<   2014年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今年のツール・ド・フランス、この週末に終わってしまったので、今さら、な感じなのですが、わが家のツール・ド・フランスの後日談をちょっと紹介させてください。
e0114020_993041.jpg
あら、ブラックでかっこいい!

これ、インディーが買って来たツール・ド・フランスグッズのひとつなんです。

前に、今年はツール・ド・フランスがイングランド北部のヨークシャーでスタートしたという話をご紹介しましたが、その週末が開けた月曜日、レースはロンドンにもやってきました。
あちこち交通規制があった市内は車も少なくて静かな中、観戦する人達は歩いてあちこち移動しながら盛り上がっていたそうです。

通りがかりにバッキンガム宮殿の近くのグリーンパークで関連グッズのお店を見つけたインディーさん。
行列ができるほど大人気で、エコバッグやTシャツが飛ぶように売れていたのを見て、記念にと私にもおみやげを買ってきてくれました。
えっと、確かに私は前の日にテレビの前で盛り上がっていたけれど、それは自転車レースに、というよりは、ヨークシャーの景色に対してだったんですけどね(笑)。

まずはこれがエコバッグ。
e0114020_910590.jpg
裏と表でデザインが違って、なんともお得感(笑)。
白い方には、今年の全行程の地図が載っています。

かなり大きくて、平均的日本人サイズの私が持つとカバンが歩いているみたいですが、防水にもなっているので、大きなものを持ち運んだり移動させたりするのに便利そうです。

そして笑ったのがこれ!
e0114020_91011.jpg
この白地にオレンジの水玉模様は、ツール・ド・フランスで山岳賞を獲得した選手に送られるジャージの柄だそうで、観戦している人達の中にはこれを着ている人も確かに多かったんです。
目立ちますもんね。

ちなみに受賞式でハデハデな水玉模様のジャージを着た選手の様子はこちら。
e0114020_1635371.jpg
(写真はツール・ド・フランスの公式サイトから拝借しました)

他の人達はみんな無地なのに、山岳賞だけ水玉(笑)。
でもかわいいですね!

が!この柄を着て街を歩いていたら驚きませんか?
インディーが着ろ着ろと言うので家でこっそり着てみましたが、毒キノコか草間彌生さんになった気分(汗)。
こういう笑っちゃうグッズを買ってくるのもサプライズ好きな彼らしいことなので、まあまあ、お掃除する時にでも着ることにしますわ♪

ちなみに同じTシャツを実家の父にも買ってくれましたよ、このムコどのは。
これを着こなしている父を見てみたい(笑)。

着るにはちょっとためらいがありますが、見ている分にはこのTシャツ、かわいいんですよ。
袖のところのロゴなんて、一部を見るとリボンみたい♪
e0114020_9113237.jpg
サプライズ好き、プレゼント好きなインディーさんに、また笑わせてもらった私と実家の家族でした。
次は私が欲しいものを買ってくれるといいなあ(笑)♪

ちなみにレースは、3664キロの道のりを164人が走りきり、イタリアのニーバリ選手が優勝したそう。
そして来年のスタートはオランダのユトレヒトだそうですよ。
わざわざ観に行くことはなさそうなわが家ですが、観光気分を味わうためにも、また来年もテレビ観戦してみようかなーと今から楽しみになっています。


****************
ブログランキングに参加しています。
グッズ商法、イギリスも盛んだね〜!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-31 16:44 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
週末はロンドンで年に2回開かれているハイパージャパンというイベントに行ってきました。
これは在英大使館等も後援する「『ホンモノの日本』を発信するイギリス最大の日本文化の総合イベント」だそうで、前から話は聞いていたものの実際に行ったのは今回が初めて。

日本にも良く出張で行っているビジネスマンの友達が「ハイパージャパンって聞いたことある?興味あるんだけど、ロンスマは行かないの?」ともじもじ聞いてきたので(笑)、一緒に行くことにしたのです。
e0114020_517116.jpg
会場は、もともと19世紀に建てられて、もうすぐ取り壊しになるというアールズコート・エクシビション・センター。
目の前の地下鉄の駅で友達を待っていると、びっくりする格好の人達が続々と中に入っていきましたよ!
e0114020_18534578.jpg
ここは秋葉原(笑)!?
なんだかおもしろくなりそうです。

入ってみると、日本を紹介する団体や企業、個人のブースが広ーい会場にたくさん入っていました。
e0114020_6261953.jpg
(あ、この写真では会場の広さは伝わりませんね・汗)

ロンドンではジャパン祭りという日本文化紹介のイベントもあって、こちらは主に日本の食品や野菜を売っていたり、金魚すくいの屋台があったりと、在英日本人向けのお祭りというイメージ。
(この2、3年行っていないので、最近はどうなのか不確かですが)
それに対してこのハイパージャパンは、お客さんも日本人以外の人が多かったし、日本や日本の文化が好きな外国人のためのお祭りという印象を受けました。

もちろん着物、盆栽、合気道、書道、日本刀、酒といった伝統文化も紹介されていたし、地方自治体が観光名所や名産品をアピールしているブースもありましたが、メインが若者向けポップカルチャーなのです。
e0114020_19174251.jpg
真ん中の写真は仏像ではなくて、大阪のビリケンさん。
そして左下の男性、卓球のユニフォームみたいなさわやかな服装で両手にトーチを持ち、紅白の幕の前、なぜか一人で踊りまくっておりました。
コスプレくん、コスプレちゃんたちは、あちこち地べたに座り込んでいるし、一体これは何なのだ(笑)?

私はここのお客さんとしてはちょっと年をとり過ぎていたのかもしれません。
お客さんの年齢層は圧倒的に低くて、コスプレしている人はティーンエイジャーかせいぜい20代。
中には、お父さんに連れられて歩いている若い女の子もいました。
女の子はコスプレなのに、すぐ横を歩くお父さんは普通の出で立ちでおもしろかった!

浴衣にピンクのウィッグをつけたイギリス人の若い女性が押しているベビーカーの中には、やはりお揃いの格好をした(おそらく)ハーフの女の子。父さんが日本人なのかな。
真っ正面から写真を撮るのははばかられたのでやめましたが、ママとお揃いのコスプレ(?)、すごくかわいらしかったです。

他にも、きゃりぱみゅぱみゅみたいなファッションの女の子たちがステージで歌っていたり、
アニメの声優みたいな甲高い声でしゃべっていたり、
たくさん並べてあるゲーム機で一斉にゲームをしていたり、
マンガを売っていたり(日本のマンガ、翻訳されて、なかなか人気なんですよ!)、
ロボットのレクチャーがあったり。
若者に人気の日本のポップカルチャー、私は初めて見るものも多く、興味をひかれながらも、だんだんたじたじ(笑)に。

そんな中で私をほっとさせてくれたのは民謡を歌っているステージでした。
懐かしい響きに導かれて近づくと、歌っているのはなんと外国人(たぶんイギリス人)。
e0114020_19192767.jpg
もちろん日本語で歌っているのですが、歌だけじゃなくて、「イヤサカサッサー」「ホイサッサー」とか、「チョイナ」みたいな合いの手も上手に入れていて感動しました。

前回、相撲の力士をおもしろおかしく取り上げているイベントがあったと書きましたが、こんな風に日本文化に真面目に取り組んでいてくれる人達もたくさんいるんですねー。
見事な盆栽を作っている人達や、日本語が達者な人達もいたし、日本人の私も外国にいるからと怠けないようにしないと!と急に背筋が伸びました。

お昼に向かって会場はだんだん混み始め、食べ物のブースには列もできていました。
ジャパン祭りでは長ーい行列ができて食べ物を買うのはひと苦労でしたが、今回は日本人が少ないせいか行列はそれほど長くありませんでした。
やっぱり日本人は食にこだわりますよね。

その後も、見たことのない「日本文化」に驚きつつ、それにしてもその格好はなんなのさ?とコスプレの若者につっこみながら、会場を歩き回りました。
人の写真を撮るのが苦手なので、コスプレの人達も後ろからこっそり撮ったりしていたのですが、後で聞いたら、彼らは目立ちたいので、写真撮らせてというと喜んで応じてくれるそう。
やってみれば良かったなあ!
e0114020_19175623.jpg
秋葉原か原宿のような世界ですね(笑)。

外国人の目には日本はこういう風に写るんだーと、とても新鮮。
私の知らなかった日本をロンドンで垣間みた不思議な1日でした。


****************
ブログランキングに参加しています。
こんなイベントがロンドンであるんだね〜!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-30 06:32 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)
ネットでBBCのニュースを見ていて、こんな記事を見つけました。
「お相撲さん、バタシーパークを走る」('Sumo wrestlers' in 5km Battersea Park charity run)

バタシーパークは、ロンドン南西のすてきな住宅街にある公園です。
えーっ!知らないうちに大相撲がロンドンにやってきてたの!?

と思いきや、実はこれ、日曜日に行われた慈善団体の寄付金を集めるチャリティー5キロマラソンでした。
どうしてお相撲さんと書かれていたかというと、こんなことになっていたんです!
e0114020_5214969.jpg
(今回もBBCのサイトの写真を拝借しています)

どうして全員がスモウ・レスラー(英語では力士のことをSumo wrestlerって言うんです!)の着ぐるみ着てるの〜(笑)?
人目をひいて、おもしろがってもらって、寄付してもらうため、ですよね、きっと。
ならば何か日本に関連した目的かと思いきや、サハラ砂漠近辺の子供達の教育のための慈善団体だそう。
おーい、なんでスモウやねん!

このレース、その名も「スモウ・ラン」(笑)。
毎年行われているらしく、以前には「スモウ・レスラーの衣装を着た人が走る最大のレース」として、ギネスブックにも登録されたそう。
ギネスブックさん、その部門名はどこから・・・(笑)。

実はワタクシ、日本文化が大好きなので、以前はこういう風に日本の伝統文化がおもしろおかしく紹介されることに眉をひそめる神経質なタイプでございました(汗)。
でも英国に引越して、こういう現象を見続け、また自分もオトナになってきたら、なんだか楽しそうだからまあいいか!と笑えるようになりました。

どこかユーモラスなところがあるとはいえ、日本人にとっては当たり前な力士の姿も、外国の人から見ると、やけに太っているのに妙に強い人、という不思議な印象を与えるよう。
ハダカにチョンマゲという珍しい出で立ちもあって、かなり「おもしろい」存在のようです。

いっそのこと、大相撲ごと全部ロンドンにやってきて正しい相撲を見せたらどうだろう、と思って調べてみたら、1991年に日英協会創立100周年記念ということで大相撲ロンドン場所が開かれていました。
その後、2009年にも企画されたものの、世界的不況で中止になったとか。

今度は2020年の東京オリンピックに向けてのアピールの一環として、新たに大相撲ロンドン場所なんていいですよね。
日本相撲協会さん、いかがでしょう?
ロンドンで着ぐるみ着たランナー達がお待ちしておりますよ!

と、すっかり妄想に走りましたが、この楽しいスモウ・ランの元記事(英語のみですが、もっと写真が載っています)は、こちらをどうぞ。


****************
ブログランキングに参加しています。
力士のこと、英語でスモウ・レスラーって言うんだ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-29 04:01 | 楽しいイギリス観察 | Trackback | Comments(2)
みなさま、暑中お見舞い申し上げます!
e0114020_0572612.jpg

日本はとても暑いと聞きますし、イギリスもなかなかの暑さ続き。
とはいえ、この写真を撮った今日のように、曇って気温もほどよい日がちょこちょこあるので、日本よりずっとラク。
夏になるたびに、この乾いた涼しい空気を日本を送りたい気持ちでいっぱいになります。
そして、いつも心の中では送っていますよー!

暑さ中休みの今日は、クリケットをする人達も、ピクニックや読書しながらそれを見ている人達も、強い日射しを避ける必要もなく、それほど汗をかくでもなく、本当にのんびりしていました。

そして歩いていて見つけたのが、この広告。
なぬー、もうクリスマスー!?
e0114020_058639.jpg

この緑地を管理している団体が出した広告で、ここで撮った冬の写真や絵を募集しているのです。
優秀な作品は今年の地元のクリスマスカードになるそう。
これからカードを作るから、今から広告を出したんですね。

「都会のロンドンで地元色のある活動って嬉しいな♪
これを暑中お見舞いの写真に使ったら、暑がっている人達が、クリスマスの時期の冷たい風や、雪や、葉っぱについた霜を思い出せていいかもね」

と私が言ったら

「そうだね、クリスマスと言えば、温かい暖炉で燃える火や、熱々のご飯や毛糸のマフラーだね」

とインディー。

・・・イギリス風のユーモアって、たまに返事に困ります。

ちなみに私は「あら、あなた、なんて良い人なのかしら!」と返しました。
目には目を(笑)!
こんなことしてると、だんだんひねくれてくる気がします(汗)。

みなさま、暑さの中、どうぞご自愛くださいね〜♪


****************
ブログランキングに参加しています。
イギリス人のユーモア、好きだよ!と思ってくださった方(私もいつもは好きです〜、たまに絶句するだけ・汗)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-28 01:42 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
昼間は晴れて暑くなり、夜にはカミナリが鳴って激しい雨が降るという夏らしい日が続いていたロンドン。
ここ数日は晴れていて、今朝もお天気が良かったのですが、お昼前から曇ってきました。
天気予報でも、にわか雨が降ると言っていたんです。

午前中出かけていて、お昼過ぎに家に帰る時、地下鉄から降りたら道が濡れていました。
ちょうど雨が上がったようで、水たまりもできていたので、かなり降ったようです。
ラッキー♪

そして家までの道を歩いていると、道路から白い煙が上がっていました。
これ、なんだろう?
e0114020_4113447.jpg
この時、雨は全然降っていなかったので、水しぶきではないのです。
どうやらこれ、とても熱くなっていたアスファルトの道から蒸発していた水蒸気のよう。
こんなの初めて見ました!
道路から霧のように立ち上るミステリアスでロマンチックな白い水蒸気。
朝もやのようにゆっくり動いていて、時間の流れまで急にゆっくりになったようでした。

暑さに気をつけながら、みなさまどうぞ良い週末を♪


****************
ブログランキングに参加しています。
よっぽど道路が熱くなってたんだねぇ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-26 04:11 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
今週水曜日、コモンウェルスゲームのグラスゴー2014が始まり、会場となるスコットランドのグラスゴーで開会式が開かれました。

グラスゴーは地名だとしても、コモンウェルスゲームって、あまり聞き慣れない言葉ですよね。
コモンウェルスという言葉を辞書で引くといろいろな意味がありますが、ここでは英連邦王国のこと
(あるいは「イギリス自治領」とも言うそう。正確には英語ではCommonwealth realm)。
英国の王(または女王)を自分の国の王とする国のことで、カナダ、オーストラリア、インドなど、基本的にはイギリスの元植民地だった国の集まりです。

その国々の代表選手が集まって、オリンピックのようなスポーツの国際試合をするのがコモンウェルスゲームなんです。
4年に一回、参加国持ち回りで開催されることを考えると、まさにコモンウェルス版のプチオリンピック!
e0114020_6585353.jpg
(今回の写真はBBCニュースから拝借しています)

開会式は歌あり、音楽あり、ダンスありの大掛かりなもので、個人的には先日のワールドカップの開会式より見ごたえがあった気がしました。
何より楽しかったのは、今年の会場となったグラスゴーのあるスコットランド地方のキャラクターを全面に押し出した演出!

スコットランドといえば、上の写真にもあるようにスカート式の男性の民族衣装、キルトがすぐ思い浮かびますよね。
柄もスコットランドのタータンチェックです。
他にもネス湖のネッシーが登場したり、有名なヘザーの花を表した幕が使われたり、スコットランド名物やお菓子や飲み物を象ったものが使われたり、スコットランド出身のロッド・スチュワートや、日本でもおなじみのスーザン・ボイルが歌ったり(しかもスコットランドにまつわる歌!)、これでもかというスコットランド色が楽しく散りばめられていて、「スコットランドへようこそ!」のメッセージが強く伝わってきました。
e0114020_7155834.jpg
オリンピックよりはローカル色を出しやすいということもあるのだと思いますが、もともとスコットランドの人達は自国愛が強いことでも知られています。
また現在独立運動が高まっていて、今年9月には市民の意見を問う投票が行われる予定なので、この機会に強くアピールしたかったのかもしれません。
そしてもちろん純粋なサービス精神も!
いずれにしても、見ている方としては観光気分が味わえちゃう楽しいショーでした。

ちょっとびっくりしたのは、男性同士がキスする場面があったこと。
同性愛者を受け入れるよ、というメッセージではありますが、こんな公な場所でなくても、という批判もあり、物議をかもしています。

英国の元首を自国の元首とする国の集まりですから、もちろん英国の元首、エリザベス女王様の登場は欠かせません。
これまたスコットランドらしいバグパイプ隊に先導されて、ロールスロイスに乗ってご登場。
e0114020_7153173.jpg
女王様が開会を宣言された後に花火で盛り上がる様子は、まさに2年前のロンドンオリンピックのデジャヴーを見るようでした。

かわいかったのは、選手入場の時に各国の名前が書かれた洋服を着て選手を先導したスコティッシュテリア!
e0114020_7174043.jpg
もちろん人間も一緒です(笑)。
中には行進を拒否するワンちゃんもいて、スコットランドっぽいお洋服のお姉さんに抱っこされて登場していました。
和むなあ!
e0114020_7394823.jpg
こちらはスコットランドチームの入場。
男性はキルトを着ていますね!
この大会では、サッカーワールドカップと同じように、英国内がスコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドに分かれて参加しているほか、さらにジャージー島やマン島なども別チームとして参加しています。

このコモンウェルスゲーム、別名フレンドリーゲーム(親善試合)とも呼ばれており、オリンピックより参加国数が少なくなる分、ちょっとリラックスしていて、ほのぼのエピソードが多いことでも知られているそうです。
例えば初日だけでも既に、かっこよく紹介されて登場したスカッシュの選手がラケットを控え室に忘れていて取りに戻ったり、柔道では試合相手が現れなかったり、ということがあったそう。
国際試合の経験が少ない選手が多いからかもしれませんが、国際試合に出る選手なのに、妙に親しみを覚えちゃいますよね。
e0114020_7512434.jpg
写真はフィジーの選手団。
この人達に具体的にほのぼのエピソードがあったわけではありませんが、もう見ているだけでほのぼの♪

世界最速の男ウサイン・ボルトや、英国のスター陸上選手モー・ファラー、英国人としてツール・ド・フランス初優勝もした自転車のブラッドリー・ヒギンズなど、オリンピックでも活躍した有名な選手達もたくさん参加するこの大会、これから8月3日まで続きます。
私が思っていた以上に英国全体が盛り上がっているようで、BBCの朝のニュース情報番組Breakfastも初日はグラスゴーに場所を移して放映していました。
日本ではスポーツの秋と言いますが、こちらはスポーツは夏が真っ盛り。
これからの約2週間、毎日楽しみです。

盛り上がった開会式の様子は、以下のリンクで映像を見ることができます。
楽しい演出だったので、イギリス好き、スポーツ好きの方、ぜひご覧下さいね。

*英国にお住まいの方は27日までこちらのBBC iPlayerのリンクで。

番組全体が180分と長いので、見所だけでいいよという方は4分弱のダイジェスト版を。

*英国外にお住まいの方はYoutubeのリンクで映像が見られます。


****************
ブログランキングに参加しています。
コモンウェルスっていう集まりがあるんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-25 15:23 | イギリスのこと・人 | Trackback | Comments(0)
写真の整理をしていたら、こんなものが出てきました。
なんだ、これは!!
e0114020_6184879.jpg
どうやらインディーが私のカメラでイタズラ写真を撮ったようです。

彼がサプライズ好きなこと自体はさすがに慣れてきたので、それはまあ、もういいのです。
でもこの写真、角度的に見ると、食卓の上に足を乗せてるでしょ!
こらーっ!!!
と、別のことで結局怒られたインディー氏でした。

ときどき「国際結婚ってやっぱり大変?」と聞かれると、「お互いの『違い』の項目がちょっと多かったり、差が大きかったりするかもね」と答えています。
そして差が激しいことの一つは衛生観念。
全般にキレイ好きな日本人と、もともと靴のまま家の中を歩いちゃう感覚を持つ英国人、やっぱりその差はいろいろな面で出て来ます。

わが家では家の中では靴を脱いでいますが、私はわりと若い頃から欧米の人達と接触があって、若気の至りでカブレたせいか、告白すると、床がフロアだったら、靴のまま家に入ることはそんなに気になりません。
かたやインディーは、家の中で靴を脱ぐ習慣がたいそう気に入っていて、私が忘れ物を取りにちょっと靴のまま家に入ると大騒ぎ(笑)。

そんな逆転気味な私たちですが、それでもやはり食卓に足を乗せちゃうインディーと、それは許せない私。
この違いが話題になること自体、日本人同士のカップルではあまりないことかもしれません。
(もちろん個人差アリ、ですよね。
彼も普段は食卓に足を乗せることはもちろんなくて、このイタズラのためにしたのです。念のため)

今のところはお互い適当にやり過ごしていますが、この差が縮まることがあるのかなあ。
ともにじいさん、ばあさんになったら、同じ感覚になれるでしょうか。

足の写真にびっくりして笑うはずのところなのに、話が全然違う方向に行ってしまったロンスマ家でした。
(あ、とりあえず最初は笑ってあげましたけどね!やれやれ)


****************
ブログランキングに参加しています。
食卓に足を乗せちゃうんだね、すごいなあ!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-24 07:10 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
スマホのカバーを着替えてみました。
夏らしいでしょ。
e0114020_19242490.jpg
これも前と同じ、お友達がやっているロンドン郊外からリバティとリネンのハンドメイドiPhoneケースのもの。
お、気づかれましたか!前と同じ柄の色違いです。
e0114020_1201771.jpg
これが前のもの。
色が違うとずいぶん印象が違いますよね。
そしてこのマーガレットアニーというプリント、柄が大きめなので、どの場所を使うかでもずいぶん雰囲気が変わるそうですよ。

そんなわけで、気分が変わって楽しい今日この頃です。

そんなある日、バッグの中でケイタイがピカッと光っているのを発見。
取り出してみると、トーチのライトがついたままになっていました。
トーチという機能、初めて知りましたが、上の写真でいうと左上にカバーにも穴があいている部分、カメラ用レンズの横にあるライトが点灯するようになっていて、暗い場所で懐中電灯代わりになるんだそうです。
機能も知らなかったくらいなので、どうやってスイッチオンにしたかも不明(たぶん、なにかの拍子についてしまったんですね)。
だから当然、オフにすることもできません!

この日は友達の家に行くところだったので、お家に着いたらティーンエイジャーの息子くんに聞けばいいやと思ったものの、できれば自分で見つけてみたくて、行きの地下鉄の中であれこれいじっていました。

ふと視線を感じて顔を上げると、少し離れたところにいた若いお兄さんが私を見ています。二十歳前後かな。
あら、私そんなにかわいいかしら、とうぬぼれたのも束の間(ウソです!笑)、お兄さんは自分のスマホを出して、その一部を「ここ、ここ」と指差し始めました。

おお!トーチの消し方を教えてくれているのです!
あわてて自分の画面を見るのですが、よくわからず・・・。

もう一度お兄さんを見上げると、画面下からスラッとフリックして(指をすべらせて)別の画面を出して見せてくれました。
よしよし、今度は同じようにできたぞ。
でも出て来た画面のどのボタンを押していいのか、またわかりません。

三たび見上げると、今度はいよいよ私のところまで2、3歩歩いてきてくれたお兄さん、チョンっと私のスマホのトーチボタンを押してくれました。
そしてトーチが消えた!わーい!

サンキューと言うと、お兄さんは照れたように笑っていました。

私が先に降りる時、もう一度お礼を言おうかと思ったのだけど、お兄さんはすでに他の方を向いていたので挨拶できませんでした。
お兄さんにとってはあまりにも簡単なこと、自然なことで、特別に何かしたという感覚がなかったのかもしれません。

イギリスがいいなあと思うことのひとつは、こういう時です。
日本人もとても親切だと思いますが、見知らぬ人同士の交流ということでいうと、イギリスに軍配が上がる気がします。
日本人は礼儀正し過ぎて、こういう時に知らない人に声をかけるのもためらってしまうのかな。

地下鉄のホームやバスの中なんかで、知らないもの同士、遅れている電車やバスのことをおもしろおかしく皮肉ったりするのもよくあること。
一人でいると遅れることにイライラしがちですが、ちょっと言葉に出してふふっと笑うと余裕ができ、ああ、遅れて困っているのは自分だけじゃないなあと気づけて、私はこういう交流に何度も救われました。

この日はトーチ問題が解決した嬉しさと、見知らぬ人に助けてもらった嬉しさで、ダブルでハッピーになりました。
もし次に同じように困った人を見かけたら、私も同じようにできたらいいなあと思います。

それには感じよく話しかける練習をしないとね。
アナログな私のことなので、スマホの機能を教えられるとは思えませんが、トーチの消し方はわかりますよ!


*****************
ブログランキングに参加しています。
知らない人と交流するのって嬉しいね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-21 23:37 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(6)

夏のいけばな

また久しぶりのいけばなのお稽古。
この日も暑かったので、赤いお花を使うのをやめて、さっぱりと。
e0114020_23585374.jpg
この白いアンスリウム、これまでに見たことのない大きさで、迫力がありました。
スプレー菊を短く使うと、小さくてかわいいですね。

*****************
ブログランキングに参加しています。
涼しげで夏らしいね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-21 00:10 | お花大好き | Trackback | Comments(0)

暑い夏が来た!

今週のロンドンはお天気が良くて暑い日がずいぶんありました。
天気が悪いとか、夏はどこへ行ったとか言われることの多いイギリスの夏ですが、この数日はみんなご機嫌で青空の下を歩いているようです。

せっかく良い季節なので、ちょこちょこ撮ったスナップをご紹介しますね。
e0114020_4484882.jpg
偶然通りがかったカリブ料理のお店。夏っぽい!
お店の前ではバーベキュー風なランチを売っていて、行列になっていました。

こちらの人はお天気が良くなると家の中にいられないようです。
住宅地でも、オフィス街でも、お天気の良い日は外でお昼ご飯を食べている人がとても多い!
お昼だけじゃなくて、ずーっと日なたに座っている人もいます。
曇っていることが多いので、その分を取り返そうとしているのかもしれません。
e0114020_7193588.jpg
暑いと言っても日本ほどではないし、湿度はずっと低いし、暑くなる日数も少ないので、冷房が入っているお店はそれほど多くありません。
お店だと「暑いな」ぐらいで済みますが、地下鉄は密室状態になるので恐ろしいほど暑くなることもあります。
前に日本の友達に「ロンドンの地下鉄は50度になるって何かで読んだけど、ホント?」と聞かれて私が焦りました!
さすがに50度ということはないでしょうけれど、こちらの人はなんだか体温も高いし、体感温度としてはそんな感じかも。
しかも故障が多く、車両内に長いこと閉じ込められる可能性があるので(汗)、夏になると「お水を持って乗りましょう」なんていうポスターが本気が貼られています。

でも最近、私がよく利用する地下鉄に、クーラーが登場!
e0114020_4503481.jpg
じゃーん!
あ、えっと、カーラーを巻いたお姉さんの広告じゃなくて、天井に取り付けられたクーラーを見てくださいね〜!
使う頻度はかなり低いかもしれませんが、これのおかげで暑い日でも快適でした♪

暑くなると冷たいものが欲しくなるのはみな同じ。
子供はもちろん、お店で売ってる棒アイスをぺろぺろなめながら歩いている大人もたくさんいます。
アイスクリーム屋さんの前には、お店からはみ出すほどの列!
e0114020_4512895.jpg
アイスもいいけれど、今週はイギリスではまだ珍しいアイスコーヒーを試してみました。
ちょっと凝ったコーヒー屋さんで、water dripと書いてあったから、水出しコーヒーかな。
酸味もあるおいしいコーヒーでした♪
e0114020_5114241.jpg
ある日は待ち合わせに少し早く着いたので、友達を待つ間に軽くシャンディーを一杯。
e0114020_5112198.jpg
シャンディーは、ビールとレモネードを混ぜた飲み物。
(イギリスではスプライトのような透明な炭酸飲料もレモネードと呼ぶんです)
ビールのさらに薄いものなので、昼間に飲んでも罪悪感がそれほどありません(笑)。

夕方になってもピカピカなお天気の日もありました。
この写真、すでに夜の7時頃です。
e0114020_6435710.jpg
夏至が過ぎたばかりなので、9時半でもまだほんのり明るいのです。
冬は4時頃にはすっかり暗くなってしまうので、これもやっぱり、冬の暗い時間を取り返すかのように、夕方から夜にかけて、カップルや家族で家の近所をお散歩している人達をよく見かけます。

そんなこんなで今週は夏らしいお祭り気分が盛り上がりましたが、今夜から雨という天気予報。
昨晩も夜中に雷が鳴って雨が強く降ったのです。
でも雷や夕立も夏らしいといえば夏らしいですよね。
短い夏を今のうちに楽しみたいと思います。

みなさまも良い週末を♪
e0114020_5201812.jpg



*****************
ブログランキングに参加しています。
夏はそんなに気分が盛り上がるんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-07-19 07:37 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile