2017年 11月 07日 ( 1 )

風邪っぴきだったのでインディーさんに作ってもらったご飯第2弾。笑
日曜日はtoad in the hole、「穴の中のヒキガエル」という、これまたイギリスの家庭料理でした。

e0114020_18001693.jpg


でも、これはカエル料理じゃないのです。
ヨークシャープディングを「穴」に、その中に入ったソーセージを「ヒキガエル」に見立てたもの。
さて、そんな風に見えますか?笑

今回は初めてこの丸い型で焼いてみたそうで、そうしたら縁のギザギザ模様が偶然にもタルトのようにかわいらしく焼きあがっていました。
インディーさんにしてはなかなかファンシーな出来上がり。笑

e0114020_18003169.jpg


私としては、小麦粉と卵と牛乳でできたヨークシャープディングがご飯というかパンのような役目を十分果たしているのですが、これにポテトをつけるのがやはりイギリス流。

この日は牛脂を使ったローストポテトでした。
やっぱり植物油で作るより味わいが深かったです。
ただ、ものすごい量になったので、私は全体の半分ぐらいは翌日のお昼に回すことに。

付け合わせの野菜は茹でたインゲンのほかに、カブを大きくしたようなスウェード(swede)とニンジンのマッシュも。
「きみがいつももっと野菜を食べろって言うから野菜の種類を増やした」と得意そうだったので、「そうじゃないのよ、私はちゃんと野菜を食べてるんですよ、野菜がもっと必要なのはあなたですよ!」 とは言わずにおきました。笑
彼もこの日はちゃんと野菜を食べてたしね。

これにグレイヴィーとアップルソースを添えていただきました。
ごちそうさま。どうもありがとう。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

by londonsmile | 2017-11-07 00:47 | イギリスの味 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile