カテゴリ:私の中の日本人( 58 )

節分の味方♪

先日、お友達にこんなものをいただきました。
e0114020_0543076.jpg

これだけ見るとちょっとわかりにくいかもしれませんが、こうすると・・・
e0114020_14965.jpg
(写真を撮ったのが夕方だったので、暗くなっちゃいました)

そうです、正解は節分の豆!

イギリス全国展開のスーパーTescoが、自社ブランドで、煎り豆を売っているんだそうです。
私たちは「豆」と思っているけど、英語では「soy nuts」、ナッツとして書かれています。
おもしろい!

こんなものを見つけてくるお友達、すごい!
しかもこれ、なんと67ペンス(約94円)だそう。
日本のものはなんでも高くなってしまうロンドンでは耳寄りな情報でしょう(笑)?
100g入っているので、わが家のようなフラットだったら1パックで十分。
たとえ大きなお家でも、そんなに値が張ることもなさそうです。

豆がほんの少し小ぶりですが、からっと煎り上がっていて、軽くておいしい♪
ほんのり塩味も手伝って、あと引くおいしさです。

これまで豆まき用の豆をわざわざ妹が日本から送ってくれていたのですが、これからは現地で調達できます♪うれしい!

お友達によると、いつも置いてあるわけでもないようなので、そろそろ節分に向けて準備してみてはいかがでしょう?

*********************************************
今年からランキングに参加することにしました。
おお、節分の豆がイギリスでも買えるのか〜!と思ってくださった方、下のバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-01-18 16:29 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)
日本にいた時は和菓子にそれほど興味がなくて、お菓子というと、きれいにデコレーションされたケーキやチョコレートに目がいっていた気がします。
お茶のお稽古でいただく練り切りは美しくて大好きだったけれど、わざわざ自分で買ってまでということもなかったし。

そんな私ですが、甘いケーキがたくさんあるロンドンに来てから、たまにはバターを使わないさっぱりしたあんこものが食べたくなることが増え、これまでにもパン教室の大和田先生の単発レッスンでお饅頭を習ってみたり、お友達に教わったレシピで大福を作ってみたりしていました。
が、あんこ自体を作るのがどうもおっくうで、なかなか続かなかった!
こちらには小豆の水煮缶も売っているので、それで代用して甘みを足すだけというのでさえ、ほんのたまーに。

でも今年のお正月、なんちゃっておせちに挑戦したついでに、あんこもののお菓子にも挑戦してみました。
e0114020_7305669.jpg

正確には和菓子ではなくて、あんこを中に入れたロールケーキ。
Y庵のyukikoさんのレッスンで習ったものです。
おせちに伊達巻がなかったので、その代わりの巻物ということで(笑)。
周りがスポンジなので、あんことケーキの両方のおいしさが味わえて一石二鳥。
あんこがあまり得意でないインディーにも大好評でした。
スポンジがあんこの水分をたっぷり含んでしっとりする3日目ぐらいが一番おいしく感じます。

yukikoさんのお教室には、お友達の智子さんに誘っていただいて、去年の初夏に大福のレッスンに、秋にはロールケーキのレッスンにうかがいました。

習った2種類のロールケーキのうちの一つがこのあんこ巻き(勝手に命名・笑)で、もう一つが白あんの入ったクリームを巻いたロールケーキ。
e0114020_1945391.jpg
白あんが入ると、生クリームも優しいお味になることを知って、白あん大好きな私はこの時、生まれて初めて豆から白あんを作りました。
日本で働いていた時はコンビニ弁当にお世話になっていたとは思えない変化(笑)!
煮立ってくるとグツグツと勢いよくはねる白いんげん豆に驚きながらも、ちょっと誇らしいようなワクワクする気持ちを経験しました。

日本にいた時にはほとんどお料理もしていなかったし、私はもともとめんどうくさがりなので、あんこを豆から煮る日が来るとは夢にも思っていませんでした。
でもやはり食べたくなると作るんですねー(笑)!

海外生活をしていると不便もあるものですが、同時に工夫の余地も広がるので、クリエイティブな人たちには大チャンスなのかもしれません。
考えてみたら、私だって日本にいたらあんこを作る機会はやってこなかったかも。
これからも達人たちの知恵を借りながら、ちょっとずつ和菓子作りの幅を広げていけたらいいなーと夢見ています。

*Y庵のyukikoさん、お料理教室の他に和菓子の販売もされていたのですが、現在こちらの学校で改めてお料理の猛修業中。
Y庵の活動はかなり不定期になっているようなので、お問い合わせの方は予めご承知おきくださいね。
修業を終えられたyukikoさんにさらに期待しているワタクシです。
e0114020_23324934.jpg
(ロールケーキ、一度覚えると、いろいろ応用できて楽しいです♪)

今年からランキングに参加することにしました。
がんばれ〜!と思ってくださった方、下のバナーをクリックして票を入れてくださるととっても嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-01-11 23:43 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(8)

根っ子のつながり

ロンドンで知り合ったお友達と話していて、偶然2人とも同じ小学校に通っていたことが判明。
喜んで、2人でお店の中で校歌を歌ってしまったほどでした(笑)。

その方は今ではインディーと私の書道の先生となり、サボりっぱなしの私たちにも辛抱強く声をかけてくださるありがたい師匠です。

その師匠が先日、これを私に書いてくださいました♪
e0114020_23593011.jpg


島根県出身ではないのですが(笑)・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-12-08 23:15 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)
インフルエンザにかかる前のこと。
出かける前日になって急に着物を着ることになり、あわてて練習して出かけてきました!
e0114020_2224663.jpg


準備が短くても、やればできる!・・・かな・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-02-28 05:16 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)

節分ですね

引越しの片付けは落ち着いてきたものの、その後のちょっとした改装などをバタバタとしているうちに、あっという間にもう2月!
びっくりしています。
うかうかしていると、すぐに今年が終わっちゃうかも!?
e0114020_1882399.jpg


鬼は〜外!福は〜内!節分ですね・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-02-03 18:19 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)

洗濯は楽しい♪

イギリスはお天気が変わりやすい上、どんより曇っていることも多いので、シーツなんかの大きなものを洗濯するのはお天気とよーく相談しないといけません。
9月に入ってさらに気温が下がっているロンドンですが、お天気はわりと良い日が続いているので、せっせと洗濯に励んでいます。
e0114020_2226945.jpg
(ちなみにこれはインディーさんご自慢のサッカー日本代表のサムライブルーのTシャツ。
2002年のワールドカップの時のものなので、今ではきっとかなりデザインも変わっていて、同じなのはきっと色だけだよ・・・とはちょっと言えずにいます・笑)

青空も嬉しい♪・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2011-09-21 22:27 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(8)
昨日はバレンタインデーでしたね。
日本では「友チョコ」が人気と聞きましたが、みなさんはどんな1日をお過ごしでしたか?
e0114020_331854.jpg


イベントって、いろんなことがわかりますね・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2010-02-15 18:49 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(16)
この前、キム姉さんとおしゃべりしていた時のこと。

話題は最近姉さんが勉強している日本美術の授業のことでした。
「先生は日本人なのよ。
しゃべり方が日本人ぽくて、授業の度にロンスマやお花の先生を思い出すわ〜」
と姉さん。
姉さんは私と一緒に生け花も習っているのです。

何が日本人らしいの?と聞くと、
「don't you think?(そう思いません?)ってよく言うのよ!」
e0114020_7292169.jpg
(晩秋のラッセル・スクウェア。
ああ、ヨーロッパの秋)

私、よく言ってるかなぁ・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2009-11-12 08:13 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(12)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile