2017年 06月 26日 ( 1 )

北イングランドをめぐる英国ガーデンの旅、5日めの見学を終えて、プレスツアーはヨークシャーのハロゲットの町にやってきました。

Harrogateと綴るので「ハロゲート」と読みたくなりますが、発音自体はハロゲットに近いのです。
日本語と同じで、地名や固有名詞はいろいろ難しいですねぇ。

このハロゲットを訪れるのは私は3度め。
その昔はバースやチェルトナムのような保養地だった町で、建物や町並みなど、優雅な時代の香りが残る大好きな町です。

今回は夕方にホテルに到着した後、別の場所で地元のパーティーに呼んでいただいたので、夜も大忙し。笑
みんなで何を着て行ったらいいのかしらんと悩みつつ、そわそわしながら出かけたのでした。

まずは宿泊したホテルからご紹介します。

e0114020_00023170.jpg


ハロゲットの町で宿泊したのはCedar Court Hotel
機能的な大型ホテルで、ツアー客も多そうでしたが、外観も内装もモダン過ぎずに良い感じでした。

上の写真は、レストラン。
最近改装したばかりだそうで、伝統的な良さを残しつつ、明るい雰囲気で気持ちよかったです。

e0114020_00052920.jpg

こちらはホテルの入り口。
緑地に面していたので、ちょっとした住民気分が味わえました。笑

e0114020_00050276.jpg

お部屋はゴージャスではないものの、清潔で機能的。
そしてまた言っちゃいますが、モダン過ぎないのが私好み。
スタッフの方々もフレンドリーでした。

e0114020_00043418.jpg

ちょっと早いですが翌日の朝ごはん。
連日の美食で疲れたお腹に、小さめのワッフルとパンケーキが嬉しかったです。

朝ごはんをお見せしちゃいましたが、ここで気持ちを前の日に戻してくださいね。
夕方にホテルにチェックインしてから、パーティーに向かいました。

パーティーの会場になったのはRudding Park House
広いお庭やゴルフ場、エステなどもあるゴージャスなリゾートホテルです。

e0114020_00070823.jpg

ゴルフ場だけでなく、お庭のスペースもたっぷり。
ここでもシャクナゲが満開でした。

私たちのツアーのテーマがお庭ということで、パーティーの前に、このホテルのキッチン・ガーデンを見学させていただきました。
e0114020_00034964.jpg


かなり本格的な菜園ですが、見た目もかわいらしく仕上がっていて、見ているだけでも楽しい♪

e0114020_00090479.jpg


斜めに植えられているのは、たしかリンゴだったと思うのですが、なんだかかわいいですよね。
見た目も楽しめる菜園というのは、初めて見ました。

e0114020_18082943.jpg
e0114020_00065137.jpg


小規模ながら養蜂もされていて、見学させてもらったのに、なぜか写真がないのです!
ネットをかぶっていなかったので、箱を外から見せてもらっただけでしたが、自家製のハチミツなんて嬉しいですよね。
それだけでこのホテルに泊まってみたくなります。笑

さて、ではいよいよパーティー会場に向かいましょう。

e0114020_00073968.jpg



広いお庭はとてもよく手入れが行き届いていて、昼間に見学したお屋敷を思い出しました。
5月6月のイギリスはお花も咲いていて、お庭を見るには本当によい時期です。

e0114020_18103404.jpg

パーティー会場はゴルフクラブで、目の前ではまだプレイしている方たちもいました。
夏の長いヨーロッパでは、仕事を終えてからゴルフやテニスを楽しむ人も多いのです。

ウェルカムドリンクやおつまみをいただきながら眺めた景色は、こんな感じ。
e0114020_00101698.jpg


夜になっても明るいというのは、ヨーロッパ生活の本当によいところ。
今日1日のことを思い出しながら、リラックスするのにもってこいの景色ですね。

この日は、ホテル内に期間限定でオープンするHortoというレストランの立ち上げ記念のパーティーでした。
Hortoでは先ほど見学した菜園の新鮮な素材を使って、著名なシェフ、マレー・ウィルソンさんがユニークな手法で調理したお料理が出るとのこと。
e0114020_00041401.jpg

こちらがそのマレーさん。
イギリスの人気番組『マスターシェフ』に出演したこともあり、ヨークシャーでは有名なシェフだそうです。

この日出していただいたお料理はおつまみ系のものでしたが、オリエンタル風のひねりがあったり、ユニークな素材の組み合わせがあったりと、驚くものばかり。
でも口に入れてみると美味しいのです。
e0114020_23544602.jpg

この右下のデザート、液状のラズベリーをドライアイアイスの箱の中に入れて一瞬で固めるというデモンストレーション付きでした。
実験みたいで楽しい♪

e0114020_00131222.jpg

しかも、デモンストレーションの後、自分でこの実験、じゃなくて作業をすることもできたのです。
なんでもやってみたい私、もちろん挑戦してみましたとも。
上の写真が私の作品ですが、マレーさんの丁寧なご指導のおかげで、なかなかいい形になったでしょ♪

このパーティーには食品業界、ホテル業界の方が中心に集まっていて、地元のお話や業界の最近の流行など、いろいろなお話が聞けておもしろかったです。
おしゃべりについ夢中になって、食べ物の写真をあまり撮れずにごめんなさい。
どれも目でも舌でも楽しめるお料理でした。

このHorto、期間限定とはいえ、今も営業しているようなので、気になる方はハロゲット訪問の際に是非!
レストランのサイトはこちらです。

おつまみが美味しくて、ついつい食べ過ぎていたのですが、実は私たちにはまだ夕食があったのでした。
なんというゼイタク!

ここでホテルの本館に場所を移して、観光局の方と一緒に楽しいディナー。

e0114020_00054848.jpg

Pudding Park Houseは、外観やお庭は伝統的な形式ですが、内装はとてもポップでかわいらしいのです。
このギャップがまたいいですよね。
こういう色使い、大好き。
e0114020_18495523.jpg

なんていうことないように見えますが、素材の組み合わせに凝っていて美味しかったです。
それにしても、デザートのアイスクリームがまるでみたらし団子みたいな色合いでかわいい♪笑

ハロゲットのあるヨークシャーはインディーの出身地でもあるので、私も思い入れたっぷり。
絶対にまた来ますとお約束して夜が更けていったのでした。
e0114020_00222759.jpg


パーティーの後のディナーだったので夜が遅くなり、翌朝もあまり早起きはできませんでしたが、せっかくなので朝の出発までに少しハロゲットの町を歩いてみました。
ハロゲットの有名なベティーズ(Betty's)というティールームをこの目でまた見てみたかったのです。

ベティーズは英国全体で人気のティールームですが、ヨークシャー内にしかお店を出さないこだわりがあるという点でも魅力的なお店です。
ハロゲットの本店にはこの前の2度のハロゲット訪問で2度とも訪れたのですが、大好きなお店なので、せめて外からだけでも見てみたかったのです。

が、フロントのお姉さんに丁寧に説明してもらったにもかかわらず、道に迷って辿り着けず。汗
ううう、残念。
でもみなさんは、観光局でいただいた資料写真をご覧ください。

e0114020_00540062.jpg
(写真提供:(c) Betty's)

ね、優雅な時代を思い起こさせるすてきな外観でしょう?
内装もすてきなんですよ。
ヨークシャーにいらしたら、ぜひ訪ねていただきたいティールームです。

私が2007年に初めてハロゲットに行った時に偶然ベティーズを発見してすばらしさに衝撃を受けた記事(ヨークシャーの旅(3)温泉の町ハロゲット)(←ハロゲットの観光地の写真も載せています)と、2015年にヨークの支店でベティーズ三昧をした時の記事(「ヨークひとり旅2015 ヨークでベティーズ三昧♪」)も、よろしかったらどうぞ♪

最初にもお話ししたように、ハロゲットは町全体が保養地時代の優雅さを残していて、建物や町並みもやはり保養地だったバースやチェルトナムに似ています。
e0114020_00231381.jpg
e0114020_00233766.jpg
e0114020_00571199.jpg
(3枚目の写真:写真提供:(c) Visit Harrogate)

こちらはまさに保養地だったことを表すターキッシュ・バス(トルコ風のお風呂)。
今でいうサウナとかマッサージみたいな感じですよね。

ハロゲットに来たら、保養地に来た気分になって、何をするというのでもなく、ただ町をのんびりお散歩してアンティークのお店をひやかしたり、ティールームでお茶を楽しんだりする、そして夜は劇場やすてきなレストランでまた楽しむ、というのが私のおすすめの過ごし方。

ハロゲットは、イギリスで一番幸せな町ランキングを調査すると、ほぼ必ず上位に入る町でもあります。
2013年には1位に、つまりイギリスで一番幸せな町になったこともありました。
またアガサ・クリスティーの有名な失踪事件が起きた時には、実は彼女はこの町に宿泊していたということもよく知られているようです。

ヨークシャーというとロンドンから遠い印象もあるかもしれませんが、電車だと3時間もあれば到着するんですよ。
落ち着いていながらも優雅なこの町の佇まいが大好きなので、ハロゲットは私にとっては何度でも訪れたい町。
絶対にまた行きます!
e0114020_00224619.jpg

******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

by londonsmile | 2017-06-26 06:03 | Visit Britain | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile