<   2013年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

先週末の三連休はお天気が良く、近所を散歩したお話をしましたが、最後の日もお天気が良かったので、テムズ川沿いをお散歩しようということになりました。
以前にテムズ川沿いのフットパスと歩いてとても楽しかったのですが、せっかくなので今回は川の反対側を歩いてみることに。
前回は緑深いフットパスでしたが、今回は「改めてまた来よう!」と思う文化的な場所も多くて、また違う楽しみがありました。
一緒に行ってみましょう♪
e0114020_6223624.jpg
この日の午前中は引き潮だったようで、水がすごく少なかったのです。
いつも見ているテムズ川と感じが違って不思議に見えました。

まずは家からバスに乗ってハマースミス付近まで移動。
e0114020_7364989.jpg
ハマースミスの駅周辺は車も多くてざわざわしている感じなのに、テムズ川寄りに歩いてくると古い家もちょこちょこあって、こじんまりしていて良い感じでした♪

川の方に向かって歩いて行くと、急に目の前の視界が開けました。川だ〜!
e0114020_16584431.jpg
前回は、写真に写っている向こう岸を歩いたことになります。
川に出たあたりは、ちょうどハロッズの家具用の元倉庫がある場所でした。
e0114020_1722216.jpg
倉庫とは思えない優雅な建物ですよね。
今は中を改装して、アパートになっているそう。
広い空間を生かして、すてきなお家になっているんだろうなあ。

ふと川のこちら側を見ると、川のすぐ側を下を向いて歩いている人たちがいました。
e0114020_741191.jpg
よく見ると、金属探知機で何かを探しているんです。映画みたい(笑)!
そして何か見つけて2人で話し合った結果、結局拾ったものを呆れたように放り投げるという本当に映画のようなシーンも見られました。
あはは。何がお目当てだったんだろう?
釣りをしている人に話しかけるみたいに「なにか見つかりますか?」と聞いてみればよかったかしら。

川を左手に見ながら進んで行くと、すぐにハマースミスブリッジがありました。
e0114020_6263181.jpg
古い優雅な美しい橋です。
調べてみたら1827年に作られたんだそう。
インディーが「せっかくきれいな橋なんだから、もっと目立つ色にすればいいのに」と言ったのをきっかけに2人であれこれ話し合った結果、周りの環境に合わせてわざと緑色にしているのかもしれないから、やっぱり色はこれでいいという結論になりました。
誰にも意見なんて求められてないけどね(笑)!

e0114020_7484143.jpg
向こう岸を歩いた時もそうでしたが、本当に橋のすぐ横を通って、橋の下をくぐることになります。
ちゃんとしてるとは思うけど、古い橋だし、あまりに頭の上ギリギリだしで、真下を通るのはなんとなく怖い(笑)!
こんなに橋の近くを通ることって、あまりない気がしませんか?

この辺は川を眺めるテラスのある家が多く、ボートクラブもあったりして、ちょっとしたリゾート気分。
e0114020_8242042.jpg


ボートといえば、川に浮かんだボートを家にして暮らしている人もいるんです。
e0114020_828987.jpg
植木が飾られているこのハウスボートたち、引き潮のこの時はほとんど陸の上に乗っかっちゃってるぐらいの状態でした(笑)。
ちゃんと「陸」に家があって、道楽でボートを持っている人もいるようですが、本気でずっとこうして暮らす人もいるとか。
実はインディーさん、こういうボートに住んでみたいらしく、今の家に引っ越す前、冗談っぽく「このハウスボートがお買い得みたいなんだけど、どう?」と言っていました。何度も!
家がボートだと酔いそうな気がして、その度に私はお断りしましたとも!

橋から歩いて行くと、道沿いに入り込んだとても細い路地に、なにやら雰囲気のあるパブが姿を現しました。
e0114020_830176.jpg
あっ、これは有名なパブ、The Doveです。
ここだったんだ!
行ってみようと思いつつ、まだ行っていない場所。
お店の反対側は川に面していて、なんだか気持ちよさそうです。
ぜひ出直して来なくちゃ!

またまた歩いて行くと、藤がきれいに咲いている趣のある家がありました。
e0114020_1764030.jpg
建物に文字がいろいろ書いてあるなあ、と近寄って見てみると、ここはウィリアム・モリス・ソサエティーという場所でした!
e0114020_17104015.jpg
19世紀の詩人・デザイナーのウィリアム・モリスは日本でもとても人気がありますよね。私も大好き♪
ここは彼が実際に住んでいた家で、地下の部屋は一般に公開されているそう。
ここは知らなかったなあ!
でも公開は火曜と木曜の午後2時から5時までだけなんですって。
なにやらトクベツな感じがします♪改めて来なくちゃ!
今日は、また来ようと思う場所の多いお散歩です(笑)。

そのままどんどん川辺を歩いていると、パブが見えてきました。
e0114020_8324388.jpg
ちょっとここでお茶でも飲んで行くことにします。
休憩したら、また次回にお散歩の続きをしましょう♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
のんびり川辺のお散歩、気持ち良さそう♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-31 15:10 | ご近所探訪 | Trackback | Comments(2)
三連休だったイギリス。
ラッキーなことに3日とも予報よりもお天気が良く、気温もそこそこ上がって、気持ちも軽い楽しい連休になりました。

わが家ではこの週末はのんびりすると決めていたので、お天気の良かった日曜日の朝に近くの村までお散歩に行ってきました。
雨が降った後の緑が、とってもきれいでしたよ♪
e0114020_259645.jpg

今の家は本当に周りが緑で、去年、街育ちの日本の両親が初めて来てくれた時に、「どんな所に住んでいるのかと心配になった」と言ったくらい(笑)。

だって玄関を出て2分で、ほら、この森!
e0114020_481668.jpg
なかなかのカントリーです(笑)。
でも慣れてくると、これが心地よくて、もうずっと住んでいるような気分。

そして少し歩くとこんなにぽかーんと広い場所に出ました。
e0114020_2592448.jpg
何もないから、どんなに広いか、ちょっとわかりにくいですが(笑)!

ところで最初の写真はオーク(oak)の木の葉っぱ。
ドングリがなる木というとわかりやすいでしょうか。
日本語を調べてみたら、ナラと樫の総称なんだそうで、落葉するものはナラ、常緑のものは樫なんだそう。初めて知った!

私の中では「ヨーロッパらしい葉っぱ」という印象(どんな葉っぱ?笑)で、大好きな形です。
日本には、あんまりこういうひらひらした形の葉っぱってないと思うのですが、私が知らないだけかしら?
子供の時に父にもらったヨーロッパみやげの木製の箱にこの葉っぱが描かれていたので、その印象が強いのかもしれません。
オークの木は木目が優しくて丈夫な木材としてもとても人気です。
そういえば日本でもナラの木の家具ってありますよね。

さて緑の中をどんどん歩いて行くと、池がありました。
e0114020_262759.jpg
光の反射が強くてうまく写真に撮れなかったのですが、浅いところには小さなオタマジャクシも発見。
春は確実に来ているなーと安心しました。

さらにこの日知ったことは、針葉樹やヒイラギも新芽が出ること。
街育ちの私、なんにも知らないようです(汗)。
e0114020_1191947.jpg
ツンツンとがった葉っぱも、やっぱり生きているんですねー。

両手を広げるように葉っぱを茂らせたシダが風に揺られている姿は、とても気持ち良さそう♪
e0114020_154010.jpg
清々しい気持ちになりました。

はっ、気がついたら、緑色の写真ばっかりになりました(笑)。
ここらでちょっとお花などを♪
e0114020_142122.jpg
草花って可憐で大好き。
強そうでいて、摘んだらすぐにしおれちゃう儚さも魅力です♪

ふと足元を見ると、ぬかるみの中に馬の足跡♪
e0114020_227207.jpg
近くに乗馬教室があって、よく馬に乗った人が歩いています。

またまた緑の写真になりますが、この日一番気になったのはこの葉っぱ!
e0114020_1544285.jpg
こんな形の葉っぱ、初めて見ました!
まるでお花みたいな形じゃありませんか?
かわいくて、なんだか一人でニヤニヤしちゃった(笑)。

そろそろビレッジが近づいてきましたよ。
e0114020_1471152.jpg
e0114020_282242.jpg
ここはビレッジといっても、昔ながらの村ではなくて、計画されたちょっとおしゃれな雰囲気のビレッジなんですが(笑)かわいいし、お肉屋さんや良い食材のお店があるので、たまに買い物に来ます。

ずっとお天気がぱっとしなかったので、たくさんの人が出て、外で太陽をいっぱい浴びていました。
この日はきれいな葉っぱをたくさん見て、かわいい葉っぱも発見して、緑に癒された楽しいお散歩でした。
実はこれを書いている火曜日のロンドンは雨。
良いお天気を思い出して、気分を密かに盛り上げてます♪

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
緑っていいなあ♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-29 02:45 | ご近所探訪 | Trackback | Comments(8)

まだかな〜?

街中で見かけたワンちゃん。
e0114020_1831347.jpg
薬屋さんの前でご主人様をじーっと待っていました。
吠えもせず、ぐずりもせず、よそ見もせず、ただじーっと待っているのが、とても愛しかった♪

小さなワンちゃんなら抱っこしてお店に入る人もいますが、このワンちゃんのように外で待っているワンちゃんもたくさん。
こういう一途な姿、胸を打たれます♪

3連休中のイギリス、中日の今日は良いお天気です。
これからゆっくりお散歩に行ってきまーす♪

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
待っているワンちゃん、かわいいな〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-26 19:36 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)
最近はすっかり家にこもって仕事しています。
今週外に出たのは、食べ物の買い出しに商店街に行った一度だけ(汗)。

家にいると静かで平和だろうと思いきや、用事でかかってきた電話の相手の英語の訛りがすごくて慌てたり、花粉症「みたいな」症状を経験したり(まだ認めていない!)、4月末で建物全体の暖房が切れちゃったのにまさかの寒さが続いたり、となかなかエキサイティング。

今週はわが家のフラットの真下の部屋で改装工事が始まったようで、月曜日は朝からタイルをはがすようなカナヅチの音やドリルの音が鳴り響き、体にも振動を感じる大騒ぎ!
仕事の締め切りがある週なのに、どうしよう!?
あんまり長く続いたら、話しに行った方がいいのかなあ・・・とちょっと心配になるワタシ。
e0114020_2161195.jpg
(写真はわが家のキッチンを改装した時のもの。ご近所さんとは関係ありません。
このフラットの建物、壁がすんごく厚くて、わが家でも壁にものを掛けるために大きなドリルを買い直しました!)

大きな音だなあと思ったものの、とりあえずは耳栓をして作業続行。
あれ?でもなんだかちょっと違う音もするみたい、と思って耳栓を外してみると、下で作業していると思われるお兄さんの大きな歌声!

しかも、お世辞にも上手とは言えないのに、ハッピーにゴキゲンに歌い上げてるのです。
カラオケに行ったら、音はちょっと外れてるけどノリが良くて場を盛り上げる人気者タイプだな、きっと。

最初は驚いたものの、あまりのご機嫌の良さに、ただもうニヤニヤしちゃって、お兄さんのハッピーがうつっちゃいました。
われながら、のんきです。あはは。

結局、月曜日の午後には、様子を見に家に帰ってきた下の階の人が「こんなに大きな音がするとは思わなかった!迷惑でしょ、ごめんね」と丁寧に言いに来てくれたし、わが家も改装の時は大きな音を立てたのでお互いさまなので、何も言いませんでした。
幸い音が大きかったのは月曜日だけで、その後はたまにドリルの音がする程度で、お兄さんの歌声がメインなので、ハッピーなBGMとして楽しんでます(笑)。

楽しそうにしている人を見てる(聞いてる)のって、やっぱり好き♪
ハッピーを分けてもらえますもんね。

今週末イギリスは3連休です。
みなさんもハッピーな週末をお過ごしください♪

もしご興味があれば、キッチンを改装した時の記事、こちらからどうぞ。
わが家はずっとちょこちょこ改装中です。

知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その1〜改装ってどうやって始めるの?
知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その2〜業者さんとの契約
知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その3〜わが家担当のビルダーさん
知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その4〜いよいよ工事!
知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その5〜なんとか完成!
知識ゼロからのキッチン改装大作戦 その6〜今後の課題


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ハッピーなお兄さんとカラオケに行ってみたい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-24 16:06 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
前回お話ししたようにウォレスコレクション(Wallece Collection)で会った友達のウルリカは、秋からブルーバッジを取得する学校に行くそうです。

ブルーバッジとは英国政府公認の観光ガイドさんに与えられるもの。
取得するにはかなりの勉強が必要と聞いていましたが、この日彼女に聞いたところでは、まず入学試験があって、それがすでに大変なのだそう。
e0114020_18172323.jpg
(ちなみにウォレスコレクションでは、私はこの部屋が一番好き。
壁紙(布ですが)とお揃いの生地のソファ、壁紙の色を邪魔しないようにピンク色のチェーンを使って吊られた絵画など、展示の仕方も優雅で、なによりピンクでオトメな気分になれます。うふ)

ブルーバッジの学校に入学するにはまず筆記テストがあり、歴史、政治、文化、習慣、日常生活などなど、イギリスに関するありとあらゆる分野のことを150問ぐらい聞かれるそうです。
そしてこのテストにパスした人だけが面接に呼ばれ、事前に準備をして観光地のプレゼンテーションをするんだそう(この時のお題は、今年オープンして話題のシャードだったそうです)。
まだ勉強し始めてないのに、ですよ(笑)!

でも受験生には公認資格を取得したいという現役のガイドさんが多くて、みんなペラペラと上手にしゃべるのだとか。
外国人も多くて、面接では、受験生が「話せる」と申請した言葉で審査官と会話をするのだそうで、ウルリカはスウェーデン語が話せるかどうかを試されたそうです(彼女、スウェーデン人ですよ!笑)。
なんだかのんきなお話ですが、念には念を入れているんでしょうね。

外国人といっても、初めて会った20年前から英語がカンペキだった彼女は、この難関も突破して、晴れて秋から学校に通うことになりました。

本人は今になってちょっとユウウツになっちゃったようで、学校が始まる前に見ておくべき美術館や観光地の長−いリストが既に配られているし、学校が始まると週に2回の授業と土曜日の郊外での実習が毎週、2年にわたって続くそうで、お子さんの送り迎えに勉強と準備が加わって、今から悲鳴を上げそうだ!と言うのです。
もともと子育てに専念してしまうにはもったいなかった才能の持ち主なので、きっと優秀な成績で卒業することになるとふんでいますが、私にできることがあったら全力で協力したいと思いました。

そういえば知り合いの方が同じ勉強をされている時に、ガイドの練習の生徒役にかり出されたことがありました。
一緒に博物館に行って説明するのを聞き、「もうちょっと声を大きく」とアドバイスしたり、「この絵は何年頃描かれたんですか?」と質問したりするのです。

あ、それくらいなら私もできそう!
その役、いつでも引き受けるよ!とウルリカと別れ際に約束。
彼女のこれからが楽しみです♪
生徒役をするには、私もちょっとお勉強しないとね(汗)。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ガイドさんってそんなにたくさん勉強してるのね〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-23 22:32 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
ロンドンの留学時代の友達に久しぶりに会いました。
スウェーデン人のウルリカは、子育てとだんなさまのお仕事のお手伝いに大忙しで、会えるのは年に数回。
それでも会えば学生のままの気軽なノリで何でも話せる頼れる友達です。

今日は彼女のお家の居間をご紹介しましょう。ジャーン!
e0114020_6105825.jpg
なんてもちろんウソです!
ここはウォレスコレクション(Wallece Collection)という美術館。

18世紀のフランスの絵画、家具、調度品など中心に、きらびやかな美術品が並ぶ美術館です。
もともと美術品を集めていた貴族が国に遺贈したものなので、今は国の持ち物。したがって入場は無料。
ここがイギリスの太っ腹なところです!
(財政難なので入場料をとろうという動きもあり、観光が大きな産業のこの国ではそれが現実的なのかなと思いつつ、でも太っ腹を続けてほしいなあ)

寄贈した貴族のお家を使って展示されているので、大英博物館のように大き過ぎない上、まるで誰かのお家を訪ねるような気分になれるこの美術館。
しかもヨーロッパのイメージそのもののロココ調のゴージャスなものがたくさんあって、優雅な気分に浸れる大好きな場所です。
きっと女性はお好きなんじゃないかな!
e0114020_6192046.jpg
この日ここに来たのには理由があって、ウルリカの宿題をするため(笑)!
彼女は秋からブルーバッジを取得する学校に行くことになったのです。

ブルーバッジとは英国政府公認の観光ガイドさんに与えられるもので、2年間なかなかハードなお勉強をするそう。
学校は秋からなのに、すでに入学前に済ませるべき宿題があるそうで、この日はその一つであるウォレスコレクションの美術品をチェックしにきたというわけ。
なので、いつもはただなんとなく「きれいだな〜♪」と眺めている絵や家具も、この日はウルリカが持っていた長〜いリストをもとに「おお、マリー・アントワネットが使ったかもしれないのね!」「これがポンパドール夫人か!」と驚きながら見学し、ちょっと賢くなった気分でした。

ブルーバッジの学校の入学試験について、おもしろい話も聞いたので、これは次回お話ししますね。
e0114020_316690.jpg
(中庭に高〜い吹き抜けにしたカフェ&レストランも気持ちいいんです♪)

このウォレスコレクション、日本からお友達が来ると、特に女性ならば、ほぼ必ず連れて行ってます。
ヨーロッパの貴族の優雅さにしばし浸れる上に、場所も便利で、サイズがちょうどよく、ほんとにオススメの美術館です♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おお、優雅〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-23 04:28 | ロンドンでお出かけ | Trackback | Comments(2)
家の近くの野原では、暖かくなってくると週末にクリケットの試合をしています。
どうやら地元のリーグがある模様。
地元の人もお散歩がてら野原にやってきて、のんびり繰り広げられる試合を見るともなしに見ていたりするのですが、日曜日には、こんな見学者を発見!
e0114020_1243077.jpg

ワンちゃんがクリケットを見てる(笑)!

この日は見ている人が少なかったので、たまたまお散歩してたワンちゃんじゃなくて、飼い主の人が連れてきたんじゃないかと思うんです。
静かに座ってじーっと試合の様子を見守っている様子は、とってもかわいらしくて、「忠実な友」という言葉が頭に浮かびました。
ああ、犬って愛しいなー。気まぐれな猫も好きなんだけど(笑)!

このワンちゃんはテリア系で、きっとボール投げが好きなんじゃないかと思うのですが、すぐ近くでボールを投げてても遊びに行かないなんて、よっぽどクリケットを見慣れている熱烈ファンなのかしら(笑)。
実家の妹犬うーちゃんは12歳になっても遊び好きなので、こんな広い野原でボールを投げていたら、きっとまっしぐらに飛んでいっちゃうと思います。

イギリスのワンちゃんは、特にこういう野原ではリードをつけずに自由にお散歩していることが多いのです。
よその人に寄っていったり、寄り道したりしていても、飼い主が一声かけたり、口笛を吹いたりすると、ささっと飼い主の後に着いて行くので、ほんとに感心。
飼い主がよくしつけていて、犬の方でも飼い主への信頼が厚いのでしょうが、そんな関係の中にも、どことなくお互いに個人(個犬?)として尊重し合っているという感じも垣間見えて、「イギリス人にとって犬は友達」という言葉も、大きく頷いてしまいます。
e0114020_1251841.jpg
さてクリケット、昨年の夏に「ルールを覚えたぞ!」と思っていたのですが、忘れちゃったルールもあれば、(私にとって)新たなルールが現れたりもして、本格的に鑑賞するにはまだまだ時間がかかりそうです。とほほ。

クリケットはあまりテレビ中継されないものの、最近はIPL(インドのプロクリケット)の試合をイギリスでも中継しているので、それを見てルールをおさらい中。
イギリスのクリケットの観衆は、サッカーと違って礼儀正しくて大人しいそうですが、インドのクリケットファンはノリノリで、シックス(野球でいうホームラン)があったり、自分がテレビカメラに映ったりしたら大騒ぎ(笑)。

そんな違いも楽しみながら、夏に備えてクリケットの勉強に励んでいます。
のんびりしたスポーツだから、のんびり覚えればいいですよね?


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
クリケットを見るワンコ、かわいい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-21 19:05 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)
前回、リッチモンドパークのイザベラプランテーションのツツジとシャクナゲをお話をしましたが、イザベラプランテーション、それだけじゃなくて他のお花も魅力もたっぷりの場所でした。
e0114020_2328969.jpg

イザベラプランテーションへの門をくぐってすぐに咲いていたのはブルーベルたち。
e0114020_16473028.jpg
この時はまだ満開じゃなかったので、今頃はかなりいい感じになっているのでは?

こんなおとぎ話に出て来るような道もありました。
e0114020_23374618.jpg
森の小人たちが歩いているのが見える気がしませんか(笑)?
ブルーベルって、やっぱり乙女心をくすぐります。

中には池や小川もあって、新緑がさらにまぶしく見えました♪
e0114020_0174086.jpg


ヘザーという低木に咲く花、ご存じですか?
私はイギリスに住むようになって初めて知りました。
ちょっとエリカのような固めの葉に、小さめの可憐なお花が咲いて、とてもかわいらしいのです。
e0114020_17112424.jpg
低木に咲くと言いましたが、ここには背の高ーい木もあってびっくり!
そしてこれまた初めて知ったことに、ヘザーもツツジ科なのだそう。
イザベラプランテーションでは、初めて知ることが多いな♪
(ちなみにヘザーはそろそろ盛りは過ぎているかもしれません。)

大好きな椿もあちこちに咲いていました。
e0114020_3434363.jpg

写真だと大きく見えますが、日本の椿から見るとちょっと小振りな気がします。
真ん中下段の椿、絵に描いたような繊細な形の花びらで、しばらく見とれちゃいました。

その他にも、もう見所たくさん、自然のパワーに癒されまくる空間でした。
e0114020_044073.jpg
今年は本当に春が遅かったので、まだモクレンも残っているのにスズランも顔を出し始めていて、お花の天国!
日なたには日なたに合う明るい花が、日陰には日陰に映える可憐な花が咲いていて、まさに「みんなちがって、みんないい」by 金子みすず♪

お花が散ってしまう前に、近いうちにぜひまた行ってみたい場所です。
おすすめはやっぱり人がまだ少ない朝のうちですよ♪
e0114020_05303.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
イザベラプランテーション、行ってみたい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-20 17:07 | お花大好き | Trackback | Comments(8)
一昨年に引越してからリッチモンドパークが近くなり、たまにお散歩に出かけています。
公園の中にはイザベラプランテーションという場所があって、春になるとツツジやシャクナゲが美しいと前から聞いていました。

少し前に、ご近所に住む情報通のお友達が「もう少しで見頃らしいよ」と教えてくれたので、先週の日曜日の朝一番に行ってみました。
(この時期、お花見の人が多くて特に週末は駐車場が混むと聞いたのです♪)

私にとっては初イザベラプランテーション。
着いてみると、まあ、どこを見てもツツジ、ツツジ、ツツジ!
e0114020_18234948.jpg

イザベラプランテーションのサイトによると、ここにはツツジ類が65種類、シャクナゲが50種類、混合種は120種類もあるそうで、1920年代に西洋に紹介されたものだそうです。

そういえばネパールでトレッキングをした時、シャクナゲの原産がネパールだと聞いたことを思い出しました。
きっとツツジもアジア系の植物で、西洋の人達にとってはエキゾチックなお花なんですね。
鮮やかな色をしたお花が本当に見渡す限りあちこちに咲いていて夢のよう♪

あれ?でもツツジとサツキって、どう違うんだろう?
ちらっと調べたところでは、サツキの方がお花が小さくて、日本でよく植え込みなんかに使われているものが「サツキ」だそう。
ということは、このイザベラプランテーションにはサツキもあるようです。

遠目も美しいけど、近くで見ると、これまたかわいい♪
e0114020_21551131.jpg

中でも今回、私の目を奪ったのは、これ!
e0114020_18244299.jpg
淡いパープルのツツジです。
なぜか日陰に多くて、その淡いはかなげな色と日陰のひっそりした感じがミステリアスにマッチして、夢を見ているような気分になりました。

あとね、これもかわいかった♪
e0114020_22535529.jpg
ツボミや葉の形からするとツツジだと思われるのですが、お花の形がベルになってる♪
色も可憐で本当にかわいらしく、いつまでもみとれちゃいました。

そしてシャクナゲも有名なイザベラプランテーション。
ツツジと似ているけれど、高い木に咲いていて、ツツジより大きめのお花がこんもり丸くつくのが特徴ですね♪
e0114020_19405171.jpg

そして私のシャクナゲ大賞は、こちら♪
e0114020_19435683.jpg
ひらりとした花びらといい色といい、全体にとても柔らかくて、クチナシの花を思わせる美しさでした。

なんて、ほんとはどれもきれいで、一番を決めるのは難しいのです。
何より、どこを向いてもお花が目に入って、こんなにいっぺんにお花に囲まれているのが夢の国にいるように単純に嬉しいのでした。
e0114020_200972.jpg
360度の写真をいっぺん撮れるカメラがあたたらいいのに!
このお花に囲まれた感じ、お花が本当にたくさん咲いている様子、どうやったら写真に撮れるのかなあと話していたら、インディーが「そうだ!高い所から撮ればいいんじゃない?」と言って、肩車してくれました。えっ、なんで(笑)!?

肩車なんて何十年ぶりでしょう(笑)!?
少し目線が変わった感じ、伝わるかしら?
e0114020_1825510.jpg

少し高い所から見るお花の風景は、またひと味違って美しく、ずっとこのまま公園を歩いてほしいくらいでしたが、そろそろ増えてきたちびっこに笑われると思って、さすがにやめておきました(笑)。

このイザベラプランテーション、有名なツツジとシャクナゲ以外にも、お花がたくさん咲いていました。
次回はその様子をお伝えしますね。

先週はまだツボミもたくさんあったし、ブルーベルも満開ではなかったので、今週末あたりは本当に見頃じゃないかと思います。
お近くの方、お時間があったらぜひお出かけください♪
e0114020_18254061.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ツツジってきれいなんだな〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-18 23:14 | お花大好き | Trackback | Comments(6)
ユーロビジョン・ソング・コンテストって聞いたことがありますか?
広い意味でのヨーロッパの国々がそれぞれ代表を1曲ずつ出して競う歌のコンテストで、毎年開かれています。
実はこの歌の祭典、オリンピック、ワールドカップの次に世界中で見られている大人気イベントで、経済効果も大きいそう。
あのABBAもこのコンテストから世に出ているんですよ!

このイベント、ニュアンスは少し違いますが、例えるなら日本の紅白歌合戦に似ていて、それぞれの歌手はここぞとばかりに派手な衣装や凝った演出で歌うんです。
ただその凝り具合がおもしろくて、行き過ぎて滑稽になっていたり、演出が気になり過ぎて歌が耳に入らなかったりすることもしばしば(笑)。
でも、その滑稽さがある意味このコンテストの売り物でもあり、みんな「あー、今年もやってるよ」と思いながら、ついつい見ちゃう(笑)。
ね、ちょっと紅白に似てるでしょ。

毎年見ているわけではないのですが、何度か見たうち、これまでで一番私がユーロビジョンらしい♪と思ったのが、2011年のモルドバ代表。



森の小人みたいな長い三角帽子を被ったグループが、お国の音楽なのか、あまり聞き慣れないメロディーの音楽を奏でながら踊る様子は、テレビの前で目がテンになりました。
でも、それがユーロビジョンらしくていいのです♪
このグループのようにおもしろバンド系あり、演歌のように歌い上げる系あり、ダンスに凝る系あり、お国柄を全面に押し出す組あり、英語で歌う組あり・・・それぞれが個性たっぷりです。

今年のユーロビジョンは今週の土曜日、5月18日に行われるんですが、それに先立って昨夜、これまでのコンテストを軽いトーンで振り返り、勝つための対策を練る(?)というテレビ番組をやっていました。
この番組、ヘンテコなイベントだよねーというニュアンスを漂わせて冷やかしながらも、内容はなかなか興味深かったです。

これまでにあった不思議な演出やダンスや衣装を紹介したり、ひどかったパフォーマンスに順位をつけたり、最も点数の低かった国を発表したり、というおもしろおかしい部分も多いのですが、先ほど言ったABBAの他にセリーヌ・ディオン(スイス代表。でも彼女、カナダ人ですよね?なんで?笑)やタトゥー(ロシア代表)も出場してたこと、ABBAは出場の前年にスウェーデン語でエントリーしたけど予選落ちしちゃったこと、歌のサビに"not put in"という言葉を入れて「ノー・プーチン(大統領)」という政治的メッセージを伝えようとした歌手がいたこと、言葉の壁を超えるために♪ラララ〜♪という歌詞が多いこと、などなど、おもしろエピソード満載でした。

しかもコメントする人の中に「ユーロビジョンのグル」とか、「ユーロビジョン・ファン」とかいうオタクな人達がいて、マジメな顔で語っているのが、これまたユーモラス(バカにしているわけじゃありませんよ!笑)。

それに、こういうところでイギリス人、あるいはヨーロッパの人なら誰でも知っているような歌手の名前がわかったりするのも楽しいですよね。
例えば1981年にイギリス代表で出場したBucks Fizzというグループは、歌の途中で女性のスカートを男性が(あくまでも陽気に)剥ぎとってミニスカートになるという演出がお約束だったそうで、イギリス人と世間話をしていてその話になった時にもついていきやすいなーと思ったり(笑)。
調べてみたら、UK版ABBAとも言われていたBucks Fizzは日本でも人気があったみたいですね!知らなかった!
スカートを剥ぎとる彼らのユーロビジョンでのステージにご興味ある方は、こちらからどうぞ♪

ユーロビジョンを紹介するこの番組、例によって英国内にお住まいの方と、国外の番組も観られる手段(Stream Viaなどがあるようです)をお持ちの方限定になっちゃいますが、BBCのiPlayerで5月19日(日)まで視聴可能です。
この際ユーロビジョンを振り返ってみよう!という方、こちらからどうぞ♪

ちなみに私が2年前にユーロビジョンを見て書いた記事はこちらです。

これまでの歴史を振り返る番組なんて見ちゃったからには、やっぱり今年も土曜の夜はテレビの前に座ることになりそうなロンスマ家です。

今年のイギリス代表は、えーと、ボニー・タイラー!?
まだ歌ってたのね(失礼!)。
そしてアメリカ人かと思っていたけど、ウェールズ出身の英国人でした。
音楽業界の発達しているイギリスですが、どうもユーロビジョンの成績はあまり芳しくないようなので、知名度の高そうな彼女に頑張ってほしいけど・・・さて、どうなるでしょう。お楽しみに♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ユーロビジョン、今年は見てみようかな♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-17 01:07 | 楽しいイギリス観察 | Trackback | Comments(6)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile