ロンドンにもオープンしたメゾンカイザーに行ってみた♪

1月にロンドンにもオープンしたフランスのパン屋さん、メゾン・カイザー(Maison Kayser)
日本でも大人気で、あちこちにお店がありますよね。
東京の妹の家の近くにもあって、何度か食べたのですが、やっぱり美味しかったのです。

イギリスに初出店したと聞き、この前の日曜日のブランチに行ってみたので、今日はそのご報告を。
そういえば、お店のあるベーカー・ストリートって、よく考えると「パン屋通り」っていう意味ですね!

e0114020_02405835.jpg

「パン屋さん通り」にオープンしたお店は明るくモダンな外観。
向かって右側(このドア)がパンやデリを売っている部分で、左側がカフェになっています。

日曜日のブランチの時間ということもあり、私たちが着いた時にはほぼ満席の大盛況でした。

e0114020_02415643.jpg

モダンなテーブルやカトラリー。
パン屋さんのカフェとはいえ、席に案内してくれてメニューを持ってきてくれる本格派なカフェです。
メニューにはパンだけでなく、クロックムシュやオムレツやいろいろな卵料理、確かサラダもありました。

e0114020_02402602.jpg


メゾンカイザーと言えばクロワッサン♡
周りを見ると、ほとんどの確率でクロワッサンを食べていたので、ブランチの前にまずオーダーしちゃいました。
好みもあると思いますが、私はかなりこのクロワッサン、好きなんです。
美味しくて幸せ!

e0114020_02414144.jpg

そしてメインのブランチ(笑)、向こう側はインディーのバゲット、手前は私のフレンチトースト。

バゲットには、かわいい一人前サイズのフランスのバターとイギリスのマーマレードがしっかりついてきました。
そしてフルーツたっぷりのフレンチトーストは、パンの部分にご注目。
e0114020_02411553.jpg

パンがほんのり緑色っぽいのがわかりますか?
食べてみてもよくわからなかったのでウェイターのお兄さんに聞いたら、ピスタチオのパンだそう!
私にはあんまりピスタチオの味はわかりませんでした。繊細な味なのね。笑

帰りにお店で確かめるとピスタチオ「ケーキ」と書いてありましたが、ケーキと言うよりブリオッシュに近い感じです。
フレンチトーストにすると、中がふわっふわの嬉しい食感。
パンをつける液は卵よりミルクの比率が高いのか、全体に軽い感じだったので、もっともっと食べられそうでした。

コーヒーがマグカップでたっぷり出てきたのも嬉しかったのですが、ラテはなぜかカップ&ソーサーで。笑

この日は子連れファミリーや若いカップル、女性同士で大盛況でしたが、私たちの隣りには、実家から訪ねてきたご両親と案内している息子さんが3人で座っていて、日曜の朝のほのぼのムードに包まれていました。
インディーさんはパンも焼きますが、バゲットやクロワッサンはぜひここで! と思っています。

サイトからだと住所がわかりにくいので、ここでもお知らせしますね。
Maison Kyser in Baker Street
8 Baker Street, London W1U 3BS
毎日朝7時から21時まで
電話:+44-20-3897-2900


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪



トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25504189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2017-03-04 07:59 | ロンドンすてきなお店、おいしいお店 | Trackback | Comments(0)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile