カテゴリ:私の中の日本人( 55 )

バスローブは左前!?

少し前にインディーが突然バスローブを買ってきてくれました。
なぜバスローブ?というのは考えてもわからないので置いておいて(笑)、とても肌触りが良くて気に入っています。
お風呂上がりに着るにはタオル地が少し厚めなので、ほとんどガウンとして着用。
長さもあるので、寒い季節にも温かくて良いガウンです。

でも胸元を合わせてウエストでヒモを結ぼうとすると・・・あれ?着物と合わせ方が反対だ!
e0114020_2201246.jpg
そうなのです、このバスローブ、胸元の右と左の合わせ方が着物と逆で、着物で言う「左前」(写真のように、相手から見て左側が手前に来るので)。

着物は相手から見て右側が手前に来るように着ますよね。
(そうすると、右手でちょこっと胸元に何かを挟んだりしやすいでしょ)
左前という間違いは見てすぐにわかってしまうし、死に装束にも用いられるので、着付けをする時にはかなり気をつけるところなのです。

バスローブなんてどっち側から合わせたっていいじゃない!とお思いでしょうが、私のバスローブには内側の腰の辺りに細いリボンが付いていて、先にこれを結ぶことになっているんです。
e0114020_2204625.jpg
ほらね。
このリボンはこちら側しか付いていないので、ここでリボンを結んだ後に右の胸元を合わせると・・・いわゆる「左前」の合わせ方になります。

でも女性の洋服はだいたい「左前」な合わせ方になっていますよね。
シャツやブラウスのボタンをかける時は私も全然気になりません。
もし洋服が着物と同じ合わせ方になっていたら、ボタンのかけ方が今と変わってしまい、逆に不便になりそう。

このバスローブも、おそらく洋服と同じ方向で自然にこうなったんでしょうね。
ただ、ボタンじゃなくて胸元を合わせる動作が必要だったので、たまたま着物の合わせ方に慣れた日本人の私の手には不思議に感じられただけなんだと思います。
着物じゃないんだから「左前」なんて言葉自体があてはまらないし、ただ違う、というだけなんですが、こんなところにも文化の小さな違いが出るんだなーと、バスローブを着る度におもしろいと思っている最近の私です。

ちなみに、これを機会に確かめたら、男性の洋服は女性と反対で、着物と同じ合わせ方になっているんですね!
ボタンをかけるのが大変そう。男性って大変だなー。
でも、これも単に慣れの問題なのかもしれません。

と思ったら、実際には男性用の配置の方がボタンがかけやすいらしいということを発見!
もともとボタンの位置がどうして男女で違うかというと、ボタンができた頃の14、5世紀のヨーロッパでは、男性は自分で服を着ていたものの、ボタンのあるような洋服を着る上流階級の女性は召使いに服を着せてもらっていたので、召使いがボタンをかけやすい配置になったという説があるそうで、ということは男性用の方が本来はボタンがかけやすいようなんです。
女性用の服に慣れた私にはよくわからないのですが!

結局、慣れているのが一番ラクっていうことですね。
ちなみにボタンの男女差は、ヨーロッパも日本も同じようです。

さらに気になったので、男性用のバスローブはどういう合わせ方になっているのか、お店でチェックしてみたのですが、内側にリボンが付いているような男性用のバスローブに今のところ巡り会えていません。
いやん、バスローブがはだけちゃう!なんて気にする男性は少ないでしょうから、内側リボン付きの男性用バスローブはあまりないかもしれませんね(笑)。
でも引き続き調査して、また何かわかったらご報告しますね!


******************
ブログランキングに参加しています。
慣れていると気づかないけど、別のやり方もあるんだね!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-01-15 21:52 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)
今日の午前中はとても良いお天気でした。
このところ、風が強かったり、夕立のような激しい雨が降ったりというお天気が多かったので、本当に気持ちよかった!
e0114020_7363412.jpg

お天気が良いと、どうしても貴重な太陽を利用したくなってしまいます。
お洗濯とお布団干しが大好きな母の影響かもしれません。

こういう日にお洗濯をするのはもちろんのこと、太陽を最大限に利用したくて、最近ではアパートの中でお布団も干すようになりました。
といってもおそらくお布団を干す習慣がないイギリスでのこと、自己流で部屋の中に干しているだけなんですが。
アパートでは洗濯物でさえも外から見えないように干すという規則があるくらいなので、実際にベランダにお布団を干したらぎょっとされちゃうかもしれません(笑)。

前の家では太陽がよく当たる場所までお布団を移動するのが難しかったのですが、アパートは階段もないので、寝室から少し移動すると太陽がさんさんと降り注ぐ場所にお布団を置くことができます。
今日は都合よく温かかったので、窓を開けて風も入れたら、あら、お布団が気持ち良さそうに日光浴しています♪
e0114020_7365823.jpg

これ何?と思ったでしょ(笑)。椅子を2つ置いて、その上にお布団を乗せてあるのです。

さすがにベッドのマットレスを一人で動かすのは厳しいので掛け布団だけですが、お布団を干した日は、ベッドの中がぽかぽかしていて本当に気持ちがいいのです。
ああ、幸せ♡
お布団を干している段階で、それを想像して一人でニマニマしています。
今夜は早くお布団に入っちゃおっと!

お布団を干すということに慣れいないせいなのか、個人的なことなのか、インディーはお布団を干した時とそうでない時の違いがわからないそうです。
お布団を干して喜ぶのも、日本人だからなのかなあ。
だとしたら、日本人で良かった♪気持ちいいもん!

今日は、ずっと蕾のままでいた百合もやっと開きました。
e0114020_7421551.jpg
やっぱり太陽の力ってすごいなあ。
私もたっぷり癒されました。
今日は温かいお布団に入って、良い夢が見られそうです♪


******************
ブログランキングに参加しています。
お天気がいいって気持ちいいよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-01-11 08:12 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)
この週末、ドイツから私のかわいいゴッドドーターがやって来るので、ずっと楽しみにしていたロンスマ家です。
e0114020_10405631.jpg
(ヒースロー空港で久しぶりのご対面!
もちろん私よりも背が高くなっていました・汗)

突然ゴッドドーターと言っても何のことやら、とお思いかもしれないですよね。
私も詳しいことはあまりよく知らないのですが、ゴッドマザーとは「カトリック教会で子供の洗礼式に立ち会って名を与え、霊魂上の親として保護する役割を担う成人女性」とのこと。
ロンドンに留学した時に仲良くしていたドイツ人の男の子と日本人の女の子が結婚し、最初に生まれた女の子のゴッドマザーに私を選んでくれました。
私はクリスチャンではないので正式のゴッドマザーではありませんが、洗礼式にも立ち会ったし、ココロのつながりはバッチリ。
小さい頃から「小鳥ちゃん」というぬいぐるみが大好きだったサクラちゃんとは、かわいいと思うもののツボが似ていて、気が合うのです(笑)。

今は日本より近いロンドンに住んでいるにもかかわらず、この数年ドイツに全然行っていなかったので、サクラちゃんにはずいぶん会っていなくて、クリスマスとお誕生日のカードとプレゼント、そしてたまに電話で話すぐらいでした。
はい、あんまり良いゴッドマザーじゃありません・・・反省。

16歳になったかわいいサクラちゃんが「ロンドンに行きたい!」ということで、インディーと私が数日預かって、一緒に観光することになったのです。
うわー、楽しみ♪
インディーもなんだか張り切って、あれこれと早くから準備をととのえていました。
えー、サクラちゃんはワタシのゴッドドーターだからねー(笑)!

昨夜遅くにドイツから到着して、今日はこれから観光に出かけてきます!
ロンドンが初めてというティーンエイジャーとの観光。さてどうなることやら。楽しみです。

あれ?でもそういえば先月、イギリスのティーンエイジャーのペイジとパリの観光をしたばかり(笑)。
ティーンエイジャー&観光づいてるロンスマ家。
この際、普段行かない観光地にあちこち行くのが楽しみです♪


*****************
ブログランキングに参加しています。
ティーンエイジャーとまた観光するんだね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2013-11-29 17:47 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(0)

惜しい日本語♪

今日は夏至ですね。
世界遺産にも登録されている大きな石の遺跡ストーンヘンジでは、夏至の日に決まった石のところから日が昇るそうで、今朝も1万人を超える人が日の出を見に集まったんだとか。
この遺跡は紀元前2000年より前に建てられたそうで、昔の人は天文の知識の広さと、早朝から日の出を見に集まった人の多さに朝から驚きました。
この国では冬が暗くて長いので、夏が本当に楽しみなんでしょうね。

今の季節、夜明けは早いのですが、夜はいつまでも明るくて、ロンドンでは夜10時でもほんのり明るい感じです。
去年の夏至の頃はもっと北にあるスコットランドにいて、11時近くになってもまだ真っ暗ではなかったなあなんて思い出しながら写真を見ていたら、その旅行の時のおもしろ写真を発見!
e0114020_722021.jpg
エジンバラ空港で見かけたお寿司屋さんの内装の一部です。
「い新し」・・・惜しい(笑)!!

和食や日本文化の人気がずいぶん高いイギリスですが、うーん、あと一歩!ということ多し。
大人気の洋服ブランドSuperdryも、その横に書いてある「極度乾燥しなさい」という文字を見ると、なんだか力が抜けます。
自動翻訳の文字をそのまま使うのかな。
Superdryほど有名になると、正しい日本語じゃないことも会社としてはもう知っている気がしますが、雰囲気が楽しめればいいのかしら、それとも今更ロゴを変えられないとか(笑)。

日本で売っている英語やフランス語のTシャツにもよく不思議な意味の言葉が書いてあるっていうし、あんまりうるさく言うこともないとは思いつつ、せっかくなら正しい情報が行き渡ると嬉しいなあとも思うのでした。
こういう間違いっておもしろいですけどね!ふふ。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
「い新し」とは新しい!と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-06-21 16:50 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(6)
先週、日本に本帰国する方の送別会に参加すべく、仕事を終えてから夜の街に繰り出しました。
場所は日本風の居酒屋さん。
ロンドンには何軒かあると聞いていましたが、居酒屋に行くのは初めてでした。
e0114020_18111416.jpg
ビールをジョッキで乾杯!
こういうジョッキ、イギリスではお目にかからないし、イギリスのビールはあんまり泡がないので、日本のビール好きとしては、これだけですでにテンションが上がります(笑)。

どーんとお料理が登場。
e0114020_18131568.jpg
写真はほんの一部ですが、他に鳥の唐揚げとか、ゲソ揚げとか、豚キムチとか、ほんとに日本のようなメニューが豊富。
今回行ったこちらのお店、経営は日本人ではないそうですが、焼酎や日本酒もたくさんあったし、入り口には寿司カウンターもあったし、一緒にいたのは全員日本人だったし、まるで日本にいるような気分でした。

この日は、いろんな話題で盛り上がって楽しく親しくお話ししたものの、お会いするのが2度目の方や男性もいたので、女子の集まりというだけではない微妙な距離感がちょっと日本の職場の飲み会らしくもあったりして、ますます日本を思い出す夜になりました。
こういう雰囲気でお酒を飲むと、ちょっと気取っていた気持ちも自然にほぐれて、話が弾む、弾む!
これぞ「飲みニケーション」(表現が昭和?笑)!

かなり盛り上がって話していたのですが、ふと気がつくと、周りはほとんど外国人。
中国や韓国のアジア系の若い人が多かったけれど、それにしても日本語を話しているのは、たぶん私たちだけでした。
お店のお姉さんに普通に日本語で話しかけて、「?」という顔をされちゃったりもしたし(アジア系だとわからないのよ〜・笑)。
和食はこちらでもヘルシーで大人気ですが、居酒屋文化もウケているのかな。
イギリスのパブだと、おつまみをあまり食べずに立ったままお酒を飲むだけということが多いので、ご飯とパブをミックスしたような居酒屋文化(ある意味タパス・笑)が珍しいのかもしれません。

この日お別れをしたのは、まだ会って2度目の方(笑)。
すごくすてきな男の子で、せっかくお知り合いになれたのに、日本に帰国しちゃうのはとても残念。
でもお仕事でまたこちらに来るそうなので、お会いする機会はありそうです。よかった♪

話の盛り上がりとともにお酒も進み、ほろ酔いのゴキゲンでお店を後にしました。
めったに夜に一人で外出しないので、ロンドンの街の様子にもキョロキョロ。
酔っぱらって一人で歩くのも久しぶり(笑)。
日本の気分にどっぷり浸った楽しい金曜の夜でした。
e0114020_18154542.jpg



*********************************************
ブログランキングに参加しています。
日本にいるみたいだな〜♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-03-28 23:55 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(4)

ロンドンに咲く桜

日曜日に街中に出た時、桜の木を見かけました。
頼りないくらい細い木が1本だけ、大きな教会の前にぽつりと植えられていたんです。

時おり雪がちらつくほど寒い日だったのに、この細い桜の木には、もうきれいなピンク色の花が咲き始めていました。
e0114020_2303241.jpg

日本の桜とは種類も咲く時期も違うんだと思いますが、それでも、こんな寒い曇り空の下できれいな花を咲かせている健気な桜の木を見て、愛しくてたまらなくなり、日本のことを想いました。

ちょうど東日本大震災から2年というこの時期。
いつも気にしているつもりでも、私にできること、ちゃんと行動で示していたかな。
桜の花は、そんなことを振り返らせてくれました。

震災のことを忘れてほしくないと、今、ロンドン市内では報道写真展が開かれています(詳しくはこちら)。
日本を離れていても、何かできることはあるはず。
たくさんの人が言っているように、自分にできることをやっていきたいと改めて思った2年目のこの日でした。

がんばろう、日本。
私のふるさと :)
e0114020_5125341.jpg


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります。


ヨーロッパ(海外生活・情報) ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-03-11 17:18 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)

ひな祭り2013

ウィンチェスター週末旅行記の途中ですが、生まれて初めてやってみたことがあったので、旅行記は今回だけお休みして。

ひな祭りだったので、生まれて初めてちらし寿司を作ってみました!
e0114020_32296.jpg

日本から持って来た干しいたけがあることを思い出し、急に思い立ったのです。
インディーがお米と卵が不得意なので、ちらし寿司を作るなんて思ってみたこともなかったのですが、なぜか急に無性に作りたくなって。
e0114020_351189.jpg

エビは間に合わず、スモークサーモンで代用。
急に思いついたわりには、なかなかいけてた気がします(笑)。

作っている途中、しいたけを煮る香りで、おばあちゃんのことを思い出しました。
母方の祖母とはずっと一緒に暮らしていて、働いていた母の代わりにいつもご飯を作ってもらっていたんです。

ちらし寿司に、こんなにたくさんの刻みものがあるって知らなかったなあ。
いつもこんなに手をかけてご飯を作ってくれてたおばあちゃん、ありがとう。

もしかしてちらし寿司を急に作りたくなったのは、おばあちゃんが呼んでくれたのかな。
祖母の写真もおひなさまと一緒に飾って、今年はとても良いひな祭りでした。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
女の子っていいよね、ちらし寿司っておいしいよね♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-03-04 03:10 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(8)

節分の味方♪

先日、お友達にこんなものをいただきました。
e0114020_0543076.jpg

これだけ見るとちょっとわかりにくいかもしれませんが、こうすると・・・
e0114020_14965.jpg
(写真を撮ったのが夕方だったので、暗くなっちゃいました)

そうです、正解は節分の豆!

イギリス全国展開のスーパーTescoが、自社ブランドで、煎り豆を売っているんだそうです。
私たちは「豆」と思っているけど、英語では「soy nuts」、ナッツとして書かれています。
おもしろい!

こんなものを見つけてくるお友達、すごい!
しかもこれ、なんと67ペンス(約94円)だそう。
日本のものはなんでも高くなってしまうロンドンでは耳寄りな情報でしょう(笑)?
100g入っているので、わが家のようなフラットだったら1パックで十分。
たとえ大きなお家でも、そんなに値が張ることもなさそうです。

豆がほんの少し小ぶりですが、からっと煎り上がっていて、軽くておいしい♪
ほんのり塩味も手伝って、あと引くおいしさです。

これまで豆まき用の豆をわざわざ妹が日本から送ってくれていたのですが、これからは現地で調達できます♪うれしい!

お友達によると、いつも置いてあるわけでもないようなので、そろそろ節分に向けて準備してみてはいかがでしょう?

*********************************************
今年からランキングに参加することにしました。
おお、節分の豆がイギリスでも買えるのか〜!と思ってくださった方、下のバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-01-18 16:29 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)
日本にいた時は和菓子にそれほど興味がなくて、お菓子というと、きれいにデコレーションされたケーキやチョコレートに目がいっていた気がします。
お茶のお稽古でいただく練り切りは美しくて大好きだったけれど、わざわざ自分で買ってまでということもなかったし。

そんな私ですが、甘いケーキがたくさんあるロンドンに来てから、たまにはバターを使わないさっぱりしたあんこものが食べたくなることが増え、これまでにもパン教室の大和田先生の単発レッスンでお饅頭を習ってみたり、お友達に教わったレシピで大福を作ってみたりしていました。
が、あんこ自体を作るのがどうもおっくうで、なかなか続かなかった!
こちらには小豆の水煮缶も売っているので、それで代用して甘みを足すだけというのでさえ、ほんのたまーに。

でも今年のお正月、なんちゃっておせちに挑戦したついでに、あんこもののお菓子にも挑戦してみました。
e0114020_7305669.jpg

正確には和菓子ではなくて、あんこを中に入れたロールケーキ。
Y庵のyukikoさんのレッスンで習ったものです。
おせちに伊達巻がなかったので、その代わりの巻物ということで(笑)。
周りがスポンジなので、あんことケーキの両方のおいしさが味わえて一石二鳥。
あんこがあまり得意でないインディーにも大好評でした。
スポンジがあんこの水分をたっぷり含んでしっとりする3日目ぐらいが一番おいしく感じます。

yukikoさんのお教室には、お友達の智子さんに誘っていただいて、去年の初夏に大福のレッスンに、秋にはロールケーキのレッスンにうかがいました。

習った2種類のロールケーキのうちの一つがこのあんこ巻き(勝手に命名・笑)で、もう一つが白あんの入ったクリームを巻いたロールケーキ。
e0114020_1945391.jpg
白あんが入ると、生クリームも優しいお味になることを知って、白あん大好きな私はこの時、生まれて初めて豆から白あんを作りました。
日本で働いていた時はコンビニ弁当にお世話になっていたとは思えない変化(笑)!
煮立ってくるとグツグツと勢いよくはねる白いんげん豆に驚きながらも、ちょっと誇らしいようなワクワクする気持ちを経験しました。

日本にいた時にはほとんどお料理もしていなかったし、私はもともとめんどうくさがりなので、あんこを豆から煮る日が来るとは夢にも思っていませんでした。
でもやはり食べたくなると作るんですねー(笑)!

海外生活をしていると不便もあるものですが、同時に工夫の余地も広がるので、クリエイティブな人たちには大チャンスなのかもしれません。
考えてみたら、私だって日本にいたらあんこを作る機会はやってこなかったかも。
これからも達人たちの知恵を借りながら、ちょっとずつ和菓子作りの幅を広げていけたらいいなーと夢見ています。

*Y庵のyukikoさん、お料理教室の他に和菓子の販売もされていたのですが、現在こちらの学校で改めてお料理の猛修業中。
Y庵の活動はかなり不定期になっているようなので、お問い合わせの方は予めご承知おきくださいね。
修業を終えられたyukikoさんにさらに期待しているワタクシです。
e0114020_23324934.jpg
(ロールケーキ、一度覚えると、いろいろ応用できて楽しいです♪)

今年からランキングに参加することにしました。
がんばれ〜!と思ってくださった方、下のバナーをクリックして票を入れてくださるととっても嬉しいです!

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援、どうもありがとうございます♪
by londonsmile | 2013-01-11 23:43 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(8)

根っ子のつながり

ロンドンで知り合ったお友達と話していて、偶然2人とも同じ小学校に通っていたことが判明。
喜んで、2人でお店の中で校歌を歌ってしまったほどでした(笑)。

その方は今ではインディーと私の書道の先生となり、サボりっぱなしの私たちにも辛抱強く声をかけてくださるありがたい師匠です。

その師匠が先日、これを私に書いてくださいました♪
e0114020_23593011.jpg


島根県出身ではないのですが(笑)・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-12-08 23:15 | 私の中の日本人 | Trackback | Comments(2)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile