「ナルニア国物語」

週末、DVDで映画「Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe」(邦題「ナルニア国物語第1章:ライオンと魔女」)を観ました。

これがおもしろかったんです!

ちょうど前回、パディントンのことを書いたばかりだったので、童話つながりということで、今回はこのお話を。

e0114020_18323331.jpg




恥ずかしながら私の映画の好みって少女趣味的で、アクションやカーチェイスは大の苦手。
静かな人間ドラマのようなものが好きなんです。
それにイギリスの美しい田園風景や優雅なドレスを着た人とか出てきたら最高なので、ジェーン・オースティンものは大好き(笑)。

それでもインディーと暮らすようになってから、少しずつ冒険ものを観るようになりました。
「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」とか、続編の「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」とか、古くは「スターウォーズ」とか・・・。
(怖がりなので、「インディー・ジョーンズ」のシリーズはまだ観ていないんですが。)

たまにあるハラハラドキドキのシーンには、今でも目をつぶっていますが(笑)、観てみると意外とおもしろいものだな、と思うようになりました。

そして週末の「ナルニア国物語・・・」。
これ、すごくよかった!

実は冒険ものの主人公、特に子供達って、曲がったことが嫌いで勇気がある子、というイメージで、お話としてはおもしろいけれど、現実離れしている気がしていました。
でもこの主人公達は、弱さやずるさや、いろいろな面を見せてくれたんです。
もちろん、勇気も優しさも持った子たちなのですが。

ストーリーを明かしてしまうとつまらないので、これ以上は控えますが、お話全体も、楽しい冒険だけでなく、切なさや温かい気持ちも感じられる映画でした。

ちなみにこの映画、同名(英語ではThe Chronicels of Narnia)のシリーズものの童話に基づいて作られたものです。
このシリーズ、私は読んだことはなかったのですが、「指輪物語」(英語ではThe Lord of the Rings)と並ぶイギリス童話の代表作のひとつで、世界中で親しまれているものだそうです。
調べてみたら日本でも訳本が出ていました。

ロンドンでShadowlandsというお芝居を観て以来、作者のC.S.ルイスという人に興味を持っていました。
これは、ルイスさんと愛妻ジョイさんの実話に基づく悲しくも美しいお話。
エキセントリックな学者さんだけれど、心は温かい人だな、ということがわかるお話です。
(ちなみに同名の映画(邦題「永遠の愛に生きて」)もあります)

そんなルイスさんの描いた本なので、人生の美しくない面も見せつつ、心温まるお話になったのかな、という気もします。
映画自体はアメリカで作られたものですが、原作のイギリス的な要素が多く残されているように思いました。

ちなみに、指輪物語もナルニア国物語も読破しているインディー。
指輪物語の映画には「映画としては悪くないけど、本のファンとしてはガッカリ」と辛口だったのに、ナルニアの方は一言、「すごくよかった!」。
もともとのファンにも好評(らしい)すてきな映画のようです。
パディントン同様、大人も楽しめますよ。

考えてみると、パディントンやナルニアのように、大人も楽しめる童話ってたくさんあるのかもしれませんね。
そしてイギリスは大人の文学だけでなく、童話の宝庫でもありますよね。
もっといろいろ読んでみたいなと思いました。イギリスを知るためにも。
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/8098338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Saori at 2008-06-10 19:58 x
この映画面白いですよね~、私もTVで見たのですが、かなり楽しみました^^
夫も小さい頃からファンタジーとかSFとか大好きな人なので、指輪物語やナルニアも読んだ、って言ってました^^
指輪物語の映画は私も好きでDVD日本から抱えて持ってきたのですが^^;意外と子供がいるとじっくり映画を見る時間ってとれないんですよね~
ナルニアは確かそろそろ第二弾が公開予定だとか、新聞で読んだような・・・(ガセねただったらごめんなさい~><)
私も続きを見るのを楽しみにしています^^
Commented by londonsmile at 2008-06-11 19:40
*Saoriさん*
ご覧になりましたか~?面白いですよね♪
だんな様はファンタジーとかSFお好きなんですね。インディーは小学生みたいな人なので、こういうの、はまるんですよね~(笑)。
私もこういうの好きなんですが、シリーズものって、はまると怖い(なんで?笑)気がして、なんとなく避けていたんですよー。でもこの映画が面白かったから、やっぱり読みたいなーと思いました。
Saoriさんも指輪物語、お好きなんですね。DVDって、家でも観られてやっぱり便利ですよね。でも育児中は難しいのかな?
そうそう、ナルニアの第2弾、公開予定ですよね。アメリカではもう公開されて、大好評だそうですよ。これは観ないと♪
Commented by uroco_m at 2008-06-12 15:10
今週末にナルニア観に行く予定でーす。楽しみ♪

ナルニア国物語は聖書に基づいたお話だそうです。一度死んで蘇るアスラン(あのライオンさん)はまさにイエスキリストがモデルです。
C.S.ルイスはクリスチャン、指輪物語の作者トールキン氏とも親交が深かったようで、どうりで作風が似てますよね。

うろ子も少女趣味的な映画が好みだったけど、最近は結構いろんなものを観るようになってきました。あ、でもやっぱり日本のドラマが一番だけどね。玉木宏サイコー!!
Commented by londonsmile at 2008-06-13 17:08
*うろ子ちゃん*
おー、オーストラリアでは、もう公開しているのねー。楽しみだね♪よかったら、どんな感じだったか、教えてねん。
確かカトリックだったのを改宗したんだよね?それだけ信仰にこだわりがあったんでしょうね。
聖書に基づいている、とは聞きましたが、アスランがキリストというのは気づかなかったわ。なるほど!ありがとう。
私はまだ少女趣味が抜けず、疲れてくると、たまに一人でジェーンオースティンとかマイフェアレディーのDVDを観てリラックスしてます(笑)。
私、日本のドラマってついていってないんだよねー。玉木宏も、はっかりわからないのー!残念。かっこいんだろうね♪
by londonsmile | 2008-06-09 19:22 | イギリスのこと・人 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile