小さなお客様の置き土産

少し前のことになってしまうのですが、我が家に小さなお客様がやってきました。
ロンドンに行って電車に乗りたい、と言うインディーの親戚の子を週末に預かったんです。
郊外に住んでいるので、普段の移動は車なんですよね。

e0114020_18454358.jpg金曜日の午後にお母さんとお姉ちゃんに連れられてやってきた8歳のキーランくん、早速コンピュータを使っていいか?と聞くのです。
Beboという日本でいうmixiのようなものに入っていて、それでお友達と話したいそうで・・・。
今どきの子供はコンピュータのチャットなんて、当たり前みたいですねぇ。
私、認識が遅れてるんですねぇ~。
ちなみにキーランくんの希望、その場でお母さんに却下されていました(笑)。

写真は、なぜかTシャツに付いていた3Dグラスをかけてゴキゲンの彼。「coolでしょ?」

そしてまた驚くことに、彼、身の回りのことが、ほとんど全部自分でできるんですよ。
家によって設定が違うと思ったので、シャワーのお湯の温度調整だけは私がしましたが、後は着替えもなにも、ぜーんぶ自分でできました。
私は子供がいないのでよくわからないのですが、日本だったら8歳って、もっと「子供」ですよね?
ベビーシッターに来てもらって、親はよく外出しているらしいので、それもあるのでしょうか。
びっくりしました。

そうかと思うと、♪Catch a criminal~(悪者を捕まえろ!)♪なんて歌を歌ったり、夜にはGood night~(おやすみ~)と抱きついてきたりするのですから、やっぱり子供なんですよね。かわいい♪

今回のメインイベントはロンドン博物館(Museum of London)でした。
学校で今、ローマ帝国について勉強しているキーランくん、ローマが彼の中でブームだそうで、この博物館でローマ時代の展示を見るのが目的です。

e0114020_18451361.jpgこの博物館、ロンドンの歴史を知るのに楽しい所です。
イギリスは本当に博物館での展示の仕方が上手ですが、ここも例にもれず、ビデオなどを使って、楽しくわかりやすく説明されていて、小さな子供も多いんです。
学校の校外学習でもよく訪れるみたいですね。
プチ・ロンドン・オタクの私たちにとっては、休日のお散歩コースでもあります。

e0114020_18471430.jpgローマ時代に作られたロンドンの境界となる古い壁も、屋外にあるのに建物の中からよく見られるように上手に展示されています。
そして売店にはロンドンらしいユニークなものが置かれていて、これもお楽しみのひとつ♪

ちょっと残念なことに、下の階が今、改装中で、この日は私のお気に入りのビクトリア時代の街角のリアルな再現や、昔の馬車の展示などが見られませんでした。
でもゲストのキーランくんは喜んでいたので、問題なし、です。

さて楽しそうにしていたキーランくん、ローマ時代の展示になると真剣な顔つきになり、その時代のコインの種類やら、食事のことやらを細かくノートに書き写し始めました。
結構凝り性みたいです(笑)。というか、ちょっとオタクかも!?

その後、パブで大好物のフィッシュパイを食べたり、街を歩きながらタクシーの数を数えたり(←かなりお気に入りの様子でした・笑)、近所のビル街を見に行ったり、何より大好きな電車に乗ったりして、ロンドンを楽しんでくれたようです。

よかった!私も楽しかったよ。また遊びに来てね♪



それはScrabble(スクラブル)!
升目の中に一つずつアルファベットの文字を入れて単語を作り、得点を競うボードゲームです。
そういえば、大昔、語学学校に行っていた時にやったことがあったかも・・・。

e0114020_18521482.jpg


今回、キーランくんを預かるにあたり、インディーが張り切って買ってきたのでした。
実際には彼はスクラブルより、コンピュータで遊びたかったみたいですけどね(笑)。

それでも興味を示してくれて、ロンスマを相手に遊びたい、とのこと。
お家では普段、お兄ちゃんとお姉ちゃんに負けてばかりらしいので、外国人の私を相手にすれば勝てるという魂胆だったようです。
うふふ。わかりやすくてかわいい。

遊び始めてみると、なかなか楽しかったです。私の方が楽しんじゃったかも♪
クロスワードパズルと同じ要領で、縦に言葉を作るとしたら、一緒に作られる横の言葉も同時に成立させなくてはならないので、文字の数が増えるにつれて、だんだんややこしくなってきます。

8歳とはいえ、いつもこれで遊んでいるネイティブスピーカーのキーランくん、なかなか上手なのですが、やはりスペルは「むむ?」と思うような時も(笑)。
お兄ちゃんもお姉ちゃんもいない時ぐらい勝たせてあげたかったので、たまに「う~ん、これはどうかなぁ?」と言ってみつつ、適当に受け流しておきました(笑)。

なのに、インディーったら横から大真面目に、ああだこうだと言うのです。
もう、いいじゃん、ちょっとぐらい大目に見てあげれば~、と後で言う私に、一言、
「おまえさんは良いおばあさんになるね!」

はいはい、どうもありがとうございます。

え?スクラブルですか?キーランが勝ちましたよ、2回とも!
こうしてかわいいお客さんはにこにことご機嫌で帰って行きました。

その後私たちは、家に残されたスクラブルをかなり楽しんでおります。
たぶん、8歳児よりもずっと・・・(笑)。
手持ちになる文字は外から見えない袋から取るので、どの文字が手に入るかは運次第。
だからクロスワードパズル・オタクのインディーも苦戦することがあるみたいです。
今のところ、勝負は五分五分という感じでしょうか。

秋の夜長、そしてこれから来る冬の夜にも、お家でいかがですか?
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/6831026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hammohammo at 2007-11-22 21:15
ハイテクないまどきな子供のようでいて、8歳位の子ってやっぱり可愛いですね♪将来はローマ関連の考古学者かな?^^
でも、ロンスマさん、優しい!スクラブル負けてあげるなんて。。大人です。
私だったら子供相手でも絶対ムキになって、勝つまでやるかも!
大人げないですね。。(笑)
↓正装でガラコンサート、とってもグラマラスですね~♪
ヨーロッパにいるからには、一度くらいはそういうのとか、舞踏会(笑)とか、体験してみたいかも。。実際行ったら緊張して端っこのほうに埋もれてそうですが。^^*
Commented by onoz410 at 2007-11-23 07:58
Scrabble、欲しいの〜!!クリスマスプレゼントに所望しました。
ゲームを張り切って買っているインディさん、想像しちゃいました。
それにしても、かわいいお客様でしたねえ♪
Commented by londonsmile at 2007-11-23 19:42
*hammohammoさん*
ナマイキなことも言ったりするんだけど(笑)、それがまたかわいかったりして、かなり楽しい週末でした~。
私も普段手だったら、かなり本気になりますよ~、スクラブル(笑)!
ただこの子は、ティーンエイジャーになりかけのお兄ちゃんとおしゃまなお姉ちゃんにいつもやられっぱなし(笑)みたいなので、たまにはどうかな、と思ったんです♪
ガラコンサート、とってもよい経験でした♪たしかにとてもヨーロッパっぽいですよね。舞踏会・・・むむむ、とは思うけど、確かにとてもヨーロッパらしい・・・。hammohammoさん、ご経験になったら、ぜひぜひレポートしてくださいね♪楽しみにしてますよ~♪
Commented by londonsmile at 2007-11-23 19:45
*onozさん*
onozさんもスクラブル、お好きですか~?嬉しいな♪こんなの簡単、簡単って思っていたら、結構ややこしいんですね!しかもダブルポイントとかトリプルポイントとかあって、計算もフクザツ・・・。結構はまってます(笑)。
インディーは何にでも張り切る人なので、見ていておもしろいです。あのエネルギー、見習いたいわ~。
キーランを見ていて、ゆあんくんはどんな男の子になるのかな、なんて想像しちゃいましたよ♪
Commented by cinq-etoiles at 2007-11-23 20:04
スクラブル!知ってるよ~。^^
ダンナの両親が以前ロンドンに来た時に持ってきてたのがきっかけで、トライしてみたけど、ワタシのフラ語のボキャ不足&スペル覚えてないため(^^;)、め~っちゃ難しかった。。。
そうそう、英語とフランス語のスペルの関係で、入ってる各アルファベット数が違うんよ。英語も似てるかもしれへんけど、例えば母音が多めに入ってたり、フラ語の場合は特に’E’をよく使うんで、’E’がめっちゃ必要になるためかなり入ってるみたい。
同じアルファベットでも英語バージョンのスクラブルで遊ぶと、ある一定のところで遊びが不可能になってしまうみたいよ。

ワタシも子供がいないからよく分らんけど、ひとえに8歳って言っても差があるよね。人間的には常識とかもまだ確立してないし・・・
うちは両親共に完全な放任主義やった(もしくは単に放ったらかされてた・・?!)ため、小学生になった頃から自分のことは自分でしてたなぁ。。。
でもワタシたちの世代とは明らかに時代が変わってるから、遊び方とかも違うんやね~・・一気にオバハン気分。(笑)
Commented by Saori at 2007-11-23 22:54 x
我が家の坊主と同じ名前のキーランくん、なんだか読んでいてとっても微笑ましく思ってしまいました。
キーランくんのつづりも同じなのかしら?うちはKieranなんですけれど・・・同じ名前でもCから始まるキーランくんもいたり色々なんですよね。
8歳の男の子ってどんな感じなんだろう!ってすごく興味津々でした。
8年後のキーランはこちらのキーランくんと同じくらいお利口さんに成長してくれるかしら!?してくれるといいんだけれど。
イギリスの小学生ってとっても子供らしい部分があると思えば、日本の小学生よりも大人びている部分もあって面白いですよね。

スクラブル!私もこのゲーム昔やって面白かったのでまたやりたいなあ、と思っていたんですよ!ゲーム欲しい~!クリスマス用に買おうかしら!?
Commented by lovely_morning at 2007-11-24 02:19
このキーランくん、かわいい~!!
パソコンなんて当たり前・・・なんて大人っぽいと思いきや、ローマがマイブームとか、子どもっぽさが抜けてない感じがいい。微笑ましく読ませていただきました。
博物館にも行ってご満悦だし、そっか、普段電車に乗ってない生活か~、電車さえ珍しいというか旅行気分になるのね♪
Scrabble、初めて知りました。
おおー、面白そう。そして絶対勝てなさそう~(爆)。
ハマってしまうロンスマさんご夫婦が想像できます(笑)♪
Commented by londonsmile at 2007-11-27 01:02
cinqぽん*
フランス語版があるのね!知りませんでした~。そしてフラ語バージョンはEが多いのかぁ。なるほど。私も大したことなくて、最後は困って「no」とか「it」とか作ってたもん(笑)。ほんと、小学生並みです。

そっかー、その位の子供ってお家の環境によって違うのね。私は実はおばあちゃん子だったので、かなりいろんなこと、おばあちゃんにしてもらっていて・・・(恥)。だから、びっくりしちゃったのでした。
それにしても、コンピュータはびっくりしたわぁ。これは私たちの時代(←あれ、一緒にしちゃったけど?笑)の時代にはなかったもんね!
Commented by londonsmile at 2007-11-27 01:10
*Saoriさん*
そうなんですよー。私は先にこのキーランくんを知ったので、Saoriさんのお家のキーランくんにブログでお会いした時には、とーっても親しみを覚えちゃいました♪スペルは同じKieranです。上の子達はCameronとPaigeで、アイルランドの名前と聞いたんですが、あってます?両親ともイギリス人だと思うんですけどね(笑)。
お母さんに電話して「ママ、今日はどんな1日だったの?」なんて大人びた口をきくかと思えば、急に「くすぐり」を仕掛けてきたりするので、やっぱり無邪気な子供なんだなぁと思ったりしました。日本の子供とは子供らしいポイントがなんとなく違う気がしますよね。おもしろかったです。
Saoriさんちのキーランくんは8歳になったら、どんな風になるのかな?楽しみですね~♪うふふー。

Scrabble、おもしろいですよ~!クリスマス用にぜひ♪
Commented by londonsmile at 2007-11-27 01:14
*アサさん*
そうなのです、キーランくん、かわいかったよ~♪子供っぽかったり、妙に大人びた口をきいたり・・・おもしろかったです。
普段、電車に乗る機会がないみたいで、地下鉄の中では、「なんにもつかまらないで、何秒立っていられるか」とか、いろんな遊びを作って楽しんでましたよ。子供は想像力が豊かですなぁ~。
スクラブル、最初は楽なんだけど、だんだん辛くなってくるんですよ。たてよこ、両方とも言葉にならないといけないので!ちなみに固有名詞は使用不可、だそうです(by キーラン)。ぜひお試しくださいませ♪
by londonsmile | 2007-11-22 19:04 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(10)

翻訳をしているラッシャー貴子です。元気な英国人夫とのロンドン生活もはや12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、とりあえず非公開コメントでいただけると嬉しいです。


by londonsmile