<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

蓮はやっぱり美しい♪

日本の夏の思い出、二つ目は上野の不忍池で見た大好きな蓮の花のお話です。
最近は夏に一時帰国することがなかったので、なかなか見られなかった蓮の花。
用事のついでに妹と一緒に見に行ってみました。
e0114020_7155838.jpg

蓮の花は朝に開いて午後にはだんだん閉じてしまうそうなので、この日は早めに上野公園へ向かう予定にしていましたが、なんだかんだと10時過ぎちゃった私たち(汗)。
それでも蓮の花は、美しい姿のまま、私達を待ってくれていました。
e0114020_744236.jpg
池いっぱいに青々とした葉が勢い良く茂っていて、その中に可憐なピンク色のお花が咲いているのです。
私の写真では伝らないのが残念ですが、特に花びらの透明感がすばらしくて、表面の筋がひとつひとつくっきり浮かび上がって見え、その美しさに見とれて、ほーっとため息が出てしまいました。

ため息つきつつ、写真も撮ってみました。
e0114020_1183885.jpg
思っていたより葉っぱが多いんだなーと私は思ったのですが、妹は「葉っぱの勢いに生命力を感じる!」と感動していたので、見直してみると、なるほど葉っぱが力強くてたくましい!
うーん、なんか元気になる♪
e0114020_7284263.jpg
大きく開いたお花もきれいだけど、まだ固い、でもほんのり色づいたつぼみもかわいらしいですよね♪
蓮のつぼみの花言葉は「希望」なんだそう。
そう思うと、ますます愛しく感じませんか?

きれいなお花を見ながら、せっかくなので池をぐるっとひと回りしてみました。
e0114020_7243164.jpg
この写真の奥の方に見えている弁天さまにも寄って、お参りを。
久しぶりにおみくじをひいてみたら、なんと大吉でした♪
「思い通りにやりなさい」というメッセージをいただいてウキウキ。
ますます良い気分でお散歩を続けました。
e0114020_17335417.jpg
弁天さまの裏側で、日傘をさして浴衣を着た人を発見!
風情のある夏の景色ですねぇ。

まだ7月だったので東京は暑さの真っ盛り。
10時を過ぎると本当だったらたまらなく暑くなってしまうところですが、この日はラッキーにも薄曇りだったので、楽しく歩くことができました。
おみくじのご利益かな(笑)。
e0114020_1185995.jpg
池にはアヒルのボートや蓮見茶屋という名前の休憩所もあって、昭和な、あるいは江戸時代にも遡りそうな風情がたまりません。
上野という場所柄もあるのかな。
こんな風に歩いていると、東京の真ん中にいることを忘れてしまいます。

おっ、でもスカイツリーも見えますよ♪
e0114020_1204022.jpg
蓮をたっぷり見られて癒され、おみくじで大吉をいただき、懐かしい昭和の雰囲気に浸って妹とのんびりお散歩できた良い夏の朝でした。

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
蓮、きれい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-31 07:38 | 日本に里帰り&国内旅行 | Trackback | Comments(0)
ちょっと時間が経ってしまいましたが、夏に行っていた日本のお話をしたいと思います。

一時帰国では用事が多くて、遊ぶ時間は限られてしまいますが、やっぱりお友達とご飯を食べるのは一時帰国の楽しみのひとつ。
今回はグルメなお友達がお店でシェフを始めたということで、早速お店に行ってきました♪

お店の名は鳥料理それがし
鳥づくしのお店です。
e0114020_17371340.jpg
この日はコースでお願いしました。
まずは鶏のホワイトスープでスタート。

鳥づくしといってもバリエーションがいろいろあって、全然飽きません。
飽きるどこか、もっと食べたい!と思わせてもらえるすばらしさ♪
e0114020_18163738.jpg
とりはむ、とり酢〆、かしわロール、ささみ昆布〆フライなどの鳥料理に加えて、食べるドレッシングのサラダやカブとキュウリのヨーグルト漬けなど、他とはひと味変わったおいしいお料理をたっぷりいただきました。

私がうかがったのは7月で、今は少しコースのお料理が変わっているようなので、詳しくはホームページなどでご確認くださいね。
コースにすれば懐石料理みたいだし、アラカルトだと居酒屋さんみたいな感じで楽しめそうです。

お酒の方は、お店の方にそれぞれお料理に合った日本酒を選んでいただきました。
日本酒メニューは豊富な上に、少しずつ試せてお得なお値段。
お料理とお酒とおしゃべりに夢中になって写真を撮りそびれましたが、こちらで出している「英雄(ひでお)」というにごり酒、すっきりしていておいしかった!
お料理が進んじゃいます。
扱っているお店はとても少ないようなので、日本酒好きの方、ぜひお試しを。
私が日本滞在中にちょっと話題になっていた発砲日本酒「すず音」もありました。

お料理をひと通りいただいた後は、ご飯タイム。
鳥のお出汁の稲庭うどんなど、数種類から選べたのですが、私はとりそぼろ玉子かけご飯♪
e0114020_1871375.jpg
すでにお腹いっぱいでしたが、おいしいものはいつでも別腹。
しっかり鳥のお味がしておいしかった上、生タマゴを食べる機会がないイギリスから戻った私には、ぽってり乗った生タマゴとの組み合わせが格別おいしく感じられました。
思い出してもうっとりです。

コースはまだまだ終わりません。
このお店は最後のデザートも充実しているので、甘党の方も大満足ですよ。
e0114020_17375738.jpg
左上から時計周りに生キャラメル、セロリのシャーベット、和三盆とほうじ茶のプリン、酒粕のアイスクリーム、そして黒糖わらびもち。
コースのデザートとして、これが全部出てきました。
和食のデザートって「水菓子」みたいなイメージなので、これは嬉しいですよね。
ちょっと驚くような名前のものもありますが、お口に入れてみるとどれもバランスが良くておいしいのです。
特に黒糖わらび餅はぷるぷるで、甘さ加減もちょうどよく、これだけでお腹いっぱいにしたいおいしさでした。

お店のシェフは、アラブの国で大富豪のお料理を作っていたこともある方。
そんな経験豊富なシェフは、夜だけの営業に向けて朝から仕込みに入っているそうで、新しいメニューの研究にも積極的。
おいしさの秘密は、そんな丁寧で前向きな姿勢にもあるのかもしれません。
『日経レストラン』や『バッカンテ』という雑誌でも取り上げられたというのもうなずけます。
(日経レストランの記事はこちら
ちなみにアラブの大富豪さんも、わらび餅、お好きだったみたいですよ!

滞在中にもう一度うかがうつもりだったのが、予定が変わってしまってこの一度きりになっちゃったのが心残り。
でも先ほども言ったように、メニューはどんどん進化しているようだし、次回にうかがうのが楽しみでたまらないお店です。
チキンなので外国人のお友達にも受けるだろうなーと思うと、ますます楽しみ。
自信を持っておすすめするこのお店、東京近郊の方、ぜひいらしてみてくださいね♪

鳥料理 それがし
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-15-11 2F
03-3495-1129

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おーっ、おいしそう♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-29 19:58 | 日本に里帰り&国内旅行 | Trackback | Comments(2)

小さい秋、見つけた♪

日本からはまだまだ暑い〜!とか、でもちょっと過ごしやすい時もある、とか、毎日いろいろな声を聞きます。
こちらロンドンは気温が下がって、もはや秋の気配。
夏が終わって少しずつ秋になっていく時期って、ちょっと寂しくて、でも落ち着いた気持ちになりますよね。

そんな今週末は今年最後の3連休でした。
ペンキ塗りの合間にちょっとお散歩に出てみたら、あちこちに小さい秋を見つけましたよ♪
e0114020_17223925.jpg
どんぐり!
色こそまだ緑だけど、もうすっかり大きくなっていて、かわいい♪

私はこのナラの木のまあるいギザギザになった葉っぱが大好きで、ナラの葉っぱを見るだけで嬉しくなってしまうのですが、どんぐりも好き。
帽子の下の実の部分にニコニコ笑った顔を描きたくなっちゃいます(笑)。

そんなどんぐり好きな私ですが、今年初めて見たのがこれ!
e0114020_17251325.jpg
わ、なんだ、このワヤワヤしたものは!
このワヤワヤ、ちょっと固そうで、どんぐりの帽子部分にくっついているようにも見えるし、このワヤワヤの中から実が出て来ているようにも見える。
周りを見ると、このワヤワヤがある木と全くない木があるので、もしかしたら種類の違いなのかなあ。
ナラの木ってオスメスでもあるのかあ。
インディーとも一緒に家で調べてみたのですが、このワヤワヤしたものの正体がどうもわかりません。
ご存じの方がいらしたら、ぜひ教えてください!

どんぐりについて思いをめぐらせながら歩いていると、あちこちに小さな秋が♪
e0114020_17351027.jpg
ブラックベリーは、去年よりずっと多い気がするし、リンゴもこんなに早かったかなあ?
ちなみにこれはクラブツリーという食べられない小さいリンゴで、これはまだアンズぐらいの大きさだけど、食べられるリンゴの木がお庭にあるインディーの娘ちゃんの話では、ちょっと早めだけど、もう食べているそう。
まだ8月なのに、早い!
今年は春が寒くて夏に急に気温が上がったので、果物の収穫には良い年になりそう、と聞いたのですが、ホントかも。嬉しい♪

さらに歩いていると、緑地に現れた一面のピンク色♪
e0114020_17385266.jpg
ヘザーの花でした。
ヘザーって春先の花だと思っていたのに、軽いショック(笑)。
インディーは種類によっていろいろなんじゃない?と言うし、きれいだから、まあいっか!
落ち着いたピンクの小さいお花が可憐でした。
e0114020_17562148.jpg
あ、でもちょっと枯れ色の草と混じっていると、やっぱり秋だなあ、という感じですね。

私は日光に弱くて、太陽がギラギラしているのは苦手なので、秋の訪れは大歓迎。
ちょっと寂しい雰囲気もセンチメンタルですてきだし、良い季節がやってきて嬉しい毎日です。
まだ暑い日本の方にも、この涼しさが届きますように!
e0114020_17593265.jpg
(これはバラの花の後にできるローズヒップ。
バラって枯れてもあでやかですねぇ。)

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
日本も少しずつ過ごしやすくなってみるみたいですね♪
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-27 18:11 | お花のこと | Trackback | Comments(4)

本棚、できました。

私が1人で日本に滞在している間、インディーさんはロンドンの家でいろんなことをしていたようです。
鬼のいぬ間に、と思ったのかな。あはは。

その一つが本棚作り。
e0114020_4524579.jpg
一昨年に引越して以来、飾りもなにもない壁をどうするか、いろいろ話してはいました。
何もないのに壁に電気が取り付けられているので絵を掛けることもできないし、なんだか中途半端になっていたからです。
いろいろ話した結果、今年になってから、やっぱり棚を作って本や小物を置こうということになりました。
そして今回、鬼(私ね・笑)が帰ってきたら、なかなか立派なものができていて、今はそれをペンキで塗って仕上げる作業をしています。

ペンキを塗り始めた日、ちょうどインディーはパンも焼いていたので、軽い気持ちでFacebookに「働き者の夫だなあ」と写真を載せたら、ずいぶん褒めてもらっちゃいました(もちろんインディーをね)。
考えてみると、アリのように働く彼の横で、私はちょこっとペンキ塗りをしただけで、あとは自分のことをしていただけ。
改めてありがたいことだなあと気づかせてもらいました。

イギリスではDIYが発達していて、いろいろなものが個人でも気軽に買えるし(バスタブとかトイレとかも普通にお店に売っているんです!)、ちょっとした棚作りや壁紙貼り、ペンキ塗りなんかは自分でやっちゃう人も多いので、思えばインディーがいろいろやってくれるのも当たり前のように思っていたかもしれません。
反省、反省。

インディーさん、いつもありがとう。
Facebookのお友達、気づかせてくれてありがとう。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
本棚作っちゃうって、よく考えたらすごいことだよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-26 05:54 | 家のこと | Trackback | Comments(0)
イギリスに戻って3日目、mappetちゃんNetherburyちゃんによるFlower Workshop+おやつの時間に初めて参加してきました。
ずっと行ってみたかったんですが、告知が出たらすぐに申し込まないと満席という人気のワークショップ。
やっとうまく参加できることになりました。
e0114020_17572398.jpg
今回のテーマはハーブを使ったブーケということで、草花好きの私は大喜び♪

まずは先生のデモで始まりました。
先生の手にかかると、お花がマジックみたいにさささっときれいに束ねられていきます。
e0114020_18131971.jpg
お花の下準備から束ね方まで教えてもらって自分でもやってみる・・・けど難しい!
「生け花やってるから上手なんじゃない?」なんて言ってもらってプレッシャーがかかりましたが(笑)、ぜーんぜん違います。
生け花でいつも難しいと思っている「自分の感覚で」というのがブーケ作りはすべてなので、センスが良くないと本当に難しいのです。
それに手でしっかり押さえていないと、どんどん崩れちゃうし。
いろいろ教えてもらって、なんとかできたのが最初の写真。ほっとしました。

この日、ブーケのために選んでくれたのはミント、パープルバジル、ベルガモットなど、お花を見るのは初めてなハーブたち。
それだけでも嬉しいのに、それに秋色のアジサイ、イギリスの田舎道でよく見るカウパセリもあって、かわいらしい仕上がりになりました。
なによりハーブの香りが良くて、作業している間も癒されっぱなし♪
そして家に帰ってきても、まだ香りと喜びが続いています。

なかなか普通の花屋さんでは売っていない花材を用意してもらえるだけでも嬉しい!
やっぱりさすがプロ、です。

ブーケができた後は、少しお水を入れて、きれいにラッピングする方法も教えてもらって、大満足。
出来上がったみんなの作品を並べてみたり、mappetちゃんが大切に育てているお庭のバラを拝見したりしながら、ちょっとおしゃべりタイム。
e0114020_18201098.jpg
「支度ができましたよ〜」のお声で始まったのが、お待ちかねのおやつタイムです。

さすがmappetちゃん、とっても美しくておいしいものばかり。
今回はイギリス風アフタヌーンティーになっていて、全体のコーディネートもきれいだったなあ。
e0114020_23313910.jpg
みんな大絶賛だったのはイギリスではあまり食べる機会のないコーヒーゼリー。
豆から丁寧に挽いてくれたというおいしいコーヒーの味に、ふるふるの食感、手づくりのアイスクリーム、その組み合わせがたまらなくおいしかったです。

お会いしたみなさんとのおしゃべりも弾み、「ブログ見てますよー」なんて言っていただいて、嬉しくなっちゃったりもして、楽しい時間でした。

帰ってきてからよく考えてみると、家にはこんなに大きなブーケをいける花瓶がなかったので、結局バラして少しずつ何ヵ所かに分けて飾りました。
家中にハーブの香りがして、気持ちいい♪
e0114020_20458.jpg

このワークショップ、相変わらず告知が出るとすぐに満席になっちゃう人気ぶりですが、ぜひぜひまた行きたいと思った楽しい1日でした。
Netherburyちゃん、mappetちゃん、ご一緒したみなさん、どうもありがとうございました。
e0114020_2135924.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ハーブのお花ってかわいいね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-25 02:14 | お花のこと | Trackback | Comments(0)
今日はプロムの中継をBBC4テレビで観ました。
プロムは毎夏にロンドンで行われる主にクラシック音楽のお祭りのようなもの。
1ヶ月以上にわたって、アルバートホールという大きな舞台で、毎日違う演目が演奏されます。

今夜は8月8日に演奏された個性派バイオリニスト、ナイジェル・ケネディーの演奏が放送されました。
パレスチナの若い演奏家と一緒に、彼自身が得意のヴィヴァルディーの『四季』を新しいアレンジで演奏したのです。
e0114020_7505186.jpg
(写真はThe Independent紙に掲載されたものをお借りしています)

小さな編成のオーケストラにピアノやパーカッションが入っての試み。
バイオリンを弾いていた人が急に立ち上がってイスラムのお祈り風な歌を吟じ始めたり、デューク・エリントン風のジャズになったり、遊び心たっぷりのおもしろい演奏でした。
メロディーは、『四季』だったり、そうじゃなかったり、100%パレスチナ風だったり、全く違うジャズの曲になったり(笑)。

彼自身も相変わらず、演奏中に「イェイ!」と叫んだり、笑ったり、足を踏み鳴らしたりしていたし、客席も笑い返したり、すばらしいソロのパートが終わるとジャス風に曲の途中でも拍手したりと、大喜び。

こういう演奏法は正統派じゃないと嫌う人もいるし、彼のパレスチナに関する発言が音楽の場に政治を持ち込んだと批判されたりもしているけど、ナイジェルは本当にいつも楽しそうに演奏するので、私としては、それにつられて彼の世界に引き込まれてしまうのです。

だって音楽って音を楽しむんだもんね。
楽しいことしている人を観て、聴いて、それで楽しくなれるなら、それでいいじゃん!と思います。
ましてお祭りなんだし!
それに私は、ピュアに楽しそうにしている人を見るのが大好きなのです♪

彼が今回、得意とする『四季』をあえてアレンジしたのは、当たり前になるのがいやだったからだそう。
アメリカに行った時、電話をつないでもらうのを待つ間の音楽に、自分が演奏している『四季』がかかったそうで、そんな「退屈な」音楽の殻を破りたかった、とインタビューで話していました。
ただ楽しむだけじゃなくて、音楽家としてチャレンジしているナイジェル・ケネディー。
やっぱり応援してしまいます。

ナイジェル・ケネディーのこの演奏は、BBCのiPlayerでこれから1週間視聴することができます。
こちらからどうぞ。

いつもの通り、英国外の方は残念ながらご覧になれないと思います。
自分では確かめていないのですが、Stream Viaというものを利用すると観られるそうです。
ご興味ある方、お試しくださいね!


*********************************************
ブログランキングに参加しています。

パレスチナ風の『四季』って、どんなんだろう?と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-24 08:10 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
長くなってきたオーストラリア話も今日で最後になります。
最後はやっぱり気になる食べ物とおみやげのお話。
とはいえ、義妹と滞在中はあまり食べ物の写真は撮らなかったので、人が食べていたものも含めて(笑)!
e0114020_623893.jpg
シドニーのダーリングハーバーでお昼を食べたシーフードレストランにて。
インディーの肩越しに、ものすごいものをオーダーしている人達を見たので、思わずパチリ!
これ、全部シーフードなんです(内側の支えにちょっとフルーツがありました)。

海が近いシドニーは、やっぱりシーフードのイメージですよね。
ダーリングハーバーのおしゃれな店構えのこのお店には、見た目にも食欲をそそるメニューがたくさんありました。
e0114020_648488.jpg
上の段真ん中が私がオーダーした「今日のおすすめシーフード」。
こんなに見事に全部が揚げ物だと思わなかったので焦りましたが、ソフトシェルクラブや大きな海老、白身魚など、身の味もしっかり感じられておいしかったです。
フライ効果で、昼間からビールもワインも進んでゴキゲンになりました(笑)。

郊外にいた時にも、やっぱり海辺だったのでお魚をいただくことが多かったです。
e0114020_6483456.jpg
これはスーのお友達とランチした海辺のレストランにて。
お魚の名前は忘れちゃったけど、これもしっかり身を感じるおいしいお魚でした。
なにより美しいビーチを見ながらの外での食事は、とても気持ちがよかったです。

今回のオーストラリア旅行で、バラマンディというお魚を知りました。
日本語で調べてもカタカナで出て来ちゃうので、この名前でいいのかしら。スズキの仲間のようです。
日本ではあまり聞かない名前ですが、東南アジアやオーストラリアではよく食べられているという白身魚。
体長2メートルにもなる大きなお魚だそうですが、クセがないわりに身がしっかりしていて、おいしかったです。
写真は特にないのです、ゴメンナサイ!

オーストラリア人はバーベキュー好きで知られていますが、やっぱりバーベキューはよくするようで、アパート暮らしのスーも、家のベランダに小さいバーベキューの設備を置いていました。
e0114020_1910060.jpg
公園ではこんな表示も見ましたよ。
今回は冬だったので、バーベキューをしている人をあまり見なかったのが残念!

なんでもリラックスしているオーストラリア(もう何度も言ってるので、そろそろオーストラリア人に怒られるかも・笑)、スーの結婚式でも、限られたクラブハウスのスペースにローストの設備を入れて、こんなことになってました。
e0114020_19161220.jpg
ゲストは席から立って自分で食事を取りに行くというカジュアルなスタイルで、飾らない2人らしい披露宴になりました。

そういえば、この時がオージービーフを食べた唯一の機会だったかも。
オージービーフ・ファンのみなさん、ご期待に添えず、スミマセン(笑)!

オーストラリアでは、特にこれといって甘い物を食べなかったのですが、前に紹介した海辺のカフェはケーキがおいしかったなあ。
他に思い出に残ったのは、何十年ぶりかに飲んだチョコレートのミルクシェイク!
e0114020_18511189.jpg
なんだか急に飲みたくなり、お腹がいっぱいになりながらも大満足でした。
そしてやっぱりBill's のパンケーキはおいしかった♪

シドニーの街は、6年前に行った時よりも全体的におしゃれなお店が増えている気がしました。
残念ながらイギリスからは直行便も飛ばないくらい遠いのですが、日本からは約10時間のフライト。
おいしいシーフードやオーストラリアワインを味わいにちょっと一飛び、なんてどうでしょう?ふふふ。

今回はおみやげを買う機会も時間もほとんどなかったのですが、それでもおみやげ好きな私は、ちょこちょこと探しまわりました(笑)。
e0114020_6574693.jpg
左上のコアラちゃんはスーツケースのタグ。
早速スーツケースにつけたので、空港でもすぐに自分の荷物がわかりました♪

その下はティータオル(食器を拭くタオル)。
でもこんなにたくさんのコアラちゃんに見つめられたら、お皿なんて拭けません!
かわいくて見つめ返してしまいそう♪

真ん中上の段は、オーストラリアブレンドの紅茶。よく見ると、下の方にカンガルーの絵が描いてあるでしょ。
アパートメントホテルに滞在していた時にスーにもらって知りました。
もちろんオーストラリアで収穫されたお茶ではなくて、ブレンドだけなのですが、この1、2年の間に発売されたものだそうで、渋くならずになかなかおいしい♪
免税店にもなかったので、これはよいおみやげだったかも、と自画自賛しています(笑)。

その下はよくあるお菓子、Tim Tamと、かわいい絵が描かれたビスケット。
右上はコアラとワライカワセミの指人形。4歳以上のお子様向けです(笑)。
コアラちゃんはおみやげで嫁いでいきましたが、ユーモラスな表情がかわいいカワセミちゃんは私と一緒にロンドンで暮らしています。

最後、右下はTシャツなんですが、大人気のAbercrombie & Fitchをもじった(つもりの)Applecrumble and Fishと書かれています。
アップルクランブルはイギリス系の典型的なデザート、フィッシュはもちろんお魚で、オーストラリア版のジョークTシャツ、のつもりらしい。
インディーは大爆笑してたけど、ちょっとわかりにくいところが良いのかな。
その辺のセンスは日本人の私にはまだわかりません・・・。
(ちなみに写真を撮らせてもらっただけで、買いませんでした。お店の方、ゴメンナサイ!)

楽しかったシドニーとその近郊の滞在。
今回の旅行で、オーストラリアが以前よりずっと好きになりました。
英語を話す国には全く興味がなくて、オーストラリア行きもしぶっていたほどのインディーさんですが、「もし次に来るとしたら車を借りてさぁ・・・」なんて言い出したので、彼もなかなか気に入ったご様子。
スーが住んでいる限り、私達にはオーストラリアに行く理由はあるので、またぜひ行ってみたいと思っています。

また行くよ、シドニー♪
e0114020_19545417.jpg

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
オーストラリアのこと、前より好きになっちゃった♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-22 20:06 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(4)

シドニー、そぞろ歩き♪

今回シドニーでは半日ぐらいずつの時間が2日あっただけだったので、パンケーキを食べに行ったほかは欲張らず、ただ街をぶらぶらと歩いていました。

by londonsmile | 2013-08-21 22:26 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(2)
シドニーと義妹スーが住む町との往復には電車を使いました。
街の中心からそのまま出ている電車はとても便利。
街を走っている地下鉄と、郊外に行く電車がつながっているので、乗り換え不要なのです(全部の線ではありませんが)。
e0114020_22572586.jpg
地下鉄からちょっと地上に出たところから撮ったシドニー・ハーバー・ブリッジ。
夕暮れ時だったので、車内の電気や乗客のおねえさんが写っちゃいました(笑)。

オーストラリアの電車でちょっとびっくりするのは見慣れない2階建ての車両。
e0114020_23182719.jpg
中に入ると上と下に行く階段があって、どっちに行こうかなーと、なんだかワクワクしちゃいました。
もちろん大きな荷物を持っている人などのために、乗り込む階にも座席はあります。

街中を走る地下鉄でも同じ車両を使っているので、ほんの少し乗るだけでも旅行気分が味わえます。
のんびりしているオーストラリアですが、通勤ラッシュにはこの2階分に人がぎっしりになるので、なかなかの混雑でした。
みんな同じような時間に家に帰るっていうことは、残業している人が少ないっていうことかもしれませんが!

シドニー近郊の電車は便利な上に、とってもお得でした。
郊外に行くのに1時間半ぐらい電車に乗っていましたが、料金は800円ぐらい。
空港からも、電車だとリムジンバスよりずっとお得に市内に着くことができます。
ちなみにシドニーの空港と市内は20分ぐらいという近さ。
とても便利な街です。

シドニー市内の駅では、こんなノスタルジックなものも見つけました。
e0114020_238833.jpg
木でできたエスカレーター!
私が初めてイギリスを訪れた80年代にはロンドンの地下鉄でも見かけたのですが、1987年のキングスクロス駅の大火事以来、危険ということになってすべて金属製に変えたそうで、今では木製のエスカレーターはロンドンにはないのです。
シドニーでは危ないって言われないのかなあ。
比較的モダンなシドニーの街で、こんなレトロなものが見られて、古いもの好きな私としてはとても嬉しかったのですが♪

レトロといえば、駅にある広告も、なんだかクラシックな感じのものが多かったのです。
e0114020_23184252.jpg
これは郊外の駅のものですが、街中の地下鉄の駅でも、ビクトリア時代のような絵や書体が描かれているビスケットなどの広告をたくさん見ました。
通勤ラッシュの時だったので、写真を撮れなくて残念!
みなさん、想像してみてくださいね(笑)♪

ところ変われば乗り物も変わって、おもしろかったです。
次回はシドニーの街、そぞろ歩きをご紹介します♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、現在イギリス情報で第3位。
今はオーストラリア旅行記なのに嬉しいです!ありがとうございます♪

電車も地下鉄も一緒なんだ♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-20 03:16 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)
オーストラリアではほとんどシドニー郊外のビーチに滞在していた私たち。
滞在型のアパートメントホテルに泊っていたので自炊もできたのですが、朝ごはんやおやつの時間に、近くのカフェによく行っていました。
ここ、とっても落ち着くカフェだったんです。
e0114020_23412151.jpg
カフェの名前はRuby 2 Cafe & Books
なぜ名前に2がつくかというと、近くの別のビーチ沿いにRubyというお店があって、そこが本店で、ここは2号店だからのようです。なるほど、わかりやすい!

Cafe and Booksとなっているこのお店、中に入ると古本やアンティーク風な小物(どちらも売り物らしい)と一緒に、アンティークというより中古という雰囲気の家具が置いてあり、その力の抜け具合が、たとえば友達の家に遊びに行ったみたいに落ち着くのでした。
e0114020_23414443.jpg
もちろんお店の人もフレンドリーで、いい雰囲気。
初めて会う人と一緒にいることが多かったので、おしゃべりに忙しく、食べ物の写真はあまり撮れなかったのですが、食べ物もケーキもおいしかった♪
特に朝ご飯に食べたバナナとベーコンとメイプルシロップのパンケーキは、お味もふわふわ具合も絶品でした。
ベーコンとバナナとシロップっていう組み合わせはどうなの?と常々思っていたのですが、思い切って試してみてよかった!

あとおもしろかったのが、お菓子の名前。
ポルトガルの名物エッグタルト、パステル・デ・ナタがおいてあったのですが、それを指さして注文したら、お店の人が「あ、『ポルトガル』ね!」と言うんです。
長い名前なので、ロンドンでも「ナタ」と省略されたりして正式な名前では呼ばれることは少ないものの、さすがに「ポルトガル」って呼んでいるのは初めて聞いたなあ!
これは例えばおまんじゅうを「日本」と呼んでいるようなもの(笑)。
英語ではPortugueseと言っていたので、『ポルトガルの』という中途半端な感じに聞こえたのがまたおかしい。
オーストラリアでは、なーんでもリラックスしているのです。いいんです、わかれば!

ちなみにオーストラリアでは、普通のブラックコーヒーのことをlong black(ロングブラック)と言うようです。
別のお店ですが、インディーが最初に「アメリカーノ」と注文したらわかってもらえず、エスプレッソにお湯を足して、と説明したらエスプレッソがそのまま出てきちゃってびっくり(笑)。
アメリカーノという言い方はほとんど通じないようでした。

そういえば最近ロンドンでも知られてきているflat white(フラットホワイト)というのもオーストラリア/ニュージーランドから来ているんですよね。
こちらはラテやカフェオレに近いんだけど、質感がもうちょっとふんわりしているもののよう。
リラックスしていて食通な印象があまりないオーストラリアの人達(ごめん!笑)、意外と食に敏感なのかも!

このカフェ、顔なじみのお客さんも多くて、ケーキを1個だけ買って行くお客さんもずいぶんいました。
お家やオフィスで一人で食べるのかな。
なんとなく落ち着くお店の雰囲気は、オーナーのお人柄もあるのかもしれません。

ビーチにいた間、日曜日に開かれるマーケットに行ったのもとても印象に残っています。
e0114020_2346264.jpg
日用品から食べ物、古本、おみやげもの、エキゾチックはアジアの小物などなど、いろいろなものを売っていて、見ているのが楽しい海辺のマーケットでした。
e0114020_23525857.jpg
私達が行ったのは冬だったのでそんなに混んでいませんでしたが、夏のシーズンにはたくさんの人で賑わうんでしょうね。
この日は地元の人もずいぶんたくさんいたようでした。

カフェにしてもマーケットにしても、とにかくのんびり、のんびり。
おかげで私ものんびり、のんびりできました。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、現在イギリス情報では第3位。ありがとうございます♪

ほんとにのんびりできそうな雰囲気だね〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-18 01:50 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile