2017年 05月 08日 ( 1 )

日本ではもう汗ばむような日もあると聞いているのに、5月に入って気温があまり上がらないロンドンです。

わが家のフラット(集合住宅)は暖房が共用になっていて、ある時期になると一斉にスイッチが入り、ある時期になると一斉に切れます。
そしてスイッチが切れるのは毎年5月の最初。
4月いっぱい暖房が入っているなんて! とお思いになるかもしれませんが、天候が全体に不安定だし、石の建物はとても冷えるので、まあ、そんなものか、と毎年思っています。

ただ、なぜか毎年、暖房が切れる頃に急に冷え込むことになっていて、今年も5月に入ってお天気もすっきりしないし、気温も上がらないのです。
4月の終わりには初夏のような日が続いて、部屋の中は暑いくらいだったのに!笑

一斉の暖房が切れた後でも、家に小さな暖房器具もあるのですが、すっかり冷えてしまった4階建ての石の家を温めるには小さすぎるようで、家の中でセーターを着たり、ブランケットをかけたりして過ごしています。笑
お天気が良くなって気温が上がれば、もうちょっと暖かく感じるんですけれど!

とにかくそういう訳で、週末は「体があったまる」お料理を作りました、5月なのに。笑

e0114020_18354361.jpg

英国料理のコテージ・パイ。

イギリスのパイにはパイ生地を使ったものもあるのですが、煮込んだものの上にマッシュポテトを乗せてオーブンで焼くのも「パイ」と呼ばれます。
これはビーフのひき肉の煮込みを使ったコテージ・パイ(コテージは「田舎風の家」の意味)、
ラムのひき肉の煮込みの時にはシェパーズ・パイ(シェパーズは「羊飼い」の意味)、
魚介類のクリーム煮の時にはフィッシュ・パイ、という風に。

こういうちょっとした言葉の使い方がややこしくて、最初はとまどいました。笑

マッシュポテトを乗せる系統のパイは、前の日に煮込み料理を作っておくと、味が馴染んで美味しいのです。
だから今回も、土曜日にビーフのひき肉とマッシュルームや野菜を赤ワインで煮込んでおいて、日曜日にマッシュポテトを作って乗せました。

煮込みに入れるものは、それぞれの家庭で違うようです。
わが家はだいたい玉ねぎ、人参、マッシュルーム、色付けにコーンというパターンが多いかな。
あとインディーさんは朝ごはんに出てくるベイクドビーンズ(トマト味に煮込んだ豆)を入れるのが好きなので、今回も使ってみました。

ちなみにマッシュポテトを作る時に人参も一緒に混ぜると、野菜も摂れるし、色もきれいになるので、オススメですよ♪
育ち盛りのお子さんがいるなら、チーズを乗せてもボリュームたっぷりになりそうですね。

e0114020_18355960.jpg

オーブンで45分ほど温めて、熱々になったところでいただきます。
グリーンを添えると見た目も嬉しくなりますね。

そして、このアツアツが心も体もあったまって、ますます美味しいのです。
2日かけて作るというと、なんだかものすごいお料理のようですが、全部の工程を2回に分けると思うと、大した手間ではないんですよ。

日本にいらっしゃる方にはちょっと季節外れになっちゃいますが、この熱々のコテージ・パイでしっかりあったまることのできた週末でした。
今週はあったかくなるかなー。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

by londonsmile | 2017-05-08 20:10 | イギリスの味 | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile