていたそうです。

ローストというのはオーブンでじっくり焼いたお肉料理のこと。
よく知られているローストビーフの他にも、ポーク、ラム、チキンなどがあって、オーブンで一緒に焼いたローストポテトや付け合わせの野菜にヨークシャープディングを添えて、グレーヴィーという肉汁から作るソースをかけていただきます。

もちろん私はローストを食べて育ったわけではありませんが、この家庭的な習慣が大好きです。

e0114020_00593169.jpg

(見よ、このヨークシャープディングの大きさ!お肉が見えないよ。笑)

といっても!
大人2人家族のわが家では、家でローストを作ることはめったにありません。

というのも、簡単に見えるこのロースト、お肉をじっくり焼いて、野菜とポテトも加えて、最近は見た目も大事なので(笑)緑色の野菜を茹でて、ヨークシャープディングは別のオーブンで焼いて、グレイビーを作って、お皿を温めて、それを全部アツアツのうちに出して・・・と料理するにはなかなかの作業量なんです。
少しの量を作るにも手間は同じだし、かといってたくさん作ってしまうと残り物を処分するのに2人では1週間かかっちゃうかもしれないし!

という訳で、わが家の場合は、思い立った時に近所のパブにローストを食べに行っちゃうのがほぼお決まりです。
あちこちのパブやレストランで、日曜日にはサンデーローストがちゃーんとメニューに入っているのです。

今週はかなり久しぶりにローストの気分だったので、近所の美味しいパブに行ってきました。

e0114020_00505435.jpg

ウィンブルドン・ヴィレッジにあるDog & Fox
上には宿泊施設もある伝統的なパブなんです。
古い建物もすてきでしょ。

e0114020_00514827.jpg

伝統的な建物の中に入ると、店内は意外にモダン・カントリーなかわいい雰囲気。
お店の人はいつ行っても感じが良くて、とても気持ちがいい♪

e0114020_00512611.jpg

場所柄か、テニス関連の装飾品が多いのもおもしろい。

ウィンブルドン・ヴィレッジは、ウィンブルドンの町自体とは少し離れたところにあって、全体的におしゃれなお店が集まっているところです。
近くに高級住宅街もあるからか、ここにいる人達って、なんとなく上品な人が多い気が。
市内からそう遠くないこの町で、わざわざ名前にヴィレッジと付けるあたりが既にちょっとポッシュな(気取った)香りがします。
イギリス人は、村に住むことに憧れている人が多いと思うので。

とっても個人的にはポッシュというより、ちょっとスノッブ(お高くとまってる)な人も歩いている気がしていますが(笑)、一般に日本人が行くには、かわいいお店や美味しいお店が多くて、古い建物がきれいで、お行儀のいい人達が歩いているので、楽しめる町ですよ。
近くに乗馬場があって、普通に馬が道路を歩いていたりしてて癒されます♪

そんなちょっとおしゃれな町で私たちが見つけたのがこのDog & Foxというパブでした。
ある日飛込みで入って美味しさにびっくりして以来、ずっとお気に入りのパブです。

e0114020_00590031.jpg

最初の写真をちょっと横から撮ってみました。
ヨークシャープディングが本当に大きくて、まだお肉があまり見えてませんね。笑
手前の私はローストビーフ、あちら側のインディーさんはローストチキンでした。

ヨークシャープディングがこんなに大きいのはちょっと珍しいかもしれませんが、私は大好きなので嬉しかったです。
これ、基本のレシピの原材料は小麦粉と卵と牛乳だけで、ベーキングパウダーなどは使っていないのに、こんなに膨らむんです。

ローストを注文する時は、まずメニューからお肉の種類を選びます(お店によってはお肉の焼き加減も選べるところがありますよ♪)。
お肉の種類によって、ビーフならホースラディッシュ(西洋わさび)のソース、ポークならアップルソース、ラムならミントソース、チキンならブレッドソース(私は試したことがないのですが、パンの入った白いソースだそう)を添えてもらうのがイギリス風。
お肉の種類によって付け合わせのソースも決まっているなんて、お肉文化の奥深さを感じませんか?笑

ローストはほとんどの場合、お肉と一緒にローストした野菜とポテト、ヨークシャープディングが付いてきますが、それをtrimmings(付け合わせ)とひとことに省略しているお店もあるのでご注意を。
分量的にはお肉よりtrimmingsの方が量が多いくらいですよ!笑

はあ、今回のローストも美味しかった!
また来週からもがんばれます。

みなさんも良い1週間になりますように♪


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-20 02:30 | イギリスの味 | Trackback | Comments(4)

ロンドナーのひとり

昨日は久しぶりにロンドン市内に出かけてきました。
普段家にいることが多いので、たまに出かけるのはウキウキ気分。
でも実はちょっとだけ考え事モードでした。

地下鉄の乗換えで駅の中を歩いていると、心地よいサックスの音色が♪
駅の構内で演奏しているバスカー(大道芸人)さんでした。

お出かけは楽しいけれど、ちょっと気になることがあるというその時の気分にぴったりで、ココロにすうっと入ってきました。
あんまり気持ちが良かったので、お礼の小銭を渡すことに。
いつもはほぼ素通りしちゃうんですが。

e0114020_01034349.jpg

(あ、サックスが写らなかった!
ロンドンの地下鉄のバスカーになるにはオーディディションがあって、
しかもこの決まった枠の中でしか演奏できないことになっています)

ちゃりんとケースの中に落ちたコイン。
目が合ったおじさんは、サックスをくわえたまま私に目で挨拶してくれました。

その瞬間、私はロンドンに住んでいるんだなあと思ったのです。
そんなこと初めからわかっているんだけど、なんていうか、私はここにいて、おじさんは私に挨拶してくれたんだなあと思ったんです。
なんか変なんだけれど。笑

普段あまりに家を出ないのがいけないのかもしれません。笑
でも外でちょっとしたふれあいがあると嬉しいものですよね。
それが外国人だったりしたらなおさら。
観光客の人だって、こういう時は嬉しいんじゃないかな。

と、たまにはおセンチなのもいいだろう、ということで!笑
良い週末をお過ごしくださいね♪
私もロンドンで楽しく過ごします。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-18 21:16 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
イタリアから戻りました。
滞在中、日を追うごとに暑さが増していって、最後はふうふう言っていたのですが、ロンドンに到着するなり涼しくて、いや寒くて、カーディガンを羽織りました!笑

もう少しだけ写真を見てもらいたいなと思っているのですが、その前に今日は全然違う話題を。

先日、ロンドンでスモークたらこを買いました!
e0114020_05231509.jpg

ご飯が茶色いのは玄米だからなのです。
そしてこのたらこ、大きくて立派ですよね!

イギリスでは一般にたらこは食べないようですが、スコットランドにはスモークしたたらこがあって、前にもマーケットで買ったことがあったのです。
その時には地方の珍味みたいな扱いだったのですが、今回は普通にスーパーの店先に並んでいてびっくり!
思わず手にとってしまいました。

以前に買った時には、インディーに「冷蔵庫の中が魚くさいよ。早く食べちゃってよ!」と言われたので、それから買うのをちょっとガマンしていたのです(←健気・笑)。
だからロンドンでたらこを食べるのは久しぶり。
実はたらこラブなのです。
e0114020_05235547.jpg
それにしても本当に太くてご立派な体格!笑

そしてお味の方は、やっぱりスモークした味がするので生たらことは違うのだけど、アツアツのご飯に混ぜてしまうとあまりわからなくなって、かなり日本のたらこの味に近かったです。
食感は生のままですよ、うほほ♪

この日は、今年もいただいたシソちゃんの葉とゴマをぱらぱら乗せて美味しくいただきました。
次は海苔で巻いてみよう。絶対に美味しいはず。
たらこ大好き!幸せ♪

ちなみにこちらでは、トーストしたパンにバターと一緒に乗せたり、タラモサラダにしたりして食べるようです。
e0114020_05232529.jpg


今回買ったのは、こういうラベルでした。
これもスコットランド産。
在英のたらこ好きの方、スーパーで見かけたら、ぜひお試しください♪

(追記)
どこのスーパーで買ったか?というお問い合わせをいただいたので、情報を追記します。
私が買ったのは全国展開の大手スーパー、Waitroseというお店です。
スモークサーモンやほぐした蟹なんかを売っているコーナーです。
気になった方、探してみてくださいね!


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-16 19:53 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)

湖畔の古い教会に登る♪

イタリア、コモ湖はアルプスのふもとの部分にあり、湖はゴツゴツした山に囲まれています。

e0114020_01382973.jpg
山の中腹に小さな白い点に見えているもの、わかりますか?
実はこれ古い教会で、友達も一度も行ったことがないというので、朝早くに登ってみました。

e0114020_01374719.jpg

ネットで調べたら45分と書いてあったのに、1時間半もかかった!笑
でも達成感たっぷりの朝になったのでした。

もう今日はロンドンに戻ります。
楽しかったなあ。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-07-13 15:59 | ヨーロッパでお出かけ | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile