北イングランドの英国ガーデンをめぐる旅その10 ビダルフ・グランジ・ガーデン(スタフォードシャー州、ナショナルトラスト)

北イングランドの英国ガーデンをめぐるツアー、前回のすてきなアフタヌーンティーをいただいた後は、同じストーク・オン・トレント近郊にあるビダルフ・グランジ・ガーデン(Biddulph Grange Garden)へ。
ナショナル・トラストが管理するお庭で、日本ではそれほど知られていませんが、このお庭、個人的には今回見学した中で一番見ごたえがあって本当にオススメな場所なんです。

その魅力をひと言で言うと、世界中の植物とビクトリア時代の遊び心がたっぷり詰まったお庭。
ちょっと写真が多くなってしまったのですが、二回に分けるよりも、一気にご紹介した方がこのお庭の魅力が伝わると思うので、よかったらおつきあいくださいませ。
さてどんなところか、早速行ってみましょう♪
e0114020_19210920.jpg
もともと農地や湿地だったこの土地が変わり始めたのは、19世紀後半にジェームス・ベイトマン(James Bateman)とその妻マリアが購入したことがきっかけでした。
世界中の植物を集め持っていた園芸家のベイトマンは、そのコレクションを自宅の庭に展示するためにこのビダルフ・グランジ・ガーデンを作ったからです。

しかもお庭には世界中の植物が植えられただけでなく、世界各地のテーマも一緒に盛り込まれ、イタリア、エジプト、中国、ヒマラヤなど、150年前の当時としてはとてもエキゾチックだった土地を含めて、それぞれのイメージに合ったお庭が作られました。

さらに、そのひとつひとつが上手に仕切られていて、それぞれが混じり合わずに独立しているというのが、これまた素晴らしいのです。
こういう形式のお庭が残っているのはとても珍しいそうですよ。

さてさて肝心のお庭、まず最初はお屋敷の前にあるイタリア庭園から見せていただきました。
e0114020_08174305.jpg
e0114020_03563274.jpg
e0114020_23514907.jpg
イタリア庭園は、やはりかっちり計算された形が特徴的ですね。
ビダルフ・グランジ・ガーデンのイタリア庭園は、刈り込まれた生垣が高めなせいか、階段などの段差で動きがあるせいか、他に比べて男性的というか、力強い印象を受けました。

園芸家としてのベイトマンはランの専門家だったそうですが、ツツジやシャクナゲにも非常に興味を持って愛していたそう。
だからこのお庭にはたくさんのツツジやシャクナゲが植えられていて、私たちが行った6月にはちょうど見頃をすこーし過ぎたところでした。
e0114020_19220714.jpg

ツツジは日本ではどこにでもあるお花ですが、イギリスではかなりオリエンタル色が濃く、シャクナゲの方がよく知られているようです。
歴史的にもイギリスと繋がりの深かったネパールにシャクナゲが多いと言うこともあるかもしれません。
(ちなみにネパールの国花はシャクナゲなんですよ♪)
シャクナゲは花の形や色がツツジに似ていますが、お花がツツジより大きい分、花びらのみずみずしさが際立つ可憐で華やかなお花です。
e0114020_08180722.jpg

お屋敷とイタリア庭園の前には大きな池が広がっていて、水辺の草花が涼しげに咲いていました。
e0114020_08225977.jpg
e0114020_03561073.jpg

他のお庭でも歩く道はきちんと整備されていますが、ビダルフ・グランジ・ガーデンは、どこを歩いても遊歩道がよく整備されていて、歩いてじっくり見て回ることが意識されていると感じました。
イギリスによくある「草の上を自然のままに歩く」という場所がほとんどないのです。
これはお庭として鑑賞するか、自然の中にいることを楽しむか、という視点の違いかもしれませんね。
その意味では、ビダルフ・グランジ・ガーデンは鑑賞するために作られたお庭と言っていいかもしれません。
e0114020_19401110.jpg
でも草の上を自由に歩くのが基本のイギリスですから、こうして道のない緑の上を歩くのはまったくかまわないのです♪
e0114020_03545174.jpg

緑の中を歩いていると、お話も弾みます
道の先に見えてきたのは、おとぎ話に出てきそうな可愛い小屋。
e0114020_23385691.jpg
壁に書かれている1856年は、イギリスではビクトリア時代。
産業革命が進み、暮らしが豊かになって気持ちに余裕が出たのか、遊び心たっぷりな文化が栄えた時代でした。
ビダルフ・グランジ・ガーデンも、その影響を受けているようで、驚くようなアイディアが満載。

このお庭のもともとの目的は世界中の植物を展示することでしたよね。
まず最初に小さな小屋を抜けて、見えて来たのはこちらの国。
e0114020_19342671.jpg
じゃーん! ピラミッドとスフィンクス!
エジプトがテーマのお庭です。
それにしてもトピアリー(生の常緑樹を刈り込んで形作った飾り)でピラミッドを表現するとは、なんとも斬新!
砂漠色のイメージのピラミッドが緑色をしていると、すごく新鮮に見えますね。
e0114020_19252088.jpg
そして少し歩くと、今度は見渡す限り続いている立派な並木道。
遠くに見える人間と比べると、どんなに高い木なのか、わかっていただけるでしょうか。
それがずっと続いていて、まるで果てしないようにさえ感じられました。
スケールが大きい!

ビダルフ・グランジ・ガーデンを作ったベイトマン一家は、実は家を購入してから30年あまりで貯金を使い果たしてしまい、ここを売ってロンドンに引っ越したのだそうです。
その後、火事にあって違う人に再建されたり、お屋敷の一部が病院として使われたりしているうちにお庭はすっかり荒れてしまったそうですが、1988年にナショナルトラストがここを購入して、コツコツとお庭の復元を進めました。

この並木道もすっかり荒れていたので、1990年代にすべて植えかえられたそうです。

ビダルフ・グランジ・ガーデンでは、様々なテーマのお庭が上手に隔てられているとお話ししましたが、お庭を隔てる大切な手段の一つが高低差。
自然なものも人工のものを含め、こうしてお庭の中に高低があると、低いところからは先が見えにくく、そうすると次のテーマが急に目の前に現れることになり、見ている私たちはあっと驚きます。
よく考えられていますよね。
e0114020_19314320.jpg
例えば、どのくらい高低差があるのかをお見せしたいので、ちょっと階段で丘に登ってみましょう。
e0114020_19412513.jpg
日本と違って柵も手すりもなく、階段もかなり自然に近い形なので、上り下りは自己責任で気をつけてね。笑

さて、丘の上に着きました。
e0114020_03553342.jpg

下で待っている皆さんが、こんなに小さく見えるほど高いんです。
これでは、先の見通しも良くないはずでしょう?
しかも、こんなに高い所に登っても、次のテーマは上手に隠されていて、見えなかったのです。
こんな風にしっかり隔てられているのに、それぞれを仕切っている丘や岩や木の配置がとても自然なので、ただ山や森の中を歩いているようにしか感じないのも設計のすばらしいところ。
e0114020_03543566.jpg

お庭の中にはトンネルもいくつもあるんですよ。
中はひんやりしていて真っ暗で、なんだか楽しいのですが(笑)、実はトンネルも次の世界に導いてくれる仕切りの役目も果たしているんです。

生垣の仕切りもありました。
e0114020_01550545.jpg
きれいに刈られた生垣があるので、私の身長だと、背伸びして覗かないと向こう側に何があるのか見えませんでした。
たとえ背が高くても、こんなに厚い生垣があると、しっかり区切られているように感じると思うのです。

e0114020_08183583.jpg
そしてこのどっしりとした生垣、とても不思議ですよね。
生垣と言うより、生垣とトピアリーの組み合わせと言うべきでしょうか。

ここはビダルフ・グランジ・ガーデンでも人気のダリア園なのです。
私たちが行った6月には、まだは背も低く、支えの棒の方が目立っているくらいでしたが、晩夏にはダリアのお花でいっぱいになるんだそう。
この重厚な生垣と可憐なダリアとのコントラスト、緑色の背景に広がる水彩画みたいできれいだろうなあ。
満開の時をぜひ見てみたくなりました。
e0114020_04005636.jpg

こんな風に石づくりの塀で仕切られているところもありました。
そしてやはり段差があるので、まるで別の空間のように感じられます。
本当によくデザインされたお庭。
ひとつひとつが仕切られていて、テーマが違うというのがとても楽しいのです。
e0114020_19312109.jpg

こんな風に人間の背よりも高い天然の壁で仕切られているところも。
この辺りはヒマラヤがテーマで、手前の方では高山植物らしきものが新しく植えられているところでした。

先ほど丘を登ってお庭の高低差を確認しましたが、丘の上からは何も見えなかったのに、歩道に下りてほんの少し歩くとこんな風景が広がっていました。
e0114020_03555295.jpg

これはとってもオリエンタル。
ここのテーマはもちろん中国です。
e0114020_19320061.jpg

地面に鮮やかな赤で描かれたドラゴンも、ユーモラスで可愛らしいですね。
e0114020_01561827.jpg
カエデの一種だそう。
6月なのにすでに色づいていましたが、最初からこういう色なのかもしれません。
東アジアを思わせるカエデやモミジ、イギリスでもとても人気で、よく見かけるんですよ。

そしてさらにはこの建物!
e0114020_19321300.jpg

アジアの植物を展示するために、こんなに本格的な建物を作っちゃうなんて、本当に凝っていますよね。
お見事!
e0114020_19323095.jpg

池の向こうには、中国風な橋もあります。
ここにいると、本当に時間が静かにゆっくり流れている気がして、ただただ池や周りの植物を眺めてしまいました。

e0114020_19324948.jpg

お屋敷の前には、バラがたくさん植えられているお庭がありましたよ。
e0114020_04123291.jpg

この辺りは奥さんの寝室からよく見える場所だったので、奥さんが好きなバラが植えられたそうです。
こういう家庭的なエピソード、大好き。笑

そんなこんなで本当に見所満載のビダルフ・グランジ・ガーデン。
実はお庭ができた当時、ビダルフ・グランジ・ガーデンには化石を展示する地質ギャラリー(Geological Gallery)が併設され、一般公開されて大人気だったのですが、その後、持ち主が変わった時期に、化石が壊れたり紛失したりしてしまったそうです。
ナショナル・トラストが管理するようになってから、このギャラリーを復活させる活動が始められて、今では少しずつ化石も増えてきているそう(今も寄付金を受け付けているそうですよ♪)。
お庭や植物だけでなく、地質の見学もできるようになるなんて、お庭を訪れる楽しみが広がりますね!

現在お屋敷の方は、数軒分に分けられて個人のお宅になっているので見学できませんが、おみやげショップやティールームが入っている一部を見るだけでも、そのゴージャスな造りが十分うかがえます。
e0114020_03583649.jpg

こんなにたくさんのテーマがあるのに、変に入り混じることなく、ただ自然の中をゆったりお散歩しているだけで世界中を旅している気分になれるお庭でした。
21世紀の今でこそ世界の様子はインターネットですぐに伝わりますが、150年前と言ったらアジアやアフリカに行くのは船で何ヶ月もかかった時代です。
それを考えると、今の時代に考える世界一周よりもずっとスケールが大きく壮大な世界観だったんじゃないかと思うのです。
その優雅な遊び心や気持ちの余裕が羨ましいと同時に、仕切られたそれぞれの空間にひっそりプライベート感が漂うのも、どことなくイギリス風に感じられて、にやり。
仕切ることに一所懸命になるあまり、たまにやり過ぎな感じがしちゃうのも、イギリス的不器用さ、というかちょっとしたエキセントリックな感じが出ていて私は好きなのです。

そして、その数々のテーマのお庭に咲き乱れているのが美しいお花たち。
秋は紅葉がきれいなようだし、冬には雪が降るようだし、いつの季節でも楽しめそうですが、やはりお花があると気持ちが盛り上がりますよね。
お花大好き!
e0114020_08362673.jpg

今回のツアーではすばらしいお庭をたくさん見せてもらいましたが、見ていて全然飽きないどころか、次から次へと新しい驚きと楽しさが飛び出してくるこのビダルフ・グランジ・ガーデンが個人的には私は一番好きでした。

だからつい熱がこもって長くなっちゃったのですが、日本ではあまり知られていないようで、本当に残念なんです。
陶器の町、ストーク・オン・トレントからとても近い場所なので、陶器の見学・お買い物にいらしたら、ぜひぜひ立ち寄ってみてくださいね。
本当にオススメです!
e0114020_08234890.jpg

We visited many wonderful gardens during our tour in the north of England and every one certainly has its charm, but if asked, I would probably say this was my just my personal favorite.
Biddulph Grange Garden, Staffordshire, full of Victorian charms :)


******************************************
今日も読んでくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
下の2つのバナーをクリックして票を入れていただけると、とても励みになります!

応援どうもありがとうございます♪



人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://smileinuk.exblog.jp/tb/24955727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひつじ at 2016-11-25 10:04 x
おはようございます。ニュースでご存知かもですが、東京にも昨日の朝は雪が降りました。霙以上雪未満地う感じでしたが・笑
素敵なお庭よくぞ撮ってくださいましたというくらい、緑豊かで素敵でした。トンネルを抜けたら雪国だったみたいな作りなのですね。
サプライズが好きなお国柄らしくて、とっても楽しく見せていただきました。
やっぱり若いときに、イギリスに移民しておけばよかったと思います。海外暮らしは大変な事も多いでしょうけれど、外国人ならはでの特権も
利用して、元気にお過ごしくださいね。又更新楽しみにしていますし、応援もしています。
Commented by londonsmile at 2016-11-25 19:57
*ひつじさん*
50年以上ぶりに11月に雪が降ったというのはBBCでも報じられてたんですよ! 寒かったでしょうね。
このお庭、本当に大好きでした。次は何だろう?とワクワクして。前回のような広大な見通しの良いお庭も気持ちがいいのですが、私はこういうのが好みのようです。
イギリス、私も大好きですが、やはり住んでみるとつい住み慣れた日本と比べてしまったりして戸惑うこともあります。笑 でもこうして新鮮な目でお庭を見学できるのはおっしゃるように外国人の特権かもしれないので、楽しみたいと思います。
いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by ヨモギ at 2016-11-26 20:53 x
こんばんは♪
すばらしいお写真をたくさん見せていただいて
ありがとうございます!
ビクトリア朝時代の魅力がいっぱいのビダルフ・グランジガーデン、
すてきなお庭ですね。
はじめのほうのお屋敷が、なんとなく生活感があるなぁと感じたのですが、
個人の住まいでもあるのですね!
(こんなお庭のあるお屋敷に住めるなんて、ラッキーですね)
一昨日は、関東地方のうちの町にもいっとき、雪が激しくふりましたが、
やがて雨に変わり、積もりませんでした。
初雪としては、東京地方は50数年ぶりだそうですが、
積もったのは、明治以来だそうです@0@。

日本ではインフルエンザの流行期にはいりました。
私は、11月初めにワクチンを済ませました。
イギリスでは、インフルエンザはあまり流行らないですか?
Commented by londonsmile at 2016-11-27 04:15
*ヨモギさん*
こんばんは。こちらこそ、見てくださってありがとうございます。
お屋敷、生活感ありましたか! 私は特に何も感じなかったので、分譲されていると聞いて驚いたのです。こんな素敵なお屋敷なので、なかなかいいお値段するんじゃないかと思います。
東京の雪、積もったんですね! 街は混乱しなかったでしょうか。ロンドンもたまにしか雪が降らないので、ひとたび降ると翌日大騒ぎになります。笑
イギリスにももちろんインフルエンザ、ありますよ。予防接種もありますが、どうも私の周りの人たちは、注射を打つと必ず具合が悪くなる!と言っているひとが多くて、私はまだやってみたことがありません。笑 
ヨモギさんもご自愛くださいね。
by londonsmile | 2016-11-25 09:27 | Visit Britain | Trackback | Comments(4)

londonsmile、ロンスマことラッシャー貴子です。翻訳をしています。元気な英国人夫とのロンドン生活も早いもので12年目。20歳の時に好きになったイギリスが今も大好き。英国内旅行や日々のいろいろを綴っています。お仕事の依頼やご連絡は、非公開コメントでお願いします。


by londonsmile