カテゴリ:猫のこと( 10 )

猫のルナとジュニベリー

もうクリスマスの前のことですが、年末(クリスマス?)の挨拶に、インディーの親戚の家に行ってきました。
この家には元気な男の子が2人いて、子供に親切なアジア人の私は大モテ(笑)。
到着するなり、ゲームしよう、このサッカー選手知ってる?と大騒ぎになります。

それもとってもかわいいのですが、実はこの家に行く時の一番の楽しみは、かわいい猫に会うこと!
最近、立て続けに2匹の猫ちゃんを飼ったのです。
e0114020_5493692.jpg
うひゃひゃ〜!
壁際に隠れてこっちをじーっと見ているのはまだ1歳ちょっとのジュニベリーくん。
遊びたくてたまらないお年頃のようで、ちょっとヒモやオモチャを振り回すと、夢中で飛びついて遊んでくれます。

わが家で飼っていた兄妹猫のペッパーとサフロンは、私がインディーの家に引っ越した時点ですでに良いお歳だったので、新参者の私をどこか年下に見ているところがありました。
抱っこさせてもくれないし、オモチャにもほとんど振り向かないという大人な猫だったので、こんな風に遊んでくれる猫ちゃんが新鮮でたまりません♪
もちろん、ペッパーもサフロンも甘えてはきましたけどね(笑)。

最初の写真で目ヂカラを見せてくれたジュニベリーくん、本当はこんなお顔。
e0114020_552146.jpg
まゆげのキリッとしたハンサムくん!
眉の場所にちょうどいい模様があって、本当のまゆげみたいでしょ。
しかもほとんどタテになっていて、凛々しいこと♪

もう1匹はお姉ちゃんのルナちゃん。
e0114020_5532723.jpg
お姉ちゃんといってもまだ2歳ぐらいだったと思いますが、このルナちゃん、性格がジュニベリーと全然違って、おすましさん。
子供の本なんかでよく猫がイジワルに描かれているのは、ルナちゃんみたいな猫がいるからでは?と思うほど、いつもご機嫌悪そうです(笑)。
オモチャを振ってもほとんど遊ばないし、話しかけるとどこかに行ってしまう。
でも猫好きには、そこがまたたまらないんですよね♪

ルナちゃんは写真嫌いなので、こんな正面の写真を撮れたのはほとんど奇跡的。
いつもはこんな風なんです。
e0114020_5535830.jpg
明らかにカメラから顔を背けています(笑)。
ペッパーもサフロンもそうだったので、こんなことされても私は「またまた〜、そんなこと言わないで、こっち向いてよ〜」と、ルナちゃんが向こうに歩いて行ってしまうまで話しかけるのでした。

でもいいの。
私にはちゃんとわかっているのです。
ルナちゃんは私が話しかけたこと、まんざらでもないと思っているのに、そう思っていながら「ふんっ(覚えておくわ♪)」とあっちに行ったというのが!
猫ってフクザツで面白いですよね。

一方、子犬のようなジュニベリーくんは、あれやこれやのポーズで大サービスしてくれました。
e0114020_7511447.jpg
最後にはお腹も出して大甘え。
表情がくるくる変わっておもしろかったです。

犬も大好きですが、ペッパーとサフロンと一緒に過ごしていたおかげで猫もかなり好きになりました。
なかなか次の猫を飼う気持ちになれないので(笑)、しばらくは人のお家の猫ちゃんで楽しませてもらおうと話しているわが家です。


******************
ブログランキングに参加しています。
キゲンの悪そうな猫が好きなの!?と思ってくださった方(それもかわゆいのですよ〜♪笑)、下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!
応援、ありがとうございます♪

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
by londonsmile | 2014-01-08 08:30 | 猫のこと | Trackback | Comments(6)

巨大ネコあらわる!?

この前、家の近くを散歩していた時に撮った写真。
e0114020_6174763.jpg
うわっ!3階建ての建物と同じ大きさのネコ!
目も怒ってるみたいでコワイ!!
がおー!!!

・・・なんていうわけはもちろんなくて、これは家の中にいるネコちゃんを窓の外から撮ったら、お向かいの建物の方に焦点が行ってしまって、こんな風になっただけ。

ほんとはこんなにかわいいネコちゃんでした。
e0114020_618461.jpg
真っ黒で毛並みもきれいで、なにより興味津々で私を見ている目がかわいいかった♪

ネコのピンと立っている耳が好きです。


*********************************************
ブログランキングに参加しています。
ネコってかわいい♪と思ってくださった方、下の2つのバナーをクリックして票を入れてくださると、とても励みになります!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

応援どうもありがとうございます!
by londonsmile | 2013-05-02 16:12 | 猫のこと | Trackback | Comments(2)

みまわりパトロール

わが家のアパートの敷地内では、6月からずっと工事をしています。
私がいつもいる部屋の窓からよく見える場所なので、なんとなくちらちらと見ているのですが、最近、いつも同じ黒いネコ氏が現場を歩いていることに気づきました。
e0114020_5121999.jpg


うろうろ・・うろうろ・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2012-08-18 07:12 | 猫のこと | Trackback | Comments(2)
秋の終わりのこと。
わが家のアイドル、猫のペッパーが遠くに旅立って行きました。
e0114020_22364063.jpg


ピンクのお鼻がチャームポイント・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2011-12-11 23:13 | 猫のこと | Trackback

春のネコ

以前お知らせしたように、3月30日のロンドン市内でチャリティーイベントが行われます。
詳細はこちらをクリックしてご覧下さい。
ジャズコンサート、パンやお菓子、その他小物の販売などがあります。
ご興味、お時間のある方、ぜひお出かけ下さい。

ロンドンでソフトファーニッシングのお教室を開いていらっしゃる真理子サイモン先生のブログにも、以下の情報が掲載されています。どうぞ併せてご覧ください。

災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保のお願い

***************
今日からイギリスは夏時間になりました。
ちょうどこのところ暖かい日が続いていたので、気持ちも春に向けて明るくなりました。
e0114020_245364.jpg

いつでも寝ているペッパーだけど、日がよく当たるようになった庭でお昼寝するのは気持ちがよくて好きみたいです。
びろーんと伸びてリラックス。

でもやっぱり写真に撮られるのはお好きじゃないようで、カメラを向けるとこんな顔。
e0114020_2493854.jpg

ねえ、もうちょっと愛想のいい顔してよー。
e0114020_250281.jpg
「知らないよー」
e0114020_251414.jpg
「カメラ嫌いって言ってるでしょ」

こんなに愛してるのに・・・でもやっぱり好き(笑)。
きみが気持ち良さそうでよかった♪
e0114020_2534173.jpg

by londonsmile | 2011-03-27 23:53 | 猫のこと | Trackback | Comments(8)

さよなら、ありがとう

前回、体調が良くなってほっとしたと書いたばかりのサフロン。
そのすぐ後に急にまた悪くなり、遠いところへ旅立ってしまいました。
e0114020_6121376.jpg


耳からぽわぽわ出ている毛が好きでした・・・続きはこちら(read more)
by londonsmile | 2010-10-22 15:47 | 猫のこと

ほっとしました

わが家の2匹の猫のうちの1匹、サフロン嬢。
ちょっと体調が悪くて、ご高齢ということもあり(人間にすると60代らしい!)かなりヒヤヒヤしましたが、今日の午後あたりからいい感じにご飯を食べたり水を飲んだりし始めました。

ほっ・・・・。
実のところ、いろいろ考えちゃっていたので、本当に本当にほっとしています。
e0114020_4242752.jpg


この写真、ちょっと笑っているようにも見えますが、実は「写真を撮るな」とムッとしているところ(笑)。
でも感情を出すまでに回復してくれて、よかった、よかった。

と、今日は親バカなブログでした♪
by londonsmile | 2010-10-15 04:26 | 猫のこと | Trackback | Comments(12)

猫とけんかと日曜日

今日は、朝起きてみると、雪が降っていました!
もう何日か前から天気予報で言っていたのですが、天気予報が当たったことと、雪が降ったことの両方にびっくりでした。
それほど、イギリスの天気予報はアテにならないんです(笑)。
山の天気みたいに変わりやすいので、難しいのかなとは思んですけどね。

もう少し積もったら写真を撮ろうとのんびり構えていたら、すぐに雨に変わってしまってショックだったんですが。

久しぶりに家でゆっくりできる日曜日だったので、近所で車の運転の練習をしたり、ついでにスーパーに行ったり、クリスマスカードやプレゼントの準備をしたりして、のんびり過ごしました。

それなのに、静かなはずの家の中を走り回る音が・・・。

我が家の猫たちです。

本当の兄妹なのに、もともとあんまり仲が良くないんですが、最近はやたらに家の中を無意味に走り回ってみたり、うなってみたり、二人でけんかをしてみたり、落ち着きがありません。
こんなこと、私が一緒に住み始めてから初めてなんですが、季節のせいなのかなぁ。

今日もふと見ると、キッチンから庭に出るキャットフラップ(猫用ドア)の前に座っているサフロンに背後から近づくペッパー。
e0114020_7305161.jpg

そして5秒後にはこういうことになりました。
e0114020_73113100.jpg


実はこの写真、床に寝そべってカメラを構えていたインディーさんのスクープです。
「絶対、けんかを始めると思ったんだよねー、なんかそういう雰囲気だったんだよ。決定的瞬間を撮ったぞー、あはは〜」と、ご本人はかなりのご満悦。

こんなことしているヒマがあったら、クリスマスカードを書くの手伝ってほしいんだけどなーと思いましたが、あんまりタイミングのいい写真なので、ブログに載せさせてね〜とにっこり♪

さっきまでけんかしていた猫たちも、すぐに寝室でお昼寝を始めました。
e0114020_805127.jpg
ペッパー氏、爆睡してます。
3日ぐらい前から耳に傷があるんですが、これもどこかでけんかしたのかな。
e0114020_82336.jpg
こちらはサフロン嬢。
なかなかの生意気さんですが、こうしているとまるで天使のようですねぇ・・・。

そんなこんなで、やっぱりのんびりだった日曜日でした。

おまけはご飯のお話です(read more)
by londonsmile | 2008-11-24 08:03 | 猫のこと | Trackback | Comments(16)
今日はびーっくりすることが起きたのですが、その後にもっとすごいことがあったので、「びっくり」は帳消しになりそうな勢いです(何のことやら?笑)。

「びっくり」については後日またお話しするとして、今日は「ものすごいこと」の方のお話をさせてくださいな。
e0114020_79122.jpg

さて、これは何でしょう?

答えは、猫用のケージです。

我が家のペッパーとサフロンは、人間に抱きかかえられるのが嫌いな「独立した」猫なので、どうしても移動しなくてはいけない時には、このカゴに入れて車に乗せるのです。

そう、今日は年に一度の獣医さんでの健康診断&注射の日だったんです。

一緒に暮らしている私たちにさえ抱かせない猫たち。
カゴに入れられた上、さらに車で移動するなんて、もってのほかです!

ケージを見ただけで警戒するので、今年は少し前から玄関先にケージを置いてみました。
慣れてくれるといいなーと思って。

サフロンはかなり興味を示していて、なんなら中に入ってもよろしくってよ、ぐらいな態度だったのですが、ペッパーはやはり警戒気味。
毎年のこと、覚えているのでしょうか。

さて、獣医さんの予約に合わせてインディーも仕事を休んだ今日の午後のこと。

予約の時間が近づいてきたので、2匹とも家の中にいるのを確かめて、部屋のドアを全部閉めました。
猫たちが家の中と外を行ったり来たりしているキャットフラップも閉じました。

いつも自由に出入りしている猫たちは、すぐに異変を感じたらしく、なんとかキャットフラップから外に逃げようと焦り始めましたが、インディーがまずはサフロンを抱きかかえてケージに。

e0114020_793483.jpgその間、ペッパーを見張ってて、と言われたのですが、ペッパーは、上がっちゃダメ!といつもしつこく言っているキッチンのガステーブルに上がって、固まっていました。
本人は必死なのでしょうが、その様子が、あまりにもユーモラスだったので、思わず写真を撮っちゃいました。
ごめんね、ペッパー!

そのペッパーもなんとか無事にケージに入れ、車のバックシートに乗せて、急いで出発です。

獣医さんまでは車で5分程なのですが、その間、車の中で2匹とも鳴きっぱなし!
特にペッパーは、この世の終わりみたいな切ない声で鳴くので、私は助手席から体をひねってバックシートの猫たちにずっと話しかけていました。
おかげで、到着する頃には、私、すっかり乗り物酔いしちゃいましたよ~。

インディーと一緒に猫たちを獣医さんに連れてくるのは、今回で3回目。
これまでの2回も、同じような状態だったので、わかってはいたのですが、やはり切ない声で鳴かれると、胸が張り裂けそうな気持ちになります。

そして獣医さんで受付をして、診察を待つことに。
ここまでくれば、もう移動していないので、かなりおとなしくなります。
e0114020_79528.jpg
よく見ると、2匹とも、おっかなびっくり、ケージの中から表を観察していたんですよ。
あら、意外と余裕あるのね(笑)。

いつも猫たちを診てくれるフレンドリーな獣医さんは、さすがに慣れたもので、私たちにも抱かせない猫たちを上手に抱きかかえていました。
うらやましい~。

にこにこと体を触ったり、聴診器を当てたり、注射を打ったりしてくれながら、
「ペッパーもサフロンも健康そのもの!
外を歩き回っているせいか、11歳にしては見事に健康で贅肉もないし、歯なんてまるで6歳ぐらいの美しさですよ!」
と太鼓判を押してくれました。

ちなみに、猫の11歳は人間で言うと60歳ぐらいに当たるので、2匹とも、私より年上でいらっしゃいます(笑)。
この家では私が新参者ということもあって、私は猫たちの母というより、姉(年下ですが・笑)あるいは友達の気分です。

診察も終わって、これで安心、後はお家に帰るだけ、と思ったのですが、実はここからがすごかったのです。

2匹をまたケージに入れて車に乗せ、発車したとたん、ペッパーがまたものすごい勢いで鳴き出した・・・と思ったら、口を大きく開けて、目を見開いて、黙って固まっているんです!
明らかに尋常じゃない様子。
呼吸困難とか何かの発作を起こしているような感じなんです。

運転しているインディーに様子を伝えると、前にもそうなったことがあるそうで、怖がっているだけだから、とにかく家に連れて帰るしかない、とのこと。

その後もペッパーは固まった状態になったり、大声で鳴いたりを繰り返していたので、様子を見ている私は本当に心臓発作でも起こすんじゃないかとハラハラして、生きた心地がしませんでした。
もちろんサフロンも、その横でたまに鳴くんです。
見ていられない、でも心配・・・。

「大丈夫よ~、もうすぐだからね~」と2匹に話しかけながら、涙まで出てきて、家に帰って猫たちをケージから出した時には、もう私がぐったり(笑)。

ほんと、トラウマですよ~、猫にも、人間にも!

e0114020_710175.jpg
ケージから飛び出して、くつろぐ猫たち。あるいは、まだ放心状態だったのかな(笑)。
その後しばらくは怒っている様子でしたが、すぐに近寄ってきれくれたので、ほっとしました。

「は~、びっくりした~。いや~、家はいいですな。
あれ?なんでびっくりしたんだったかな?」
っていう感じなんでしょうか。
ペッパーさん、おじさんだもんねぇ~(笑)。

一緒に住んで2年になるので、家族だな、という感じは既にありましたが、怯えるペッパーを見るのが辛い、でも様子を見ていないともっと心配、という今日の経験で、その絆がまた深まった気がします。

お二人さん、ワタクシ、ほんの若輩者ですが、お二人の母になれそうでしょうか?
by londonsmile | 2008-03-14 08:18 | 猫のこと | Trackback | Comments(6)

我が家の猫たち

1年前にインディーと同居を始めた時、2匹の猫がもれなくついてきました。

名前はPepperとSaffron。白地に黒で黒コショウみたいなのがオスのペッパー、白と薄茶でサフランライスなどに使う香辛料みたいな色をしている(by インディー)のがメスのサフランです。

ちなみに、このブログのスキンに使っているのはエキサイトブログさんの写真なのですが、ちょっとサフランに似ていて嬉しかったのでこれにしました。右側の小さい方は、ハンサムに撮れたペッパーの写真です。

2人はほんとの兄妹なのだそうです。ほんとは1匹だけのつもりでペットショップに行ったインディー、あまりのかわいらしさについ2匹とも連れて帰ってきてしまったとか。

これが子猫の時の写真です。写真からスキャンしたので、ちょっと曲がっていますが・・・。
e0114020_2212766.jpg


おぉー、あどけなくてかわゆい!私はこの頃の2人を知らないので、ちょっと残念。

兄妹と書きましたが、姉弟かもしれず、ほんとのところはわかりません。ただ、観察していると、ペッパーの方はおっとりしていてお兄さんっぽく、サフランはやんちゃな妹、という雰囲気が漂っているのです。

私達が出かける準備をしていると、ペッパーはそわそわと心配そうにするけれど、サフランは全然へっちゃらで、頭をぽりぽり掻いたり、あくびをしたりしています。

たまにごちそうでチキンをあげると、ペッパーは大喜びで全部たいらげるのに(たまにサフランの分まで食べようとします・・・)、サフランは気が向かないとプイッとどこかに行ってしまいます。

そのくせ、自分が撫でてもらいたい時にはそばにやってきて、とーってもかわいい声で「にゃー」と鳴くのです。遊んでほしい時には不器用なくらいしつこくまとわりついてくる犬のようなペッパーとは対照的。女の子とはそういうものでしょうか・・・。

よくこんな感じで、のびのびとお昼寝しています。
e0114020_22124758.jpg


もともとは超犬派だった私ですが、一緒に暮らしてみると、愛着がわくのですねぇ、これが。私は仕事をする時も家にいるので、猫と過ごす時間がほんとに長く、猫の方もこれに慣れてきたようで、よく私のコンピュータの周りでお昼寝しています。そして、こんな風に仕事の邪魔をすることも・・・。
e0114020_22133083.jpg


このブログを書いている今も、サフランが「撫でてちょうだいよー」と足元で甘えています。
by londonsmile | 2007-03-10 22:34 | 猫のこと | Trackback | Comments(8)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももう直ぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile