<   2013年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

パリのお話の前に、秋のおもてなし番外編として、すてきなおよばれのことを。

ゴージャスな秋晴れの日、お友達によんでいただいてお家にうかがいました。
すてきなお家で美しくておいしいお料理、目標にしたいと思えるすてきな女性たちとの楽しい会話。
とっても幸せな1日でした。
e0114020_5241251.jpg

お友達のお家はロンドン郊外にあるんですが、駅からのお家に向かう車の中では観光旅行に来たようなきれいな田園風景が広がって、すでに良い気分。
到着したお家も紅葉が一段と映える静かで美しいところでした。

共通のお友達を通じてお会いしたこのお友達はいつもすてきオーラで輝いている方で、最初にお会いした時から密かに憧れていました。ふふふ。
今回はお家でよんでいただいて、少人数でゆっくりおしゃべりできるのが、もう楽しみで楽しみで♪
e0114020_5231155.jpg
広くて機能的なキッチンで準備をしてくれているお友達。
立ち姿も美しくて、この時点でみとれてました(笑)。

わいわいとおしゃべりしながら、みんなで少しお料理のお手伝い。
こういうのも楽しいですよね。
キッチンが広いからできるんだなー。

テーブルに移ると、秋らしく美しいセッティングができあがっていました。
e0114020_5222648.jpg
秋のお花や葉を大人っぽく上手に使った美しいテーブル。
優雅で落ち着いているのに、どことなくかわいらしさが感じられるところが彼女らしく、つい微笑んでしまいます。
e0114020_521131.jpg

そしてお料理もお野菜いっぱいのヘルシーで美しいものがたくさん並びました。
お皿もすてきだし、お料理の見た目も美しい♪もちろんおいしいのです。
e0114020_511210.jpg
愛犬モカちゃんにお会いできたのも光栄でした♪
お家の中ではとても静かで、テーブルの下にじっと座っていたモカちゃんですが、お散歩に行くと激しい運動をするとか。
お耳のカーリーヘアがキュートでしょ。

写真下段真ん中のモンブランは、この日ご一緒したお友達の手づくりなんです。
見た目も芸術のように美しく(半分に切ってもきれいでしょ!)、お味も上品。
イギリスではあまりモンブランにお目にかからないので超貴重品、しかも美しくておいしいとあって、みんなニコニコでした。

この日ご一緒したのは、もともとのお友達も、初めてお会いした方も、みなさんキラキラしている方ばかり。
それぞれに個性があり、特技があり、すてきな女性像ってひとつじゃないんだなあと思わせてくれるのです。
「私もこうなりたい!がんばろう!」と良い刺激をもらうことができたのも嬉しく、帰り道もずっとハッピーで、ひとりでにやにやしちゃいました。

こんなゴージャスなおもてなしをしていただくと自分のことが恥ずかしくなっちゃいますが、すてきな要素を学ばせてもらって、次に活かして行こう!と前向きに思えた気持ちの良い幸せな1日でした。
みなさん、どうもありがとうございました♪
e0114020_5244385.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おー、秋らしいおもてなし♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2013-10-30 19:50 | フレンズ | Trackback | Comments(4)

パリに行ってました!

3日間のパリ旅行に行っていました!
e0114020_5502592.jpg
帰りはちょうど大きな嵐が来ていて、ユーロスターの遅れも予想したのですが、ちょうど嵐が去った後になったようで、電車は定刻通り。

パリは暖かくて過ごしやすく、パリらしい秋の季節を楽しんできました。
ヨーロッパよりもアジアでトレッキング!といつも言っていたインディーさんも、パリの食品売り場でメガネをかけてじっくりお買い物(笑)。

またぼちぼち更新しますね♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おー、パリ行ってたんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2013-10-29 05:45 | パリ2013 | Trackback | Comments(2)
前回に続いて、今月来てくれたお客様へのお料理の記録です。
みんな、わりと近い時期に来てくれたので、テーブルクロスも同じでしたが(汗)!

洋風編というと語弊がありますが、和食じゃなかったという意味でお許しください(笑)。
e0114020_629180.jpg
これは若い中国人カップルが来てくれた時にインディーが作ったチキン&マッシュルームのパイ。
イギリスでは、甘くないパイにはこうして飾り(葉っぱが多いよう)を乗せて、アップルパイなどデザートのパイには飾りをしないのが伝統的な決まりだそうです。
ちなみに真ん中のお花の飾りは、クッキーの型を使ったものと思われます(笑)。

このカップル、実は私達の前の家を買ってくれた2人です。
前にお話ししたように、彼らが先に家に招いてくれて、温かくおもてなししてくれたので、すっかり感動した私達も今度はこちらの家にお呼びしたのでした。

わが家はイギリス人と日本人の組み合わせなので、イギリス料理と和食のどちらかで、と思ったのですが、お客様は2人とも家庭でのイギリス料理はあまり食べたことがないと話していたので、この日はイギリス料理に決まり!
コースで前菜、メイン、デザートを作ろうと思っていたものの、直前になってメインの分量が多いかも、ということになり、前菜は柿の種(日本から私のスーツケースで直輸入♪笑)をつまんでもらって、メインとデザートのみになりました。
e0114020_9154338.jpg

チキン&マッシュルームパイには、イギリス料理の王道、マッシュポテトとゆで野菜を添えて。

パイを切ると、中身は右上の写真のようになっています。
パイの中はチキンとマッシュルームだけにするのが本当かもしれませんが、半分は日本人のわが家。
どうしてもこういうものにも野菜を入れてしまうのです。

デザートはインディーさんお得意のママレードプディング。
この日もおいしくできました♪

お行儀のいい2人は家庭でイギリス料理を食べたのは初めて!と、とても喜んでくれたので、よかった♪
もちろん、おいしいお店もありますが、イギリス料理って基本的に家庭料理がおいしい気がします。

新世代の中国人像を象徴するような知的なこの2人と一緒に、この日も楽しい会話で盛り上がりました。
せっかく不思議なご縁で知り合ったので、これからもっと親しくなれるといいなと思っています。

そしてもう一組のお客様は、このブログにも何度か登場しているティーンエイジャーのペイジとそのボーイフレンド。
高校生になったペイジは、ボーイフレンドを私達に紹介したくてたまらなかったようで、先月に一度だけちらっと会わせてくれたのですが、週末に改めて2人で家に遊びに来てくれました。
彼女とは一緒に旅行したりもしているので、とても親しく思っているけれど、こんな風に慕ってくれると、ますますかわいくなっちゃいます。
e0114020_16534166.jpg

ボーイフレンドはベジタリアン(菜食主義)と聞いていたので、この日、インディーさんが張り切って作ったのはチキンカレーと野菜カレー2種。
(チキンカレーは彼は食べませんでしたが!)
手前がココナツ入りでマイルドなチキンコーマ、奥の右がショウガのパンチが効いているバターナッツスクォッシュ(ひょうたん型のかぼちゃのようなもの)のマサラ、左がポテトのカレーです。

わが家に到着してから、彼は実は辛いものがあまり好きじゃないとわかって焦りましたが、インディーも私も辛いものは苦手で、カレーにチリはあまり入れないので、なんとか少し食べてもらえました(笑)。
イギリスのインド料理屋さんって、日本に比べてずっと辛くない気がします。
でもその分、他のスパイスの香りが楽しめて、私は激辛カレーより、こっちの方が好き。
日本の方がきっとインド風に近いんだとは思うのですが、辛くて何も味を感じられなくなっちゃうと残念だもの。

この日のデザートは冷製ライスプディングとスティーム・チョコレート・プディング(蒸して作るチョコレートのスポンジケーキ)の2種類でした。
e0114020_16541312.jpg
このパフェみたいに盛りつけられた冷製ライスプディング、初めて食べました!
ライスプディング自体はイギリスのデザートの定番で、お米をミルクで甘く煮て、それをオーブンで焼いたもの。
最初にお米を甘くミルクで煮ると聞いた時はびっくりしましたが、これ、なかなかイケルんです♪
コンデンスミルクのようなこってりした味なので、たくさんは食べられませんが、あるとぽつりぽつりと食べてしまう危険な味(笑)。
この日はスパイスたっぷりのカレーの後ということで、ライスプディングをお鍋で作って冷やし、フルーツと一緒に出しました。

さすがティーンエイジャーの2人。
驚くほどの食欲を見せてくれて、「もっと食べたいけど、さすがにお腹いっぱい」というので、いろいろ持って帰ってもらいました。

若いのに、すごくしっかりしていて、たのもしい2人。
自分が高校生だった時のことを考えると恥ずかしくなっちゃうくらい大人っぽかったのですが、でも2人でじゃれあっている姿は、とても初々しくてかわいくて、若いっていいなあ!と素直に思った1日でした。

お気づきだと思いますが、今回のお料理のシェフはインディーさんで、私は野菜を切ったり、飾り付けをしたりの下働き(笑)。
ごちそうさま♪

人が来てくれると、がんばっておいしいものを作りたいと思えるし、楽しかったと言ってもらえると、また来てもらおうと思うのです。
まだ慣れないことは多いのですが、人が気軽に来てくれる家をめざして、これからもがんばりまーす♪
e0114020_16555290.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
イギリスのカレーって日本より辛くないんだ〜!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2013-10-26 01:27 | フレンズ | Trackback | Comments(2)
10月はお友達が立て続けに遊びに来てくれたので、その記録を簡単に。
今日はなんちゃって和風編です。
e0114020_146559.jpg
わが家は緑地の中にあるので、自然の中にいる気分にどっぷり浸ってもらおうと思い、この季節、こんなものもテーブルにおいてみました。
日本人のお友達が来てくれた時は、衛生上のことを気にする方もいるかと思ってやめたんですが、そうじゃない時は、あんまり私も気にしない〜!
自由なことをするイギリスのイイトコどりを実践中です(笑)。

この日は日本人のお友達との平日のランチでした。
サマーセット州というロンドンから2時間ぐらい離れた所に住んでいるお友達が会いに来てくれるというので、共通のお友達も誘ったんです。
わが家から徒歩圏内に住んでいる人から、電車で2時間かけてきてくれた人まで、広範囲から集まったお友達と私で合計6人。

このメンバーで集まるのは久しぶりだったので、会ったとたんに大盛り上がり。
「座って話してよー」と言っても、次に誰かが来るとまた立ち上がって立ち話再開を繰り返し、最初からすごい勢いでのマシンガントークでした。
しかも噂に聞いていたベビちゃんが本当にかわいくて、ずっと見ていても飽きず、私もしばらくお料理を忘れて話しまくっちゃいました。
e0114020_2123252.jpg
圧倒的な写真不足なので、コラージュで失礼します!

実はこの日集まったお友達はみんなお料理上手なので、私は何日も前から緊張しまくっていたのです(笑)。
でもできることをするしかないよ、と自分を励ましながら、みんなも自分も楽しいご飯を考えました。

せっかくお友達が遠くから来てくれるんだし、普段手に入りにくいものを食べてもらいたいと思い、和食に決定。
わが家はアジアっぽい食材を売っているコリアンタウンが近くて、その点では便利なのです。
というわけで、メニューは大根、里芋、かぼちゃなんかを使って和風の煮物中心にしました。
煮物だと前もって作っておけるから、その場で私もみんなとテーブルに座って話せていいかなと思って。

それでも、やっぱりその場でお肉を入れそびれて慌てて足したり、なんだかいろいろありましたが、みんなが笑ってくれたので、私も笑って済ませることができました(笑)。
友達ってありがたい♪

その後のご飯ものとしてカレーを用意したのですが、実はこれ、インディー作でした。
最近すっかりお料理づいている彼としては、私一人でご飯を作るのが不安だと思ったのか、自分は参加しないのに、カレー2種類とマフィンを作ってくれたのです。
ありがたいけど、ちょっと子供に過保護になってるパパみたいじゃない(笑)?
それとも私が緊張しているのを感じてくれたのかな(汗)。
インディーさん、いつもお世話になります。

他にもお友達が差し入れてくれた和風サラダや抹茶チョコ、ズッキーニのケーキ(出しそびれましたが!涙)などなどで食卓は盛り上がり、おしゃべりも弾む、弾む!

気心知れた友達との日本語でのおしゃべりは楽しくて、あっという間の時間でした。
日本を離れたところで、親しく思える友達に出会えるというのは本当に貴重なことだと実感しています。
みんな、特に遠くのお友達、来てくれてありがとう♪

次回は日本人じゃないお友達を招いた時の洋風おもてなし編、ランチ2回分をご紹介しますね!


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
そうか、海外だと大根とか里芋とか手に入りにくいんだね〜と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。

応援ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2013-10-23 16:23 | フレンズ | Trackback | Comments(4)
前回、紅葉や落ち葉の話をしましたが、その流れで、今日は落ち葉掃除機のお話を。

みなさんは枯葉がたくさん落ちちゃったら、どうやってお掃除しますか?
そう、ホウキとか熊手とかで集めますよね。

でもイギリス式はもっとワイルド。
こんな機械を使います。
e0114020_21255473.jpg
お兄さんが手にしているのは落ち葉の掃除機(笑)。
英語ではblowerと言うので、意味としては「送風機」に近いかな。

アップで寄ってみましょう。
e0114020_23555481.jpg
これです!

この筒から風を出して、落ち葉を吹き飛ばすのです。
落ち葉はあちこちにあるので、この掃除機をうまく操って、上手に一カ所にためていく・・・というか、追い込んで行くのが腕の見せ所(笑)。
ちなみに電気だかガソリンだがで動いているこの機械、チェーンソーを使う時のようなブォーンという大きな音がするので、最初は何の工事が始まったかと思いました!

アパートの庭をいつもお掃除してくれるお兄さんにお手本を見せていただきましょう。
下の写真の左から右のように、風の勢いで道の真ん中に落ちている葉を少しずつ追い込んで行きます。
e0114020_21353586.jpg
右端の写真では、それなりに葉っぱが集まっていますよね。
ふう、ひと段落、と思っていたら、きゃっ、強い風が吹きました!
e0114020_21361093.jpg
ありゃりゃ、全部どっかに行っちゃった!
お兄さん、顔がものすごい苦笑いでした(笑)。

実はこの日はわりと風が強かったのです。
落ち葉掃除機の弱点は風だったのね!
あ、でもホウキで集めてても、風が吹いたらあまり良くないか。
いやいや、でもやっぱり風で葉が飛ぶのをホウキで押さえることはできるけれども、この機械では葉が飛んで行くのをただ見ているしかありません。

教訓:風が強い日は落ち葉掃除機を使うのはやめよう!

もちろんイギリスでもホウキや熊手のようなものでかき集めて、ちりとりですくうこともよくありますが、そういうのは個人のお宅が多くて、庭師さんや地区の清掃員など、仕事としてお掃除する人はこの機械をよく使うようです。
お兄さんが持っていたのはこのサイズですが、もっと大きな掃除機を背中全体で背負っている庭師さんを見たことがあり、彼がゴーストバスターズに見えました(笑)。
おーい、相手はたかが落ち葉ですよ!

この日は道路を中心にお掃除していましたが、芝生が生えている部分にももちろん落ち葉はあるので、そこでも容赦なくブォーーンを風を吹きかけて掃除しています。
イギリスの芝生はタフですね(だから芝生をturfとも言うのね!笑←おやじギャグです)。

結局お兄さん、この日の落ち葉掃除はあきらめたようで、作業は終わりになりました。
お兄さんが去った数分後、せっかくお掃除してくれた道路には風で散らばった葉っぱがいっぱい・・・。
e0114020_21485416.jpg
やれやれ、根気がいる作業ですね。
お兄さん、いつもどうもありがとう♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
落ち葉もたまると大変だよね〜と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-22 15:56 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
妙に寒かった9月に比べ、10月は暖かい日も多かったロンドン。
例年は夏が終わると一気に寒くなってしまうことが多いのですが、今年は秋晴れの感じといい、さわやかな空気といい、在英8年目にして初めて、「日本の秋みたいだな」と思う気持ちの良い日が何日かありました。

それでも10月後半ともなると、日の出は遅くなり、日が暮れるのも早まり、木の葉は黄色や赤に色を変えて、道端には落ち葉がたくさん積もっている状態。
気温が下がると、一気に晩秋という雰囲気になります。
e0114020_6413644.jpg
バスの2階に乗っていると、紅葉を間近に見ることができて、ちょっと得した気分(笑)。
ぶつかりそうに近づくこともあって、焦りますが!

緑地の中にあるわが家、朝から気持ちよく晴れた日は、黄金色に輝く木の葉を見ながら朝ご飯を食べられて、朝から幸せなポジティブな気持ちになれます。
e0114020_6435289.jpg

周りの緑地は、すっかり秋色。
風が吹くと、はらはらと枯れた葉が地面に落ちてきます。
e0114020_7165179.jpg
日本の紅葉は「もみじの赤」という印象ですが、こちらは黄色やオレンジやゴールドっぽい色が多いので、たまに赤い紅葉に出会うと懐かしい気持ちになります。
赤とオレンジやゴールドの組み合わせも今では大好きになりました。

家の近くに食べられる栗がなる木があるのですが、実がとても小さくて、食べる大きさに育つ前に落ちてしまうのです。
それでもある日、中国系と思われる人達が栗拾いをしていたので、中華料理には小さな栗を炒めたりしておいしく食べる方法があるのかも。
その場で聞いてみればよかったなあ。

近所のパブの庭にも秋が来ています。
e0114020_16512437.jpg
日が暮れると気温がぐっと下がるのですが、それでもストーブで暖をとりながら外でお酒を飲むのがイギリス流(?)。
私も外で飲んだり食べたりするのは大好きですが、こちらの人は寒くても、多少雨が降っててもあまり気にしないようです。

ロンドン市内のお店の工事現場でも、季節感を取り入れたおしゃれなフェンスを発見!
e0114020_16491332.jpg
ちょっと立体的になっていて凝ってましたよ。
工事現場も、こんな風に囲ってくれると気持ちが和みますね♪

午後3時頃でも、影がこんなに長くなっています。
e0114020_16533226.jpg
夏のまぶしい日射しもいいけど、こういう光も趣があって好き。

秋は物思いにふけるというのは本当かもしれません。
と、今日はちょっとおセンチに終わってみよう(笑)!(
e0114020_17291381.jpg


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
紅葉や落ち葉、秋らしくていいよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-21 18:09 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(4)
今の家に引っ越してすぐぐらいなので、2年近く前のこと。
近所をお散歩してたら、住宅街に突然レストラン、Emile'sが現れました。

静かな住宅街に馴染んでいてすてきだったので、行ってみたいと思いながら、あっという間に月日は過ぎ・・・(笑)。
今年の初めに思い出して予約してみようとしたら、あら、満席!
かなり先じゃないと予約が取れないということがわかりました。

そしてさらにそのままにしておくこと数ヶ月。
週末、どこかにご飯を食べに行こうとネットを見ていたインディーが
「あっ、今週末のEmile's空いてるよ!」
というので念願叶って行ってきました♪
e0114020_1929589.jpg
お店の前はさすがにレストランっぽいのですが、周りは見事に住宅街。
e0114020_19322495.jpg
夜の写真なのでわかりにくいかしら・・・(汗)。

夜の7時半に予約していましたが、少し前に着いてしまったら、中でお店の人がご飯を食べていました(汗)。
でも全然慌てずに、「どうぞ、どうぞ、入ってよ。ボク、ちょっとまだ食べてて失礼しますね」とオープンに迎え入れてくれて、ほっ。
e0114020_1652146.jpg
入ってみると、さっぱりと心地の良い雰囲気で、たとえて言うならホテルの朝食ルームという感じ(笑)。

黒板に書かれた品数の多いメニューは、どれも凝っていて、すごーく迷いました。
あまり知らない食材を使っていたり、意外な組み合わせだったり、でもどれもほんとにおいしそうなものばかり。
期待が高まります♪

メニューを吟味していると、さっきご飯を食べていた男性が席に挨拶に来てくれました。オーナーだったようです。
「このお店、初めてですよね?」
と、私達が初めてなことをすぐに見破り(笑)、お店のこと、メニューのこと、普段は混んでいるけど、夏は少し空いていること、なんかをいろいろ教えてくれて、親しい感じだけど踏み込み過ぎない距離の保ち方が絶妙で、とても心地よかったです。

その後見ていると、彼はどのテーブルにも挨拶に行っていて、どうもほとんどがご近所の常連さんという感じで、ほとんどのテーブルで親しく話し込んでいました。
おばあちゃんや子供(といっても小学校高学年かな)と一緒に家族で来ている人達もいて、週末の楽しい家族ディナーなんだろうなーと微笑ましい気持ちになりました。
「この週末は久しぶりにEmileに行ってみましょうよ」なんて家族で話しているのかなあ。

友人同士もいたけど、ほとんどが中年以上のカップルか家族連れ。
みんな真剣にメニューを見ていたので、ここでの食事をかなり楽しみにしていると見ました(笑)!
ますます期待が膨らみます。
e0114020_16553380.jpg
さて、迷った末にオーダーしたのは・・・前菜は左側の「サバの味噌煮」・・・じゃなくて、サバの味噌ソース、サラダ添え♪
味噌はちゃんとmisoと書いてあって、「和食にインスパイアされた」と書いてありました。
興味津々でしたが、サバの味噌煮に本当によく似ていておいしかった!
ご飯が欲しくなりました(笑)。

お皿を下げてくれる時に「おいしかったよ♪」とお姉さんに言ったら、「これ、新メニューなの。シェフが喜ぶわ。ありがとう!」と気さくに言ってくれて、こちらもとても良い気持ちになりました。
なんかお店全体が良い雰囲気なんです。

そしてメインはステーキ。
おいしそうなお料理がズラリと並んでいたのに、なぜかそういう気分だったのです(笑)。
お店オススメのサーロインステーキは、良いお肉というのが本当によくわかって、ソースもいらないくらいの絶品でした♪
さすがに大き過ぎて、完食できなかったのが心残り!

ちなみにインディーの鹿肉の煮込みも味見させてもらいましたが、これも絶品!
この日のお料理は、どれも「う〜ん」とうなっちゃうくらいのおいしさで、大満足でした。
e0114020_16572668.jpg
こういう気持ちよく家庭的な雰囲気のレストラン、大好きです。
しかもおいしいし、家からも近い!
自分がこの地元に属していることを確認できるのも、外国人の私としてはさらに嬉しいことです。

インディーはテーブルを立つ時、「帰りに次の予約をしていこう」と張り切っていたのですが、入り口まで戻る途中の席は満席で、店内はとーっても忙しそう!
走るようにあちこちのテーブルを回っていたオーナーは、ちゃんと別れの握手をしに来てくれて、ご飯はおいしかったかと話しかけてくれましたが、かなり忙しそうだったので、予約は改めてすることにしました(笑)。

地元のおいしいお店をまた見つけてとても喜んでいるロンスマ家です。
今のところ、地元レストランではロンスマ家ランキング第1位!

これを書いていたら、またお店に行きたくなりました♪
ネットで予約状況を調べてみよっっと!


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
住宅街の中にあるレストラン、おいしそうだね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-19 18:33 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(4)

最近のインディーごはん

写真の編集ソフトがなぜかうまく動いてくれないので、今日は簡単な写真でお話しできる短いものをちょこっと。

最近のインディーさん、どんどんご飯を作ってくれています。
イギリス料理とカレーだけじゃなくて、最近はフランス料理系にも手を出していて、びっくり。
e0114020_335991.jpg
これは私が大好きだった鶏レバーとイチジクのサラダ。
フランス料理の前菜だそうです。

レバー好きのインディーさんは大喜びで作っていましたが、これを聞いた娘ちゃん、組み合わせが気に入らなかったらしく、あからさまにイヤな顔をしていました。
彼女が来た時にも作ろうと張り切っていたらしいインディーさんは、あわててメニューを変更。
パパ、かわいそうに(笑)。でも食べ物なんかで嫌われたくないもんね。はは。

そしてまたまた私が最近大好きでハマっているデザートのママレードプディング♪
e0114020_371787.jpg
インディーが自分で作ったママレードを敷いた上にスポンジの生地を乗せて焼き、それをひっくり返してできあがり。
と説明している私ですが、作ったことはありません(汗)。
でもこれ、アツアツの時にこれまた熱いカスタードをかけて食べてもおいしいし、冷めてからこれだけ食べてもイケル!
ママレードから来るオレンジの香りと、ちょっと苦みのある味がたまりません。

イギリスではご飯の後に食べるデザートを、デザートじゃなくて「プディング(pudding)」というのです。
プディングには、いかにも焼き菓子というパウンドケーキみたいなものは適さなくて、しっとりした食感のタルト系はオッケーの様子。
温かいプディングの場合はアツアツのカスタードかアイスクリームをかけて食べることが多かったり、カップケーキやマフィンでも、レンジでチンしてカスタードをかければ立派なプディングになることを考えても、「食感がしっとりする」ことがプディングに大切な要素という気がします。

そして彼お得意のカレーも、コンスタントに作ってます。
e0114020_383113.jpg
この写真はちょっと違うみたいなんですが(汗)、最近のお気に入りはバタナッツスクオッシュ(ひょうたん型のかぼちゃのようなもの)のマサラ。
週末は土曜か日曜のどちらかは自家製カレーということが多いわが家です。

パンも新しいものがどんどん出てきます。
e0114020_393280.jpg
これはフルーツ入りのパン(のトースト)ですが、生地自体にもライ麦粉なんかが微妙に混じっていて、甘みがあって大好き♪
「また作って〜♪」と、お母さんにお願いする子供の声を出しちゃいます。
あ、お父さんか(笑)!

最後はマフィン。
e0114020_3102617.jpg
これは先日のいけばな展のために焼いてくれたもの。
合計48個焼いたそうで、当日来てくれた私のお友達に配ったり、交代で休憩する時にみんなに食べてもらったり、先生の息子さんにあげたり、と大騒ぎでした(笑)。
ありがたいんだけど、一度に作る量が多いのです、毎回!
そのクセ、味見だけすると、もう食べなくていいようなので、ご近所さんや友達にうまく配るのがなかなかのひと苦労(笑)。

本人にも言ってるんだけど、なかなか聞き入れてもらえないのが厳しいところです。
まあ、ケチな人よりはいいな、とは思うのですが!

そんなことからもわかっていただけるかもしれませんが、インディーがお料理してくれることは全部が全部プラスでもないのです。
インディーがお料理する回数が増えると私が練習する機会は減るわけで、私だってお料理したいのになーと思ったりもしますし。

はい、ゼイタク悩みなことはわかってます!
ここはかわいく「ありがとう」と言っておくことにします。ふふ。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
だんなさんがご飯作ってくれるならラクチンじゃない?と思ってくださった方、そしてでも和食は作れないでしょ?と気づいてくださった方も、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-18 06:50 | イギリスの味 | Trackback | Comments(8)

偽コイン騒動!?

先日、駅前の小さなお店で水のペットボトルを買って、70ペンス払うことになりました。
お財布の中にコインがたくさんあったので、お店の中東系のお兄さんに渡したのは、50ペンス1枚、10ペンス1枚、そして5ペンス2枚。
細かいコインを出した時に驚かれる確率は日本よりイギリスの方がずっと高いのですが(計算がメンドウなのかな。あと明らかに驚いた顔をするのがこちら風・笑)、まあ、このくらいは許される範囲かなと思って。

コインを計算していたお兄さん、ふと1つの5ペンスコインをつまみあげて、「コレ、ダメ」と片言の英語で言うのです。
ダメってどういうことなのか、よく意味がわからなかったのでキョトンとしていると、お兄さんはさらに片言で「ダメ、コレ、よくない」の一点張り。

おお、きっと偽コインなんだなーと思って、ちょっとしょんぼりしながらお兄さんに別の5ペンスを出してお店を後にしました。
e0114020_16584168.jpg
これがその時使った5ペンスのコイン。

その後、スーパーのセルフチェックアウトの機械でも使ってみてもこのコインだけ戻ってきちゃったし、他の5ペンスと比べるとなんとなく軽い。
やっぱりこれはニセモノらしい。うーむ。

ニセモノに出会ったのは不運だけど、イギリスで偽コインにあたったのは旅行時代、留学時代を含めても、この30年近くで初めてのこと。
ブログのネタにしようと思って写真を撮りながらよく見てみると・・・
あれ?オーストラリアって書いてあるよね(汗)?
e0114020_17291373.jpg
えーっ!!
ということは、8月の初めに行ったオーストラリアで使ったコインがずっと入ってたっていうこと?

オーストラリアから一度日本に戻ったから、お財布の中には日本円も入れたはずだし、その後ロンドンに戻ってからお財布の中身をイギリスのお金に変えたのに、それでもこの5ペンスはずっと私のお財布の中にいたの?

自分のことをうっかり屋だとは思っていたけど、これほどだとは!
自分でも笑っちゃいました。

ちなみに例の5ペンス、もとい5セントのコインをイギリスの本物コインと比べてみると・・・(右がオーストラリア、左がイギリス)
e0114020_16493990.jpg
女王様がかぶっている冠の大きさが全然違っていて、オーストラリア版の女王様はお若い♪
裏側は全然違うし、形もオーストラリアの方がちょっと大きいようです。

でもパッと見は気づかないよねー(と言い訳・笑)!

ちなみにオーストラリアのコインは1992年製。
えっ、21年も前のもの?
だから女王様もお若いのね(笑)。
でも古いせいか、汚れもあるし、全体に丸くなっています。
お金ってどのくらい長く使うんでしょうね。

そんなこんなで、コインをじっと眺めて妄想を広げつつ、私の偽コイン騒動は一件落着しました。
犯罪に巻き込まれなくて良かった(笑)!
そしてお財布の中身はよーく確かめようという教訓にもなったのでした。
めでたし、めでたし♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
偽コインにあたったことあるよ!と思ってくださった方、いえ、ないよ、という平和な方も、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-16 17:53 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)
10月13日(日曜日)、お知らせしていた小原流いけばなの花展を開催し、朝からの雨にもかかわらず、おかげさまでたくさんの方にご来場いただきました。
どうもありがとうございました♪
e0114020_18535885.jpg
これは今回の展示で私が今回一番好きだった作品。椿と百合が凛として美しい♪
私は古典的なものが好みです。

椿に実がついていて、それについても話題になった作品でした。
先生は実のついた枝をどこで手に入れたのか、とか、お客様も質問が具体的(笑)。

これを作ったHさんは、アイルランドから通っている日本人の方。
年に数回しかお稽古にいらっしゃいませんが、お稽古する時は土曜、日曜とたっぷりお稽古していく熱心な方です。
この椿の葉も1枚1枚きれいに拭いたそうで、細やかな心遣いが全体のきりっとした美しさに反映されているなーと感動しました。
ユリが1つでも咲いてくれたらよかったのに、としきりに言っていたけど、私は今にも咲きそうな蕾のふくらみが愛しくて、大好きでした♪

海外でいけばなを習う楽しみのひとつは、別の文化との融合を楽しめること。
今回も、天井の高いジョージア朝のお部屋で、暖炉の上やアンティークの台に作品を展示し、ロンドンに居ながら日本の雰囲気を味わえるというか、日本の文化を鑑賞しながらイギリスの良さを楽しめる雰囲気になったと思います。
お花を選んだり、レイアウトを考えたりする先生のセンスには毎回、脱帽です。
e0114020_20283840.jpg
毎年、花展は12月にするのですが、今年は多くの人が参加できるように、行事の多い12月を避けて10月の開催になりました。
12月はクリスマスらしい赤を使った作品が多いのですが、今回は全体に紅葉の朱色な雰囲気で秋らしかったんじゃないかと思います。
私たち生徒の作品の一部を改めてご紹介すると・・・
e0114020_19493044.jpg
本当はどれにも良さがあって、しかも作っている時の苦労を見ているだけに全部ご紹介したいくらいです。
左上のモミジのような葉っぱを使ったものも、大好き♪

恥ずかしながら右上のヒイラギナンテンと菊は私の作品です。
お天気の関係ではっきり写りませんでしたが、ヒイラギナンテンの紅葉が見事で、作品を作ったというよりは見事な紅葉の色を見てもらっただけ、という感じ(笑)。

この紅葉の色をどうしてもお伝えしたくて、さっき写真を撮ってみました(笑)。
e0114020_21583297.jpg
ね、秋らしいでしょ。
この鮮やかな秋色はイギリス人の生徒さんたちの間でも話題になっていました。

今回は先生がロンドンで教え始めて40年という記念のイベントでもあり、イギリスの小原流の他の先生方や、他の流派の先生方も作品を提供してくださいました。
普段拝見できない先生方の活け込みの様子や作品に大いに刺激を受けましたよ!
(下の作品は先生方のものが中心です)
e0114020_2061311.jpg
真ん中下の写真は洋風なアレンジ・・・じゃなくて、ケーキです(笑)。
生徒さんから先生へのサプライズのプレゼント。
40年教えるってすごいことですよね。

右下の写真で先生とお話ししているのはご近所に住んでいる93歳のおばあちゃま。
毎年来てくださるので、おばあちゃん好きな私はお会いするのを密かに楽しみにしています。
イギリス人らしい強い心を持ったカクシャクとしたおばあちゃまで、今年は40年前、あるいはもっと前のロンドンの様子や、少し前まで手づくりママレードを毎年300瓶は作っていたお話がたっぷり聞けて大満足でした♪

そして最後は先生の作品。
e0114020_23111882.jpg
今年は先生がフランスから持ち帰ったオリーブを主枝に、白い大きなアンスリウムとパイナップル(!)という大胆にもエレガントな作品でした。
先生の作品はいつものびのびしていて、先生のお人柄そのものです。

いつものように、生徒さんも先生方も、そしていらしてくださった方々も和やかな雰囲気で、あちこちに微笑みや笑いが絶えない1日でした。
準備から片付けまで、先生も私達もがんばりましたが(笑)、やってよかったなあと心から嬉しい気持ちになれた夕方でした。

ご来場くださった方々、本当にありがとうございました。
e0114020_22592617.jpg
(窓辺の写真は難しい!
でもレンガの建物を背景にしたいけばなを見るのは大好きです)


********************************************
ブログランキングに参加しています。
いけばなってきれいなんだな〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-10-14 22:57 | お花のこと | Trackback | Comments(6)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile