週末のお客様

土曜日に、ロンドンの中でも我が家とは遠い所からはるばるとお客様が来てくださいました。

e0114020_439121.jpg


ん?これは子供の落書き?



実はお客様は書道の先生でした。

前に不思議なご縁で出会った書道家さんは、実は同じ小学校にも通ったことのある方。

先日お会いした時に、お習字、習ってみたいんだけど、家がお互い遠いしね、なんてお話ししたら、なんと我が家にわざわざいらしてくださいました!

日本では、大人になってから少しお習字を習ったり、アルファベットのカリグラフィーを習ったりしたことがあるのですが、全くうまくならない私(汗)。
(謙遜じゃないんです。練習した字を見せる度、いつも妹に笑われてました。
あっ、もう最初の写真をご覧になったから、おわかりですよね・笑)
でも、黙々と文字を書いているのは嫌いじゃないみたいで、機会があれば、また初めてみたいな、と思っていました。

そしてアジア好きのインディーも、日本で父と妹(私は下手なんですが、この二人、なかなかなんです)にお正月の書き初めを見せてもらって以来、筆で字を書くことに興味どころか夢を抱いていた様子。

というわけで、この日は我が家でのお稽古第一日目となりました。
e0114020_4474827.jpg

少年、真剣です(笑)。

先生は基本が大切とおっしゃって、姿勢や呼吸、筆の運びなど、とても丁寧に教えてくださいました。
墨をつけた筆を動かすだけなのに、こんなに思い通りにいかないなんて・・・!
止まっているボールを打つだけなのに、なぜか空振りしちゃうゴルフの練習を思い出しました(笑)。

先生によれば、
「気持ちがすべて字に出るんです」。
うーん、奥深いお話です。

基本の筆の動きを習った後は、インディーさん、カタカナと漢字で名前を書いていただいて大喜び♪
外国人としてはなかなか筋がいいですよ、なんて先生が言ってくださったので、
「えっ、じゃあ、日本人の私より上手になっちゃったりしてねー。あはは〜」
と冗談のつもりで言ってみたのですが、先生、
「うーん、ロンスマさん、頑張ってくださいね」
だって(汗)。
お顔が結構真剣だったんですよ!
え?私、そんなに・・・(汗)?

そうなったら、外国人書道家の妻としてマネージャー業に励むことにいたします(笑)。

さてお稽古の後は楽しいランチ♪
この日はインディーがイギリス料理を作りました。
e0114020_4585872.jpg

チキンパイとポテトとカーリーケール(緑色のお野菜で、少し硬くてクセのある葉っぱです)。
あれ?このパイの飾り・・・
e0114020_525092.jpg

「永」の字になってます!

先生が到着する直前になって、キッチンで書道の本を開いているので、何を今頃になって予習しているのさ、と思っていたら、こんなことしてたのでした。
先生も
「まだやっていないのに、ちゃんとハネもできてますよ〜」
と喜んでくださったので、良かったです♪

e0114020_542837.jpg

デザートはシェリートライフル。
ゼリーで固めたスポンジの上にカスタードと生クリームを乗せたイギリスのデザートです。
スポンジは、トライフルスポンジかスポンジフィンガーというものを使うのが本当のようですが、ヨークシャーではスイスロールを使っていたそうで、この日もそれを。

念願かなっていよいよ書道を始めた私たち。
実は翌日の日曜日も、ちょっと復習してみました(笑)。
先生がいらっしゃらないので、思うようにははかどりませんでしたが、やっぱり練習あるのみですからね!

Yさん、超ご多忙なところ、遠くまで来てくださって、どうもありがとうございました。
お稽古しながらお待ちしているので、ぜひまたいらしてくださいね〜♪
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/9800730
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YUKI at 2009-03-10 07:17 x
お誕生日おめでとうございます!

こちらこそ有難うございました。
『永』と書かれたパイを見た時は、大感激しました!
またご一緒にお稽古する日を楽しみにしています。
Commented by lovely_morning at 2009-03-10 13:56
ロンスマさん、なんと書道を始められたのね~~。
ロンドンで、しかも素敵な先生に出会えるなんて素晴らしい~♪
インディーさんの集中力、なんだか想像できちゃいました(笑)。

↓お出かけもたくさんされていますね。
Lavenham、私も行きましたー。
かなり傾いた家がたくさん、、、ですよね~(汗)。

ロンスマさんの今の生活の充実ぶりがブログに表れているようで、
なんだか私まで嬉しくなっちゃいました。
これからも楽しみにお伺いいたしまーす。
Commented by hiroex at 2009-03-10 18:21 x
書道を始められたのだ~と拝見していると、なんとお手製書道パイまで出現!すばらしい応用力ですね。日本人だとパイに文字のっけなんて考えつきませんもの!
「気持ちが全て字に出る」
たしかに深い言葉です。筆と墨を使った書道でなくても普段の字でも気持ちって字に出ますもんね。この言葉を胸に少しは背筋を伸ばして書く字に心を入れたいと思います。
Commented by londonmadam at 2009-03-10 19:49 x
こんにちわ
とても楽しい書道でしたね。
インディーさんの書道への熱の入れようが分かった感じです
パイの永というのは、すばらしいですね。
Commented by Saori at 2009-03-10 20:44 x
すごい~!インディーさん、パイの上にまで字を乗せちゃうなんて!
これは外国人書道家も夢じゃないかもよ・・・・
そしてロンスマさんは敏腕マネージャーの道へ(笑)
字が下手っぴぃな私にとって、上手にお習字で字が書ける人はもう大尊敬です。
外国に出ると逆に日本文化をもっと知りたい、習えば良かった、と思うものだけれど、たまたまの出会い、そしてこうしておうちまで来てくれてお習字が習えるなんてロンスマさん本当にラッキーだよね!
私もご近所だったらロンスマさんの家に一緒に習いに行くのになー(笑)
Commented by ogosyu at 2009-03-12 08:43
ひや~、これは素晴らしい意外のなにものでもないよ!インディー、さすがやってくれましたね。まだお稽古の前にきちんと「永」を習い、また私はきちんとはねているところが気に入った!
私もあんなに中学の時は嫌いだったのに、今になってやってみたいな、なんて思うの。中国の美しい詩がはいった掛け軸とか、日本の漢字を見ると、やはり書道は芸術ね。「道」というだけあって、これもやはり呼吸、集中力、自分への訓練が大切で、「己」の反省、成長のためには素晴らしいものだと思うんだ。娘も時々日本語幼稚園でやってくるんだけど、興味深くて大好きなんですよ。
Commented by londonsmile at 2009-03-12 15:47
*YUKIさん*
先日は遠いところを本当にありがとうございました。
とても楽しいお稽古でした。
なんだか「永」パイが一人歩きをして(笑)書道よりも脚光を浴びちゃったかも!?
自分たちだけでお稽古しても限られちゃうので、またご指導いただけるのを楽しみにしています♪

お祝いコメント、ありがとうございました♪
Commented by londonsmile at 2009-03-12 15:53
*アサさん*
わーい、お久しぶりです♪
ロンドンで書道を始めることができるなんて思いもしなかったので、すごく喜んでいます。
特にインディーはもう夢見てたので(笑)。
呼吸のこととか教わって、「ヨガみたいですね」とか言っちゃって嬉しそうでした。あはは。

Lavenham、いらしてたのね!Saoriさんにうかがったよー。
ほんと傾いた建物、びっくりしたけど、私は古い建物大好きなので、かなり嬉しかったです(マニアック?笑)。

もうすぐ在英3年、少しずつ自分の枠を広げられたらいいなーと思ってます。
アサさんも新しい環境ですものね。お互い、がんばりましょうね♪
Commented by londonsmile at 2009-03-12 16:07
*hiroexさん*
そうなんです、ご縁があって書道の先生に来ていただきました。
まだまだ線もロクに書けないんですが(笑)。
確かにパイに漢字を飾るって日本人にはない発想ですよね(笑)。
先生が無邪気に喜んでくださったので、よかったけど。
普通に書いていても気持ちが出ちゃうくらいなので、筆を使うとなると本当にややこしい!
筆をまっすぐ保つだけなのに、なんて難しいんでしょう!
これからは普段からも気をつけてみたいと思います。
Commented by londonsmile at 2009-03-13 07:54
*londonmadamさん*
ごめんなさいっ!順番をとばしてしまいました!失礼しました!
初めまして、ですよね?コメント、ありがとうございました。最初からこんなことで大変失礼いたしました。

子供に戻った気分になれて、おかげさまで本当に楽しいお稽古でした。
インディーは本当に書道を夢に見ていたので、嬉しそうでした。
パイは先生にも喜んでいただけたので良かったです。

また遊びにいらしてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by londonsmile at 2009-03-13 07:54
*Saoriちゃん*
このパイが書道より話題になって、ちょっと悔しい(?)気もするワタクシです。
あ、でも彼には稼いでいただかないと困るしね〜(笑)!
剣道着とか似合う気がするので、そういうのを衣装にしてみよう!なんちゃって。
私、日本にいた時から結構和物が好きだったので、こちらに来て書道ができるなんて、ほんとに嬉しいなーと思ってます。
まだまだ道は遠いけど、気長にがんばりま〜す♪
ほんと、お家が近かったら、Saoriちゃんと一緒にお稽古したいよ!
お稽古の後はもちろんお食事♪
毎回、パイの文字が上達しちゃったりしてね(笑)!
Commented by londonsmile at 2009-03-13 07:54
*おごしゅさん*
パイ、やられましたよー(笑)!他の方のコメントにもありましたが、確かに日本人にはあまりない発想ですよね。あぁ、びっくり。
私も学校では好きじゃなかったのですが、大人になってやってみたくなったの。
びごしゅちゃんは幼稚園でやっているのねー。大好きなんて、たのもしいね!
おごしゅさん、ご興味あったら、次回(ちょっと先になっちゃうんだけど)、ご一緒にどうでしょう?
ちょっと遠いかなー?
Commented by yuki at 2009-03-13 17:50 x
ロンドンでお習字のお稽古!しかもご自宅でなんて~素敵すぎます。
学校の授業以来、もう全然やってませんが・・・いいですよね~、墨の香りって^^ 写真に写ってるお習字セットも懐かしい♪
私なんてお恥ずかしいことに、日本にいながら日本文化をなんも習得していないので、それってもったいないかも・・と思ってきました。
なにか始めようかな。。

ご主人さまのパイも素敵ですね☆
この字をセレクトされたっていうのも素晴らしいです^^
Commented by よしおよしこ at 2009-03-14 15:16 x
フシギなつながりのある書道の先生に教えていただけるなんてほんとにステキなご縁ができたね♪
字がキレイに書けるって、大人としてほんとにステキだと最近つくづく思います。最近、忙しい時ほど丁寧に字を書くように心がけてる。
ちょっと落ち着く感じがします。丁寧って大事!!
ココロを落ち着けて書に集中するって、余裕があるときじゃないとできないよね。忙しい毎日だからこそ、そういう時間を持って自分と向き合うのって貴重なことだと思います。
お習字でそういうことも習得して、毎日少しずつそういう時間を持てたらすてきよね♪

インディのいたずら心、人を驚かせてうひゃひゃって喜んでる姿が目に浮かんじゃう(*^_^*)やっぱりお父さんに似てるよね☆
Commented by londonsmile at 2009-03-14 17:32
*yukiさん*
ご縁のあった先生がフットワークの軽い元気な方で、お教室が遠い私達のためにわざわざお越しくださったんです。
簡単に道具を揃えたつもりだったんですが、文鎮とか忘れてて(汗)、下敷きも一人分しかなく、当日焦りました。
やっぱり続けていないと、忘れちゃうものですねー。
海外に住むと、日本のことを聞かれたりする機会も多く、もっと知りたいという気持ちが強くなるのかもしれません。
でも日本に住んでいると当たり前になっちゃいますよね♪
このパイの文字ですが、私が前に日本で買った本にお手本として載っていたんです。
たぶん、意味、わかってないと思うんですよね〜。あはは。
Commented by londonsmile at 2009-03-14 17:36
*よしおよしこくん*
ほんとに楽しい土曜日でした。
私もどんどんイギリス化して(?)適当になっている上、漢字も忘れがちなので、日本語を書く時ぐらいは丁寧に書きたいなーと思ってます。
でも私、やっぱり才能なさそうよ。とほほ。
きみに良く笑われたよね〜。出だしのチョンっていうのが残るのを見て、自分のクセを思い出したよ。
やっぱりお稽古あるのみかな〜。がんわるわ。

インディー、おもろいよね。ほんと、「ひゃひゃひゃ」って感じで喜んでたよ。
やっぱり今度一緒に、割烹着、プレゼントしようね。いひひ。
by londonsmile | 2009-03-10 05:12 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(16)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile