<   2015年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

横浜桜日和

快晴で気温も上がり、5月の陽気だったという今日は、絶好のお花見日和でしたね♪

今日の私は、横浜育ちの友達に案内してもらって横浜観光でした。
e0114020_21091675.jpg

桜も、カトリック教会と一緒に写ると、ちょっと雰囲気が変わって見えませんか?笑
桜というと、和の雰囲気を思い浮かべますが、これもなかなか良い感じ。
春ですね♡

e0114020_21194925.jpg

横浜は観光地があちこちにありますが、こういう住宅街の緑の中を歩けるのは、横浜が地元のお友達がいるからこそ。
しかも彼女は、私がイギリスに引越してからできた友達です。
ありがたい〜♪

淡いピンクの柔らかい花びらが青い空によく映え、私たちのおしゃべりも弾みに弾んだ本当によい1日でした。
e0114020_21093142.jpg

*******************************************
ブログランキングに参加しています。
桜、ほぼ満開だねと思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-30 21:23 | 日本2015 | Trackback | Comments(2)

春のおいなりさん

一人東京生活、満喫中です。

ある日はデパ地下で買い物をしてお昼。
e0114020_01103093.jpg

こんなかわいいおいなりさん、あるんですねぇ♡


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
おいなりさんにも桜と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-29 01:13 | 日本2015 | Trackback | Comments(2)

夜桜と楽しい宴

暖かかった今夜は、楽しい宴でした。
会場に向かう途中、ふと見上げると夜桜♪

e0114020_02340990.jpg


月まで写って花札みたい!笑

まだそれほど咲いているわけではないのですが、ライトアップの光の具合なのか、まるで満開のように見えます。

e0114020_02342376.jpg

このまとまってふわふわに見える桜の花の様子が大好きです。

すてきな方々と楽しい話をした帰り道、これまたふと見るとコンビニの裏にも桜。
e0114020_02465549.jpg

ごちゃごちゃした路地裏っていうのが、またご愛嬌。笑
これはこれで、懐かしい東京の風景です。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
もう桜、ずいぶん咲いてるね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-28 02:41 | 日本2015 | Trackback | Comments(0)

ほっとする日本の味

昨日は家族でお出かけ。
そして夜は妹夫婦と一緒にほっと家ご飯でした。
e0114020_08270025.jpg

お昼にたくさん食べたので、夜は簡単にね、と妹は言ったのですが、豚汁は私にとっては大ごちそう。
ごぼうと三つ葉の香りがたまりません♪

日本人で良かった!
ごちそうさまでした。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
そうか、ごぼうとか三つ葉、イギリスにないんだねーと思ってくださった方(ないこともありませんが、お値段が高級食材級なんです!)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-26 08:30 | 日本2015 | Trackback | Comments(0)

開花宣言の東京に到着

東京に到着しました。

到着の日は東京でも桜の開花宣言。
早くてびっくりしましたが、今朝はなんだか冷え込んでいます。
春ですね。

実家の妹犬うーちゃん、昨夜は張り切って大歓迎してくれたので、今朝はお疲れモード。
e0114020_09364706.jpg
朝からよく寝ています。
羊の手ぬぐいシーツは、(人間の)妹からの手づくりのお年玉。
柄が合うように縫い合わさっています037.gif

年度末ということで本帰国する駐在家族も多いらしく、ロンドン発東京行きの飛行機はなかなかの混雑でした。
到着後に荷物を待っていた時にも、やたらにダンボールが多かったりして。
やっぱり春ですね。

さてインディーさんが到着するまでの1週間、あれこれと駆け抜けますよっ!


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
おおー、もう東京も開花宣言なんだねー♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-24 10:07 | ご挨拶・お知らせ | Trackback | Comments(0)
土曜の夜は、スイス人のご近所さんにおよばれでした。
チーズフォンデュをするから来てね、と言ってくれたので、少し前からワクワク。

最後にフォンデュを食べたのはいつだろう?
もう十年以上は前のはずです。
しかもお家でチーズフォンデュってすごいなあ、さすがスイス人。
「マイお鍋」があるのかなあ、と、期待が高まっていました。

e0114020_09503705.jpg
じゃーん!これがホーム・チーズフォンデュ。笑
スイスの家庭では、やはり主に冬によく食べるそうです。
勝手な妄想ですが、家でチーズフォンデュをしているスイス人というのは、東京出身の私の中では「家でたこ焼きを焼いている関西人」というイメージ。
妄想ではあるのだけど、どんなチーズをどういう配分で合わせるか、など、それぞれの家庭にこだわりがあるようで、勝手な妄想はますます広がっています!笑

この日使ったのは、彼女がスイスに帰省した時にわざわざお店で調合してもらったというチーズで、これに白ワインとキルシュを少し混ぜたそう。
金属の長いフォークのようなものにパンを刺して、時計回りにパンを回してチーズをからませます。
時計回りが幸運なんですって。
そしてパンをチーズの中に落としちゃうのは不吉なんだそうで、たまに誰かが落とす度に彼女は「あー!罰ゲームだよ!」と大騒ぎでした。笑
もちろん罰なんかなかったのですが、そういう騒ぎもお楽しみのうちのようです。

以前に日本の2時間ドラマかなにかで、「チーズフォンデュを食べながら夫に冷たいビールを飲ませ、食後にお腹の中のチーズが固まって夫は自然に死ぬ」という殺人計画の話があって、それ以来、私の中ではチーズフォンデュはちょっとした怖い食べ物(まさに「テレビの見過ぎ」!笑)。

でも本場スイスの人達も、「食事中に飲むならワインかなにかにしてね。もしアルコールの入ってないものを飲みたかったら温かいお茶煎れるからね」と真顔で言っていました。
チーズフォンデュを食べたぐらいでそう簡単に死んだりしないでしょうけれど、一緒に冷たいもの飲むと消化不良になることはよくあるそうです。

ちなみにフォンデュにはやっぱり白ワインがとても良く合うそうで、次はキルシュ。
パンをチーズに付ける前に、ちょっとキルシュを浸してから、という大人な食べ方も教わりました。
でもこれはアルコール摂取量がますます増えます!笑

e0114020_10015570.jpg
食後もスイスチョコで。
私が食べたのは大好きなプラリネ味で美味しかった♪
パッケージもかわいいですよね。

フランス系スイス人の彼女は、手づくりガレット・デ・ロワの会をしてくれたりして、いつもワイワイ楽しい集まりに呼んでくれるので、今回もワイワイかと思いきや、ちゃんと着席のディナーの大人の会でした。
他の人達は、彼女の親しいお友達。
ご近所さんの彼女が、インディーと私のことを単なるご近所さんというだけでなく、普通の友達と思ってくれているんだなあとちょっと感動した夜でした。
もちろん私たちも同じように感じているので。

今夜お会いした他のお友達も、あちこち旅行していて見識が深く、国境を越えて大活躍中の人達で、面白い話がたくさん聞けました。
白ワインとキルシュと楽しいお話でゴキゲンなワタクシ。
明日の日本行きの飛行機に間に合うように、今から荷造りがんばります!


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
家でもチーズフォンデュするんだね、さすがスイス人と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-22 10:13 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)

春の気配

このところ、お天気も良くて、厚いコートを着ていると汗ばむこともあるくらいのロンドン。
冬の終わりに咲き始めた黄色い水仙に混じって、ピンクのお花も見られるようになりました。

e0114020_19125430.jpg
今年初めて見た桜。
バスの窓越しに撮ったので、ガラス窓が曇っていて失礼!

イギリスにも桜はあるのです。
日本にいた時には、桜といえばソメイヨシノか八重桜、河津桜ぐらいしか知りませんでしたが、実はかなりいろいろな種類があるようですね。
こちらでは、日本のように一斉に咲いてさーっと散る、ということはなく、ぽつぽつとマイペースで咲いて、マイペースで散って行く感じ(笑)。

それでも桜を見るととってもウキウキしてしまうのは、やっぱり日本人の血でしょうか。
このほんのりしたピンク色を見ると、いよいよ春だなあととても嬉しくなります。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
桜にもいろんな種類があるんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-19 19:21 | お花のこと | Trackback | Comments(0)
以前にティールームのことを書いた時、私が食べたのは「どんな味のクッキーですか?」といコメントをいただきました。
何味だっけ?と写真を見てみたら、それは「クランペット」というものでした。
表面がぶつぶつしていて、確かに大きなクッキーにも見えるんです。

日本ではあまり馴染みがない食べ物じゃないかと思うので、今日はそれをご紹介しますね。

e0114020_17384907.jpg

これがクランペット。
パンの一種ですが、味や食感は、パンとパンケーキの中間、という感じ。
見た目はイングリッシュマフィンに少し似ているものの、こちらはほんのりした甘みがあるんです。

ウィキペディアでちゃちゃっと見てみたら、「塩味の、または甘い軽食パン」と書かれていました。
アングロサクソンが発明した食べ物のようですね!
例の特徴的なプツプツした穴はベーキングパウダーの効果のようです。

見た目も同じような感じで袋に入って売っているのですが、売られているのは半生の状態なので、トーストしてから食べましょう♪
インディーによれば、パンをトーストする時よりもすこし長めに、オーブングリルを使うなら、プツプツ穴の開いている方を2分、裏返して2分、そしてまた表にして1分ぐらい、と、彼にしては慎重なアドバイスをくれました。
クランペット愛を感じます(笑)。

古い時代の映画を見ていると、暖炉のそばに座ったお父さんと子供が、長い鉄の串やフォークなどにクランペットを刺して、直火であぶって食べているシーンが出てきます(なぜかたいていお父さんなのです。お母さんは他の家事で忙しいのかもしれません)。
子供が沈んでいると、お父さんは「ほら、クランペット食べなよ」とか言って子供を慰め、あるいは1日の終わりに親子でしみじみと話をしながら2人でクランペットを食べる。
たいていはほのぼのしたシーンなんです。

古い時代だけでなく、インディーが子供の頃も、お昼にごちそうを食べた日曜日などは、晩ご飯はクランペットで軽く済ませるということもあったようです。
クランペットはトーストよりもお腹にずっしりくるので、無理矢理あてはめると、おにぎりを食べたような感じになるのでしょうか?笑

クランペットにはなんとなく懐かしい香りがする気がして、味もさることながら、その家庭的な温かさに魅かれるのかもしれません。

そして、時間をかけて焼き上げてみると、外はカリカリ、中はもっちりという幸せな食感になるんですよ♪

e0114020_16292993.jpg

クランペットの断面図。
プチプチの穴は下まで通っていて、ここにバターがたっぷり浸みわたるので、さらに美味しい♪
これくらいじゃバターが足りない!とイギリス人からはツッコミが入りそうですが、私の胃袋は日本人なので、このくらいで十分(笑)。

ちなみにクランペットを出しているお店は少なくて、たいていはイギリス風のティールーム。
朝ご飯に食べる人は少なそうなのでホテルの朝ご飯のビュッフェにも出て来ないし、アフタヌーンティーのメニューに入れるとお腹がいっぱいになっちゃいそうだし、やはり家庭的なお茶や軽食に向いているようです。

ちなみにクランペットの裏側はぺったんこ。
これがまたカリカリの食感を引き立ててくれるんです。

e0114020_16594266.jpg

私はバターだけを付けて、ほんのり甘いクランペットそのものの味を味わうのが好きですが、ママレードやジャムを付けるのも美味しい♪

暖かくなってきたとはいえ時々肌寒い今頃の季節、アツアツのクランペットで心も体もあたたまってみるのもいいですね。うふふ。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
クランペットって初めて聞いたよ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-17 17:01 | イギリスの味 | Trackback | Comments(2)
今週、誕生日を迎えました。
イギリスでは18歳と21歳は大きな節目ですが、その後は30、40、50・・・と、ちょうどキリの良い年齢になると「ビッグバースデー」として盛大にお祝いする人が多いのです。
今年は私もキリの良い年だったので、そのイギリスの習慣をちょっと経験したみたいと思い、お友達を呼んで集まることにしました。
これまでの私のロンドン生活を楽しくしてくれた感謝の意味もこめることにして。

子供の頃にはお誕生日会というのをやってもらったかもしれないけれど、家族以外で誕生日パーティーをした記憶はないのです。
というわけで、今回は私にとって生まれて初めての誕生日パーチー。
最近ほんとに外に出ていなかったので、友達にいっぺんに会えて本当に嬉しい夜でした。

e0114020_17593927.jpg

集まってもらったのはロンドン市内のおしゃれパブ、St. Barts Brewery
テーブルについてしまうと話しにくくなるので、みんなとおしゃべりできるよう、パブにしました。
イギリスらしいしね(笑)。

このパブ、知り合いのオーナー氏がケント州で作っている英国産のワインやスパークリングワイン、アップルジュースなどを出していて、しかもどれも賞をとっているような美味しいものばかり。
簡単な集まりでも、ここなら食通やワイン好きのお友達にも楽しんでもらえるかなーと思ったのです。

上の写真は個室になっているバーの入り口。
カントリー風なパブも大好きですが、ここは1年ぐらい前にオープンしたばかりのおしゃれパブ。
場所柄、シティーで働くお客さんも多いせいか、スタイリッシュな雰囲気です。

e0114020_18202088.jpg

個室の中にはバーもあって、イタリア人のお兄さんがつきっきりでサービスしてくれました。
他のスタッフはとっても気さくでフレンドリーだったのですが、このお兄さんは私のことを「マダム、マダム」と呼んでくれて、ちょっと大人になった良い気分でした。笑

e0114020_22070392.jpg

すぐの隣りには、お肉の卸売市場であるスミスフィールドマーケットがあり、窓から美しいビクトリア時代のマーケットの建物を見て過ごすことができます。
古い建物好きな私には、これも嬉しいプレゼントでした♪

e0114020_18170404.jpg

さあ、そろそろみんな来てくれる時間です。ワクワク♪
個室は階段を上がった2階にあるのです。

この日集まってくれたのは会いたい人ばかり。
ここ何ヶ月か本当に家にこもってたので(笑)、久しぶりに友達に会えて本当に嬉しかったです。

正確に言うと、会いたい人はもっともっとたくさんいたのだけど、小さいお子さんがいたり、遠かったり、会場の大きさが限られていたり、いろいろな事情で会いたい人全員をお呼びすることはできなかったのです。
でも、また今度やるからね・・・え?笑

e0114020_18213068.jpg

考えてみると、自分の好きな人ばかりがひとつの場所に集まっているって、すごく幸せなこと!
本当に何よりの誕生日プレゼントでした。

しかも、その人達がお互いにおしゃべりをしているのを見るのは本当に嬉しかったです。
この日は日本人の友達ばかりでなく、インディーの仕事や私の習い事を通じて知り合った友達も多かったので、「あー、あなたのこと、話に聞いたことがあるよ!」「日本人かと思ったら韓国人なの!?」なんていう会話が繰り広げられていたよう。むふふ。
あの人とこの人は合うだろうなーとなんとなく思っていた人達が、後で「あの人と話が弾んだわー」なんて教えてくれたりもして、嬉しかった♬

e0114020_20230063.jpg


このパブではテーブルで食事することももちろんできますが、私はみんなとおしゃべりしたかったので、立ったまま手で簡単につまめるフィンガーフードにしてもらいました。
イギリス風なパイやチップス(ポテトフライ)も、おしゃれスタイルで登場していましたよ。
みんな、お腹いっぱい食べてくれたかなあ。

e0114020_20381275.jpg

いつの間にやらインディーがオーダーしてくれていたケーキは巨大で、お店の人も笑っていました(笑)。
とても食べきれなかったので半分以上持ち帰り、近くに住む友達やご近所さんにも食べるのを手伝ってもらったほどです。
(この写真はお友達が撮ってくれたものを使わせてもらいました。ありがとう♪)

イギリスでは自分の誕生日にケーキを振る舞うことも多いそうで、ちょうどそんな習慣も経験できて嬉しかったです。
ご近所さんのドアをノックして、「ハロー!昨日は私の誕生日だったんだけど」と言うのはちょっと恥ずかしかったけど(笑)、みんな笑顔でハッピーバースデー♪と言ってくれたり、頬にキスしてくれたり、後でカードを郵便受けに入れてくれたりして、とても幸せな気分になりました。
ありがとう♪

パーティーの夜も、家に帰ってからいただいたカードを読んだり、すてきなプレゼントをひとつひとつ開けさせてもらったりして大感激でした。
私からのお礼のつもりで集まってもらったのに、プレゼントをいただいちゃって申し訳なく思いつつ、私の大好きなもの、大好きなお店の商品券、好きなお芝居に行かれる商品券、美味しいもの、手づくり味噌(!)、とびきりのシャンパン、良い香りのするもの、きれいなもの、センスのよいもの、そして温かいメッセージに囲まれて、素直に嬉しく、有り難いと思いました。
本当にどうもありがとう。

照れくさいけど、こういうのたまにはいいねぇと言ったら、また来年やれば?とインディー。
「でも来年はビッグバースデーじゃないよ」
「来年はきみがロンドンに来て10周年だよ」

あ、そうだ!それは良い口実かも。笑
来年またやるかどうかはわかりませんが、こんなに楽しいなら、また何かやりたいなーと確実に思っています。
プレゼントはいらないの、集まってくれたらそれだけで嬉しい。

この日は久しぶりにたくさんの友達に会って、もっともっと会いたくなりました。
だから普段アタフタしないように、時間の使い方を上手になって、もっと友達と会おうと決意した今年の誕生日でした。
みんながいるから楽しく過ごせるんだよね。

みなさん、いつも本当にどうもありがとう。
これからもどうぞよろしくね♪
I love you all!
e0114020_17595000.jpg


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
素直に嬉しい、有り難いと思えてよかったね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-14 20:48 | フレンズ | Trackback | Comments(8)
最近ずっとバタバタしていたので、今日は久しぶりにそれなりのお料理。
初めて作ったロールキャベツです。

e0114020_04525996.jpg

なんか最近、日本の洋食のようなものが食べたかったのです。

ロールキャベツって西洋料理のように思えますが、少なくともイギリスではあまり見ません。
ググってみたら、中央アジア、中東、東ヨーロッパ、そしてドイツには似たものがあり、ドイツにも似たようなものがあるそうな。
もともとは肉や米をブドウの葉で包んだ「ドルマ」というトルコ料理が起源なんだそう。
おやおや、国際的な料理なんですね!

そして日本ではというと、なんと明治28年刊行の本に既に「ロールキャベーヂ」として紹介されているとか。
ドイツのものは糸でしばるようですが、日本ではかんぴょうで縛って、そのまま食べられるように工夫してある、とウィキペディアに書いてあります。
そういえば、かんぴょうで縛ってあるロールキャベツ、食べたことあるなあ。
あれは学校の給食だったかしら。

ロールキャベツは大好きですが、家でお料理担当だった祖母にはハイカラ過ぎたのか、家で食べた記憶はありません。
だからなのか、なんだか難しいものだと思い込んでいましたが、意外とシンプル。
ちょっと心配だったキャベツの「巻き」もなんとかなりました。ほっ。

ただ思っていたより時間がかかって、できてすぐに食べることになったので、次は前の日から煮込んでみたいなあ。
なんだか懐かしい気持ちになった夜でした。


*******************************************
ブログランキングに参加しています。
ロールキャベツ、たまに食べたくなるよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-03-13 05:09 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile