カテゴリ:ロンドン郊外を楽しもう( 1 )

2週間近く前になってしまいますが、週末に郊外の親戚の家に行ってきました。
最近飼い始めたジャーマン・シェパード・ドッグの赤ちゃんがどんどん大きくなっているよと聞いたので、一緒にお散歩に行くのも楽しみに。

大人数でランチの後、せっかくなら森の中を散歩しようということになって、これまた大人数で出かけてきました。
ティーンエイジャーの子どもたちも一緒に来てくれて嬉しかった♪
このためにスニーカーも持って行ったのです。笑

e0114020_01192336.jpg

親戚の家があるのはウエスト・サセックス州。
シャクナゲの花が多いことで有名です。
そろそろお花も満開といういちばん良い時で、どこを見てもきれいなシャクナゲでいっぱいだったんですよ。

e0114020_01195658.jpg

この日出かけたのは、ウェスト・サセックス州のLeechpool and Owlbeech Woods
中でもLeechpool Woodlansdの方を中心に歩きました。

幹線道路をちょっと入っただけで、最初の写真のような入り口があり、すぐに圧倒的な勢いで森が広がり始めます。

e0114020_01185331.jpg
e0114020_01174683.jpg
e0114020_01251959.jpg
e0114020_01181179.jpg

これ、なんだと思いますか?
単なる木の切り株なんですが、なんだか子熊みたいに見えません?笑
森の中を歩くのにぴったりの妄想でした。

e0114020_01134842.jpg


ちょうど太陽も出てきて、さまざまな緑色のグラデーションと陽射し、それに時々目に入ってくるお花の鮮やかな色でテンションが上がりました。

e0114020_05095933.jpg
e0114020_01141511.jpg


ワンちゃん、本当に大きくなっていました♪
すでに大型犬サイズと思いきや、これからまだまだ大きくなって、それでも中型犬と聞いてびっくり!
私はもう抱っこできないと思います。笑
ちなみに、真っ黒でクマみたいだったので、『ジャングルブック』に出てくる陽気なクマからとって、名前はバルー。

バルーは、体こそ大きいけれど、まだまだ赤ちゃん。
やんちゃで家の中でいたずらをしては怒られてばかりです。
でも実は、本当はお利口さんということがこのお散歩でよくわかりました。

お散歩の間、いつものことながら、私は写真を撮っていてみんなから遅れがちだったのですが、気がつくと、バルーが私の方を振り返って待っていてくれるのです。
そして私が歩き出すと、あるいは「ありがとう、大丈夫だよ」と言うと、またみんなの方に向かって走っていく。
なんてかわいい♪ そして賢い!
同じようなことが何度もあったんですよ。
さすが警察犬にもなる犬種です。
そして言葉を超えて動物とも分かり合えるって、とても嬉しいことですね。

さてさて、背の高い木が増えてきて、森はひっそりした日陰に入ってきました。

e0114020_01140001.jpg

シダがお行儀よく並んでいます。
ちょうど葉がこれから出るところで、勢いがありますね。

e0114020_01183994.jpg

これ、なんだと思いますか? (今日はクイズが多いですね。笑)
私もこの日初めて見たのですが、ブルーベルの花が咲いた後になったタネだそうです。
そういえば、後ろの方に終わりかけのお花がちょこっと隠れていますね。
これが割れて、土の上に広がり、来年また花を咲かせるんですって。
まあるくってかわいいですね。

e0114020_01143261.jpg


こちらはこれから咲いていく夏のお花、ジキタリス(フォックスグローブ)。
もう少ししたら満開でしょうね。

e0114020_01164700.jpg

下草のシダが柔らかくさわさわと風に揺れて、気持ちよさそう♪

こっちに来てごらん、と言われた方を向いてみると、あっ!

e0114020_01151022.jpg

これはもしや!

e0114020_01152379.jpg

やっぱり!
シカの群れでした。

大きな声を出さないように気をつけたのですが、バルーが喜びの大声を上げてしまったので、慌てて逃げるシカさんたち。

e0114020_01153520.jpg

シカがいたところは柵で囲われていたので、私たちは入っていかれないのですが、そんなことはシカさんは知らないのでね。笑
小鹿もいたので、焦ったでしょうね。

おどかしちゃってごめんね、とシカにさよならをして、さらに歩きます。

e0114020_01155070.jpg


歩き続けてちょっと暑くなってきていたので、ひんやりした日陰が気持ちいい。

そろそろ疲れてきたティーンエイジャーたちは、お姉ちゃんと弟がお互いにもたれ合って歩いたりしていました。
口では大人びたことを言うけれど、こうしているとやっぱりまだ若くてかわいいなあ。

e0114020_01172557.jpg

向こうの方には大きなシャクナゲの木が。
シャクナゲの木がこんなに大きくなるというのも、イギリスでシャクナゲを見て驚いたことのひとつでした。
私が日本で見たのはお寺の庭だったので、大きくなりすぎないようにお手入れしていたのかもしれません。
大きな木にたくさんのお花が咲くと、全体がピンクに染まって本当に見事です。

あー、楽しかった。1時間半ぐらいの時間があっという間で、緑の中で本当に癒されました。
幹線道路からすぐなのに、驚くほど大きな森でした。
安全上、市が管理しているとはいえ、かなり自然のままの姿が残っているようです。

さらに驚いたのは、土曜日の午後だったのに歩いている人も少なくて、人に出会うのはほんのたまに。
あとはひたすらシーンと静かで、もし一人で歩いたら遭難が心配になるくらいでした。

この日もそこそこ歩きましたが、全体からすると、まだまだほんの一部だそう。
ロンドンから1時間ちょっとで行かれる距離なので、週末に静かな森を歩いてみたくなったらいかがでしょう?

e0114020_01190886.jpg

(他の人にはほとんど会いません。それがまたすごい!)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

by londonsmile | 2017-06-09 02:37 | ロンドン郊外を楽しもう | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile