熱い観客と一緒にボリウッド・ダンス、初経験!

少し前になってしまいましたが、ボリウッド・ダンスを初経験してきました。
いえいえ、踊ったわけじゃなくて、観ただけなんですが。笑

ボリウッドというのは、人気急上昇のインドのムンバイの映画産業全体のこと。
ムンバイの旧称「ボンベイ」と、「ハリウッド」を合わせて、ボリウッドと呼ばれています。

そしてボリウッド・ダンスというのは、その映画の中でよく踊られるダンスのこと。
軽快なリズムと明るい歌声に乗って、たくさんの男女が楽しそう〜に踊っている、あのダンスが典型的、といったら、イメージが浮かぶかもしれませんね。

インドの映画は好きですが、『めぐり逢わせのお弁当』みたいな静かな映画が好きで、実はボリウッド映画(ダンスの多い映画)はまだ観たことがなかった私。
ダンス好きなお友達に誘ってもらって、初めての経験になりました。

e0114020_23354263.jpg

行ってきたのはTaj Expressというミュージカル(リンクはこちらから)。
ボリウッド映画ならぬ、ボリウッド・ミュージカルというそうです。
要は、ボリウッド映画の内容をミュージカルとしてステージで、ということですね♪

ボリウッド初経験とはいえ、実はインドでは似たような経験をしていました。
山奥に滞在していた時、ホテルの部屋でテレビを見ていたのですが、民謡風の歌のミュージック・ビデオをずーっと流しているチャンネルがあって、インディーも私もすごく気に入ってしまったのです。

歌いながら踊っているのですが、たいていは男女のストーリーで、コミカルな動きや演技が多い。
これがねー、男女の基本が現れているというか、なんともほのぼのしていてよいのです。
ちょっと大げさな演技も、ここではオッケー。笑
これがボリウッドの原型かなーなんて、その時にぼんやり思ったのでした。

そしてミュージカル当日、軽く食事をして劇場に向かうと、あれれ? なんだか周りにいるのは雰囲気の似ている人ばかり。
何が似ているかというと、そうだ、インドとかパキスタンの雰囲気の人が多いのです。
しかも家族連れとか女性同士というパターンが多し。

劇場に入ると、これは確信に変わりました。
民族衣装を着ている人さえ少ないものの、そのあたりの国の人たちが圧倒的に多いのです。
ここはロンドンですけどね!笑

e0114020_23353374.jpg

(上演前のステージ。なんだか自由に立ち歩いている人多し・笑)

女性はきれいな長い髪の人が多く、お化粧も上手で、そして皆さん、いきいきとよくしゃべる、しゃべる。
開演前の劇場があんなに賑やかなのは珍しいんじゃないかと思いました。
しかもみんなとても楽しそう♪

ミュージカルが始まると、観客は一段と盛り上がって、口笛やら指笛やらダンスやらでステージのパフォーマンスに応えます。
これがもう本当に楽しそうで楽しそうで、こちらまで気分が開放されて、「ヒュー!」と叫んでみたりして(笑)大いに盛り上がっちゃったのでした。

ミュージカル自体はダンス中心ではありますが、その背後にサクセス・ストーリーがちゃんと組み立てられていて、歌を聴いてダンスを観ているうちに、最後にはサクセス・ストーリーを経験したつもりになれて、スカッと気分よく帰れるという仕組み。笑
とても気持ちいい♪

ステージの組み立てもとてもよくできていました。
最初に伝統的な静かなダンスの美しさで私たちの目を惹きつけた後、大ヒットした映画『スラムダンク・ミリオネアー』のこれまた大ヒットした主題歌に乗せて大勢で気持ちが盛り上がるダンス。
これがグッと私たちの心を鷲掴みにしたのでした。笑
サクセス・ストーリーを思い出させるだけに、気分がこれまたスカッとして、これだけで、もう気持ちよくなっちゃうのです。

ダンスの種類も、伝統的なものや典型的な明るいボリウッド風のほかに、モダンな服装で踊る曲もあったりして、まったく飽きませんでした。
音楽も、タブラなどの伝統的なパーカッション、インドのフルートと一緒になぜかエレキギターが生演奏に入っていたのも、モダンな雰囲気でよかったし、特にタブラを生で聴けたのは嬉しかったなあ。

タブラをご存じない方は、こちらをご覧ください。
日本のタブラ奏者、ユザーンさんのビデオです♪




この高めの音色、胸が高鳴りませんか?笑

そしてステージでは、なんと言ってもダンサーさんたちが魅力的でした♪
観客に見られていることをよくわかっていて、踊りながらお客さんをあおること、あおること!笑
その自信たっぷりな感じがまたステキなのです。

この明るさはどこから来るんだろう?
ふと、インドの山奥で(たぶん仕事帰りに)トラックの荷台に座っていたたくさんの男性のことを思い出しました。
彼らは、きっと昼間は物理的にきつい仕事をしているんだろうに、とっても嬉しそうに歌ったり、手拍子をしたり、「イエ〜!」と私たちに叫んだりしていたのでした。
これがインドの底力か!? となんとなーく思ったのですが、ダンサーさんたちにも同じような匂いを感じました。

そして観客の人たちもとても明るくて、楽しむのが本当に上手♪
日本人の私にはうらやましいほどです。

このミュージカル、何度か上演されているようですが、最新版のプロモーション・ビデオを見つけたので、気になった方はチェックしてみてくださいね♪





ね? この音楽を聴いていると、なんだか体がひとりでに動き出しませんか?
そして、とてもスカッと気分よくなりませんか?笑

上演中には、観客が「公式に」踊っていい時間も設けられたりして、皆さん大喜び。
「公式に」認められていなくても、端や後ろの方の席の人は踊っていましたが!笑

これですっかりボリウッド・ファンになった私。
今度は映画を観に行っちゃおうかなー♪


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25932990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yukko at 2017-07-25 06:05 x
ロンドンはたくさんのナショナリティが暮らすと聞いていましたが、実際に行ってみて実感しました。
とくにインドの方、多いですよね。
イギリスの文化の中にもインド的なものが入ってきているみたいで、このミュージカルも楽しそう〜〜
ああ、ロンドンに戻りたい〜

(前回、「パステル・デ・ナタ」の記事コメントを他記事のところにしてしまい、、、不慣れですみません。)
Commented by londonsmile at 2017-07-26 10:01
*Yukkoさん*
イギリスは歴史的背景もあって、インドやパキスタンの方、多いですよね。移り住むにも多少の優遇があるようですし、英語の中に定着したインドの言葉もあるようです。イギリス、楽しまれたようで何よりです!

コメントのこと、全然問題ないのでご心配なく♪ ご丁寧にありがとうございます。
Commented by 智子 at 2017-07-27 07:04 x
あの時はおつきあいありがとうございました!観客も含めての楽しいパフォーマンスでしたね☆また一緒に行きましょう。
Commented by londonsmile at 2017-07-27 08:44
*智子さん*
この時はお誘い、本当にどうもありがとうありがとうございました。こちらも見てくださってダブルでありがとう!
観客の皆さんのおかげで、ステージも盛り上がりましたね〜。楽しかった! ぜひまたご一緒しましょう。
by londonsmile | 2017-07-23 23:11 | ロンドン・エンターテインメント | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活も12年目に入りました。20歳の時に好きになったイギリスは今も好き。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile