気軽に行けた♪ モーツァルトの『魔笛』@ロイヤルオペラハウス

ただ今、北イングランドの英国ガーデンをめぐる旅のおみやげプレゼントのご応募受付け中です。
締め切りは10月5日ですよ。ふるってご応募くださいね。
ささやかなプレゼントですが、少しでもイギリスを感じていただけると嬉しいです。

非公開コメントなのでお返事はしていませんが、ご応募と一緒にいただいた温かいお言葉、嬉しく嬉しく拝見しています。
ありがとうございます♪


***************

さて先日は、ロイヤルオペラハウスにオペラを観に行ってきました。
演目はモーツァルトの『魔笛』。
久しぶりのオペラハウス、やっぱり楽しかったです!

e0114020_18121284.jpg


オペラは大好きなのですが、かなり前からチケットを予約しないといけないのがネックで、あまり頻繁に行かないのです。
特にロイヤルオペラハウスは人気も高いので、何ヶ月も前にチケットを買うことになります。
特にわが家では「たまに行くんだから良い席でちゃんと観たい」とインディーが言うので、これまでは何ヶ月の前から予約して行くのが当たり前になっていました。

もちろん何ヶ月も楽しみに待つのはワクワクしていいのですが、上演されていると知ったらすぐに観たいこともあるじゃないですか。笑
もっと気軽に行けたら、もっと嬉しいのになーといつも思っていました。
ところが今回は、かなり直前にチケットを購入することができたんです。

オペラによく行くお友達に以前から「お得なチケットがある」と聞いていて、一度だけ連れて行ってもらったことがありました。
ただ、そのチケットは他の席よりも公演が近づいてから売り出されるので、よく注意してサイトをチェックしていないといけないのだそう。
私はそこまでなかなか気が回っていなかったのです。

今回は、やはりオペラ好きの別の友達に会った時に、「あ、そうだ、オペラハウスのお得なチケットがもうすぐ売り出されるんだよ」と偶然教えてもらったのです。
引退してオペラ三昧の日々を過ごす彼、いろいろな情報を知っていてありがたい♪

お得なチケットというのは、オーケストラボックスの脇の席。
舞台の片方の端が少し欠けて見えないものの、舞台にとても近いので、歌を聴くにはかなり良い場所です。

彼に言われてサイトをチェックしていると、そういえば『魔笛』を見たことがないと気づきました。
そうだ、それなら『魔笛』にしよう! というわけで、迷わず購入。
公演の2週間前のことでした。
予約して2週間でオペラに行かれるなんて嬉しいな♪
しかもお財布にも優しい。笑

特等の席ではないからインディーは興味がないかと思いきや、行く、というのです。
なーんだ、観たいんじゃないの。笑
本当は女友達とでも行こうかなと思っていたのですが、まあいいや、連れて行ってあげましょう。笑

というわけで、私は大喜びで出かけました。

e0114020_18100217.jpg



今回は上演前に他の用事があって、あまり時間がなかったので、食事は他の場所で簡単に済ませました。
オペラハウスに入ってすぐ、せっかちなインディーにすぐ席に連れて行かれそうになりましたが、開演前は、やっぱりここに来て人間ウォッチングを楽しまなくちゃ。
このきらびやかな空間にいる華やかな人たちのおしゃべりの声を聞いたり、すてきなドレスを眺めたりするのが大好きなのです。


e0114020_18110013.jpg


それから開演前の入り口付近の混雑も好き。
「これからオペラが始まるよー」というワクワクした気持ちがたくさんの人を通じて感じられるから

オペラハウスに来たら、ただ席について音楽を聴けばいいというわけではないと思うのです。
この場にいる雰囲気すべてを味あわなくっちゃね♪

e0114020_18202917.jpg


今回座った席からの眺め。
オーケストラの真横ですが、華やかな客席がよく見えて嬉しかったし、インディーは演奏中のオーケストラの人たちがよく見えたのが楽しかったようです。笑

舞台の上に出る字幕も、この席からだと真横になるからか、各席の前にスクリーンが設置されていました。

そして肝心のオペラも、とても楽しかった♪

舞台のいちばん端はちょっと切れてしまいますが、演技によっては歌手の人が本当にすぐそば(6、7メートルぐらい)に来て歌ってくれるので、表情もよく見えるし、美声もすぐ近くで聴ける♪
カーテンコールの時なんか、端に立っていた歌手の人と何度もばっちり目があって、なんだか妙に楽しい気分でした。

舞台に近くで歌に集中できたせいか、この人の声は好き、この人はあんまり興味がない、と(エラそうですが)初めて自分の意見がはっきり持てた気がします。
やっぱり舞台に近い席、いいな♪

『魔笛』は初めてでしたが、有名なアリア『復讐の心は地獄のように胸に燃え』がありますよね。
(むかーし、黒柳徹子さんが冷蔵庫のCMで歌っていたあの歌です、と言っても若い人は知らないか!笑)

ロイヤルオペラハウスがYoutubeにアップしている歌をご覧ください!
私が観たのも、これと同じ衣装でしたよ。





この日はこのアリアを歌う夜の女王はちょっと調子が悪いようでしたが、パパゲーノ役が演技もとても上手で、たっぷり笑わせてもらいました。
あと、やっぱり私は古典的な衣装のオペラを観るのが好きだなあ。
モダンな衣装や設定だと、そちらにばかり目がいってしまって、自然な気持ちで鑑賞できないのです。
もっと慣れてきたら、音楽に集中できるようになれるかしら。
もっと通わねば!笑

e0114020_18220935.jpg


終演後の1階席の入り口付近。
終わると人が一気にいなくなり、美しい内装をたっぷり楽しめます。

オペラ初心者の私は、オペラハウスにいること自体が楽しいのだと思います。
この日もオペラハウスにいる時間がとても楽しかったです。
思い立った時に観られたのもよかったなあ。

またこういう機会があるように、友達やウェブサイトにアンテナを張っておきたいと思います。


e0114020_18102320.jpg


(よく見ていると、オペラハウスにはいろいろなものが飾ってあります。
これはマーガレット王女のロイヤルバレエ支援に感謝する碑)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/26091529
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヨモギ at 2017-10-06 21:24 x
こんばんは(^^♪
ステキなプレゼント企画、ここしばらくオジャマできなかったので参加できなくてザンネン。
来年も、あるかしら。。。(^^♪

日系イギリス人のカズオ・イシグロさんがノーベル文学賞受賞されたニュース、
日本でも大きな話題になっております。
本を読んだことはありませんが、
『日の名残り』をだいぶ前ですが映画で見ました。
エマ・トンプソンが熱演でしたネ。
雨の中、彼女が泣きながらバスに乗って帰る場面が忘れられません。
イシグロさんの日本語に翻訳された書籍は、日本ではハヤカワ文庫が
発売してますが、いま書店で売り切れ、これから大増刷されるそうですネ。

もう英国人になられたイシグロさん、それでも日本出身のかたが
受賞されて、うれしい私たちです。

関東地方はすっかり秋が深まり、昼間も肌寒いです。
もう床にホットカーペットを付けました。
愛猫も、そこで寝そべっております。
Commented by londonsmile at 2017-10-07 16:53
*ヨモギさん*
こんばんは。プレゼント企画、締め切っちゃってごめんなさいね。また機会がありましたらぜひどうぞ!

カズオ・イシグロさん、意外なところで受賞されましたねー! 日本では本が売り切れなんですね! 私は初期の頃の作品がかなり好きだったのですが、最近のものはあまり読んでいなくて。良い機会なので読んでみたいと思います。『日の名残り』、いいですよね♪

関東地方も秋の気配ですか! こちらはもう共用の暖房も入って、冬支度に入っております。
Commented by まさ at 2017-10-18 04:41 x
初めまして。
初めてコメントさせていただきます。北欧在住のまさと申します。
ロンドンやイギリスのお話、翻訳のお話などどれもとても今日見深く、いつも楽しく拝見しています。

オペラハウス、とても素敵ですね。座席からの画像は、なんだか自分もそこに座ってる気分になってウキウキしちゃいます。

2週間前にお得なチケットを購入できるってすごくいいシステムですね。誰でも楽しめる文化としてオペラが根付いてるって感じがします。さすがイギリスですねー。

観客のみなさんはワンピースにジャケットみたいな感じでしょうか? 貴子さんはどんな服装でいらしたんですか?
12月にコロシアム劇場にバレエを見にいくんですが、ワンピースを買わなくちゃいけないかなって悩んでいるところなので、ちょっとお伺いさせていただけたら嬉しいです。
Commented by londonsmile at 2017-10-19 00:08
*まささん*
はじめまして。いつもブログを見てくださって、ありがとうございます。

オペラハウス、とてもきらびやかなんですよ。今回の席は美しい客席がよく見えて嬉しかったです。写真を楽しんでいただけて嬉しいです♪

私はコロシアムは行ったことがないのですが、ロイヤルオペラハウスに限って言うと、服装は人それぞれです。良いお席には正装されている方もいらっしゃるし、お得な席だとジーンズのような方も。ワンピースでなくても構わないと思いますが、ちょっとおしゃれをしてお出かけされた方が気持ちに余裕を持ってその場を楽しめると思います。せっかくの時間なので、ずっと肩身がせまい気がしているのはもったいないですもんね。

バレエ、楽しんでくださいね!
by londonsmile | 2017-10-05 18:46 | ロンドン・エンターテインメント | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile