夕暮れ時のサウスバンクのクリスマス・イルミネーション

毎年今頃になると、「クリスマス前に会いましょうよ」と友達と誘い合う機会が増えてきます。
クリスマス自体は家族と過ごす人が多くて、それぞれに忙しくなってしまうので、クリスマス前に今年のことや近況を話したり、クリスマスカードやプレゼントを交換したりするのです。

というわけで、私も今週は中国人のお友達と恒例のクリスマス前ミーティング(笑)がありました。
今年生まれたベビちゃんも一緒だったので、ベビちゃん連れでもゆっくりできそうなサウスバンクのカフェで会うことに。
e0114020_06235729.jpg

サウスバンクは、コンサートホールや劇場、美術館、レストランなどが集まっているテムズ川沿いのエリア。
このカフェが入っているのは、ロイヤル・フェスティバルホールです。
自然光がたっぷり入って気持ちの良いこのカフェは、ベビちゃん連れから、ミーティングをする人、勉強や仕事をする人などに大人気ですが、騒がしくはない雰囲気なのがこれまた嬉しい場所なのです。

e0114020_06365978.jpg


今回はここで彼女のおめでたいニュースも聞くことができたし、ベビちゃんの可愛らしさに癒され、旺盛な食欲に元気をもらい、プレゼントも交換して、親しく楽しい時間になりました。

暗くなる前に帰った二人を見送ってから、私はカフェでひと仕事。
外に出ると、もうあたりは暗くなり始めていました。
e0114020_05484128.jpg

左側がロイヤルフェスティバルホールの建物、向こうに見えるのがロンドンアイという大型の観覧車です。
ここにもクリスマスツリーがありますね。
e0114020_05472640.jpg

大きいなあ。
天井の高い2階分ぐらいあります。
シンプルなイルミネーションがいいですね。

ふと川の方を見ると、美しい夕暮れでした。
e0114020_05482751.jpg

この日は久しぶりに気温も高めだったので、川辺のそぞろ歩きをしている人も多く、それだけで何だかワクワクした雰囲気だったのです。
その上、どこからともなくクリスマスソングを演奏するトランペットの音色も聞こえてきて、ワクワク感は倍増。
幸せを感じた夕方でした。
と言っても、まだ3時半ぐらいですけどね。笑

上の写真を撮った場所から下の階の川沿いに下りて、少し右に視線を移してみると…
e0114020_05491114.jpg


暮れかかった空にライトアップされた向こう岸の建物が映えて美しく、川辺の遊歩道にもミニツリーやオブジェが出ていて和みます。
e0114020_05494804.jpg

川の写真は、なんだかもう夜のような色に写りました。
向こう岸の建物、ますます輝いて見えますね。
真ん中よりちょっと左のひときわ光っている建物は、サヴォイホテルです。

こうして見るとテムズ川も雰囲気があっていいですね。
もっと川を見に来なくては!

また建物側に目を移すと、おお♪
e0114020_05492916.jpg

先ほどのイルミネーションが暗くなった空にさらに映えています。
こういう風に見上げるイルミネーションっていうのも新鮮でいいですね。
実際に見ると写真よりずっとキラキラ光っていて、つい上を見上げては心が浮き立ちました。

e0114020_05481498.jpg

今日は本当に良い日だったなーと思いながら家に帰ろうとウォータールー駅まで来ると、ちょっと驚いたことがありました。
前回の記事でこの駅のクリスマスツリーの写真を載せたら、「このツリーはこれからデコレーションするのでしょうか?」というコメントをいただいたのです。

その時の写真がこちら。
e0114020_03534971.jpg

言われてみれば何も飾りが付いていません。
これから飾り付けをするのかどうかわからなかったものの、たまに何の飾りもされないこともあるので、これもそうかもしれませんと答えちゃったのですが、3日後にはこんなことになっていたのです。
e0114020_05212712.jpg

やっぱりデコレーションされていた♪
(irinoさん、ご覧になっていますか? やはりお見立てどおりでしたね!笑)

シンプルですが、これだけ大きなツリーに灯りがともると、やはりとてもきれい。
前回よりも駅全体がずっと華やいで見えました。

やっぱりクリスマスのデコレーションはきれいで嬉しいものだなと改めて思った私です。
実は日本にいた時にはイルミネーションや夜景というものにそれほど興味がなくて、我ながらロマンチックじゃないなーと思っていたのです。
でも日照時間が冬に極端に減るこの国で暮らすようになってから、イルミネーションの明るさに元気づけられているとしみじみ感じるので、明るいと単純に嬉しいし、とてもきれいに見えてしまう。笑

私ももっと別のイルミネーションやクリスマスのデコレーションを見たいので、また他の場所もご紹介できたらと思っています。


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪




人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/25026268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by irino at 2016-12-08 23:22 x
ロンスマさん、たくさんすてきなクリスマスデコレーションをあげてくださり、ありがとうございます! ウォータールー駅のツリーも華美すぎず、いい感じです。
本当にロマンチックですね〜 本物というか本場感があふれています。
テムズ河畔の眺めもきれい。ロンドンの街は、新旧取り混ぜの建造物がつくりだす景観が魅力的ですよね。
テムズにかかる橋も、デコラティブなタワーブリッジもあれば、宙に浮いているみたいに軽い印象のミレニアムブリッジもある。東京の和洋ごちゃ混ぜの景色も面白いのだけれど、ロンドンでは、しばしば景観のドラマチックな美しさに感激させられます。
クリスマス風景レポート続編、楽しみにしております!
Commented by londonsmile at 2016-12-09 08:36
*irinoさん*
ウォータールー駅のツリー、ご明察でしたね!
こんなに大きいツリーだと存在感もたっぷりですよね。
私もロンドンの建物は大好きなのですが、私の場合はたぶん、子供の時に外国の絵本にあった景色が目の前にある単純な驚きと喜びが一番のポイントである気がしています。笑
あとヨーロッパはライティングが上手ですよね。冬の夜が長いから発達したのかしらと思ったり。
なかなか外出できないでいるのですが、クリスマス前にはなんとか別の場所にも行ってみたいと思います!
by londonsmile | 2016-12-08 09:20 | ロンドン生活 | Trackback | Comments(2)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile