受けてきました、Life in the UKテスト

ウワサのLife in the UK test、受けてきました。
そして、なんとか合格しました。
ほっ。
我ながら気が小さいと思うのですが、テストが気になって他のことがあまり手に付かなかったので、これでやっと普通の生活に戻れます(笑)。
久しぶりにかなり緊張したので、終わった後しばらく放心状態になってしまい、ご報告が遅くなってしまいました。
心配してくださっていた方、ごめんなさい!

e0114020_6292139.jpg
     (合格証です!PCから印刷して署名をしただけのものですが、これが大切)

このテスト、イギリス在住の外国人の間ではウワサになっているのですが、簡単に説明しますと、イギリスの社会、政治、日常生活などに関するテストです。
もともとはイギリス国籍を取得する人が受けていたものなんですが、昨年4月からは結婚などで永住ビザを取る人にも必要になりました。
(だから外国人の間でウワサなんですよ)

問題の75%を正解しないといけないし、試験の内容が細かくて面倒、と聞いていたので、実は何もしないうちからむやみに緊張して、受験を先延ばしにしていました。
でも渡英する時にとった最初のビザが3月の終わりにいよいよ切れるので、もう後がなくなって、やっと受けたというわけです。
後は、上のテストの合格証を添えて、永住ビザの申請をすることになります。
これがまたちょっと面倒なのですが、それはまた申請する時にお話しすることとして。

実は当日、会場の地名の「西」と「東」を間違えて、別の駅に降り立ってしまった私(大汗)。
早めに家を出ていたので、遅刻はしませんでしたが、かなり焦りました~!
こんな間違えする人はいないでしょうが、念のため、会場をよーく確認しておくことをお勧めします。
あ、私もちゃんと確認したのに、確認した時点で西と東を間違えていたんですけどね(笑)!

e0114020_7433647.jpg
    (今日は写真が少ないので、この週末に撮ったご近所の早春をお届けします♪)

まずは受付をして料金34ポンドを支払い、1人ずつ呼ばれて、担当の人にパスポートを提示して本人確認と本人情報の確認。
他の方のブログを見ると、自分でデータを入力する所もあるようですが、私は係の方が入力してくれたものを確認しただけでした。
担当してくれたお兄さん、私のパスポートを見て、「へぇ、インド行ったんだぁ。どの辺に行ったの?よかったでしょう?」なんて話しかけてくれて、緊張も少しほぐれました。
いい人でよかった♪

さらに少し待った後、試験場に入り、1人ずつPCが与えられて、その席につきます。

ちなみにバッグは試験場内に持ち込めないそうで、貴重品とコートだけを手に持って入り、後はオフィスに預かってくれました。
ところが私、こういう時に限ってデジカメやら電子辞書(ほら、念のため・笑)やらを持っており、貴重品がものすごい量になって恥ずかしかったです・・・。
ですので、当日はあまり必要のない貴重品は持たない方がいいかもしれません。

バッグを預けるのは、試験会場に入る直前なので、ぎりぎりまでテキストを見ることができます。ご安心を。

e0114020_875631.jpg試験場でPCのある席について、問題の答え方などについて説明を受けました。
特に難しいことはなく、マウスで選ぶ答えをクリックするだけですが、例えば前の問題に戻ることもできます、とか、そういう説明です。

それからテストのサンプル問題(4問)で練習することができます。
私は最初、マウスを持つ手が震えるほど緊張していたので(大ゲサ!でもほんとです・笑)、このサンプル問題でちょっと落ち着くことができました。
結果もちゃんと出るので、直前の練習として励みにもなります。


サンプル問題が終わったところで、いよいよ本番のテスト。
係りの方がそれぞれの席にやってきて、PC上で開始の手続をしてくれました。

問題は24問で時間は45分ですが、この日受けた4人のうち、一番早い人は10分ぐらいで出ていきました。(早いっ!)
私も落ち着いて見直し、20分ぐらいで退出。

さらにもう1人もすぐに出てきて、3人で「どうだった?」なーんてちょっと会話したりして和みました。
私の隣りにいたイスラム系の女性は時間ぎりぎりまで粘っていて(笑)、付き添いで来ていたご主人と思われる男性が心配そうに部屋を覗き込んでいました。

全員が終わるまで結果が出ないとどこかで聞いた気がしたのですが、最後の彼女が時間いっぱいになってそろそろ部屋を出そう、という時点で、残り3人が1人ずつ別室に呼ばれて、「合格です」と証明書を受け取りました。
なぜ他の2人も合格したかがわかるかというと、その別室、ドアを閉めずに会話していたので、聞こえちゃったんです(笑)!

合格証を受け取ったら、もう帰っていいということなので、最後の彼女が合格したかどうかは不明ですが、受かっているといいなぁ。

建物を出てすぐにインディーにケイタイのメールで報告。
もうその後は、緊張の糸が一気に切れてしまい、なかば放心状態で東ロンドンの街を歩いたのでした(笑)。

実際にテストを受けてみての感想は、よく言われるように、「運転免許の試験のようなもので、勉強していれば大丈夫」ということ。
だけど、やはり「ちゃんと勉強していないとだめ」だとは思います。

今日はテストの「当日編」でしたが、次回は私の勉強経験談をお話ししたいと思います。

e0114020_745181.jpg
         (イメージは「サクラサク」です・笑)



e0114020_6294583.jpgちょうどその日はバレンタインデーだったので、インディーが合格のお祝いにチョコレート・スポンジ・プディング(+チョコレートソース)を作ってくれました。
イギリスらしい蒸すお菓子の一種で、チョコレート味のしっとりした蒸パンみたいな感じでしょうか。
でも、なんと1時間半も蒸すのだそうです!
ビクトリア時代のレシピでも使ったんでしょうか(汗)。
嬉しいお祝い、ありがとう。
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/7291711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maimac at 2008-02-18 17:07
londonsmileさん、こんにちは!遊びに来て、コメントまで頂けて・・・初コメントだったのでドキドキ♪うれしかったです(^_^)b ありがとうございます~。
Life in the UK Test。。。すごい物があるんですね~。わたしもドイツでの永住権を大学卒業後に取得する予定なんですが、今度外人局でテストがあるか聞いてみないと!貴重な情報ありがとうございますvv
人生はいつになっても試験続きなんですね~(笑)
イスラム系の女性、合格しているといいですね!だんな様が教室をのぞいている様子も笑えます~(他の3人が終わっていたら、そりゃ心配になりますよね・・・)
合格おめでとうございまーす!
PS:そうそう♪あのウサギはLindtのウサギです。イギリスにも同じウサギがあるんですねー :)オーストリアのブランドなので、ヨーロッパ全体に広がっているのかな?
Commented at 2008-02-18 18:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hammohammo at 2008-02-18 18:24
合格おめでとうございます!
そうそうまさに「免許証の試験の感覚」。結構ややこしいけれど、ひととおりやっておけば大体受かりますよね。英語での会話がちょっと・・・っていう方には難しいだろうけど。
ロンスマさん、すごく緊張されたんですね。
友人や義理兄夫妻に試験を受けること話しちゃったから落ちたら恥ずかしいなぁとは思ったけどぜんぜん緊張しなかったような(笑)不良受験生です^^;
そしてインディーさんの一時間半かけて蒸したチョコレートケーキで合格祝い&バレンタイン♪すばらしい一日になりましたね。
永住権申請も面倒だけどストレートフォワードなので大丈夫♪
Commented by lovely_morning at 2008-02-19 00:54
わあ、合格おめでとうございます!!
緊張、しますよーーー、そりゃあしますよ~~。
英語力に関してはまったく問題ないでしょうが、やはり試験は試験。しかも政治の話まで出てきちゃったら大変ですもの。
私はひとつのことに集中しないと・・・というタイプなのですが、もしかしてロンスマさんも同じ?だったら嬉しいな(笑)。
その後のインディーさんの心遣いが嬉しいですね。やさし~い!
本当にお疲れ様でした。
Commented by cinq-etoiles at 2008-02-19 07:53
いや~・・オメデトウ!!!
呼んでるだけで緊張感が伝わってきたよ。^^;
ワタシがもし受けたら、不合格になる自信200%!
そんなことを言ってるけど、今持ってるEU配偶者ビザって2010年までで、その後はまた更新するのか、ロンスマさんのように試験があって永住のビザが取れるのかまだ調べてないけど、そうなるとしたら、大変!><
あっ、でも不合格でイギリスに住めなくなって、フランスに帰るって手に使えるか?!(苦笑)
Commented by Saori at 2008-02-19 21:15 x
おめでとうございます~!
良かったですね、合格!
私も自分が受けた時のこと思い出しました(汗)
この後はビザの申請ですね。これもまたやっかいな・・・(^^;)
旦那様イギリスパスポート所持者なら問題なくすぐもらえると思いますよ。大丈夫です!ご安心を。
うちの夫、イギリス生まれでイギリス国籍も所持しているのに、アイルランド国籍にも拘ってるのでそのせいで毎回ビザ関係ややこしくて困ってるんですよね(><)
美味しそうなチョコのプディングまで作ってくれて、インディさん優しいな~^^
Commented by 日向清人 at 2008-02-19 22:06 x
拍手喝采、万々歳。
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:24
*maimacさん*
こんにちは〜。また遊びに来ていただいて、ありがとうございます♪
maimacさんもドイツで永住権をとられるんですね!ドイツは外国人に対して厳しですか?イギリスは最近、移民の問題が増えているので、なんだかどんどん厳しくなるんですよ〜。
イスラム系の女性もご主人と思われる方も、気の毒なんだけど、どこかユーモラスでもありました。受かっているといいですよね〜♡
やっぱりリンツでしたか!ヨーロッパはEUの関係で、同じものが増えたのかしら?
今頃はもう日本でしょうか?ゆっくり楽しんでくださいね!
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:27
*鍵さま*
ありがとうございます♪鍵さまはきっと前にお済みになっているんですよね?ためになる内容なのですが、テストという方法が辛かったです(^^;)
そして今週、楽しみにしています。ほんと晴れるといいですね♪
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:32
*hammoさん*
ありがとうございます♪いや〜、これぐらいのテストであんなに緊張するなんて、我ながら変だなぁと思いましたよ(汗)。落ち着いてたhammoさん、さすが!
ご親切にアドバイスなどしていただいて、ありがとうございました。とっても心強いです♪このままビザ申請もがんばりま〜す。
蒸すお菓子があるとは知っていたのですが、1時間半も蒸すとは驚きました。ほんとに放心状態だったので(笑)、嬉しいご褒美でした。
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:37
*アサさん*
ありがとうございます〜♪いやぁ、恥ずかしいくらい緊張しちゃいました!それと今回、かなりこのことで頭がいっぱいになっちゃって、キャパシティーの小さな自分にも驚いちゃった(笑)。アサさんは一つのことに集中するタイプなのね!なんとなくわかるような気がします(^^)私は一つしかできないのに、あわてちゃってその一つにも集中できないタイプかも!
インディーの料理って、イギリス版おふくろの味っぽいので(笑)いつか割烹着をプレゼントしたいと思っているんですよ〜。似合いそうじゃない(笑)?
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:42
*cinqぽん*
ありがとう〜♪緊張が伝わったかしら〜(笑)。
私は無意味に緊張しちゃったけど、それなりに勉強すれば、そんなに難しいテストじゃないのよ。EUの配偶者だと、たぶん、そのままなんじゃないのかな。あ、でも10年住むと永住権をもらえるんだったかも。cinqぽんなら大丈夫だと思うけど、万が一不合格でも受かるまで何度も受けられるから、フランス帰るなんて言わずにロンドンにいておくれ〜♪
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:48
*Saoriさん*
ありがとうございます♪ご主人、イギリスとアイルランドの両方の国籍をお持ちなんですね。でも、ビザ関係がややこしくなっちゃうんですね。大変でしすねぇた〜。でも、もうこれで何もないでしょう?安心ですね。
私、何もしないうちからやたらに緊張していたのですが、ビザ申請も同じことにならないよう、Saoriさんの心強いアドバイスを胸に、がんばります♪
インディーのご褒美、嬉しかったのですが、味よりも「1時間半蒸す」事実に関心が行ってしまいました〜(笑)。
Commented by londonsmile at 2008-02-20 09:50
*日向さま*
ありがとうございます!久しぶりのテストで、すごーく緊張しちゃいましたが、なんとか大丈夫でした。
教えていただいたアメリカのテストのこと、アップしたのでご覧くださいね。
by londonsmile | 2008-02-18 08:19 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(14)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile