「マイフェアレディー」の気分に浸る

今週、前から気になったいたニュー・コベント・ガーデン・マーケットに行く機会がありました。
お花屋さんにお花を卸す市場です。

e0114020_18275879.jpg




インディーの仕事関係で知り合ったおばさま、お家に遊びに行くと、いつもきれいなお花が飾ってあって気になっていました。
先日、どうしているのか聞いてみると、市場でお花をたくさん買ってきて、自分でアレンジしている、とのこと。

お肉やお魚の市場と同じで、お花の市場にも一般の人が入れるんですね!
知らなかったわー、と話していたら、
今週初めにおばさまから突然、「市場に行くから、水曜日の朝6時に家に来て!」とのお誘いが。
きゃー、朝早い(笑)!営業時間は朝の3時から11時(朝の、ですよ)だそうです。

インディー経由で話を聞いたので、なにやらイベントがあるということしかわからなかったのですが、お花好きなワタクシ、朝4時半に起きて、とりあえず行ってみることに。

私達は車で行きましたが、地下鉄・電車でもVauxhall駅からもすぐ近くです。
(駐車代として4ポンドかかりました。ちなみに駐車場はかなりいっぱいでしたよ)
e0114020_1856294.jpg

この日のイベントは、ベスト・オブ・ブリティッシュ・フラワーというものでした。
食べ物では最近、イギリス産のものを食べよう、という運動が高まっていますが、お花も同じように、イギリス産の花を見直そう、という動きがあるそうで、そのプロモーションのようでした。

市場の中に設置されたステージ上で、デザイナーさん(アレンジをする人のことをこう呼ぶようです)が次々にすてきなアレンジを作って見せてくれて、その合間に、実際にお花を作っている農家の方のお話を聞く、というなかなか専門的なもの。

話を聞いている人のほとんどがプロのお花屋さんで、質問も出荷や最盛期などに関する専門的な内容が多く、素人が紛れ込んじゃって、ごめんなさい、という感じでした(笑)。

でも、お話を聞いていて、イギリス産の花への要望が増えているという傾向や、ちょっとした園芸情報を知ることができて楽しかったです。

ちなみに、ユリのヤク(オシベの茶色っぽいところで、粉が手や服につくと色が落ちにくい)の部分は、取り去ってしまっても、お花の日持ち自体にあまり影響ないそうです。

e0114020_1972586.jpg


右側で話している方、Sarah Ravenさんといって、園芸家やTVプレゼンターとして有名な方だそう。
おばさまも私も知らなかったのですが、おばさま、すかさず近くにいた人に「彼女、なんていう人?」と堂々と聞いて、びっくりされてました(汗)。

e0114020_19104020.jpg
このデザイナーさんのアレンジ、モダンですてきでした。

写真ではちょっとわかりにくいかな。右側にあるのがアリストロメリアと草のアレンジで、左側はバラを短く切って、球状のオアシスにさしたもの。
根元のバラ1つが効いてます!

この方、その日の夕方のBBCニュースに登場して、イギリスの花について語っていましたよ。


e0114020_19282686.jpgこの方は、やはりオアシスを使って、ケーキ風なものや、オフィスの受付などに置くようなかわいいアレンジを見せてみれました。

こういう業界にも、ブランドというか、セレブみたいな人が存在するようで(笑)、上の二人の男性、Bloomsbury Flowersというお花屋さんの創立者で、なかなか有名なようです。

確かに人前に出ることにかなり慣れている感じでした(笑)。

Mark WelfordさんとSteven Wicksさんというのですが、ごめんなさい、調べてみましたが、どちらがどちらかわかりません・・・!
どの写真も二人一緒に写っているの(笑)。


e0114020_19135195.jpgこのかっこいいお兄さんはJamie Astonさん
やはり人気のデザイナーさんらしいのですが、偶然、私はここのお花屋さんでお花をいただいたことがあって、お名前を知っていたんです。ちょっといい気分(有名なことは知らなかったけど・笑)。

ロンドンで今をときめくJane Packerさんのところで修行したのだそう(おばさま情報・笑)。Jane Packerさん、日本にも進出してますよね。

大きなキャンドル立てを使ったアレンジは、結婚式をイメージしたものだそうですが、こんな大きなものも、15分ぐらいで仕上げてしまいました。プロってすごい!

e0114020_20221010.jpg
アレンジを作るパフォーマンスを観ている間、私の近くにイギリスのワイルドローズを生産している方が座っていました。
近くにあったバラを慣れた手つきでささっと束ねて手に持っていたのですが、これがまた美しかった!
丸みのある優しい感じのバラで、色もイギリスらしい感じ。
じーっと見ていたら、いい香りよって、私にお花を近づけてくれました。
本当にいい香り。
天然の香水、という感じでした。
ステージ上のアレンジもすてきでしたが、私は自然なこの花束が一番好きでした。

そしてパフォーマンスの後は、市場を見学。

e0114020_19143420.jpg


お花の種類が豊富で、目移りしちゃいます!
この季節はボタン、シャクヤク、バラ、アリストロメリア、スズランが多かったかな。
ベージュやブルーのバラとか、鮮やかな赤いカラーとか、普段あまり見ないような変わった色のお花もたくさんありました。

お値段は、びっくりするほど安いわけではありませんが、なんといっても新鮮で質のよいものばかり!

すでに束になっているものが多いので、買うのも簡単。値段を聞いてお金を払うだけ。
素人の私達はニコニコ現金払いが良いみたいです。

e0114020_19393518.jpgお花の他にも、ブーケ作りに使うセロファンやティッシュの紙、リボン、ワイヤー、などがたくさん揃っていて、これもずっと見てても飽きません。
花瓶もガラス製、陶製、木製といろいろで、色もさまざま。
こちらは市販よりかなりお得なお値段みたいです。

変わったものでは、色を塗った竹とか、中国風の家具とか、エキゾチックな・・・置物(右の写真のようなもの、なんて呼べばいいの?)とか!
お花を美しく見せるための、あらゆるものが用意されていました。

お店の人たちも、陽気で親切。いかにも素人な私達にも、優しく声をかけてくれました。
マイフェアレディー』に登場する花市場で働く気のいい人たちを思い出しました。

この日はパフォーマンスもあったので、6時半ごろに到着して10時半過ぎまで、なんと4時間も市場にいました。
楽しかったのですが、実は最後の頃には手がしびれるほど冷たくなっちゃいましたよ(笑)!

事前におばさまに、「お花を新鮮に保つために市場の中は涼しくなっているから、暖かい服を着てきてね!」と言われたのですが、このところロンドンは暑いくらいの天気が続いたいたので、なんとなくピンと来ず、薄着に上着程度で行ってしまった私。
かなり寒かったんです。
慣れているおばさまは、毛糸のセーターにさらに上着を羽織っていらして、それでも寒がっていたほどです。

そろそろ限界に寒くなってきたので、おばさまのお家に戻って朝ごはん♪

e0114020_23464327.jpg体がやっと温まったところで、その日のおさらい(?)をしました。
この日はアリストロメリアを買ったので、先ほど見たすてきなアレンジを早速マネしてみたんです。

なかなかすてきでしょ!
だって、アレンジしてくれたのはおばさまですもの(笑)。
手際よく、あっという間にまとめてくれました。

特に学校にいらしたわけでもないそうなのに、その器用さにびっくり!
この後、人に差し上げるというバラの花束もご自分で作っていました。



e0114020_19144659.jpgそして、おそろいで私にも蘭を買ってくださいました。

この鉢は、Jamie Astonでいただいた寄せ植えが入っていたものです。
大きさもぴったり!
嬉しいな♪

とても楽しい1日、いや半日で、これだけ活動しても、まだお昼前でした(笑)。
充実していた~!






イギリスは、夏に向けて朝早くから明るくなってきたことですし、たまに早起きした日にでも、『マイフェアレディー』のイライザにでもなった気分で、のぞいてみてはいかがでしょう?
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/7951763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よしおよしこ at 2008-05-17 21:01 x
すごいタイムリー!昨日たまたまテレビでマイフェアレディーをやっていて、毎日毎日、何度もビデオ観ていたことを思い出しながらうっかり25時まで見てしまったのだよ!
なるほど。朝3時に始まるからまだ夜中に花売り娘さんたちがお花の仕分けをしたりしていたのね。
それにしてもすてきね~♪そんなにたくさんのお花とアレンジを目の前でみられるなんて!!
お花のある生活っていいよね。うちのベランダも最近バラが増えてます。
今日はうーちゃんちでツボにさされてるフェイクのあじさいをアレンジしたりしてました。フェイクだといくらためても折れないから安心(*^_^*)

Commented by netherbury at 2008-05-18 00:31
こんにちは。オーナーがベスト・オブ・ブリティッシュ・フラワーの為に、普段はオランダからしかお花を買っていないんだけど、コンウォールから数種類仕入れていました。マーケットでこんなイベントをやってたのですね〜。私は普段マーケットへ行かないので知りませんでした。
このフローリストさん達、業界では有名ですよ。
今はフローリストもオランダから直接お花を買ったりする時代なので、マーケットの卸経営もなかなか大変なようです。イギリスにもまだまだいろんなお花のグローアーさん達が頑張っているので、もっと目を向けてみてもいいですよね。^^
Commented by Saori at 2008-05-19 01:12 x
すごい綺麗ですね~!
BBCのニュースでこの話題が取り上げられていたのを見ましたよ^^
ちょっと前にお花もフードマイルのように遠くから輸入されるものについてはあんまりエコの観点上よろしくない・・・というような話をされていて、なるほどなあ、と思ってたんですが、やっぱりUK内で生産されたものを買いましょう、と言う話しになってきましたね。
それでもこんなに綺麗なお花をたくさん一度に目にしちゃうと、あんまりそう言う事考えずにどれもこれも欲しくなってしまうな~^^
朝早起きした甲斐がありましたね♪
Commented by cinq-etoiles at 2008-05-19 07:28
楽しいレポ~~!!!
ここのマーケットのことは、なんとな~く知ってはいたものの、
朝が早いってのにビビってたけど、11時くらいまでは開いてるんやね。
一度は絶対に行ってみたいと思ってるんよ。
お花の値段はビックリするほど安くないみたいやけど、
クオリティの高い花は質がいいから、その分長持ちしてお得かも?
それにしても、「ニコニコ現金払い」っていう表現がなんか懐かしくて笑けてしまったわ。(笑)
Commented by kuroali at 2008-05-19 19:02 x
素敵〜!癒されました!フラワーブームに肖って、えんさまもイギリスのお花を使って生け花?なんて披露なさっては!?^o^
お花に囲まれた半日、とっても癒されそう☆
Commented by londonsmile at 2008-05-20 07:48
*よしおよしこくん*
それはタイムリーだったねぇ!シンクロね♪
そうそう、「マイフェアレディー」よく観てたよね~!よく飽きなかったものだわ。セリフ、全部言えそうだったもんね。あの映画で見た豪邸の印象が強すぎて、現実とのギャップに苦しんじゃうのかも、なーんて思ったりもするわ~(笑)。
お花のある生活、いいよね♪バラ、がんばっているのね。我が家の庭も、いっせいにいろんな花が咲き始めたよ。今年は初めてシャクヤクも咲きそう♪
「ためる」っていう言葉、懐かしいね。思えば、きみとはいろんなこと、一緒にしたよね。ありがとう♪
Commented by londonsmile at 2008-05-20 07:58
*netherburyさん*
プロのコメント、ありがとうございます♪そうですか、オランダから直接勝ったりするんですね~!
この写真を撮らせてもらったバラのグローアーさんが、「ブリティッシュな花を!」と、ものすごく熱弁をふるっていて、事情を知らない私はちょっと不思議な感じがしちゃっていたんですが、きっと外国との競争が大変なんですね。教えていただいて、ありがとうございました。
トロピカルなお花なんかは難しいのかもしれないけど、ブリティッシュなお花にも目を向けてみようと思いました。
私、あまり知らないけど、お花は大好きなんです。いろいろ教えていただけると嬉しいです♪
この方達、有名な方でしたか!やっぱり!なんとなく有名人のオーラが出てましたもん(笑)。
Commented by londonsmile at 2008-05-20 08:04
*Saoriさん*
BBCのニュース、ご覧になりましたか!私はアイロンをかけながら見ていたら肝心なところを見逃してしまって(笑)、最後の部分をちょこっと見ただけだったんですよ~。
UK産にしよう、という話は前からあったんですね。知りませんでした。農家の方達、かなり真剣に訴えている方もいらして、それだけ誇りをもってお仕事しているんだなぁ~という感じでした。何もわからない素人ですが、農家の方のお話をじかに聞くことができたのは、とてもよかったです。
でも、とにかくお花がきれいだったので、後半はそのこと忘れちゃいましたけど(笑)!ほんとに目移りして決められませんでしたよ~。
はい、早起きした甲斐がありました♪
Commented by londonsmile at 2008-05-20 08:14
*cinqぽん*
おぉ~、cinqぽんもご興味があったのね!嬉しいです♪ほんと、一度は行ってみると楽しいと思うよ。お花もきれいで楽しいし、cinqぽんなら花瓶や置物を上手にコーディネイトできそう♪
お花の値段、後で人と話していたら、その人は「びっくりするほど安かった!」と言っていたので、買うお花や時期なんかによっても違うのかも、と思いました。
遅い時間になると、カフェとかも閉まっちゃうし、なんとなく「もう終わり~」というゆるーい空気になってくる気がするので、早く行かれるなら早い方がオススメよ。
「ニコニコ現金払い」って、つい言っちゃわない(笑)?昭和の匂いだけどね!
Commented by londonsmile at 2008-05-20 08:18
*kuroaliちゃん*
お花っていいよね~♪花束も嬉しいけど、それがたーくさんあるのを見るのは、とても楽しかったです。実際に買おうと思うと、目移りしちゃって選べなかったけどね(笑)。
そうそう、お花もそろそろアップしようかなぁと思っていますの。ふふふ。お楽しみに。
市場から出てきたら、なんだか夢からさめたみたいな不思議な感じでしたよ。朝が早かったので、ながーい1日でした!
by londonsmile | 2008-05-16 23:53 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(10)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile