年末の寒い朝2016

クリスマスも終わりましたが、こちらでは年末までもうずっとホリデーモード。
相変わらず家族のところに行ってしまった人たちが多くて静かなわが家周辺です。

今朝は寒くて近くの緑地に霜が降りているのが見えたので、ちょっとだけ朝のお散歩。
実は起きた時に頭が痛くて、それをインディーに言ったら「外の空気を吸ってきなさい!」とスパルタに外に出されたのでした。汗

こちらの人は気分がすぐれないと、「ちょっと外で新鮮な空気を吸ってくる」とよく言うのです。
たとえ頭が痛くても。

これは私にとっては新鮮な言葉でした。
日本にいた時には、「新鮮な空気を吸ってくる」とというのは、映画やドラマなんかで耳にする言葉だったので。
でも今ではすっかりこれが気に入って、ちょっと気分を変えるのに、ふらっと外に出ることも増えてきました。

ピリッと寒い朝に外に出るのは勇気がいりますが、やっぱり朝の空気が気持ちが良い♪
せっかくなのでカメラを持って、家の周りを歩いてみました。
e0114020_19483351.jpg

霜が降りていたとはいえ、もう日も出ていたので、地面から白い煙のようにぼんやりと蒸気が立ち上っていました。
あんまり写真にうまく写っていませんね。汗

e0114020_19485432.jpg

地面に落ちたまま忘れられていた甘栗も凍っています。
凍った葉の上を歩くと、サクサクと音がして、霜が割れる感触が気持ちいい。
子供のように歩き回ってしまいました。

気がつくと、高い木の上の方からギギギギギという不思議な音が聞こえていました。
おお、これはキツツキが木をたたいている音!
目を凝らしてじーっと見上げてみましたが、私の視力ではキツツキは確認できませんでした。
キツツキの音はトントントンというイメージですが、実際に聞くとギギギギギに近いのです。
これもキツツキの種類によるのかもしれません。
キツツキさん、木の中にいた食べ物、見つかったかな。

外の空気は冷たいものの、木々に囲まれて朝日の中を歩くのはとても良い気分です。
e0114020_19492000.jpg

お日さまが眩しい♪
今日も良い日になりそうです。

ふと目を向けると、こんな寒い朝にも、やがてやってくる春の兆しが♪
e0114020_19475146.jpg

冬至も過ぎたことだし、自然はもう春への準備を進めているんですね。
とても嬉しくて、励まされます。

でも、ちょっと寒くなってきたので、緑地はやめて、フラットの共同のお庭に行ってみましょう。
そっちの方が少しは寒くないと思うのです。
e0114020_19481920.jpg

門には、まだクリスマスのリースが。
こちらでは1月6日まではクリスマスの飾り付けをしておく習慣なので、決して横着なワケではないのです。笑
e0114020_19493418.jpg

この前のように噴水は凍っていませんでしたが、お庭全体がカキーンと凍っています。

でも見上げると、リスちゃんが♪
e0114020_19480171.jpg


冬の間もいつも忙しく走り回って食べ物を探しているリスたち、その可愛らしくもたくましい姿に励まされます。
だって、庭はこんなに凍っているんですよ。
e0114020_19481000.jpg

枯れたバラの後に実ったローズヒップもパリパリ。

e0114020_19505265.jpg


生垣も、そこに落ちた赤い葉もパリパリ。

ちょっとひなたに出てみましょう。
あ、やっぱりここには春の兆しが♪
e0114020_19494405.jpg

まだ小さな木の芽ですが、着実に葉っぱになるのです。

e0114020_19500506.jpg


生垣の凍った葉の周りにも新芽の赤ちゃん。
何だか楽しくなってきたなあ。
春が待ち遠しい。
でも、この冷たい空気も気持ちが良い。

そんな風に思いながら家に戻ったら、あら不思議、やっぱり頭痛はどこかに消えていました。
やっぱり新鮮な空気は体に良いのです。

年の瀬は何かと慌ただしいものですが、みなさま、今日も良い1日を♪
e0114020_19541778.jpg

(気の早いパンジーが花を咲かせていましたよ。
まだまだ寒いけれど、春は準備をしているんですね)

As I was not very active having a bit of headache this morning, my husband sent me to our nearby green for fresh air.
I loved the expression of “having some fresh air” when I first moved to this country because it sounded like a line from a film to me.
After nearly eleven years, I am loving “having some fresh air” itself, and it took my headache away, too.
The bonus of this morning walk was that I found some cute little buds on the trees.
Slowly but surely, the spring is on its way :)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25101337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 公美 at 2016-12-28 22:01 x
写真とっても素敵です
幻想的
Commented by londonsmile at 2016-12-28 23:56
*公美さん*
こんにちは。温かいコメントありがとうございます。とても励みになります!
おっしゃる通り、幻想的な朝でした。写真で伝わっていたら嬉しいです。
Commented by uuu at 2016-12-29 08:34 x
頭痛治って良かったですね!
やっぱり自然を愛でていると逆に自然から不思議なパワーが得られるのかも。
それにしてもロンスマさんの霜の素敵なお写真♡
大好〜〜好き♡
私はここで自分は霜の世界が好きなんだなと発見しました。ハイ、霜。大好き♡

残念ながら東京は朝のお散歩(8時前後ですが)では近くの公園は落葉した葉っぱはちょっと湿気っているくらいで、霜まではまだ楽しめません。
霜って本当に魅力的ですね!
ロンスマさんに感謝です♡
Commented by londonsmile at 2016-12-29 17:44
*uuuさん*
ありがとうございます。なぜか新鮮な空気を吸ったらよくなりました。やっぱり自然のパワーかな。
写真、気に入ってくださって嬉しいです。霜、お好きなんですね! 東京ではあまり霜はないんですね。私が子どもの頃には(一時、郊外に住んでいたこともあって)学校に行く時に霜や水たまりにはった薄氷をサクサク、バリバリ踏んで歩くのが楽しかったものですが、温暖化なのかな。あの特別な感じ、ウキウキしますよね。笑
by londonsmile | 2016-12-28 20:19 | ロンドン南西部、ご近所探訪 | Trackback | Comments(4)

元気なイギリス人の夫と翻訳者の私のロンドン生活ももうすぐ11年。20歳の時に好きになったイギリスは今も好きです。住んでみてわかったイギリスのいろいろをお伝えします。


by londonsmile