2017年 09月 01日 ( 1 )

21世紀のわくわく文通

インターネットやコンピュータ、スマホの発達で本当に便利な時代になりましたねー。
海外に暮らす者としては、どんなに離れていても家族や友達と連絡がとれたり、日本の情報がわかったり、仕事の用事が一瞬で済んだりするようになって、本当にありがたいことです。

私は旅行先から絵はがきを書くのが好きだったのですが、今ではメールやスマホのアプリに写真を添付して送ったり、SNSに投稿したりする方が簡単だし、いっぺんで済むし、ほぼ無料。
それに、絵はがきに返事をくれる人はほとんどいませんが、メールやSNSだと相手からの反応もすぐに帰ってきたりして楽しいですよね。

誕生日や結婚記念日やお礼など、なにかにつけてカードを贈る文化が発達しているイギリスでも、最近ではメッセージが携帯メールやEメールで届くことも多くなりました。

私ももちろんメールやSNSを使いますが、やっぱり紙にペンで書く行為も好きなので、できるだけ手書きのメッセージを書いて、時には郵送もしています。
お返事はたいていメールで来ますが、いいの、自己満足だから。笑

でもそうしているうちに、お友達のアメリカ人マダムも同じように手紙やカードを郵送してくれることがわかってきました。
時にはメールでメッセージをくれた後に、さらにお手紙が着くことも。
これは書くことが好きな者には嬉しい♪

そのマダムにお返事を郵送すると、しばらくしてまたかわいいカードで「元気?」というメッセージをくれたりしてが嬉しい&楽しいのです。

今回も、旅行から家に戻ってきたら彼女からお手紙が来ていました。

e0114020_00055282.jpg


この前お誕生日だったマダムに日本のレターセットをプレゼントしたところ、早速それを使ってお礼のお手紙をくれたのでした。
すぐに使ってくれる気持ちが嬉しい♪

そして封筒の郵便番号の欄にご注目。
coucou!!と書いてありますよね。

これはフランス語で軽いあいさつに使うようで、日本語で言うと「はろー!」みたいな感じかな。
マダムのお嬢さんたちはフランス系の学校に行っていたので、マダムも少しフランス語を話すのです。
60代と思われる彼女、遊び心がたっぷりで、かわいらしいらしいでしょ。
マスキングテープも貼ってあるし(笑)、日本育ちのマダムは封筒の裏側に自分の名前をカタカナで書いてくれていました。

もともとすてきな方だとは思っていましたが、こういうことでお人柄ももっとよくわかるし、このマダムのことがますます大好きになってしまいました。

もちろん私もコッツウォルズで買ったばかりのカードでお返事を書くつもり。
マスキングテープやシールも貼りますよー。
どれを使おうかな。うふふ。楽しみ。(←小学生なみ・笑)

そして、私にはもう一人、文通相手がいるのです。

e0114020_00072846.jpg

こちらは、ついさっき家のポストに入っていたもの。
新聞記事の切り抜きとポストカードはホチキスでとめられていました。

差出人は、お隣りに住む90歳、もとい、今年のお誕生日を迎えて91歳のスーパーおばあちゃん。
コッツウォルズ旅行の話を聞かせて、と言ってくれたので、昨日お家に遊びに行って、ウィリアム・モリスが住んでいた家にも行ったよ、なんていう話をしていたのです。

切り抜きにとめてあったポストカードには、「新聞の整理をしていたら、先週の記事にこんなのがあったわ。あなた、興味があるかと思って」と書いてありました。
わー、覚えててくれたんだ、さすがスーパーおばあちゃん!

しかも昨日、ウィリアム・モリスの家のカーテンに使われていたんだよと話したデザインのカードを使ってくれています。くー、ニクい!笑
(写真でおわかりのとおり、この柳のデザイン、わが家のテーブルクロスと同じなのです)
おばあちゃんはいつも花好きな私のために、きれいなお花のカードやメモを使ってくれるので、私もおばあちゃんが好きそうなフクロウの柄や世界の観光地の絵はがきなどを選びます。

今日は私はずっと家にいたので、ドアをノックしてくれたら直接受け取ることもできたのですが、おばあちゃんはよくドアベルも鳴らさず、そっとメモをドアのポストに入れてくれます。
たぶん、家で仕事をしている私の邪魔をしないようにしてくれているのだと思います。

そして私もこれに応えて、お礼のメモを書いてまたそっとおばあちゃんの家のポストに入れることになると思います。
というのも、おばあちゃんは人気者でお客さんがよく来ているし、お客さんの合間にはお昼寝していることもあるので、手渡すタイミングが難しいのです。
私もおばあさんの生活を邪魔したくないし。
もちろん、たまには(ドアからお客さんとの話し声が漏れていないことを確かめてから)ドアをノックすることもありますけどね。

そんな訳で、私にはマダムとお隣りのおばあちゃんという2人の文通相手がいることになります。
もちろんメールでやりとりしても同じことですが、手書きのぬくもり、カードを選ぶ楽しみや相手のセンスを垣間見る楽しみ、この関係に至るまでのいきさつが私には嬉しくて、この方法が私たちに合っているんだろうなーと思うのです。

実は文房具も大好きなワタクシ、レターセットやカード類のストックも十分すぎるほどあるので、それも使えることになって嬉しいのです。
さて、次はどのカードでメッセージを書こうかな。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

by londonsmile | 2017-09-01 23:58 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile