春の森に広がる幻想的な花のカーペット、ブルーベル 

日本人のお友達に久しぶりに会おうという話になり、車でブルーベルを見に連れて行ってもらいました。

ブルーベルはこの時期に咲く紫色の草花。
(英語で説明を読むと「青い」と書いてあるので、彼らは青と認識しているのかもしれません・笑)

大きな木で太陽が少し遮られた森の中で群生して咲く花で、まるで森の中に紫色のカーペットが敷かれたようになるのです。
木に葉が茂る前に咲くということもあり、緑が少なくて紫色がとても映えて美しい♪

森の中を歩くというのも気持ちがよいので、ブルーベルのお花見、楽しみにしていました。

e0114020_17521709.jpg

あとで気づいたら、カメラの設定が変なことになっていて焦りました。
が、ブルーベルはもともと線の細いお花で、その場にいてもうっすら霞んで見え、その幻想的な様子が人気なのです。
写真に簡単にはうまく写ってくれないところもまたいいのかもね、と一人で勝手に納得しています。笑

群生しているお花、ひとつひとつはこんな感じです。

e0114020_18073033.jpg

本当に青いベル、という感じですよね。

あちこちの森で見られますが、この日はロンドン郊外、Dorkingの町の近くにあるWhite Downというところに連れて行ってもらいました。
森の中に3キロほどの散歩道ができていて、小さなお子さんでも、この通りちゃんと歩けます。

e0114020_17514295.jpg

かわいいでしょう♪
2歳の長男くんは、パパの真似をしているらしく、手を後ろで組んでよちよちと歩くのです。
これがかわいくてかわいくて、後ろから歩く私たちはくすくす笑いが止まりませんでした。

e0114020_17495771.jpg

こうして見ると、カーペット状態なのがわかるかな。
木にはまだ葉が少し出ているだけだから、紫色が映えるでしょ?

このブルーベル、木の葉が茂る前に咲くのが美しいことや、「お、ブルーベルが咲いている、見に行かなくては!」という気持ちになることが、私の中では日本の桜に似た感覚。
桜と同じで、いつ咲くのかは毎年違うのです。

お花好きの人はどんな花が咲いていても見に行くのでしょうが、ブルーベルはなぜか「見に行かなくては!」という気分になるんですよね。
一度インディーと有名な森に見に行ったら、まだ咲いていなかったことがあり、その経験もあって、私はお花見に似ていると思うのかもしれません。

それとも街では見られず、森の中に行かないといけないからでしょうか。
森の近くに住んでいる人たちにとっては、ワンちゃんの散歩に行くいつもの道、なのかもしれません。
でもやっぱり紫のカーペットが敷かれるこの時期は、ワンちゃんのお散歩をしていてもきっと嬉しいと思うのです。

e0114020_23035602.jpg
e0114020_21582883.jpg

人工の公園ではないので特に見せ場があることもなく、ただこの美しいカーペットを見ながらひたすら歩きます。
ひんやりとした森の中には、ほんのうっすらとお花の香り(あるいは草の香りというのかな)が漂っていて、歩くだけで本当に気持ちがいいのです。
やっぱり写真ではなく、ブルーベルはその場で歩きながら見るのがオススメ。
私自身も、この日がこれまででいちばんのブルーベル体験でした。

お散歩している他の人たちも、にっこり笑顔で「ハロー」と言ってくれるんですよ。
3人のかわいいお子さんを連れていた私たちには、にこやかに話しかけてくれる人もいました。

e0114020_18030742.jpg

お友達はベビーカーを持っていたので、私たちは小さな道にはあまり行きませんでしたが、こういう細い道に入っていくと森にいる気分がより楽しめるでしょうね。
お顔を隠しちゃうのがもったいないかわいい長女ちゃんは元気に走り回って、倒れた木に登ってみたり、棒や木の実を拾ってみたりして、無邪気な様子に心が洗われました。
私にも「手をつなごう」と何度も言ってくれて、もう嬉しくて♪

e0114020_18063486.jpg

ワンちゃんが歩いたらしく、ちょうど散らかっていた一角があったので、そこに座ってもらってお子さんの撮影タイム。
(子供とはいえ、人がいきなり座るとお花を痛めてしまうのでね)
3人並ぶと本当に森の妖精みたいにかわいいお子さんたちなんです。

ママの背中でずっとニコニコしていた8ヶ月の次女ちゃん、目が合うと必ずニコッと笑ってくれて、私のハートをわしづかみ♪
子供の目ってまっすぐですね。
本当に癒されました。
お子さんがかわいいだけでも嬉しいのに、何よりその素直で無邪気な存在が愛しくて。
この日遊んでもらったのは完全に私の方でした。笑

きれいなお花を眺めたり、お友達とおしゃべりしたり、お子さんと遊んだりしながら進んでいくと、突然視界が開けました!

e0114020_17523475.jpg

ここがお友達が計画してくれていた絶景ポイントでした。
森ももちろん美しいのですが、ずっと木立の中を歩いていたので、目の前がパッと開けて嬉しいサプライズ。
遠くには菜の花が咲いているのも見えますね。
この一帯はナショナルトラストが管理している場所も多いそうで、リュックを背負って本格的にウォーキングしているらしい人も見かけました。

私たちは、この絶景ポイントでブランケットを広げて簡単なピクニック。
実は途中でお腹が空いちゃった長女ちゃんを、お友達は上手に「もうすぐピクニックだよー」と励ましていたのが微笑ましかったのです。

あ、食べ物の写真、撮りそびれた!
お子さんたちはママの手作り、大人は簡単に買ったサンドイッチなどでした。
日本のように「お弁当作らなくっちゃ」と気負わずにできるのが、この国のいいところ。笑
日本でも2年前に桜のお花見をしましたが、意外にコンビニなどで買ったものを食べている人が増えたなあと思いました。
気軽に出かけられていいですよね。

お友達は私よりずっと若いのに、すごくしっかりしていて、しかもお子さんをおんぶ&だっこして歩くこともあるたくましさ。
改めて惚れました。笑
私は最近あまり人に会っていなかったので日本語が怪しかったらゴメン、と言ったら、彼女は昨年の秋から日本語を話していないとのこと(ネットなどで読み書きはしているけれど)。
お互い、日本語のよいリハビリだねーと笑ったのでした。

この道はもうすぐ4歳のお嬢ちゃんも最後まで歩けた簡単な散歩コース(かなり頑張ってくれました!)。
ハイヒールでは難しいかもしれませんが、普通の靴で十分歩けます。

森の中を歩くと話も弾むし、ブルーベルのほのかな香りの中、紫のカーペットを眺めるのは格別です。
まだ咲いていると思うので、在英の方、機会があったらぜひ。
観光の方も、この時期にいらっしゃるようだったら、街とは違う楽しみ、オススメですよ♪

e0114020_17534406.jpg



******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキング

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25728867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by macoan at 2017-04-28 21:37
スノードロップ、水仙、ブルーベル…イギリスのお花パレードが本当に懐かしい。
日本のサクラももちろん格別だけど、 なんだか次から次という感じが楽しいですよね。
一息つくとバラの季節ですね。
Commented by londonsmile at 2017-04-28 22:41
*macoanさん*
こんにちは! イギリスのお花、懐かしいでしょ。
今年は一気に暖かくなったので、いろんなお花が一気に咲いたんですよ。もうライラックも咲いているし、そうそう、もうすぐバラですね♪
by londonsmile | 2017-04-28 20:30 | お花のこと | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile