ジェントルマンの作り方

電車に乗っていたら、「この席に座りませんか?」と話しかけられました。
e0114020_6562616.jpg


見ると、小さな男の子と一緒に座っているおばあさんらしき方。
2人とも座っていました。

わりとお若いおばあちゃまだったのですが(笑)、やはりおばあさんに席を譲ってもらうわけにいかないので、大丈夫です、とお断りすると、
「それじゃ、そっちのあなたは?」と私の隣りにいた女性に質問。

彼女も断ると、おばあさん、
「それじゃ教育にならないのよ」。

ん?どういうことかしら。と思っていると、
続けて
「女性に席を譲るということを覚えるには、いつも実行していないとね」。

なーるほど。男の子に席を譲らせようとしていたんですね。

この男の子、まだ4、5歳じゃないかと思うのですが、イギリスの男の子は、そんなに小さなうちからレディーファーストを学ぶんですね!
ちなみに2人は、特に上流階級風ではなく、ごく普通の人という感じでした。
実際にこういう場面に遭遇したのは初めてだったので、ちょっとびっくり。
そしてなんだか嬉しい気持ちになりました。

ジェントルマンらしさを教えていることも微笑ましいのですが、それを他人にも協力してもらって社会全体で子供達を育てている感じというのも温かいですよね。
なんとなく古き良きイギリス、というか、話に聞いたり映画で見たりしていたちょっと昔のイギリス、というイメージでした。

その後、席を譲ってもらう人は出なかったので、男の子は一度立った席に結局また座り直し、おばあさんに「こういうこともあるのよ」とかなんとか言われていました(笑)。

もっと早く気づいていたら、堂々とお言葉に甘えたのにな。残念。
それとも気づいた時点で、「ではお言葉に甘えて」と言うべきだったのかな、と思ったり・・・。

今回、私はうまく協力できなかったけれど、このすてきなおばあさんと一緒にいるこの男の子、好青年になりそうだと思いませんか?ふふふ。

がんばれ、少年!
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/8383668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by elliottyy at 2008-07-29 16:22
わ~~とっても素敵な記事☆
イギリス関係のコラムになりそう。(笑)

そうか~~うちも実行だ~~☆
今日から!!(笑)

イギリスってやっぱりドアを持って待っててくれたりジェントルマンの振る舞いってできてるよね。
そういうことって本当にすごいな~~って思います♪
やるなイギリス☆(笑)
Commented by hammohammo at 2008-07-29 20:46
いい話を聞かせてもらって得した気分♪
All English gentle men are deadなんて冗談交じりに言われて久しいけど、こんな風におばあさんにマナーを教えられている少年の存在があれば、将来に希望を持てそうだね~。
こうゆうのってやっぱり上の世代から受け継がれるものなんだよね。
Commented by lovely_morning at 2008-07-29 23:32
うーん、いい話!!!
もーー、日本中の人に聞かせたいくらい。
イギリス人でもいろんな人がいると思うけれど、私は地方に住んでいたせいか、やっぱり皆親切だったように思います。
レディーファーストも立派な文化、そして教育。
私、男の子の母になったら、このおばあちゃまのように熱心に教育しちゃうかも。
Commented by パセリ at 2008-07-30 12:19 x
素敵な話ですね。
日本でも昔は「子供は席を譲りなさい」って教育されたものだけど、最近のママの中には「子供なので坐らせて下さい。」なんていう方もいますものね☆
Commented by uroco_m at 2008-07-30 15:51
ロンスマちゃん、遅ればせながらお帰りなさ~い。日本の夏を謳歌したようで何よりです。
良い話だね。さすがジェントルマンの国だなぁ。こっちはイギリスほど紳士精神は浸透してないけど、基本的にみんな優しいのでおなかが目立ってきたうろ子に席を譲ってくれるけどね。
そーいえばダーリンも出会った頃は車のドアを開けてくれたりしてたけど、今は全く無いなぁ。オージーだけど日本男児の亭主関白の気もあるし(笑) というか「釣った魚には」・・・なのかな(爆)
イギリス紳士の爪の垢でも飲んでいただきたし!
Commented by londonsmile at 2008-07-30 17:36
*いっちゃん*
こんなもの見せてもらって、嬉しかったよ〜♪。
レディーファーストって、日本から来ると嬉しくなっちゃうよね(笑)。その上、相手が女性じゃなくても、自分が通ったドアを押さえてくれていたりもするし、イギリスのいいところは是非受け継いで行ってほしいよね!

針くんはリトルジェントルマンだっていうもっぱらの噂だもの、きっともう自主的にやっているのでは?うふふ。
Commented by londonsmile at 2008-07-30 17:41
*hammoちゃん*
ほんと、良いもの見せてもらったよ〜。
おばあさんに教わっているっていうのも、家庭的でなんとなくあったかい感じがしませんか?嬉しくなっちゃったわ。
おっしゃるように、こうやって代々受け継がれてきたんだろうね。こういうところ、続いてほしいなぁ〜。
Commented by londonsmile at 2008-07-30 17:46
*アサさん*
いい話でしょー(笑)!日本人にもぐっとくるよね。
文化的にこれを実行するかは別かもしれないけど(笑)。
逆カルチャーショック、まだ続いてますか?
地方の方がイギリスらしさが残っているもんね。
ご苦労もあっただろうけど、ほんと貴重な経験だったと思うよ。
言われてみるとアサさん、なんとなく男の子のお母さんになりそうな感じもするね(あくまでイメージです・笑)。
どうなるかな♪
Commented by londonsmile at 2008-07-30 17:51
*パセリさん*
こんにちは♪お久しぶりです。
いいものを見せてもらってラッキーでした。
そうでした、そういえば「子供は席を譲りなさい」って言われましたよね。
今は言わないのかな?いつから無くなったんだろう?
「子供なので座らせて」っていうのも、前だったら怒ったと思うけど、母になった友達をたくさん持ってみると、お母さん達、お疲れなのかも、と思ったりもしちゃいます(笑)。
Commented by londonsmile at 2008-07-30 17:55
*うろ子ちゃん*
ただいま〜♪梅雨だったのに、思いのほか楽しめてよかったよ〜。
こちらの人、というか、西洋文化(笑)の人って、妊婦さんに優しいよね。
日本だと恥ずかしいのか気がつかないのか、男性が席を譲ることってあんまりない気がするけど、こちらは男性も女性も妊婦さんに親切にしている気がします。
うろ子ちゃんも大切にされて、よかったネ♪
えっ、ダーリンさんって亭主関白の気があるの?意外〜!
とっても優しい方というイメージです。
でも赤ちゃん生まれたら、めろめろになって、もっともっと優しくなりそう♪楽しみだね☆
by londonsmile | 2008-07-29 07:29 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(10)

翻訳をしているラッシャー貴子です。元気な英国人夫とのロンドン生活もはや12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、とりあえず非公開コメントでいただけると嬉しいです。


by londonsmile