カテゴリ:ご近所づきあい( 9 )

クリスマスを前に、公私含めて予定がいろいろで、慌ただしくなっています。

次の更新までの間に、わが家にやってきたほのぼのサンタさんのお話を。

先週の土曜日、夜になって家に帰ってくると、玄関のドアの前に、こんなものが♡
e0114020_10294793.jpg

手作り風のビスケット♡
サンタさんが持ってきてくれたのかな?笑
お向かいさんのドアの前にも同じビスケットが置かれていました。

実はこのビスケット、同じようなものを前にいただいたことがあったので、上の階に住んでいるママさんがお嬢ちゃんと作ったものだとすぐにわかったのです。
お皿は、この間わが家からのおすそ分けのケーキを乗せていったものだし。

わが家はフラットと呼ばれる集合住宅で、日本でいうマンションのような造り。
家の玄関の前は完全に屋内だし、地上の共有ドアからは8軒分の家に用がある人しか中に入って来ないので、こんなことしても安全なのです。

まあ、食べ物を床に置きっぱなしにしていいのかというのは日本人としてはちょっと気になるところで、日本の母なら「食べ物を地面に置くなんて! しかも置きっぱなしにしたらホコリがかかる!」と言いそうです(笑)。
でも、私はもうこちらの感じに慣れてきちゃったので大丈夫。えへへ。
たぶん夕方から置かれていたこのビスケット、美味しくいただきました。

それよりも、クリスマスの時期にお嬢ちゃんとビスケットを配る彼女の気持ちが嬉しかったし、帰ってきてドアに置いてあったサプライズというのも楽しかった♪

クリスマスを楽しもうという気持ちがあふれた出来事でした。

今日のおまけ:
e0114020_09594535.jpg

道を歩いていたらインディーが「あ! 地面に人がいる!」と言うので、何事かと思ったら、この方でした。笑
確かに大きな帽子をかぶったのんきな人にも見えます。

少年のような心を持った人と一緒にいると楽しいですよ、ということにしておきましょう。
体は大人なのに気持ちは子どもっていうのは、一緒にいると大変なこともありますが!笑


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2016-12-21 19:34 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(4)
日曜日は、ご近所さんたちと企画した夏の終わりの持ち寄りパーティーでした。
フラット(集合住宅)の敷地内に1本だけある柳の木の下で開くのが毎年のお約束。
最初にパーティーを企画した人の「なんだかパーティーっぽいから」というアイディアです。

今年で3年めになるこの集まり。
忙しい人達に代わって、今年は私がずいぶん準備をすることになったのでドキドキでしたが、親切な管理人さんや一緒に企画している人たち、「楽しみにしてるわよ」と言ってくれる周りのおばあちゃんたちの温かい声に助けられて、気の重い作業もがんばることができました。
(やっぱり私はおばあちゃんが好きです・笑)

あとは当日のお天気と、たくさんの人が来てくれるのを祈るのみ!
e0114020_16494290.jpg
さあ、準備できましたよー。

管理人さんが近くのパブから借りてきてくれたテーブルにクロスを敷いて、(こっちの人はあまり気にしないと思うけど)ベンチも一応きれいに拭いてみました。

今年は住民の方から寄付があって、こんなかわいい飾りも。
e0114020_01162114.jpg

わかるかな。
紙でできた提灯のようなものなんです。
ジャバラ状に縮まっていたのを当日にひとつひとつびろーんと広げる楽しい作業をできたのは、準備する人の役得♡笑
e0114020_16502803.jpg
当日は好きなものを持ち寄ってもらったのですが、私は会場の準備に専念させてもらって、お料理はすべてインディー任せ。
ずいぶん張り切ったねー。笑

ところで、上のテーブルクロスの柄にご注目。
これも柳の柄ですが・・・
e0114020_01203429.jpg

こちらは、もう落ち始めている柳の葉。
やっぱりこのデザイン、雰囲気出てますね。
と、変なことに感激してみたり。笑

前日の土曜日は驚くほど寒かったので、ちょっと心配でしたが、日曜はそれほど寒くなく、たくさんの方が集まってくれました。
持ち寄りもゴージャズ♪
e0114020_01241904.jpg
みなさん、なかなかの張り切りぶりで、おいしい手料理が多かったです。
この3年の中で、一番レベルが高かったんじゃないかな。

右下の3品はインドのおばさまの持ち寄り品。
カラフルなものは甘いお菓子で、ミルクたっぷりで美味しい♪
でもたくさんは食べられないかも。笑
いろいろな国の人が住んでいるからこその持ち寄り品もあって、話題にもなって楽しかったです。

イギリスでは、持ち寄りだからといって張り切ってお料理しなければいけないわけではありません。
特にお年寄りなんかは、出来合いのものを温めたり、スナック菓子やナッツを袋のまま持ってきたりした方も多かったのですが、それはそれでおつまみとして順調に消費されていました。笑

引っ越してきた頃は、持ち寄りなんだからちゃんと作ればいいのに! 手抜きなんじゃないの? と思ったりもしましたが、持ち寄りは手作りで、というのは日本式のルール。
今となっては、この国では私もそうしていいということも分かったので、かえって気が楽です。
自分に余裕がない時には、スナック菓子やワインを1本持っていけば、それでオッケーなんですから。
e0114020_02371282.jpg
晴天ではありませんでしたが、明るい曇り空のままでいてくれたし、気温も割と高めだったし、子供達が元気に走り回ったり、新しく引っ越してきた人を挨拶したりと、楽しいパーティーになりました。

なんといっても、家のすぐそばだと気楽なのがいいですね。
私はワインオープナーやナイフを持っていくのを忘れたのですが(汗)、すぐ近くの人が家から持ってきて貸してくれたし、夕方にはお家でコーヒーを作ってきてくれた方も♪

ただ途中で、どうもいつも問題を起こしているらしい男性がやってきて、ご近所の奥さんが「あなたには来てほしくない」と言い出し、しばらく対立するというドキドキな場面もありました。

ふだん家で一人で仕事することが多いので、大人としてこの国で生きていくには社会参加はいいことだと思い、こういう役目も引き受けていますが、こういう事件があると本当にドキドキ。
イギリスでも日本とほぼ同じで、ふだんは表立って揉めることは少ない方だと思いますが、たまにこうしてはっきりものを言う人もいます。(それも日本と同じかな)

主催者の一人として、声をかけるべきか悩んでいるうち、結局この方はパーティーに残ることにしたらしく、ゴシップ好きなおばさま方と話したりしていました。
「来てほしくない」と言い放った奥さんは、ふだんはとても温厚で、親しく付き合っている友だちなのです。
その場からしばらくいなくなってしまったので、慌てて電話してみたら、少しして戻ってきてくれました。ほっ。

ああ、こんな時にも慌てずに対応できるようになったら、「私はこの国で大人として生きているんだなあ」と実感できるようになるでしょうか。笑
それまでには、まだ時間がかかりそうですが、がんばるぞー!

と、いろいろ考えた日曜日でした。
でも全体には楽しかったのでした♪
また来年も実行できますように。

ちなみに昨年の様子が気になる方は、こちらの記事もどうぞ。
e0114020_01215325.jpg
(インディーさんのケーキもきれいに並べてもらって嬉しそう・笑)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2016-09-20 18:12 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)
少し前にちらっと書いていたご近所のおばあさんのお誕生日のお祝い、無事に楽しく終わりました。

同じフラット(集合住宅)にもう40年住んでいるというおばあさんは今年で80歳。
そのおばあさんのお誕生日のお祝いをしようと提案してくれたのが、お隣りに住む90歳のおばあさん。
お元気なおばあさんパワーでご近所づきあいが盛り上がっているわがフラットです。

e0114020_01055297.jpg

80歳のお誕生日おめでとう!

主催者のおばあさんの
「カードもプレゼントも、あげたい人は他の場所でやってちょうだい。この日はナシよ!」
という毅然とした発言により(笑)、この日の集まりはただ集まって乾杯し、ケーキを食べて楽しくおしゃべりするだけと決まりました。
招待状にもno presents!(プレゼントなし!)とハッキリ書いて。笑

簡単とわかっていても、お誕生日の集まりに何も持たずに行くのは気がひけますよね。
でも、こんなにハッキリしていると、この潔さがカッコいいなあと小心者の私は感激。笑

それでも、上の階の5歳の女の子が80と書かれた大きなカードを作ってくれたので、当日みんなでメッセージを書きました。
そしてスパークリングワインを持ってきてくれた人もいたので、酒盛りも意外と賑やかに。笑

おばあさんが準備してくれたワインとおつまみ(乾きもののみ!「シンプル」な集まりだから・笑)、それにインディーが作ったケーキで盛り上がりました。

バースデーガールのおばあさんはウェールズ人。
(今回よく話を聞いたら、お母さんはイングランド人だったらしいのですが)
だからラグビーの大会が始まるとよくインディーに「へへん、ウェールズ、頑張ってるわよね!」と絡んでくるのです。

それに引っ掛けて、インディーが準備したのはウェールズの旗の柄のリボン。
それを巻いて、ついでに旗も作ってみました。

おばあさんもみんなも喜んで笑ってくれて、ホッ。
こういう手作りのもので喜んでくれるって嬉しいですね。

当日は90歳のおばあさんから5歳の女の子まで、同じ入り口を共有している8世帯のうち、お留守だった1軒を覗いてみんなが集まりました。
ティーンエイジャーの女の子や若い男性がおばあさんと楽しそうに話しているのを見ていると、なんだか大家族のよう。
この日集まった全員で11人のうち、英国人は4人だけで、全体に外国人が多いというのも理由の一つかもしれません。
ここで生まれ育った英国人ばかりだったら、特に今さら友達を作る必要はないけれど、外国人だったら友達も家族も遠くにいるので、近くにいる人と仲良くできたら嬉しいですもんね。

こうして「大家族」に見守れた気分の私。
今日も楽しく過ごせます♪ありがとう!



******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2016-04-29 15:12 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)
わが家のフラットですぐ隣り、家のドアが向かい合っているお部屋に一人で住んでいるドイツ人のおばあさんは今年で90歳。
歩くのが少し辛くて杖を使っている他は、本当にお元気です。

ドイツ語の先生だったので、今も家で週に何度か教えている上、お友達も多いようで、彼女のお家はいつもお客さんでにぎやか。
その上、合唱団や読書会や時事問題を話す会などにも参加していて、よく外出もしてるんです。

それだけでも感動して、こんな90歳になりたいなあと思うのですが、さらに感激するのが彼女の誇り高き独立心です。

e0114020_21383046.jpg


(写真はおばあさんと関係ありませんが、今週末にご近所さん2人に別々にお裾分けしてもらった手づくりクッキー。
見た目は家庭の手づくり感満載ですが、どちらも小さいお子さんがいる家でヘルシー志向なので、甘過ぎずに美味しいのです♪)

おばあさんのところには2人のお嬢さんがよく様子を見に来ているのですが、彼女たちにもいつも「買い物は届けてもらったらどうか、あるいは私たちが運ぶけど?」と言われているそう。
でも、おばあさんは毎回「できることは自分でします!」と宣言するそうで、車をゆーっくり運転して一人でお買い物に行っています。
(いつもスーパーの前にいるホームレスの男の人と顔見知りになって、ちょっとしたチップで荷物を車まで運んでもらっているそうです・笑)

以前、フラットのエレベーターの修理が2ヶ月ぐらい続いた時に、私も隣りに住む少し若い者として、(私たちの部屋は2階なので)下から買い物を運ぶ時は手伝うから言ってね、と言ってみたのですが、2ヶ月の間、私を呼んでくれたのは1回だけでした。
痛む足で荷物を持って階段を上ってくるのはかなり辛そうなのに。

先日も、郵便ポストまで歩いて行って帰ってきたら25分もかかっちゃったと言うのです。
私が行けば5分ぐらいの場所なので、言ってくれたら私が出しに行くのに!と半分怒りながら抗議したら、「でも出来ることは自分でしたいし、娘にも頼りたくないくらいだから。ありがたいけど大丈夫よ」と言うのです。

近所のパブに何人かで出かけた帰り、彼女のコートをみんなで探し始めた時などは、「私は子どもじゃないんだから大丈夫よ!」と、ちょっと気分を害したようでした。(ごめんなさい!笑)

ヨーロッパのお年寄りは独立心が強い人が多くて、本当に頭が下がります。
私はアジア的な感覚が強いのか、つい先回りに動いて、お年寄りを子どものように扱うことになってしまいがち。
でも最近は、彼らのために上手に距離を保つように気をつけています。
年をとったから、外国人だから、と言い訳しない気持ちの強さは、本当に見習いたいなあと思います。

全体に我慢強いのは世代もあるのかな。
明治生まれの私の祖母も、お茶目な人でしたが、根はとても辛抱強くて謙虚でした。

そしてこのおばあさんの場合、個人的にもすごく頑張り屋さんなんだと思います。
30代後半でお嬢さんを2人産んだ後、40歳からイギリスでドイツ文学の勉強をして、47歳で初めてドイツ語の先生になったんだそう。
もちろん、子育て真最中の時です。
今聞いてもすごい話ですが、彼女の世代ではすごすぎる!

私はおばあちゃんっ子だったので、もともとおばあさんが好きなのです。
それにしてもこんなチャーミングなおばあさんがお隣りに住んでいて、ほんとにラッキー。
家にいることが多いので、たまに仕事の合間にお向かいのドアをノックして、おばあさんの話を聞くのが密かな楽しみです。

とても物知りで人生経験も豊富なので話が面白いし、自分の話ばかりじゃなく、私のこともよく覚えてうれていて「仕事はどう? 例の話、進んでるの? 日本のご家族はお元気?」といつも聞いてくれるんですよ。
亡くなっただんなさまはイギリス人で、イギリス生活も長いので、ユーモアのセンスも抜群で楽しいし。

彼女の目下のプロジェクトは、同じフラットに住んでいる今年80歳になる別のおばあさんのお誕生日パーティーの計画。
(うちのフラットは一人暮らしのおばあさんが2人いるのです。
こっちのおばあさんもまた違う意味でスーパーおばあちゃんなんですが!)

できるだけ人が休暇に行かない時を選んで、本人とも話し合って日程を決め、インディーにケーキを注文し(笑)、バースデーガールが好きなワインも確かめて買いに行く気マンマンというすごい計画力です。
ペンを握ると手が痛むそうで、私は光栄にも招待状を書くお手伝いをできることになりました。

「彼女は家族が住んでいるのが遠いし、あんなに元気な人なのに最近ちょっと体調が良くなくて気の毒だから」と10歳も年下の友達を気遣うおばあさん。
かっこいい♪

こんなすてきなおばあさんにすぐ近くでカッコいい生き方飲の見本を見せてもらえる私は、本当に本当にラッキーです。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2016-02-29 22:47 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)
1月最初の日曜日、ご近所さんが作るガレット・デ・ロワの会にお呼ばれしてきました。

ガレット・デ・ロワは、年明け公現祭に食べるフランスのお菓子。
ご近所さんはスイス人ですが、フランス系なので、この習慣があるようです。
本当は公現祭にはちょっと早かったものの、クリスマスからずっとお休みモードだったイギリスでの出勤前の最後の日曜日ということで、この日の午後に会がゆるりと催されたのでした。

これまでは毎年彼女のお家に呼ばれていたのですが、今年はなんと近くのパブが会場。
このフラットからだけでなく、お嬢ちゃんの学校の友達なども招待してくれたので、きっとたくさん人が来るのね。
さて、どんなに賑やかになるのかな。

e0114020_05574625.jpg

指定された午後2時を少し過ぎてパブに着き、彼女の名前を言うと、パブの一角の暖炉のあるスペースに案内されました。
そこには手づくりガレット・デ・ロワがもうスタンバイ。
しかも、なんと4つもありました!
早起きのインディーによると、その日の朝はかなり早くから彼女の家の窓にも灯りが見えていたそう。
がんばってくれたんだねー、ありがとう♪

到着してから、子供だけで8人、大人は30人くらい来ると聞いてびっくり。
これは本物のパーティーだ!笑

子ども達が絵を描いたり、走り回ったりして遊んでいる間、大人はお酒を飲んだりして立ち話。
e0114020_05570798.jpg


私は歯痛で年末年始は全然出かけなかったので、久しぶりに会うご近所さんや、初めて会う彼女のママ友などなど、たくさんの人と話せたのが新鮮で(笑)楽しかったです。

e0114020_05573682.jpg

(パブのお兄さんが暖炉に火を入れてくれて、また雰囲気が盛り上がりました。
暖炉ってほんとにあったかいんです♪)

さてさて、だいたい人が集まったところで、いよいよガレット・デ・ロワの出番です。

どこでも同じ習慣なのかどうかわかりませんが、彼女のやり方は子どもが大活躍。
まず子どもたちがテーブルの下に隠れてケーキを切るところが見えないようにし、テーブルの上でケーキを切り分けます。
そのケーキをひと切れずつお皿に乗せる度に、子どもたちが順番に「これは何何さんに!」と名指ししていきます。

e0114020_05565971.jpg

そうして受け取ったケーキを食べて、その中にフェーブという小さな陶器のお人形が入っていた人は当たり!
王様あるいは女王様として、冠をかぶることができます。

この日は初めて参加した男の子が、自分のお母さんと自分に2つ当たりを出し、紙の冠をかぶって大得意でした。
初めて会う子も多かったのですが、恥ずかしいのか、知らない大人を指名できなくて、まずはもじもじとパパやママから指名していく様子もかわいらしかった♪

そんな様子を見ていたら、切り分けたケーキとフェーブの写真を撮りそびれてしまいました!
でもケーキは毎年ごちそうになっている中で一番美味しかったんです。
今年はアーモンドの粉と一緒にアマレット(アーモンドのような香りのするリキュール)を混ぜたんだそう。
しっとりしているのに軽くて、もうひとつ食べたいくらいでした。
余った分をすすめられて手が出そうになりましたが、本当に食べたらお腹がはちきれそうだったのでやめちゃったんですが。笑
「簡単よー」と彼女が言うので、ぜひ教えてもらおうと思っています。
でも、お料理上手な人ってすぐ「簡単よー」って言うから、どこまで信じていいものやら?笑

お楽しみが終わった後は、ちょうど雨もやんだので、子ども達は外でワイワイ大騒ぎ。
近所の女の子がママに「この靴で水たまりに入ってもいい?」と聞いていたのが微笑ましかったです。
ママにやんわり止められていましたが!

大人はさらにボトルを注文してよい気分に。
(私は体調のことを話して、お水でガマン・笑)
クリスマスに引き続き、子ども達が盛り上げてくれるイベントに参加できて楽しかったです。

実は今年は元日にも、すてきな招待状をくれたご近所さんの新居お披露目パーティーに行って、ご近所さんと楽しくおしゃべりできたし、こんな体調にもかかわらず、ご近所で楽しめたお正月でした。
わざわざ電車やバスに乗って出かけなくても会える友達がいるってすてき。
特にわが家の周りは外国人組が多いので、お互いに声をかけあう雰囲気があったかいのです。
今年もすてきなご近所づきあいを大切にしていきたいと思います。

e0114020_05572760.jpg

(特におしゃれなわけではないけれど、気軽に行ける近所のパブはとても落ち着く空間です)


We enjoyed homemade Galette des Roes again thanks to our lovely Swiss neighbour.
This year, she invited many people, booked a nice big table at our local pub and baked 4 galletes! Bless her!
I know this is not British custom, but has certainly become our new year must-do :)


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ
(新年で気分を変えて、こちらのランキングも「ヨーロッパ情報」から「イギリス情報」に移ってみました。
どうぞよろしくお願いします♪)

by londonsmile | 2016-01-08 19:15 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)
土曜日のサマーパーティー、管理人さんがかわいく飾り付けてくれた会場で、無事に終了しました。

夏休み真っ最中ということもあって、去年よりは人がちょっと少なかったようでしたが、その分、まんべんなくたくさんの人と話せる密度の濃〜い集まりに。
相変わらず気温は低めでしたが、お天気にも恵まれて夏らしい気分をたっぷり味わった午後でした。

e0114020_07012303.jpg

パーティーといっても、食べ物と飲み物は持ち寄りのピクニック。
これなら費用を考えなくていいし、夏らしくていいかなと思って。

去年同様、力作のお手製料理やケーキからスーパーで買ってきたものやポテトチップスまで、様々な食べ物が集まりました。
中にはデリバリーで運ばれてきた大きなピザを3枚も持って現れたカップルや、生ガキを持ってきたポッシュなおばさまもいてびっくり。笑

特に何も指示しなくても、甘い物とおつまみ系のバランスがそれなりに整うところがまた不思議なところ。
いずれにしても大量の食べ物があったので、社交的な奥さんのマネをして、実行委員(笑)の私もピザの箱やチキングリルのお皿を持って、みんなにすすめて回りました。
実はちょっと恥ずかしかったのですが、結局はたくさんの人と話すことにもなって楽しかったし、自分にもこんなことできるんだな、と、ちょっとだけ自信にもナリマシタ。
e0114020_19002709.jpg
100件以上ある大所帯の集合住宅なので、初めて会う人もたくさん。

たまにすれ違って挨拶だけしていた人と改めて自己紹介し合ったり、
いろいろな国から来ている人達の故郷の話を聞いたり、
ベテラン女優さんに役者の苦悩の話を聞いたり、
情報通な奥さんにご近所に住むセレブの話を聞いたり、
同じように家で仕事をしている女性と連絡先を交換したり、
子供達が走り回っていたり、
そうかと思うとまだハイハイしかできない小さな子が急にテーブルの下から飛び出して来たり(ハイハイが異常に早くてびっくり!)、
年齢問わず音楽の話で盛り上がったり、
クレーンを使って窓からグランドピアノを入れた時の話を聞いたり。
いつも不機嫌で問題児扱いされている人と初めて話したことさえ良い経験でした。
(あまりにネガティブでおもしろすぎる!笑)

あっという間に楽しく時間が過ぎて、ある奥さんが「あら、そろそろ子供を寝かせなくちゃ」と言うので時計を見るともう夕方の7時過ぎ!
計画としてはパーティーは午後2時から5時までの予定だったので、びっくりでした。

子供達が去り、大人達も少しずつ去っていっても、私達は後片付けがあったので引き続きぺちゃくちゃおしゃべり。
ふと気がつくと長いはずのイギリスの夏の日も暮れて、辺りが暗くなってきました。
この時点で夜の9時!
それでも5、6人がまだまだ飲み足りなそうな雰囲気で大いに盛り上がり、新しくワインを家から持ってきたりしていたので、リスや鳥に散らかされないように食べ物だけ片付けて、私達は引き上げることにしました。

部屋までの帰り道、時間を過ぎてもたくさんの人が残っていたというのは成功したっていうことだよね、と一緒に企画した人達と嬉しい気持ちを分かち合ったのも嬉しかったなあ。

あー、楽しかった!
今回が大成功だったので、またクリスマスにもやろうよ、という話もでており、楽しいご近所づきあいがまた深まりそうです。


*******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪





人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2015-08-02 19:31 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(0)

ロージーのいる午後

日本はゴールデンウィークですが、実はイギリスも月曜日が祝日で3連休。
わが家は特に出かける予定もなく、今日はご近所のおばあさんをランチにお誘いしました。
ご近所のおばあさんとは、あの美しい白猫、ロージーを飼っているおばあさんなんです。

インディーが冗談まじりに「ランチに来てね。条件はただひとつ、ロージーを連れてくること!」と言ったら、本当に連れて来てくれました。
わーい、本格的にロージー嬢にお目見えです♪

e0114020_01344149.jpg
もちろん、おばあさんはロージーにリードを付けてやってきました。
前にも書いたように、ロージーは耳が聞こえないので、お散歩の時はおばあさんがリードを付けて歩くんです。

最初は警戒しておばあさんのそばを離れなかったロージー。
どうやら安全なところらしいとわかると、だんだん猫らしく、好奇心を発揮し始めました。

猫って本当に好奇心が旺盛というか、おせっかいというか!
低いテーブルにおいてあったアーモンドを手で取ろうとしてみたり、ドアをほぼ閉めておいたキッチンにもするりと入っていってみたり。
キッチントップに飛び乗ったらしく、電話の受話器を落としておばあさんに怒られていましたが!笑

そのうちにすっかり安心したのか、もう我が者顔で家の中を歩き回り、床に寝転び、ソファーや窓辺に飛び乗り、居眠りし、すっかりリラックス。

e0114020_02062758.jpg

ああ、家の中をふわふわなものが歩き回っているってなんて幸せなんでしょう。
ご飯を食べている間も、ついロージーの方を見てしまい、おばあさんに「大丈夫?あの子、なにかいたずらしてるの?」と心配させちゃったのでした。
そうじゃないのー、かわいくて目が離せなかっただけです!

猫らしい好奇心は示すものの、耳が聞こえないせいか、全然鳴かないし、仕草もどことなく静かなんです。
私は大人よと言いたげに部屋の中をしゃなりしゃなりと歩いていたかと思うと、少し開いている戸棚の扉の中に顔を突っ込んでみたり、ぶら下がっているものを急にひっぱってみたりするミスマッチな感じが、これまたかわいくて!
ロージーのお人柄、いやお猫柄ですね。

ロージーはもちろんかわいかったのですが、ここに40年近く住んでいるというおばあさんも、あちこち旅行もしている物知りさんで、病院ネタから政治ネタまで詳しくて、朗らかで、とても頼りになる方でした。

ロージーはおばあさん2人と暮らしていると思っていたのですが、実はおばあさん2人はフラットの同じ棟に別々に住んでいたといことを最近知りました。
私たちが日本に行っている間に、ロージーの本当の飼い主だったおばあさんが亡くなってしまったので、このおばあさんがご親戚からロージーを正式に引き取ったそう。
おばあさんによれば、ロージーは「私を置いていかないでしょうね!」と言わんばかりにおばあさんにまとわりついだんだそうで、「そんなことしなくても私はロージーを手放せないわ〜」と話していたおばあさん。
2人の絆はますます強くなるでしょうね。

ロージーが作ってくれたご縁で、また一人、すてきなご近所さんと親しくなることができました。
ありがとう、ロージー♪
また遊びに来てね!

e0114020_01342865.jpg

あう、なんてかわいいんだ!

e0114020_20353895.jpg



*******************************************
ブログランキングに参加しています。
やっぱりかわいい猫ちゃんだね!と思ってくださった方(かわゆくて、どことなく静かなのが、また魅力です♪)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります。
応援、本当にどうもありがとうございます♪


by londonsmile | 2015-05-04 02:41 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(4)
週末は久しぶりにお天気が悪く、午前中は土砂降りでした。
この日はランチに人を呼んでいたのですが、そのうち2人は同じフラットの、しかも同じ建物に住んでいる人なので傘要らず(笑)!
ご近所さんって便利だね〜と笑いながら1日が始まりました。

e0114020_00584570.jpg

ふふふ、テーブルに乗っているリンゴの形の木の器、かわいいでしょ。
インディーが中国雲南省で買ってきたのですが、こうやって立てると入れ物になるし、足元をたたむとぺったんこになって鍋敷きになるというスグレもの。
この日は鍋敷きとして使ったのですが、せっかくなので最初だけ組み立ててみたのでした。
お客様はおしゃべりに夢中で誰も気づいてくれなかったけども、自己満足(笑)♪

この日のお客様は同じフラットのおばあちゃま2人と別の棟のちょっと年上の女性。
おばあちゃまなんて言っちゃ失礼でしょーとお思いかもしれませんが、お2人とも80代!
お耳が遠かったり、歩くのがゆっくりだったりはしますが、毎日歩いて出かけたり、車を運転したりという元気なお2人です。

さて、みんな揃ったので、そろそろご飯にしましょう。
この日はデザートが多めなので、前菜もなく、いきなりメインに行きました。

e0114020_00591216.jpg
チキンとマッシュルームのパイと、付け合わせのマッシュポテトに茹で野菜というイギリス料理です。
私が作ったのはパイの中身になるシチューと茹で野菜のみでしたが、イギリス人のインディーが作るんだから、正真正銘のイギリス料理だよ、と胸を張って出しましたとも!

イギリスは日本食ブームなので、何か和風なものとも思ったのですが、この日のお客様は年配の方が多い上に、わが家でご飯を食べるのが初めての人ばかりだったので、いきなり変化球は避けてみました。
とはいえ、「私、日本食が大好きなのよ」とおばあちゃまの1人が言ってくれたので、次は何か和食にすることを約束したのですが!

そしてデザートはこちら。
e0114020_00593330.jpg
えっと、これも私がしたのは向こう側にあるチーズケーキの飾り付けだけ。ハイ、飾りだけです(笑)。
手前は洋梨を乗せたジンジャーケーキで、周りに置いてあるのはチョコレートブラウニー。

せっかくなので、私が飾り付けしたチーズケーキのアップもお見せしちゃおう(笑)!
e0114020_03523750.jpg


デザートからは、やはり同じ建物に住んでいるママと3歳の女の子も合流して、さらにワイワイにぎやかになりました。
この日集まったのは、ドイツ人、インド人、ウェールズ人、スイス人、スイスとオーストラリアのミックス、そして日本人の私で、またしてもイングランド人はインディーだけ。
ロンドンって本当にいろいろな国の人が住んでいるんだなあと思います。
(というか、イギリス人はイギリス人同士でかたまっているのかもね)

そんな様々な背景の人達が集まって他愛のない話をしたり、ここに45年住んでいるというおばあちゃまの話を聞いたり、ちょっとしたご近所ゴシップをゲットしたり(笑)というのんびりした日曜の午後。
みんな「家が近いと帰りもラクチンでいいわね〜」とご機嫌に笑いながら帰って行きました。
こんな日曜日もいいな。
愉快なご近所さんたちに感謝です。


****************
ブログランキングに参加しています。
なんだか楽しそうなご近所づきあいだね!と思ってくださった、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

by londonsmile | 2014-11-05 04:24 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(4)
昨日の日曜日、私が住んでいるフラット全体でのサマーパーティーが開かれ、普段なかなか話すことのないご近所さんたちと交流することができました。

たくさんの人と話すパーティーはあまり得意じゃないのですが、年齢層や国籍もいろいろでありながら、建物や地域という共通の話題もあり、こういう生活に密着した感じのものはいいなあと感じた楽しい午後でした。
e0114020_192992.jpg
このパーティー、以前にフラットの女子で集まった飲み会で盛り上がって決まったもの。
以前はよくあったそうですが、この3年ほど開かれていなかったので、活動的なアメリカ人とイギリス人の若い奥さんが中心になって企画し、私も準備のお手伝いをしました。

準備といっても、つい真面目になってしまう日本人気質の私には「大丈夫かいな?」と思うような気楽なものでした。
アイルランドに休暇に行っている間、何もできなくてごめんねーと思っていたのですが、帰ってきても特に何も進んでいなかったし(笑)!

でもやる時はやるレディーたち。
最後の1週間でぱぱっと話を進め、管理人さんと連絡したり、近くのパブからピクニック用のテーブルを借りたりして、一気に準備が整いました。
私以外の2人は産休明けで仕事に復帰しつつある時期で、とても忙しかったと思うのに、このパワーには脱帽。
きっちりし過ぎないやり方、この国でのものの進め方も参考になりました。

朝から晴れた当日、どのくらい集まるのかドキドキだったのですが、ふたを開けてみたら、予想以上の人が集まってくれました!
e0114020_19112797.jpg
写真はほんの一部で、子供からお年寄りまでいろいろな年齢層の人がいて賑やかでした。
特に20代ぐらいの若い人達が自主的に来てくれたのが嬉しかったなあ。
こういう家族的な集まりに若い人が参加してくれるのって、いいですよね。

国籍も思った以上に様々で、思い思いに自分の国のお料理を持ち寄ってくれたので、ナイジェリアのご飯料理、フィリピン風ビーフンの焼きそば、イギリスの夏らしいイチゴのタルトなど、とても楽しかったです。
もちろん、スーパーで買ったものをどかんと持ってくるだけ、という、ある意味イギリス式のパターンもあり(笑)。
それも、この国のやり方のひとつとして心にメモしましたよ!
でも全体には、ご近所の人に自分の自慢料理を食べてほしいという気持ちのあふれたお料理が多くて、幸せな気持ちになりました。
e0114020_19432727.jpg
写真の美しい野菜の焼き物を作ってきてくれたおじさま、私に「野菜と海老のヤキトリだよ!」と一生懸命説明してくれたのですが、どうやら私が日本人だとは思っていなかったようでした(笑)。微笑ましい♪

わが家はインディーが張り切ってたくさんお菓子を焼き、私は簡単ちらし風ごはんを。
e0114020_19505888.jpg
あらら、風で海苔が飛んで、へんなことになってますが(汗)。
レシピはエリオットゆかりちゃん優柔不断なスモークサーモンとハーブの混ぜご飯☆を酢飯でアレンジしました。
こちらの人は白いご飯は味が物足りないと思い込んでいる人が多く、味見もせずにお醤油をだーっとかけたりするので、「味が付いてます」と添え書きをして(笑)。

そしてこのお寿司をきっかけに嬉しいことがありました。
パーティーの途中で男性が私に近寄ってきて自己紹介してくれたのですが、なんと奥様は日本人。
お寿司を見て、さらに私の名前を呼んでいる声が聞こえたらしく、私が日本人らしいと思って声をかけてくれたのです。
その後、奥様ともお嬢ちゃんともお会いして連絡先を交換し、また日本人のご近所さんが増えました。
聞けばご家族は、春に入居した後、改装で一時他に移っていて、パーティー当日に戻ってきたとのこと。
ご縁って本当に不思議ですね。
こうして出会えたことに感謝です。

この日は夕方にかけて少し気温が下がったものの(私は無理矢理サマードレスを着ましたが、その下にヒートテック上下を着用・笑)、雨も降らず、すてきなご近所さん達と知り合いになれて、本当に楽しい午後でした。
自分の家の周りにどんな人が住んでいるのかを知っていて、ときどき道端で「あら、○○さん、こんにちは!夏休みの旅行はどうでした?」なんて話ができると、地域にしっくり馴染んでいる気がして、嬉しいですもんね。

集まったご近所さん達も楽しそうだったので、クリスマスに屋内でまた何かしたいね、と盛り上がっているところ。
これからのご近所付き合い、ますます楽しみです♪


****************
ブログランキングに参加しています。
ご近所付き合いっていいよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援どうもありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-08-25 22:37 | ご近所づきあい | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile