クリスマスの風景 2016 ぬいぐるみを運ぶひと

クリスマスも近づき、だんだん盛り上がるロンドンの街。
ある夕方、地下鉄の乗り換えをしていた時に、こんな光景に出会いました。

e0114020_23304240.jpg

イギリスの良いところの一つは、他の人が何をしていてもあまり構わないこと。
他人が自分と同じ感覚じゃなくても、同じような行動をしていなくても気にしない個人主義の人たちなんです。

だから、街の中でカバンに入らないような大きなものを手で抱えて運んでいる人はよく見るのです。
何かの器具や機械とか、大きなバインダーとか、日本だったらなんとかそれに合う大きさのカバンを見つけてそれに入れたり、紙やビニールで巻いたりするんじゃないのかなと思うものをよくそのまま持って歩いています。

小さめなハシゴを持って地下鉄に乗っている人も見たことがありますが(業者さんじゃなくて)、それを見て微笑む人はいるものの、その程度。
本人もいたって真顔でした。
最近はちょっとうるさくなってきたので、そんなものを持って歩くと危ないとか言われてしまいそうですけれど、こういうのは、何だかのんきでいいなあと思います。

この巨大なぬいぐるみも、カバンに入らなかったんでしょうね。
夕方のラッシュアワーの混雑が始まっていた時間、ほとんどの人がぬいぐるみを手で運ぶ彼女を見てにっこり微笑んでいました。

ちなみにニコニコと嬉しそうにワンちゃんのぬいぐるみを運んでいたこの方、小柄だけれど、子供じゃなくて若い女性なんです。
だからこそ、誰にもらったのかな、誰かにプレゼントするのかな、もう子供がいるのかな、なーんて、道行く人の想像をよりかきたてたんじゃないかと思います。
クリスマスのこの時期に、嬉しい想像する楽しみを分けてもらえて幸せ。
一瞬でも、たくさんの人にちょっとした夢を見せくれた彼女の人生が、これからも幸せいっぱいでありますように。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25048877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by londonsmile | 2016-12-14 22:59 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(0)

翻訳をしているラッシャー貴子です。元気な英国人夫とのロンドン生活もはや12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、とりあえず非公開コメントでいただけると嬉しいです。


by londonsmile