くまのパディントン、作者の追悼にマーマレードのお供えもの

今週、くまのパディントンシリーズの作者、マイケル・ボンドさんが91歳で亡くなりました。

最近は実写版の映画も公開されて、ますます世界中の子どもたち(と大人たち)に人気のパディントン。
名前の由来にもなったパディントン駅にはくまの銅像があるのですが、そこにはありがとうの気持ちで供えられたものの中には、お花やカードの他に、このくまが大好きなマーマレードもあると聞き、大感激。
ちょうどパディンドン駅に行くことがあったので、
やはり寄らずにいられませんでした。

e0114020_07095356.jpg

くまの左側に見えているのは手ではなくて、例の「このくまをよろしくお願いします」というルーシーおばさんからのメッセージです。
お話、思い出しましたか?

マーマレードの前でしばし黙祷。
好きなものをお供えするという気持ちは世界共通なんだと思うと切なくて、でも温かい気持ちに包まれます。
私はくまがマーマレードの瓶を抱えて舐めている挿絵も思い出して、愛しさと懐かしさで胸がきゅんとなりました。

気がつくと、銅像の後ろの工事中の「ご迷惑おかけします(bear with us:直訳すると「私たち(のしていること)に我慢してくださいね」の意味)」の標識が。
bear(くま)と発音が同じ言葉を使っているんですね。
駅でもかわいがられてたのね、パディントン♪


愛すべきパディントンを生み出してくれたボンドさん、どうぞ安らかに。そしてこれからも、このくまと一緒にずっと私たちの胸の中に。

(追記:最初に書いた時、何だか勘違いして「bareの代わりにbearと云う言葉を使っている」と書いてしまったのですが、もちろんもともとbear with usという表現なのです。
コメントでご指摘いただいて気づきました。お恥ずかしい!
最初に読んだ方々、ごめんなさい!)

This week, I read on the news that the statue of Paddington Bear at Paddington station, where this bear is named after, is receiving lovely thank you gifts of flowers, cards and of course jars of marmalade after sad death of its author, Michael Bond, this week.
And I couldn't resist to pay a visit to him at the station this morning as I travel to Cardiff.
As you may know, marmalade is this bear's favourite treat :)

Also loved the sign behind him saying "bear with us" for the work
on the platform.

R.I.P. Mr Bond, you will always be in our hearts with this funny little bear.


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25886844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-07-02 21:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by londonsmile at 2017-07-03 04:14
*鍵コメ2017-07-02 21:00さん*
わー、ご指摘ありがとうございます。そうですよね、何で私はそう思っちゃったんだろう。汗 本当にお恥ずかしいです。
早速直しました! 教えていただいてありがとうございました。

この日は土曜日の早朝でしたが、意外にも初老の男性や若いお兄さんなんかも銅像の写真を撮っていて(しかも何枚も角度を変えて!)、微笑ましく、いろいろな人に好かれているクマなんだなと改めて思ったのでした。

いつも見てくださっているとのこと、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。
by londonsmile | 2017-07-02 07:26 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile