カテゴリ:オーストラリア2013( 12 )

長くなってきたオーストラリア話も今日で最後になります。
最後はやっぱり気になる食べ物とおみやげのお話。
とはいえ、義妹と滞在中はあまり食べ物の写真は撮らなかったので、人が食べていたものも含めて(笑)!
e0114020_623893.jpg
シドニーのダーリングハーバーでお昼を食べたシーフードレストランにて。
インディーの肩越しに、ものすごいものをオーダーしている人達を見たので、思わずパチリ!
これ、全部シーフードなんです(内側の支えにちょっとフルーツがありました)。

海が近いシドニーは、やっぱりシーフードのイメージですよね。
ダーリングハーバーのおしゃれな店構えのこのお店には、見た目にも食欲をそそるメニューがたくさんありました。
e0114020_648488.jpg
上の段真ん中が私がオーダーした「今日のおすすめシーフード」。
こんなに見事に全部が揚げ物だと思わなかったので焦りましたが、ソフトシェルクラブや大きな海老、白身魚など、身の味もしっかり感じられておいしかったです。
フライ効果で、昼間からビールもワインも進んでゴキゲンになりました(笑)。

郊外にいた時にも、やっぱり海辺だったのでお魚をいただくことが多かったです。
e0114020_6483456.jpg
これはスーのお友達とランチした海辺のレストランにて。
お魚の名前は忘れちゃったけど、これもしっかり身を感じるおいしいお魚でした。
なにより美しいビーチを見ながらの外での食事は、とても気持ちがよかったです。

今回のオーストラリア旅行で、バラマンディというお魚を知りました。
日本語で調べてもカタカナで出て来ちゃうので、この名前でいいのかしら。スズキの仲間のようです。
日本ではあまり聞かない名前ですが、東南アジアやオーストラリアではよく食べられているという白身魚。
体長2メートルにもなる大きなお魚だそうですが、クセがないわりに身がしっかりしていて、おいしかったです。
写真は特にないのです、ゴメンナサイ!

オーストラリア人はバーベキュー好きで知られていますが、やっぱりバーベキューはよくするようで、アパート暮らしのスーも、家のベランダに小さいバーベキューの設備を置いていました。
e0114020_1910060.jpg
公園ではこんな表示も見ましたよ。
今回は冬だったので、バーベキューをしている人をあまり見なかったのが残念!

なんでもリラックスしているオーストラリア(もう何度も言ってるので、そろそろオーストラリア人に怒られるかも・笑)、スーの結婚式でも、限られたクラブハウスのスペースにローストの設備を入れて、こんなことになってました。
e0114020_19161220.jpg
ゲストは席から立って自分で食事を取りに行くというカジュアルなスタイルで、飾らない2人らしい披露宴になりました。

そういえば、この時がオージービーフを食べた唯一の機会だったかも。
オージービーフ・ファンのみなさん、ご期待に添えず、スミマセン(笑)!

オーストラリアでは、特にこれといって甘い物を食べなかったのですが、前に紹介した海辺のカフェはケーキがおいしかったなあ。
他に思い出に残ったのは、何十年ぶりかに飲んだチョコレートのミルクシェイク!
e0114020_18511189.jpg
なんだか急に飲みたくなり、お腹がいっぱいになりながらも大満足でした。
そしてやっぱりBill's のパンケーキはおいしかった♪

シドニーの街は、6年前に行った時よりも全体的におしゃれなお店が増えている気がしました。
残念ながらイギリスからは直行便も飛ばないくらい遠いのですが、日本からは約10時間のフライト。
おいしいシーフードやオーストラリアワインを味わいにちょっと一飛び、なんてどうでしょう?ふふふ。

今回はおみやげを買う機会も時間もほとんどなかったのですが、それでもおみやげ好きな私は、ちょこちょこと探しまわりました(笑)。
e0114020_6574693.jpg
左上のコアラちゃんはスーツケースのタグ。
早速スーツケースにつけたので、空港でもすぐに自分の荷物がわかりました♪

その下はティータオル(食器を拭くタオル)。
でもこんなにたくさんのコアラちゃんに見つめられたら、お皿なんて拭けません!
かわいくて見つめ返してしまいそう♪

真ん中上の段は、オーストラリアブレンドの紅茶。よく見ると、下の方にカンガルーの絵が描いてあるでしょ。
アパートメントホテルに滞在していた時にスーにもらって知りました。
もちろんオーストラリアで収穫されたお茶ではなくて、ブレンドだけなのですが、この1、2年の間に発売されたものだそうで、渋くならずになかなかおいしい♪
免税店にもなかったので、これはよいおみやげだったかも、と自画自賛しています(笑)。

その下はよくあるお菓子、Tim Tamと、かわいい絵が描かれたビスケット。
右上はコアラとワライカワセミの指人形。4歳以上のお子様向けです(笑)。
コアラちゃんはおみやげで嫁いでいきましたが、ユーモラスな表情がかわいいカワセミちゃんは私と一緒にロンドンで暮らしています。

最後、右下はTシャツなんですが、大人気のAbercrombie & Fitchをもじった(つもりの)Applecrumble and Fishと書かれています。
アップルクランブルはイギリス系の典型的なデザート、フィッシュはもちろんお魚で、オーストラリア版のジョークTシャツ、のつもりらしい。
インディーは大爆笑してたけど、ちょっとわかりにくいところが良いのかな。
その辺のセンスは日本人の私にはまだわかりません・・・。
(ちなみに写真を撮らせてもらっただけで、買いませんでした。お店の方、ゴメンナサイ!)

楽しかったシドニーとその近郊の滞在。
今回の旅行で、オーストラリアが以前よりずっと好きになりました。
英語を話す国には全く興味がなくて、オーストラリア行きもしぶっていたほどのインディーさんですが、「もし次に来るとしたら車を借りてさぁ・・・」なんて言い出したので、彼もなかなか気に入ったご様子。
スーが住んでいる限り、私達にはオーストラリアに行く理由はあるので、またぜひ行ってみたいと思っています。

また行くよ、シドニー♪
e0114020_19545417.jpg

*********************************************
ブログランキングに参加しています。
オーストラリアのこと、前より好きになっちゃった♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-22 20:06 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(4)

シドニー、そぞろ歩き♪

今回シドニーでは半日ぐらいずつの時間が2日あっただけだったので、パンケーキを食べに行ったほかは欲張らず、ただ街をぶらぶらと歩いていました。

by londonsmile | 2013-08-21 22:26 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(2)
シドニーと義妹スーが住む町との往復には電車を使いました。
街の中心からそのまま出ている電車はとても便利。
街を走っている地下鉄と、郊外に行く電車がつながっているので、乗り換え不要なのです(全部の線ではありませんが)。
e0114020_22572586.jpg
地下鉄からちょっと地上に出たところから撮ったシドニー・ハーバー・ブリッジ。
夕暮れ時だったので、車内の電気や乗客のおねえさんが写っちゃいました(笑)。

オーストラリアの電車でちょっとびっくりするのは見慣れない2階建ての車両。
e0114020_23182719.jpg
中に入ると上と下に行く階段があって、どっちに行こうかなーと、なんだかワクワクしちゃいました。
もちろん大きな荷物を持っている人などのために、乗り込む階にも座席はあります。

街中を走る地下鉄でも同じ車両を使っているので、ほんの少し乗るだけでも旅行気分が味わえます。
のんびりしているオーストラリアですが、通勤ラッシュにはこの2階分に人がぎっしりになるので、なかなかの混雑でした。
みんな同じような時間に家に帰るっていうことは、残業している人が少ないっていうことかもしれませんが!

シドニー近郊の電車は便利な上に、とってもお得でした。
郊外に行くのに1時間半ぐらい電車に乗っていましたが、料金は800円ぐらい。
空港からも、電車だとリムジンバスよりずっとお得に市内に着くことができます。
ちなみにシドニーの空港と市内は20分ぐらいという近さ。
とても便利な街です。

シドニー市内の駅では、こんなノスタルジックなものも見つけました。
e0114020_238833.jpg
木でできたエスカレーター!
私が初めてイギリスを訪れた80年代にはロンドンの地下鉄でも見かけたのですが、1987年のキングスクロス駅の大火事以来、危険ということになってすべて金属製に変えたそうで、今では木製のエスカレーターはロンドンにはないのです。
シドニーでは危ないって言われないのかなあ。
比較的モダンなシドニーの街で、こんなレトロなものが見られて、古いもの好きな私としてはとても嬉しかったのですが♪

レトロといえば、駅にある広告も、なんだかクラシックな感じのものが多かったのです。
e0114020_23184252.jpg
これは郊外の駅のものですが、街中の地下鉄の駅でも、ビクトリア時代のような絵や書体が描かれているビスケットなどの広告をたくさん見ました。
通勤ラッシュの時だったので、写真を撮れなくて残念!
みなさん、想像してみてくださいね(笑)♪

ところ変われば乗り物も変わって、おもしろかったです。
次回はシドニーの街、そぞろ歩きをご紹介します♪


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、現在イギリス情報で第3位。
今はオーストラリア旅行記なのに嬉しいです!ありがとうございます♪

電車も地下鉄も一緒なんだ♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-20 03:16 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)
オーストラリアではほとんどシドニー郊外のビーチに滞在していた私たち。
滞在型のアパートメントホテルに泊っていたので自炊もできたのですが、朝ごはんやおやつの時間に、近くのカフェによく行っていました。
ここ、とっても落ち着くカフェだったんです。
e0114020_23412151.jpg
カフェの名前はRuby 2 Cafe & Books
なぜ名前に2がつくかというと、近くの別のビーチ沿いにRubyというお店があって、そこが本店で、ここは2号店だからのようです。なるほど、わかりやすい!

Cafe and Booksとなっているこのお店、中に入ると古本やアンティーク風な小物(どちらも売り物らしい)と一緒に、アンティークというより中古という雰囲気の家具が置いてあり、その力の抜け具合が、たとえば友達の家に遊びに行ったみたいに落ち着くのでした。
e0114020_23414443.jpg
もちろんお店の人もフレンドリーで、いい雰囲気。
初めて会う人と一緒にいることが多かったので、おしゃべりに忙しく、食べ物の写真はあまり撮れなかったのですが、食べ物もケーキもおいしかった♪
特に朝ご飯に食べたバナナとベーコンとメイプルシロップのパンケーキは、お味もふわふわ具合も絶品でした。
ベーコンとバナナとシロップっていう組み合わせはどうなの?と常々思っていたのですが、思い切って試してみてよかった!

あとおもしろかったのが、お菓子の名前。
ポルトガルの名物エッグタルト、パステル・デ・ナタがおいてあったのですが、それを指さして注文したら、お店の人が「あ、『ポルトガル』ね!」と言うんです。
長い名前なので、ロンドンでも「ナタ」と省略されたりして正式な名前では呼ばれることは少ないものの、さすがに「ポルトガル」って呼んでいるのは初めて聞いたなあ!
これは例えばおまんじゅうを「日本」と呼んでいるようなもの(笑)。
英語ではPortugueseと言っていたので、『ポルトガルの』という中途半端な感じに聞こえたのがまたおかしい。
オーストラリアでは、なーんでもリラックスしているのです。いいんです、わかれば!

ちなみにオーストラリアでは、普通のブラックコーヒーのことをlong black(ロングブラック)と言うようです。
別のお店ですが、インディーが最初に「アメリカーノ」と注文したらわかってもらえず、エスプレッソにお湯を足して、と説明したらエスプレッソがそのまま出てきちゃってびっくり(笑)。
アメリカーノという言い方はほとんど通じないようでした。

そういえば最近ロンドンでも知られてきているflat white(フラットホワイト)というのもオーストラリア/ニュージーランドから来ているんですよね。
こちらはラテやカフェオレに近いんだけど、質感がもうちょっとふんわりしているもののよう。
リラックスしていて食通な印象があまりないオーストラリアの人達(ごめん!笑)、意外と食に敏感なのかも!

このカフェ、顔なじみのお客さんも多くて、ケーキを1個だけ買って行くお客さんもずいぶんいました。
お家やオフィスで一人で食べるのかな。
なんとなく落ち着くお店の雰囲気は、オーナーのお人柄もあるのかもしれません。

ビーチにいた間、日曜日に開かれるマーケットに行ったのもとても印象に残っています。
e0114020_2346264.jpg
日用品から食べ物、古本、おみやげもの、エキゾチックはアジアの小物などなど、いろいろなものを売っていて、見ているのが楽しい海辺のマーケットでした。
e0114020_23525857.jpg
私達が行ったのは冬だったのでそんなに混んでいませんでしたが、夏のシーズンにはたくさんの人で賑わうんでしょうね。
この日は地元の人もずいぶんたくさんいたようでした。

カフェにしてもマーケットにしても、とにかくのんびり、のんびり。
おかげで私ものんびり、のんびりできました。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
おかげさまで、現在イギリス情報では第3位。ありがとうございます♪

ほんとにのんびりできそうな雰囲気だね〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-18 01:50 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)
ロンドンに戻ってから時差ボケもあまりなくてラッキーな私。
ただ、私が帰る3日前にシンガポールから戻ったばかりのインディーさんは時差ボケにお悩みのようで、朝早くから話しかけられたりして起こされております(笑)。

日本の思い出はいろいろあるものの、旅行で行ったオーストラリアのお話があと少しだけなので先にお話ししてしまいますね。
もう少しおつきあいください。

*********************************************
オーストラリアではシドニー郊外の小さな町に滞在していて、義妹のスーの家族やお友達と会う以外は、鳥が飛ぶのを眺めたり、砂浜をお散歩したりして、ただのーんびりしていました。
中でもかなりの時間を費やしていたのがクリケットのテレビ観戦(笑)!
e0114020_0113278.jpg
ちょうど年に一度のイングランド代表対オーストラリア代表のThe Ashesという大きな試合が開かれていて、テレビで盛大に放映していたのです。

日本人には本当に馴染みの薄いクリケット、動きが少ないし、ゆっくりだし、なんだかあんまりスポーツらしくない気がしてしまいますが、イギリスや元イギリスの植民地だった国では大人気のスポーツ。
クリケットの試合をしている脇で、時々試合を眺めながらピクニックしたり、本を読んだり、お昼寝したりするのがイギリスらしい夏の過ごし方だったりするのです。

せっかくイギリスに住むからには、と、ルールを勉強中の私。
でもこれが野球より変則的で複雑で、なかなかややこしい。
家の近くにクリケットをするグランドがあって、たまに見に行ったりするものの、テレビで写してくれる方がルールの勉強はしやすいのです。
でもクリケットの試合って長いので、あんまりテレビでは中継していない。
従って、テレビでクリケットをやっているのは私にとってはチャンス!

というわけで、オーストラリアでもインディーにルールを教わりながらクリケットを観ていたのです。
おかげで、細かいところは完全ではないけれど、さすがにわかってきたかなーと思えるようになりました。
シーズンが終わってしまう前に、また近所のグランドに見に行って復習しないと!
e0114020_0274573.jpg
クリケットの中でも私がおもしろいと思うのは、ボウラー(野球でいうピッチャー)のボールの投げ方。
どこからともなくゆっくり助走してきて、途中から本気で走り出し、腕を曲げずになんとも不器用そうにボールを投げるのです。
肘を曲げずに投げるという決まりがあるようなんですが、それにしてもあまりにも見慣れない形で不器用そうに投げるのでユーモラスだし、「下手なんじゃないの?」と毎回思っておかしくなっちゃうのです(この人たちは国を代表しているんですけどね・笑)。

それから野球でいう野手の人達がグローブをしていないのも不思議。
グローブもしないなんて、ボールを取る気があるのか?と、つい思ってしまいます(笑)。
クリケットのボールってかなり固そうなんですよ。
あんまりいろいろ道具を使わないのが優雅でいいのかもしれないなーとは思いつつ、危ないじゃないのと思ってしまって、やっぱり腑におちない(笑)!

サッカーもそうですが、スポーツ観戦している人達って、おもしろい格好をした人が多いですよね。
クリケットも同様。
今回はこんな人を見つけました!
e0114020_0281651.jpg
空気でふくらませたカンガルーと一緒に写っている男性、オーストラリアらしい緑と黄色をコーディネートした服装で、派手めのサングラスをかけ、いかにもオーストラリア人という感じ。
この試合はイギリス北部のマンチェスターで行われていたので、オーストラリアらしさを強調したものと思われます(笑)。

クリケットを観ている人はスポーツの性質からか、お行儀の良い人が多いようで、サッカーファンのように興奮したりしないそうです。
そんなことも知っていると、イギリス人との会話もしやすいなあ、と思ったクリケットテレビ観戦でした。

ちなみにこの試合、5日間で1試合なんだそうで(ひえ〜、気が長い!笑)、この試合はイングランドが勝ちました。
かなり話題になっていたようで、義妹のスーの結婚式のためにイギリスから到着した他の親戚は、空港の入国審査官に「クリケットの試合の話をしないでくれてありがとう(オーストラリアが負けたから)」と冗談を言われたそう(笑)。
オーストラリアではお役人もリラックスしてるんですね。

The Ashesは全部で5試合あるそうで、現在イングランドが3勝1引き分け中。
私達が観たのは3試合目だったそうです。
でも、1試合5日かかるということは、5試合やったら休憩なしでも25日はかかるっていうこと?
今調べてみたら、最初の試合は7月10日に始まっていて、最後の試合は8月25日に終わる予定のようです。
これは特別大きな大会なんだろうけど、5試合するのに1ヶ月半かかるって、本当に気が長いスポーツだなあ!
でもそのスポーツらしくない感じが、クリケットらしく優雅で良いのかも♪
気になって、ついつい観ちゃうスポーツです。

あれ、オーストラリアの話をするつもりが、クリケットの話になっちゃいました!

*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございました。
ブログランキング、おかげさまで留守中も好調でした。
ありがとうございます♪

クリケットってわかりにくいよねーと思ってくださった方、ちょっと興味を持ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-16 01:05 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)
今回のオーストラリアは義妹のスーの結婚式のために行ったので、観光はほとんどないことは最初からわかっていました。
ただ到着した日と帰る前の日にシドニーで半日ずつあったので、ひとつだけしてみたいことがあったんです。
それは世界一の朝食を食べること!
e0114020_058163.jpg
シドニーにあるBill Grangerのお店、Bill'sでは「世界一の朝食」を食べさせてくれると聞いたのです。
しかも名物のひとつはパンケーキ♪
日本にもロンドンにも支店があって、ロンドンのお店に行った時には、私のイメージのパンケーキ=ホットケーキというよりフレンチトーストに近かったものの、とてもおいしかったので、ぜひとも本場シドニーのお味を試してみたかったのでした。

私は日本から、インディーはイギリスから、それぞれ早朝便でシドニーに到着した日。
ホテルにチェックインしたものの、ここで休んでしまうと眠っちゃいそうだったので、すぐにシドニー市内に出かけました。

ここで私は大きな間違いをおかしてしまいました。
朝からほとんど何も食べていなくてとってもお腹が空いていたのに、インディーの「そこまでなら歩けるよ」という言葉をまたしても信じて、歩いてお店に向かうことにしたのです。
思えば春先にパリに行った時、「歩けるよ」という彼の言葉を鵜呑みにして毎日ずっと歩きっぱなしになり、楽しかったけれど体はすごく疲れたことがあったばかりなのに、すっかり忘れてた!

市内をぶらぶらしてお店をひやかしながら歩くのは楽しかったけれど、シドニーハーバーにあるホテルからBill'sのあるダーリングハーストまでは、やっぱりあんまり歩く距離はないと思われます。
特にお腹が空いている時は!

普段インディーは空腹を我慢してまで特定のお店に行きたい人ではないのですが、今回はこんなに遠くまで来たんだからBill'sに行きたいと私が言い張ったので、2人して空腹を抱えて歩いたのでした。
とほほ。

でもお店が近くなるにつれて、なんだか住宅もお店もおしゃれな感じになってきて、気分が盛り上がりました♪
e0114020_1184058.jpg
ロンドンのお店はノッティングヒルにあるのですが、シドニーのBill's本店(っていうのかな。最初のお店のようです)があるダーリングハーストという地区も、おしゃれでヒップな雰囲気がノッティングヒルに似ています。

住所だけを頼りに歩いていると、普通のようだけど、なんとなくそれっぽく見えるお店が見えてきました(笑)。
e0114020_13195992.jpg

小さくBill'sと書いてあるのを確認して中に入ると、地元の人と観光客が半々くらい。
陽のたくさんあたる気持ちの良いカフェでした。
e0114020_1195999.jpg
到着したのは午後1時を過ぎていました。
たくさん歩いてカラカラのノドを自家製レモネードで潤して、まずは前菜(笑)のサBLTンドイッチ。
お腹が空いてたからだけじゃなくて、ほんとにおいしかった♪

そして私にとってメインのリコッタパンケーキ 。
バナナとハニーコムバター、そしてたっぷりのシロップが添えられて美味。
e0114020_1202830.jpg
幸せでした♪
ロンドンで食べた時と印象が違って、もっとホットケーキに近く、こちらの方がおいしく感じました。
さすが本場(笑)!?

お会計の時、お店のお姉さんが「もうすぐロンドンにもう一軒お店を出すのよー」と教えてくれました。
どの地区なのかわからないというので、インディーと2人でいろいろ地名を言っているうち、「ハックニー」という言葉に反応したお姉さん。
100%の確信は持てないそうですが、ヒップな東ロンドンのハックニーに出店というのは妙に納得してしまいます。
今後の開店ニュースに注目しましょう(笑)。
ロンドンのみなさん、おいしいパンケーキがもっと食べやすくなりますよ!

これでシドニーでの目的を完了した私は、心置きなくスーの住む郊外に向かったのでした。
あー、幸せだった!

*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございます。

留守中も参加しているブログランキング、おかげさまでどちらも順調です。
ありがとうございます♪

パンケーキだけじゃなくて、周りの雰囲気も楽しめるんだね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-10 13:42 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(2)
今回のオーストラリアでは、あまり見たことがない鳥にたくさん出会いました。
前にもいたはずなのに、気がつかなかったんだろうな。
街中にも、海辺にも、いろんな鳥がいて、ハトとカモメとカモ以外は、あんまり見たことがない鳥たちでした。
e0114020_8304662.jpg
こんな街中をのんびり歩いているのは、英語でibisと言っていたので、トキの仲間のようです。

この子たちは本当にあちこちにいるのですが、カモメよりずっと大きな鳥が街中をひょこひょこと歩いていても動じないシドニーの街って、余裕があっていいなあと思います。

観光地、ダーリングハーバーのすぐ近くのヤシの木には、こんな風に木の上にたくさんとまっていました。
e0114020_8333745.jpg
大きい鳥が木にとまっているのって、なんか落っこちちゃいそうでこわい(笑)!

その他にもたくさん見たのですが、意外と写真が撮れてなかった、あはは!
飛んでいる鳥の写真は、動きが速過ぎて撮れませんもんねぇ。
e0114020_84349.jpg
左上は普通に公園を歩いていたちょっとおしゃれなハト風(笑)。
模様はヤマドリみたいな感じで、頭にきれいな色のトサカのような飾りがついています。

右上は普通のカモで、左下は海辺のあちこちで見かけたペリカン。
ペリカンは体もくちばしも大きくて、近寄るのがちょっと怖く、遠目な写真になりました。

そして右下は・・・あー、おみやげに買ったワライカワセミの小さなぬいぐるみです(笑)!
このワライカワセミ、オーストラリア特有の鳥として知られていますが、ちょっと茂みのあるところに行くとあちこちにいて、本当に笑うような声で鳴いているのを何度も聞きました。
姿も何度も見たのにちゃんと写真を撮れなかったので、ぬいぐるみちゃんにご登場いただいたというわけ。
本物のワライカワセミも白い体の部分がふわふわしていて、顔の表情も豊で、ぬいぐるみっぽくてかわいかったです♪

それから住宅地でも街中でも海辺でも、あちこちで見たのがカラフルなオウム。
目の前を鮮やかな赤や緑のものが通り過ぎるので、なんだろう?と思うと、オウムなのです。
スズメが飛んでいる感覚でオウムが飛んでいる感じで、ユーモラス。

このオウムちゃんたち、夕暮れ時になると何十羽も群れて飛び、どこかに木に集まっては夕方の集会をするらしく、ピーチクパーチク、それはそれは賑やかでした。
セミの鳴き声よりうるさいくらい!

ホテルのバルコニーから見える学校の木が集会所の一部らしくて、夕方になるとインディーと一緒にオウムが群れてびゅんびゅん飛んだり、ぺちゃくちゃおしゃべりしたりする様子を楽しみに見ていました。
あー、かなりヒマですね(笑)。
でも、そんなのんびりした時間を過ごせて良い休暇だったなあと思っています。


*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございます。

留守中も参加しているブログランキング、おかげさまでどちらも順調です。
ありがとうございます♪

変わった鳥がたくさんいておもしろい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-08 09:02 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)

再び東京に到着♪

温暖な冬のオーストラリアから無事に戻りました。
まだロンドンには戻らず、またまた東京に到着!
e0114020_2271015.jpg
ちなみにインディーさんはシンガポールに旅立ったので、またまた私ひとりです。

冬だったオーストラリアから戻ると、やっぱり東京は蒸しますねー。
でも冬服をちゃんと用意していなかったので、寒くならずに過ごせて嬉しい(超ポジティブ・笑)。

オーストラリアに行く前の東京のお話もあるんですが、オーストラリア話が続いていたので、次回からはまずオーストラリアの残りのお話を先にしますね♪


*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございます。

留守中も参加しているブログランキング、おかげさまでどちらも順調です。
ありがとうございます♪

おっ、また東京なんだね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-06 22:14 | オーストラリア2013 | Trackback | Comments(0)

スーの結婚式

待ちに待った義妹のスーの結婚式の当日。
朝からきれいに晴れわたり、ハッピーな気持ちで1日が始まりました。

スーとポールが選んだのは、友達や家族に見守られてのビーチウェディング♪
e0114020_019970.jpg
というのも、ポールは2人が住む町のビーチで監視員のボランティアをずっとしていて、ビーチには深い思い入れがあるからだそう。

結婚式前夜、スーは私達と同じホテルに泊っていたので、当日の朝、準備の様子を見に行ってみました。
同じホテルでも、スイートルームはきれいな海が見えるようになっていて、広いバルコニーも付いていて、すてき!

イギリスでは、結婚式当日はだんなさまになる人に式まで会わないことになっていて、支度のお部屋に入れるのも親しい女性のみ。
光栄なことです♪
そういえば私達の日本での結婚式に来てくれた時、着物を着付けるところを見たいと言って、インディーの娘ちゃんと2人で写真を撮りながら見ていてくれたよねーなんていう思い出話をしながら、楽しいガールズタイムでした。

ぎゅうぎゅうに着物を着せられていた私と違って、お化粧をしてもらいながらシャンペンのオレンジジュース割を飲んで余裕のスー(笑)。
e0114020_16430100.jpg
トイレットペーパーまで結婚式になってる(笑)!
スーはこういうこと、大好きなんです。

結婚式は、ポールが監視員のボランティアをしているビーチで行われました。
オーストラリアではビーチでの結婚式はよくあるそうですが、式の準備が始まると「あら、何かしら?」と立ち止まって見物する人もたくさんいて、それも堂々と見ているので、なんだかおかしかったです(笑)。
e0114020_15263339.jpg
お式は宗教に関係のない人前式でしたが、2本立っている旗はチベット仏教のお祈りの旗。
インディーの影響でトレッキングを始めたスーは、すっかりハマってしまい、ネパールやチベットを一緒に旅行しました。
私達がポールに最初に会ったのもチベット旅行だったっけ。
その後、2人はネパール側のエベレストベースキャンプに行き、標高5,400メートルのベースキャンプに到着したところで、ポールがスーにひざまづいてプロポーズしたのです♪
というわけで、ネパールやチベットは2人の思い出がたくさん詰まった場所。
そんな2人の気持ちを込めて、この旗を結婚式に掲げたようです。

ちなみにエベレストベースキャンプは、インディーと私の新婚旅行の場所でもあります。
運動音痴の私が5,400メートルの山に行ったなんて信じられない!と、今でも友達に笑われてますが(笑)!

話を2人の結婚式に戻し、3人の娘ちゃんと親友につきそわれて、みんな仲良くバージンロードを歩いてきたスー。
もうこの辺りで私は目がうるうる・・・。
入場した後、娘ちゃんたちとハグしあって、式が始まりました。

オーストラリアではすべてがリラックスしていていますが、結婚式も例外ではないみたい。
ビーチでの式ということもあり、靴を脱いで裸足で参列している人もちらほらと(笑)。
e0114020_16151336.jpg
家族や友達をとても大切にする大人な2人の結婚式は、進行や誓いの言葉にもあたたかさがあふれる感動的なセレモニーでした。

でも厳かな式の後は、ポケットからポールが監視員をする時の水泳帽を、スーがハート型のサングラスを取り出して、記念撮影。
おもしろいことが大好きな2人らしい楽しい写真になりました。
e0114020_15285276.jpg

その後の披露宴は海を眺めながら、ポールがメンバーになっているサーフクラブで♪
e0114020_021355.jpg
ちょうど日が暮れていくのが見られて、美しい景色。

デコレーションはやっぱりビーチ風♪
e0114020_022040.jpg

そしてウェディングケーキはポールが考えたというこれ!
e0114020_0223744.jpg
スーにプロポーズした思い出深いエベレストの山の形でした。
外側はアイシングで白くなっているけど、中はチョコレートケーキっていうのにもヤラレました(笑)。

形式ばらず、温かいスピーチとおしゃべりでいっぱいのすてきな披露宴でした。
さんざんダンスもして盛り上がった後、最後に輪になった参列者一人一人に新郎新婦が順番にハグしていくというご挨拶つき。
2人の人柄がにじむ大人な手づくり感たっぷりのかわいらしい結婚式でした。

結婚式って幸せな気持ちになれて、大好き♪
特に今回みたいなすてきなお式は感動して、「ああ、私もいい人になろう」と思ったりしちゃいます。
さらには、前にも会ったオーストラリアにいる親戚や友達にも再会できたし、本当に楽しい1日でした。

スーとポール、本当におめでとう!
これからもずっと仲良く楽しくね♪


*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございます。

留守中も参加しているブログランキング、おかげさまで順調です。
ありがとうございます♪

ビーチで結婚式っていいね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-04 23:45 | オーストラリア2013 | Trackback
スーの結婚式の前に、今滞在している町の様子をちょこっと。

今回到着してからわかったのは、この町はブリスベン・ウォーター国立公園の一部だということ。
だからとってもきれいだったのねー(笑)!
e0114020_14433570.jpg
眺めの良い場所まで歩いて行って撮った写真。
この景色の中に、私達が滞在しているホテルも、スーが結婚式を挙げるビーチも、ぜんぶ入っています。
国立公園はもっと広い規模みたいですが、海沿いは岩が多くて入り組んだややゴツい地形なのに、ほぼどこに行っても美しい砂浜があるのが不思議。

入り江になっているところが多いので、大きな波はあまり来ない・・・ように見えるけど、やっぱりたまには海が荒れることもあるそうです(笑)。
e0114020_1443613.jpg
水はとても澄んでいて、空の色を反射した海の深い青色も美しい♪

結婚式前で忙しいスーですが、ここをちょっと歩くときれいな景色だよーと言って、森の中を連れて行ってくれました。
e0114020_1444263.jpg
こういう道を歩いて行くのです。
ちなみにオーストラリアでは、こういう林のことを「ブッシュ」というそう。
ロンドン近郊も緑が多くて、こういう場所がよくありますが、ブッシュと言っているのは聞いたことがないなあ。
木の種類が違ったり、なんとなく乾いた感じがしたりして、雰囲気もちょっと違う気がしました。
オーストラリアで山火事、とよく聞きますが、やっぱりこの辺りも乾燥しているせいか、たまに山火事があるそうです。

ブッシュの中を歩いて行って、着いたのが最初の写真の景色なんですが、その途中も緑がいっぱいでとても気持ちよかったです。
e0114020_1447582.jpg
右下のビーチ沿いにはお家がたくさんありますが、ここはシドニーに住むセレブ達のお家あるいは別荘が多いそう。
スーが国立公園、しかも別荘があるような所に住んでいることを初めて知って驚いたのんきな私達でした(笑)。
e0114020_8454170.jpg


*********************************************
ロンドン留守中もブログにお越しくださってありがとうございます。

留守中も参加しているブログランキング、おかげさまで順調です。
ありがとうございます♪

オーストラリアってきれいなんだな♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-08-03 08:27 | オーストラリア2013 | Trackback

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile