Afternoon Tea

昨日は、日本のお友達とすてきなアフタヌーンティーに行ってきました。

アフタヌーンティーとは、3時ごろからお菓子をいただきながらゆったり過ごすいわゆる午後のお茶の時間です。夕食に明らかに差し支える程たくさんお菓子をいただくし、何しろ時間がかかるので、先日お話ししたイングリッシュブレックファースト同様、今の時代には、毎日アフタヌーンティーをしている人は、イギリス人でも少ないでしょう(上流階級の方々は別なのでしょうか)。とはいえ、ちょっとした家族やお友達の集まりなどの折には、ホテルなどでゆったりお茶を楽しんでいるのを見かけます。もちろん、観光客にも大人気です。

昨日は、インディー(夫・仮名)がイチオシだったThe Landmark Hotelに行ったのですが、ここでのアフタヌーンティーは天井が吹き抜けになっている明るく開放的なWinter Gardenでいただきます。

私達は、普通のアフタヌーンティーにシャンペンと生の苺がプラスされたThe Landmark Teaを注文。シャンペンを先にするか後にするかと聞かれたので、もちろん(?)「先に・・・」と答えた私達。「よく考えてみると、いろいろなお菓子をいただいた後にシャンペンというのも良かったかも・・・」「次回はそうしてみましょう」などと話していると、よく冷えたシャンペンとグラスにたくさん盛られた苺が登場。

e0114020_4552859.jpg


写真ではわかりにくいかもしれませんが、この苺、深さ5センチはあると思われる逆円錐型のグラスいっぱいに盛られていて、すごいボリュームなのです。後ろに置かれているのが苺にかける生クリームとお砂糖。最初はフレッシュな苺をそのままいただいていたのですが、少し生クリームをかけてみると、これが濃厚で苺のおいしさを引き立て、とってもおいしい!カロリーなんて気にしている場合ではありません。

それでも、苺だけでお腹がいっぱいになってしまいそうだったので、まだいただいている途中だったけれど、お茶とお菓子もお願いしました。

じゃじゃーん!

e0114020_4591027.jpg


これこれ、この3段のトレーがアフタヌーンティーの象徴です!一番上の段が焼きたてのスコーン。なんとご説明したらいいのでしょう?固めのケーキというか、柔らかめのビスケットというか、なんとも言えない食感の焼き菓子で、手前のトレーにあるクロッテッドクリームと苺のジャムをつけていただきます。その独特の食感ゆえに、いただいていると口の中の少し水分が足りない感じになるので、おいしい紅茶をほんとにかぶがぶいただきながら楽しむのです。

2段目の段はペストリー、写真では少し暗くなってしまいましたが、かわいらしいサイズのケーキです。このホテルではフランス風のお菓子でした。一番下の段はこれまたかわいいサイズのサンドイッチ。きゅうりのサンドイッチが基本らしいのですが、今回はスモークサーモンや卵などもありました。きゅうりのサンドイッチというと、ちょっとさびしい感じがするかもしれませんが、寒いイギリスでは夏野菜のきゅうりはその昔には貴重品だったので、高級食材としてアフタヌーンティーに登場しているのです。

乾きやすいサンドイッチから食べるのが良い、とか、温かいスコーンから食べるのが本当、などなど、諸説を聞いたことがありましたが、昨日は、アフタヌーンティーに備えて昼食も軽く済ませた私達。今回はサンドイッチからいただいてみました。う~ん、おいしい!

開放的なすてきな場所で、おいしいお茶とお菓子とシャンペンをゆっくり楽しみながら、お友達とのお話にも花が咲きました。

彼女は、もともとは妹のお友達だったのだけど、昨年暮れにロンドン近郊のウィンザー(ウィンザー城や名門イートン校のある美しい町です)に引っ越していらして以来、一緒にロンドン観光したり、お買い物したりして、仲良くしていただいている方。手芸もお料理も上手で、とってもエレガント、しかも活動的でお話もおもしろい、すてきなヤングミセスです。きっとこれからこのブログによく登場していただくことになるので、どうかみなさん、覚えてくださいね。

優雅な午後を過ごした私達。その後は、夕食の支度のためにあわただしく帰宅したけれど、また別の場所でも試してみましょうね、と今から楽しみにしているのです。
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/5209634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by uroco_m at 2007-02-24 17:03
うおぉ~っ。うまそうであります。
イギリスといえばアフタヌーンティー、アフタヌーンティーといえばイギリスだもんね。
でも午後のお茶のお時間でこんなにいっぱい食べたらディナー食べれなそうだね。
でもでもきっと食べちゃうんだろうなぁ。いちごもおいしそ。

こっちでもそれなりのホテルに行くとアフタヌーンティありますよ♪
Commented by londonsmile at 2007-02-25 19:04
うろ子さま
この日は、私はほとんど夕食は食べられませんでした・・・。って当たり前ですね。今の時代、前後の食生活をよく計画するのが正しいアフタヌーンティーと言えるかも!
今はほんとはいちごの季節じゃないのですが、酸味のある感じがシャンペンともクリームともよくマッチして、美味でした。
オーストラリアのアフタヌーンティー、機会があったらご紹介くださいね。
Commented by 可否道 at 2007-02-28 00:49 x
londonsmileさま、東京からこんばんは。

ブログを読ませていただきながら、
東京で、お庭のすてきなホテルのアフタヌーンティをご一緒したこと、
その後お宅へお邪魔しておひなさまをみさせていただいたことを思い出しました。
あれはもう3年前になるのかしら?

刻一刻と暮れゆく空を眺めながら・・・
優雅なひとときでしたね。

アフタヌーンティといえば、もうひとつ思い出が。
londonsmileさんもよーくご存知のメンバー4名で
クアラルンプールに旅したときのこと。
おすましして、丘の上のホテルでアフタヌーンティを楽しもう!
と出かけたのですが、
何せ、体内に食べ盛りの男子高校生が宿っているような私たち。
サーブされたケーキを次々にぺろりとたいらげてしまうので
ホテルのスタッフも目を丸くしながら運んできて、
まるで「ケーキのわんこそば」の様でありました。


どちらも、私にとっては大切な思い出です。

ロンドン暮らしのおはなし、これからも楽しみにしております。
ではでは。
Commented by londonsmile at 2007-02-28 17:00
可否道さま
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
その日のことは、私にとっても大切な思い出です。楽しかったですね。実は先日も、あの日と同じEarly Gray Bule Flowerの紅茶をいただきましたよ。
おひなさまは、今年は妹が出してくれたそうです。よかった、よかった。
クアラルンプールでのケーキのわんこそば、楽しそう!!私も参加したかったわ!
これからも、たまに遊びに来てくださいね♪
by londonsmile | 2007-02-23 05:31 | イギリスの味 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile